UMAファン ~ 未確認動物
世界中のUMA (未確認生物)、巨大生物、不思議な生物 (珍獣)を紹介しているブログです。
恐竜アリ ~ ダイナソーアンツ
■恐竜アリ ~ ダイナソーアンツ■
■Dinosaur Ants (Nothomyrmecia macrops)■



~ ダイナソー・アンツ ~

日本にも生息するサムライアリ、和名どころか学名にも「サムライ (Polyergus samurai)」の名が入るかっこいいアリです。

奴隷狩りする面白いアリで、英語圏で似たような習性を持つアリをまとめてスレイヴ・メイキング・アンツ (slave-making ants) と呼びます。

で、オーストラリアにはダイナソーアンツ (Dinosaur ants) と呼ばれる興味深い名前のアリがいます。





ダイナソー とはもちろん英語で「恐竜」の意味の "dinosaur" で、つまり「恐竜蟻」の意です。

名前からアリとしては巨大であるか、もしくはゴツゴツしたいかつい姿をイメージしますが、実際のところ大きさは1センチ前後、アゴは大きめですが見た目にそれほど特徴はなく、飴色のわりと地味目のアリです。

ダイナソー・アンツというおもしろい名前の由来ですが、このアリがいわゆる「生きている化石」だからだそうです。

ハチ (スズメバチ) から進化したアリですが、現存種のアリの中で、このダイナソー・アンツがもっともハチの面影を残しているアリの一種と考えられています。

海外のアリではそんなに珍しくもないですが、おしりにはハチと同様、人間も刺すことができる針を持っています。

アリのコロニーはとても小さく、わずか50から多くても100匹程度、完全な夜行性で、数の少なさも合わさりほとんど人目につきません。

その結果、1931年に発見後、その後長らく1977年まで再発見されませんでした。

本家の恐竜はとっくの昔に絶滅していますが、ダイナソー・アンツも絶滅寸前の非常に希少なアリと考えられています。

~ おまけ ~



ダイナソー・アンツでYouTubeを検索するとモンスター・バグ・ウォーズ (MONSTER BUG WARS) の 「ダイナソー・アンツ vs トラップ・ジョー・アンツ (Dinosaur Ants vs Trap Jaw Ants)」が引っかかります。

モンスター・バグ・ウォーズは昆虫系の超優良番組で面白いですが、なぜかこの回に出てくるダイナソー・アンツはどう見てもダイナソー・アンツに見えません。




大きさは2.5センチ (1インチ) と本家の2倍以上の巨大さだし、がっちりとした体に真っ黒な体色、まったくダイナソー・アンツの特徴を持っていません。

アリに詳しくないからはっきりは分かりませんが、デカさからディノハリアリ (Dinoponera gigantea) とかサシハリハリ (Paraponera clavata) が候補に挙がると思います。

で、アゴの形やがっしりした体つきから、ディノハリアリかその仲間 (オソレハリアリの仲間) のような気がします。間違ってたらごめんなさい。

●これがダイナソー・アンツと紹介されているんですが、、、




<参照サイト>
●The Conversation
https://theconversation.com/australian-endangered-species-dinosaur-ant-21603

(関連)  
不思議な生物リスト
■ お尻にハンコ ~ シリキレグモ
■ 命がけの求愛ダンス ~ ピーコックスパイダー
■ セアカゴケグモ猛毒伝説は本当か?
■ 交尾前にオスを食べる ~ タランチュラコモリグモ
■ コンゴの巨大グモ伝説 ~ チバ・フー・フィー
テキサスに現れた200メートルの巨大蜘蛛の巣
■ ブラジル、サント・アントニオにクモ大発生
■ グミそっくりのイモムシ ~ ジュエル・キャタピラー
■ 超キレイなナナフシ ~ アクリオプテラ・ファラックス
■ 着ぐるみを着たイモムシ ~ プス・モス
殺人蟻 ~ アカヒアリ (カミツキアリ, RIFA)
■ 触れたら最後、拷問台を作るアリ ~ アロメルス
■ 数珠繋ぎで獲物を運ぶアリ ~ ハシリハリアリ
殺人ヒヨケムシ伝説 (キャメル・スパイダー)
アカヒアリの首狩りコレクター ~ ノミバエ
敵地で爆発 ~ 自爆テロアリ
■ 
殺人蟻 ~ ブルドッグアリ


UMA一覧へ  

トップページへ   
世界最長の二枚貝 ~ エントツガイ
■世界最長の二枚貝 ~ エントツガイ■
■Giant shipworm (Kuphus polythalamia)■



~ シップワーム ~




数百年前からその存在は知られていたものの、2017年まで科学者の手に渡らなかった謎の二枚貝、エントツガイです。

手に入るのは象牙のような長い殻のみ。まさにその存在はUMAでした。

しかし念願かなってついにフィリピン沖で軟体部もろとも捕獲することに成功しましたが、その軟体部の奇妙なこと。




殻の形から容易に想像がつくとおり軟体部はワーム状の細長い形をしています。

ちなみに英名はジャイアント・シップワーム (「巨大フナクイムシ」の意)。このエントツガイもフナクイムシ (二枚貝) の仲間です。

他の二枚貝の軟体部の多くがクリーム色などの淡い色をしているのと対照的に、エントツガイのそれはほぼ真っ黒であり、軟体部だけ見るととてもその正体が二枚貝だとは想像できません。



~ 口と胃がほとんどない ~

さて奇妙なのは見た目だけではありません。

エントツガイは生きているときは海底にそのからだのほとんどが埋まっています。



巨大な軟体部だけを見ると、待ち伏せして通りがかった生物を捕まえているのでは?なんて想像してしまいます。

ところがエントツガイは小さな口と申し訳程度の胃しか持っておらず、獲物を捕まえて食べるなんて面倒くさいことはしません。

実は口と胃はほとんど役に立ちませんが、その代わり大きな鰓を持っており、ここに共生関係にあるバクテリアが無数生息しており労せずして栄養を得ているのです。

~ 世界最長? ~

さて巨大な二枚貝といえばオオジャコガイを思い浮かべると思います。

あまりに大きく、まるで海底の岩の一部と化したその姿はまさに世界最大の二枚貝にふさわしい佇まいです。

オオジャコガイは最大で殻長2メートル、重さ200キロを超すといわれていますが、正式な記録となると殻長1.37メートル重さは230キロだそうです。

そうなると現時点では殻長が最大で150センチを超えるエントツガイが最長の二枚貝になるそうです。

●エントツガイの口


~ 美味? ~

さて、やっとこ科学者の手に渡ったエントツガイですが、地元民にはその存在が知られていたどころか美味だという情報もあるとか。

【参照サイト】
●ナショナル・ジオグラフィック
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/17/041900146/

(関連)
不思議な生物
■ カタツムリを見つけたら20m以上投げろっ!
クリオネの新種 ~ ヒョウタンハダカカメガイ
■ 謎のカプセル卵 ~ アメリカメロンボラ
巨大巻貝 (アラフラオオニシ)
■ 巨大巻貝Part2 ~ ダイオウイトマキボラ
殺人巻貝 アンボイナガイ
海賊!アオミノウミウシ
巨大ナメクジ
巨大二枚貝 (オオジャコガイ)
400歳のハマグリ見つかる
クマムシ (不死身伝説は本当か?)
モンゴリアン・デス・ワーム
巨大ミミズ Part1
巨大ナメクジ型UMA ~ ムリロ
水が干せても耐える アフリカハイギョ
死んでも死なない!?フッカツソウ
砂漠の怪植物 ~ ウェルウィッチア
■ 砂漠の "怪奇" 寄生植物 ~ サンドフード

UMA一覧へ

トップページへ
巨大鮫ニシオンデンザメを食す ~ ハカール
■巨大鮫ニシオンデンザメを食す ~ ハカール■
■Greenland shark - Hakarl■

●オンデンザメの動画といえばこれ!


~ ニシオンデンザメ ~

かなり前に紹介したことのある巨大鮫、オンデンザメニシオンデンザメ

この巨大鮫の名前を聞いてピンと来ない人でも、動画を見れば「ああ、あの鮫のことね!」と分かる人も結構いるかもしれません。






最近はどうか分かりませんが、以前は「20メートルの巨大鮫、メガロドンの生き残りをカメラがキャッチした」的な衝撃的なタイトルでUMA系特番なんかで放送されていたような気がします。

20メートルは大げさにしても、オンデンザメとニシオンデンザメは5メートル以上にはなるかなり巨大なサメであることは確かです。

まぁ最長で500歳も生きるといわれているだけあって、見つかってないだけで10メートル近い個体も存在するかもしれませんね。

~ ハカール ~



さて、意外にもこのオンデンザメ & ニシオンデンザメ、特にニシオンデンザメですが大量に食されているんですね。

生産&消費はアイスランドほぼ一国といっていいほどのようですが、ニシオンデンザメは「ハカール (Hakarl)」という恐ろしく臭いといわれる発酵食品に生まれ変わるそうです。

内臓を取ったオンデンザメの身を細長く切り、それを木箱に並べて発酵させるようです。






発酵させるとただの腐った魚の身にしか見えませんが、さらにこれを屋外に吊るして6ヶ月干すとずいぶんと黒ずんでしまいます。

ですが、切ってみると中は真っ白でなんかチーズみたいで美味しそうに見えます。

●中は真っ白!


これを適当な大きさに切り、食べるようですが、アンモニア臭くてプロじゃないと食べられないようです。

ハカールを食べているところの動画、まともなのないかなと思って探したんですが、みんな吐き出していて汚くて見ちゃいられないのでリンク貼るのやめときます。(笑)

●プロは美味しそうに食べます


(関連)
不思議な生物リスト
 時事ネタ・雑談・UFO等
■ 高級ウジ入りチーズ「カース・マルツゥ」職人? ~ チーズバエ
■ 巨大チョウザメといろんなキャビア
■ ついに不老不死エリクサーの空き瓶&レシピが発見される
■ ドクター・ホステッターの苦味薬
■ サイの背中に乗ってヒッチハイクするジャコウネコ
■ 40種類のフルーツのなる木 ~ マジカル・ツリー
■ 見た目も味も完璧、100%昆虫チョコレートケーキ (微グロ注意)
■ バッタ・バーガーにサソリ入りキャンディー (微グロ注意)
■ 蚊でハンバーガー ~ ケヨソイカ (微グロ注意)
■ 
中国の宇宙飛行士はミルワームが主食?
超短命! 1時間ブヨ 
敵地で爆発 ~ 自爆テロアリ
殺人蟻 ~ アカヒアリ (カミツキアリ, RIFA)
殺人蟻の首狩り職人 ~ ノミバエ
■ 
洪水になったらイカダで脱出 ~ ヒアリのイカダ

UMA一覧へ  

トップページへ   
謎の缶詰
■謎の缶詰■
■Mysterious canned foods■



~ UMA缶詰 ~

世界中を探せば、日本では考えられないような缶詰もたくさん存在します。

んで、この缶詰。いったい何の缶詰なんでしょう。なんかの生物の上あごが見えています。

ラベルにはキリル文字らしきものが印刷されていますので、この文字列で検索してみましたがダメでした。そもそも実在する缶詰なのかさえ怪しんでしまいます。

実在する缶詰と考えて、これはいったいなんなのか?

魚の水煮であることは確かだと思いますが、この特徴的な上あごから生えている大きな牙から、タイガーフィッシュ系の魚のような気がします。



タイガーフィッシュ系の中でも巨大になるゴライアス・タイガーフィッシュ (Goliath tigerfish) なんかは人気で動画も多いので興味のある方はどうぞ。

(関連) 
 時事ネタ・雑談・UFO等  
■ 19世紀のエリクサーの空き瓶&レシピ発見される
■ ドードー肉のナゲットに恐竜モモ肉のローストはいかが?
■ トライしたい10のエキゾチック・フルーツ
■ チョウザメとキャビア
■ 40種類のフルーツのなる木 ~ マジカル・ツリー
■ 
見た目も味も完璧、100%昆虫チョコレートケーキ (微グロ注意)
■ 
バッタ・バーガーにサソリ入りキャンディー (微グロ注意)
■ 
蚊でハンバーガー ~ ケヨソイカ (微グロ注意)
■ 
中国の宇宙飛行士はミルワームが主食? 
■ 密室ミステリー ~ 鍵をかけていた車に犬が現れる
■ 食肉解体場行きの走行中トラックから豚が決死のダイビング
■ 世界一幸せな240キロのミニブタ、エスター
■ 野生のハリネズミとキツネが仲良くし食事をする
■ ハムスターはホイールで楽しんでいることが証明される
■ ピンチになると泣き叫ぶ蛙 ~ マルメタピオカガエル
■ おなかの中でカエルを育てる ~ カモノハシガエル
■ 釣った魚の口の中にカエルが住んでいた!
■ スペインの女性、トイレでお尻をヘビに咬まれる
■ 竜巻で廃墟と化した納屋から仔猫が救出される
■ お供え物を持って亡きご主人のお墓参りをする猫
■ 世界最高齢の猫、ポピー亡くなる
■ 30年ぶりに太陽の光を浴びたチンパンジーたち
■ 強い強い絆で結ばれたヤギとロバの話
■ 殺人ゾウ、赤ちゃんの泣き声に我に返る
■ 30年間行方不明だった亀、物置部屋から発見される
 
■ ネズミがテレパシー能力を持つことが証明される
 
■ 着ぐるみのゴリラと気付かれず、ゴリラ用の麻酔打ち込ま


UMA一覧へ  

トップページへ   
ザ・ブループ ~ 超巨大シーモンスター
■ザ・ブループ ~ 超巨大シーモンスター■
■The Bloop a giant sea monster■



~ ミステリアス・サウンド ~



はじめに断っておくと、ブループ (Bloop) とはUMAの名前ではなく、「謎の音」に付けられた名前です。

ブループをUMA風に言えばUMS (Unidentified Mysterious Sound) ということになるでしょう。

さてブループとは1997年、アメリカ海洋大気庁 (National Oceanic and Atmospheric Administration (NOAA)) によって検知された非常に強力な謎の音で、発生した地点は南太平洋といわれています。

で、この謎の音がなんで謎のシーモンスターと関係するのかというと、このブループ、自然現象や人工物に由来するいかなる音にも当てはまらないというのです。

それだけでなく、ブループはただ単に謎の音というだけでなく、動物由来の音に似た特徴を有しているという見解がありました。その理由として「周波数の急激な変化」を挙げています。

地球上最大の生物であるシロナガスクジラは非常に強い音を発することができるといわれているものの、ブループはシロナガスクジラのそれよりも、さらに「強い」というのです。

その強い音から導き出される生物の大きさは215メートル







~ 超巨大海生生物 ~

というわけで、ブループはシロナガスクジラを軽く凌駕する「謎の超巨大生物が発している音」という飛躍的でありながらも、とても夢のある説が誕生したというわけです。

このブループを発する未確認生物を便宜上、ブループ・ビースト (Bloop beast) と呼びましょう。

巨大生物といえば必ずといって良いほど登場する説が、太古からの巨大生物の生き残りですが、残念ながらシロナガスクジラより大きな海洋生物は太古だろうといないということで、、、少なくとも絶滅種だろうと該当する生物が存在しません。



深海には体長215メートルもある謎の巨大生物が本当に生息しているのか???

さて、当初、ブループの発生源のひとつの候補として挙げられていたものに南極の氷の崩落音がありました。

しかし、ブループはそういったものより生物が発している可能性のほうが高いという見解が強く、加えて巨大生物が発している、という説のほうがセンセーショナルということもあり、氷の崩落音説は忘れ去られる存在となっていきました。

しかし、現在の結論としてはやはりその謎の音の正体は南極の氷の崩落音くさいという、、、ただ、そうだとしてもいまだに小さな謎は残っているらしいのですが。

(関連)  
巨大生物リスト
不思議な生物リスト
■ 古代魚 ~ ターポン
巨大魚 ~ ナイルパーチ
3メートルの巨大カレイ ~ オヒョウ

絶滅巨大魚 ~ シファクティヌス
絶滅巨大魚 ~ リードシクティス 
絶滅巨大魚 ~ ハイネリア
■ 絶滅巨大魚 ~ ダンクレオステウス
■ ヤリマンボウ & トンガリヤリマンボウ
■ 3.5メートルのウシマンボウ捕獲される
巨大鮫 ~ メガロドン 
生きた化石 ~ ラブカ
生きた化石 ~ アフリカハイギョ
生きた化石 ~ ポリプテルス
生きた化石 ~ シーラカンス
巨大なレプトセファルス 
巨大魚 ~ アリゲーターガー 
超巨大リュウグウノツカイ
威勢の良いマンボウ ~ キラー・マンボウ
境港で水揚げされた巨大マンボウ
巨大鮫 ~ オンデンザメ
巨大鮫 ~ カグラザメ
巨大鮫 ~ ゴブリンシャーク
実在するのか?"超"巨大鮫パラヘリコプリオン
カスザメ ~ 海の司祭の正体か? 
深海の奇妙なギンザメ ~ テングギンザメ 
巨大ナマズ ~ ヨーロッパオオナマズ
巨大ナマズ ~ メコンオオナマズ
巨大ナマズ ~ ピライーバ

超巨大淡水エイ ~ ヒマンチュラ・チャオプラヤ
■ 巨大深海エイ ~ ダクティロバトゥス・クラーキイ
巨大ゴイ ~ ベンソン
コンゴ川のタイガーフィッシュ 
■ 
マレーシアの漁師が捕らえた奇妙な魚
水棲UMAの誤認候補 ~ チョウザメ
■ 巨大チョウザメといろんなキャビア
ヘラチョウザ

UMA一覧へ 

トップページへ  

【謎の生物】かわいいぎょろ目さん
■かわいいぎょろ目さん■
■Adorable Googly■



~ この謎の生物は? ~





今に始まったことではないですが、気持ち悪い系が続いてしまったのでかわいいやつを。

かわいいギョロ目さん (Adorable Googly) と題されたこの動画。

水深900メートルの海底でギョロ目の謎の生物がハシビロコウ並みに微動だにせず鎮座しています。

この深海とアンマッチでユーモラスな絵に研究者たちは思わず吹き出していますが、そんな和やかな雰囲気でクイズが出題されます。





この生物はいったいなんでしょう?

a. タコ
b. コウイカ
c. 子供のおもちゃ
d. それ以外


みなさん分かります?

答えは「d」。タコでもコウイカでもおもちゃでもなく、「ダンゴイカ」だそうです。




(関連)
巨大生物リスト
不思議な生物リスト
■ 座礁クジラ、爆発の恐れアリ
■ ミナミセミクジラにサーファー急接近
■ 
ダイオウイカの深海で泳ぐ姿の動画撮影に成功
10メートル、450キロのコロッサル・スクイッド捕獲される
ダイオウイカより巨大、コロッサル・スクイッド
■ 350キロのコロッサル・スクイッド、公開解剖される
生きているダイオウイカの"動画"撮影に成功
生きているダイオウイカの撮影に初めて成功
■ ダイオウイカ、ついにスーパーマーケットに展示される
ダイオウイカ VS マッコウクジラ
コロッサルスクイッド VS マッコウクジラ
古代のダイオウイカ エンドセラス
巨大ベレムナイト ~ メガテウシス・ギガンティア
殺人イカ伝説 ~ レッドデビル 
新種の深海イカ オクトスクイッド
学名「地獄の吸血イカ」 コウモリダコ
■ 卵を抱いて4年半、究極の母性愛 ~ ホクヨウイボダコ
殻付きタコ ~ タコブネ
ヘクトコチルス・オクトポディス
■ 佐渡で生きたままユウレイイカが水揚げされる
珍種 サメハダホウズキイカ
■ 笑顔の深海魚、ホテイエソ、大量に捕獲される
深海の巨大鮫 オンデンザメ
深海の巨大鮫 カグラザメ
深海の巨大鮫 ゴブリン・シャーク
UMA バハマの巨大頭足類 ルスカ 
UMA クラーケン
■ 
UMA 淡水に頭足類?スクーカム
■ 
UMA 廃液にイカ? ~ スクイッド・モンスター

UMA一覧へ

トップページへ 
自らの分身のような吻を伸ばすヒモムシ
■自らの分身のような吻を伸ばすヒモムシ■
■Ribbon worm■



~ ヒモムシ ~

<気持ち悪いと思わない人だけ見てください>


ずっと昔にヒモムシはのっけたことがあるけど、再度。

ヒモムシはとにかく長く生長する生物ですが、特に巨大なもの、リニアス・ロンギシムス (or リネウス・ロンギシムス、Lineus longissimus) だと30メートル以上に成長するほんと驚くべきなが~い生物です。

しかも動きを見れば分かるとおり、かなり体が伸縮し、伸びきったときの体長は約2倍になるといわれ、上記のリニアス・ロンギシムスなんか60メートルを超すんじゃないかとさえいわれる逸材です。






ミミズなどと同様のワーム状生物ですから女子高生たちから人気が出るわけもなく、しかもアホみたいに長くなるのでさらに気持ち悪がられているかわいそうな生物です。

今回のは、結構有名な動画なので見たことがある人も多いかと思います。

気持ち悪がられる要因のひとつとなっている「大きさ」は抑え気味なんですが、ピンクやショッキンググリーンというありえない体色で全身を包み込んでしまったため、余計気持ち悪いと思う人も多いようです。






さらに口から自らの分身のようなベットベトの吻 (ふん) を飛ばし、獲物を探したり威嚇したりします。吻自体がまるで別の生き物のように動き回るのには驚かされます。

これがさらに嫌いな人たちの嫌悪感を増長させているように思います。

台湾で発見されたショッキンググリーンのヒモムシの吻の色は、なんとピンク色というブレない気持ち悪さですが、そういう見た目の気持ち悪さは置いといて、神秘的な動きを楽しんでください。

(関連)
不思議な生物リスト
謎のゼリー状物質 第1弾
謎のゼリー状物質 第2弾
謎のゼりー状物質 第3弾
謎のゼリー状物質の正体はクリッターの死骸か?
■ スリランカの村に小魚の雨が降る
■ 
石川県の砂浜に謎のゼリー状物質漂着
寄生キノコ ~ 冬虫夏草 (微グロ注意)
■ 中国河川に生息する不定形水生生物
ノルウェー沖の謎のブロブ
ノースカロライナの下水管に潜む謎の生物
ロンドンの主婦、妖精写真の撮影に成功
■ 
グミそっくりのイモムシ ~ ジュエル・キャタピラー 
オオグチボヤ
雄蛇ヶ池の謎の生物 ~ オジャッシー
ブロブフィッシュ (ニュウドウカジカ)
謎の都市、エイリアン・メトロポリス
殺人クラゲ ~ キロネックス・フレッケリ
見えざる殺人クラゲ ~ イルカンジクラゲ
小さな海賊 アオミノウミウシ
直径20センチの巨大ミミズ ~ ミニョ太郎
巨大ツチノコヒル 
バミューダの巨大クラゲ
亡霊犬、ダートムーアの怪物現る 
アルゼンチンでノーム (地の精霊) が撮影される
巨大ヒモムシ

UMA一覧へ

トップページへ