アクセスランキング ブログパーツ
UMAファン ~ 未確認動物
世界中のUMA (未確認生物)、巨大生物、不思議な生物 (珍獣)を紹介しているブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
世界最長寿のウナギ、155歳で亡くなる ~ エール
■世界最長寿のウナギ、155歳で亡くなる ~ エール■
■RIP Ale, The World's Alleged Oldest Eel■



~ ウナギ ~

昨今、絶滅を危惧されているウナギ。

毎年、土曜丑の日はウナギ、ウナギと大騒ぎですが、激減したウナギの価格は高騰するばかり、貧乏な管理人などとても手がでませんね。

世界で水揚げされるウナギの8割近くが日本人によって消費されているともいわれており、日本人は本当にウナギが大好きです。

いくら日本の食文化とはいえ絶滅するまで食べ続けるというのは問題ありますから、せめて日本人が食べる分だけでも養殖でまかないたいものです。

しかし、日本人なら誰でも知っているウナギですが、そんな庶民的なイメージとは裏腹にウナギの生態は謎だらけ、現時点でウナギの完全養殖は非常に困難です。

産卵場所が分かったのさえつい最近で、完全養殖に成功したのは本当につい先日のことです。

このミステリアスなウナギのミステリアスな話が舞い込んできました。

~ 巨大ウナギ ~



ヨーロッパ、特にスコットランドや北アイルランドなどで目撃される水棲UMAの中には巨大なウミヘビタイプ (シーサーペント系) のものが比較的多く含まれます。

こういったUMAの正体のひとつとして「巨大ウナギ」の存在が示唆されます。

化け物みたいに巨大に育ったウナギです、そこまで成長するのであればかなり長生きしているはずです。

ウナギの寿命は比較的長く、自然だとそんなに長生きしませんが人工的に飼育すれば50~100年ぐらい生きるなんていわれています。

そんな長命なウナギですが、かれらのポテンシャルはそんなものではない!スウェーデン在住のトマス・キェルマン (Tomas Kjellman) さんによれば、かれらが飼うウナギは先日亡くなってしまいましたが、享年155歳だというのです!

~ エール ~


(エールの死骸)

キェルマンさんの家族が現在の家を購入したのは1962年だそうです。この家の庭には井戸があり、そこには既にヨーロッパウナギのエール (Ale) が住んでいました。

聞くところによると、エールはサミュエル・ニルソン (Samuel Nilsson) という8歳の子が1859年に井戸に放したものだといいます。

それが正しければ今年で155歳です。

このエールはスウェーデンではかなりのセレブリティ (有名) で、古くから国民に知られる伝説のウナギだそうです。

キェルマンさんは先頃、自宅で開いたパーティのゲストたちにこの自慢のエールを見せようと井戸にいったところ死んでいるのが発見されました。

子供の頃からずっと一緒だったエールが亡くなったことにキェルマンさんはかなりショックを受けているようです。

さてこのエール、どれだけの化け物ウナギかと思いきや、平均を大きく下回る貧弱な体格。

これで本当に155歳なのかと疑ってしまいますが、キェルマンさんはストックホルムの淡水研究所 (Freshwater Laboratory) にエールを提出し現在年齢調査中です。

しかし、エールの死体は頭部が取れており、耳石 (じせき) で年齢を推定しようとしていた研究機関は途方くれているようです。

井戸の底に溜まった泥の中に、取れてしまった頭部、もしくは耳石がないか探しているそうです。


<参照サイト>
Weird News
YSTADS ALLEHANDA 


<この記事のURL>  
http://umafan.blog72.fc2.com/blog-entry-992.html
 

気に入って頂いた方はクリックして頂けると嬉しいです  
人気 blog ランキング でオカルト・ホラーサイトを探す  

>> 
FC2 ブログランキング (オカルト・ホラー)  
>> 
面白サイトランキング
  

(関連)
不思議な生物リスト
巨大生物リスト
 
時事ネタ・雑談・UFO等
■ 世界最高齢の猫、ポピー亡くなる
115歳のメヌケ捕獲される
100年前の銛の刺さったホッキョククジラ捕獲される
140歳のロブスター「ジョージ」、海へ帰る 
寿命30分!?超短命 ~ 1時間ブヨ
■ 4年半卵を抱いた究極の母性愛 ~ ホクヨウイボダコ
シーサーペント
クイーンズランド・モンスター (シーサーペント)
■ 超巨大深海魚 ~ リュウグウノツカイ
■ 
浅瀬に紛れ込んだリュウグウノツカイ、撮影される
■ 飛べない巨漢オウム ~ カカポ (フクロウオウム)
生きた化石 ~ ラブカ
巨大なレプトセファルス
35メートルの疑惑の化石 ~ コッホ・サーペント
威勢の良いマンボウ ~ キラー・マンボウ
境港で水揚げされた巨大マンボウ 
  
UMA一覧へ

トップページへ


テーマ:不思議生物 - ジャンル:

コメント
この記事へのコメント
あ~、そういえばウナギって深海魚の一種なんですけど、深海生物って長命が多いそうですね。
2014/08/14(木) 00:54:41 | URL | ゼン #-[ 編集]
時々超長寿な魚の発見事例がニュースになりますが、その多くが種ごとの平均サイズから見ても意外なほど小柄だったりするんですよね。
もしかすると、その辺りにも長寿の秘密があるのかも?(もっとも、それらの個体が本当に触れ込み通りの年数を生きていると仮定すれば、の話ですが)

ヨーロッパウナギに関しては、他にも「水族館で飼われていた『プッテ』という名のメスが、1948年に88歳で死んだという記録が残っている」そうです('82年度版ギネスブックに記載されていました)。
これが本当だったとしても相当なものと思いますが、この記事のエールはそれを遥かに超えていますね。
2014/08/20(水) 00:06:49 | URL | ジュンイチ #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/10/25(土) 01:01:02 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。