アクセスランキング ブログパーツ
UMAファン ~ 未確認動物
世界中のUMA (未確認生物)、巨大生物、不思議な生物 (珍獣)を紹介しているブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トカゲ男 (リザードマン)

■トカゲ男 (リザードマン)■
■Lizard Man■

~ トカゲと人間のハイブリッド



~ トカゲと人間のハイブリッド ~

トカゲ男 (Lizard man) とは、トカゲと人間の特徴を兼ね備えたUMAです。

ビッグフットなどの獣人系UMAを除くと、こういった直立二足歩行する人間と動物のハイブリッド系UMAは、ほとんどが都市伝説や、目撃があってもかなり古いものです。

それもそのはずで、人間以外で「完璧な直立二足歩行」が出来る生物はいませんから、ほとんどはガセネタや、目撃があったとしても信憑性に欠ける古い情報となるのは仕方がないことです。

あくまでUMAは「未発見の動物」であって、想像上の怪物の話ではないからです。

ところが、このトカゲ男、目撃情報もはっきりしている上に、その目撃も比較的新しい珍しいケースです。

トカゲ男の話でもっとも有名なのは、サウスカロライナで起きたトカゲ男の襲撃事件です。まずは、この事件を見ていきましょう。

~ サウスカロライナの事件 ~

1988年、アメリカのサウスカロライナ州、17歳になる少年は父親から借りたワンボックスカーで家路に向かって車を走らせていました。

少年の名はクリストファー・デイビス (Christopher Davis)、時間は真夜中の2時、さすがに道路には人気もなくなっていました。


(クリストファー・デイビス少年)

もうすぐ家に着こうかというとき、タイヤがパンクしてしまいました。タイヤの交換をするため、かれはスケープ・オール沼 (Scape Ore Swamp) に面した道路脇に車を止めました。

こんな真夜中にタイヤ交換をする羽目になるとは、運が悪いものの、なんとか無事にタイヤ交換が終わり、かれは一息つきました。

すると背後で物音がしました。

背後にいやな気配を感じたデイビスは後ろを振り向くと、そこには想像だにしない光景がありました。

目が真っ赤に光った「なにか」が、少年に向かって走ってくるのです。

あわててかれは運転席に戻り、車を発進させましたが、その怪物に気付くのが少しばかり遅れたのは明白でした。

怪物は車の窓から手を差し込み、かれを捕まえようと試みたのです。そのときデイビスは、その怪物の指が3本しかなく、真っ黒く長い爪を持っていることに気付きました。肌は緑色をしていました。

半狂乱に陥った少年ですが、なんとか車を発進させることに成功すると、怪物は車の屋根に飛び乗ったのです。

かれは怪物を振り落とそうと車を左右に蛇行させ、なんとか怪物を振り落とすことに成功しました。

~ 事件後 ~

少年の車にはあちこちにひっかき傷があり、おそらく怪物が屋根に上るときにバックミラーを掴んだためでしょう、ミラーはねじ曲がっていました。

事件の後、かれは目撃した怪物についてこう語っています。

「怪物の身長は7フィート (約2.1メートル) ぐらい、全身は緑色でした。指は3本しかなく、爪は真っ黒でとても長いものでした。その姿はトカゲに似ていました」

デイビスの目撃のあと、この怪物はその風貌からトカゲ男と名付けられ、スケープ・オール沼を中心に目撃が相次ぐことになります。

トカゲ男の足跡なるものも採取され、鑑定されましたが、やはりいかなる既知動物のものには当てはまりませんでした。

~ 正体は? ~

その正体はなんだったのでしょうか?

2本の足で立ち上がるという特徴は、ビッグフットなど獣人系UMAの特徴です。トカゲ男は、ちょっと姿は異なるものの、やはりそういった獣人系UMAのひとつと考えても良いのではないでしょうか?

このことから、ビッグフットなどの正体のひとつと考えられている、クロクマなどもトカゲ男の正体として候補にあげられます。

というより、野生動物で当てはめるとすればクマしかありません。

クマは二本足で立ち上がることが出来ますが、そのまま走ることは出来ません。

直立二足歩行し、しかも二本足で走ることができる動物は人間以外にいません。

しかし、本当に二本足で走ったのでしょうか?デイビスが目撃したのは、怪物が2本足で立ち上がっているところと、自分に向かって走り込んできたときです。

デイビスはすぐに背を向け、車に飛び乗ったので、怪物はその後4本の足で走ってきたとも考えられます。

姿が異なる点はどうでしょう?このトカゲ男の犯人をクロクマとするなら、病気で毛が抜け落ち痩せ細ってクマらしからぬ風貌に変化を遂げたクマ、とすることも可能です。

とはいえ、姿があまりに違いすぎることも事実です。

スケープ・オール沼を中心に目撃されることから、沼に棲んでいるともいわれていますが、さすがに半魚人説はちょっと、、、という気がします。

↓気に入って頂いた方はクリックして頂けると嬉しいです
人気 blog ランキング でオカルト・ホラーサイトを探す

>>
FC2 ブログランキング (オカルト・ホラー)
>>
面白サイトランキング


(関連) 
都市伝説・架空系UMAリスト 
トカゲ男 2008 (リザードマン 2008)
ビッグフット
40年前の謎の生物 ゲーブル・フィルムの怪物
ジェイコブズのビッグフット
ドーバーデーモン
カエル男 
■ 
ヒツジ男 ~ ビリワック・モンスター
もうひとつのヒツジ男 ~ ポープ・リック・モンスター
■ テキサスのヒツジ男 ~ レイク・ワース・モンスター 
蛾男 (モスマン)
ミシガン・ドッグマン
ワニ男 (ゲイターマン)
ブタ男
恐竜人 (ダイノサウロイド)
オハイオ川の怪物
絶滅巨大類人猿 ~ ギガントピテクス
ビッグフット vs 超能力捜査官
実在したホビット族 ~ ホモ・フロレシエンシス
実在したホビット族、今度はパラオで
オハイオ・グラスマン
ハニー・スワンプ・モンスター

UMA一覧へ

トップページへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。