アクセスランキング ブログパーツ
UMAファン ~ 未確認動物
世界中のUMA (未確認生物)、巨大生物、不思議な生物 (珍獣)を紹介しているブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中国で21センチもある新種の巨大ヘビトンボ発見
■中国で21センチもある新種の巨大ヘビトンボ発見■
■Chinese giant dobsonfly found■



~ 超巨大ヘビトンボ ~

中国の四川省で「超」がつく超特大のヘビトンボが発見されました。羽を広げたときの大きさは驚愕の21センチもあります。

細長い体に4枚の透明の羽をもつため和名に「トンボ」の名前がついていますがトンボではなく、実際のところ羽を広げている状態の標本でもない限りトンボとそれほど似ているわけではありません。

クワガタを思わせる大きな顎を持っていますが、この顎は幼虫時代からよく発達しており、サナギですら襲われるとこの大きな顎で咬みついてくるといわれています。

見た目こそ怖いですが、幼虫時代は水の綺麗な清流でしか育つことは出来ないとびきりデリケートな昆虫です。

また成虫の寿命はとてもはかなく、短いものでは数時間から数日、長くても1~2週間ぐらい、多くの種は成虫になると一度の食事も摂らず交尾を済ませるとその一生を終えます。






<この記事のURL>  
http://umafan.blog72.fc2.com/blog-entry-980.html
 

気に入って頂いた方はクリックして頂けると嬉しいです  
人気 blog ランキング でオカルト・ホラーサイトを探す  

>> 
FC2 ブログランキング (オカルト・ホラー)  
>> 
面白サイトランキング
  

(関連)
巨大生物リスト
不思議な生物リスト
■ 寿命30分!?超短命 ~ 1時間ブヨ 
■ 超巨大昆虫 ~ タイタンオオウスバカミキリ
超巨大昆虫 ~ サカダチコノハナナフシ
■ 
超巨大昆虫 ~ ユウレイヒレアシナナフシ
巨大ハサミムシ ~ セントヘレナオオハサミムシ
巨大ゴキブリ ~ ヨロイモグラゴキブリ
■ 20センチの巨大トンボがイングランドに現る
■ 
俊足ナンバーワンはダニだった、、、
■ 
悪魔の幼虫 ~ ヒッコリー・ホーンド・デビル
巨大ゼミ ~ テイオウゼミ
絶滅巨大ゴキブリ ~ アプソロブラッティナ
絶滅巨大トンボ ~ メガネウラ
絶滅巨大カゲロウ ~ メゾサイロス
■ 
絶滅巨大ノミ ~ サウロフティルス・ロンギペス
巨大フナムシ (ジャイアント・アイソポッド) 
17年ゼミ (周期ゼミ)
敵地で爆発 ~ 自爆テロアリ
テキサスに現れた200メートルの巨大蜘蛛の巣
殺人蟻 ~ アカヒアリ (カミツキアリ, RIFA)
殺人蟻の首狩り職人 ~ ノミバエ
謎のミツバチ大失踪
アンドリュー・クロスの不思議なダニ (クロスのダニ)
■ 口も胃も肛門もない ~ オラヴィウス・アルガルヴェンシス
縮む縮む マサカカツオブシムシ
島を食べ尽くす ナナツバコツブムシ
セアカゴケグモ猛毒伝説は本当か?
クマムシ 不死身伝説は本当か?
ヒヨケムシ (キャメル・スパイダー)
ウデムシ 
テキサスの超巨大バッタ 

UMA一覧へ

トップページへ 



テーマ:不思議生物 - ジャンル:

コメント
この記事へのコメント
こんなん飛んで来たら チビりそうだ・・・
2014/07/25(金) 02:57:29 | URL | ゴン太くんはUMA #JptxlV1o[ 編集]
ヘビトンボですね。
 ヘビトンボは、日本にも分布しますね。成虫は、燈火に飛んでくることがあります。

 ヘビトンボの成虫は、普通に物を食べるはずですが……。クヌギの樹液に、クワガタなどと一緒に寄ってきます。
2014/07/25(金) 21:06:02 | URL | 松沢千鶴 #-[ 編集]
とにかくデカイ
なんでしょうこの現存するとは思えないスケール
とはいえ実際に全長30cmにもなるオオヤスデも存在しますし
強ちなくはない大きさと言えばそうですが……

石炭紀にいても不思議ではなさそうな昆虫ですね
2014/07/27(日) 00:58:32 | URL | サブ #FSP/kIa2[ 編集]
化石昆虫のようなスケール
昔、化石図鑑で見たメガニウラなどの絶滅した巨大昆虫そのものといったサイズですね。

昆虫、特に空を飛ぶものは実寸以上の迫力と存在感がありますから(オオスズメバチも全長5㎝ほどなのに、それを超えた大きさに見える「格」のようなものがあると思います)、これが飛んでいるところに出くわすとただただ驚いてしまいそうです。

しかし、一番最初に目が行くのはもちろん大きさなのですが……じっくり目を凝らしてみると、網目模様の羽と漆黒の胴体がとても美しいですね。
2014/07/28(月) 21:47:59 | URL | ジュンイチ #-[ 編集]
Re: ヘビトンボですね。
>  ヘビトンボは、日本にも分布しますね。成虫は、燈火に飛んでくることがあります。
>
>  ヘビトンボの成虫は、普通に物を食べるはずですが……。クヌギの樹液に、クワガタなどと一緒に寄ってきます。

松沢さん、こんにちは

あれ、なにか他の昆虫と勘違いしちゃったかな(笑)

今度調べておきます。
2014/07/29(火) 14:01:11 | URL | ナム #-[ 編集]
Re: 化石昆虫のようなスケール
> 昔、化石図鑑で見たメガニウラなどの絶滅した巨大昆虫そのものといったサイズですね。
>
> 昆虫、特に空を飛ぶものは実寸以上の迫力と存在感がありますから(オオスズメバチも全長5㎝ほどなのに、それを超えた大きさに見える「格」のようなものがあると思います)、これが飛んでいるところに出くわすとただただ驚いてしまいそうです。
>
> しかし、一番最初に目が行くのはもちろん大きさなのですが……じっくり目を凝らしてみると、網目模様の羽と漆黒の胴体がとても美しいですね。

ほんと飛んでくる昆虫はでっかく感じますよね、オニヤンマとか子供の頃は30センチ近くあるのかと思ってましたよ(笑)スズメガとかも子供の頃はでかすぎて怖かったですね。慣れると平気で触ってましたけど。
2014/07/29(火) 14:03:17 | URL | ナム #-[ 編集]
Re: とにかくデカイ
> なんでしょうこの現存するとは思えないスケール
> とはいえ実際に全長30cmにもなるオオヤスデも存在しますし
> 強ちなくはない大きさと言えばそうですが……
>
> 石炭紀にいても不思議ではなさそうな昆虫ですね

昔の昆虫が大きいものばかりとは限りませんからね、このヘビトンボぐらいの大きさの化石が発見されたらふつうにニュースになりそうです。
2014/07/29(火) 14:04:55 | URL | ナム #-[ 編集]
>幼虫時代は水の綺麗な清流でしか育つことは出来ないとびきりデリケートな昆虫です。

これ中国で育つの?
環境汚染で変異したってんなら納得なんだが、中国は環境が悪いという印象しかないから偽者にしか見えない。
2014/09/16(火) 19:15:33 | URL | 名無しのUMAさん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。