アクセスランキング ブログパーツ
UMAファン ~ 未確認動物
世界中のUMA (未確認生物)、巨大生物、不思議な生物 (珍獣)を紹介しているブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
世界一幸せな240キロの「ミニブタ」 ~ エスター
■240キロの「ミニブタ」 ~ エスター■
■Esther the Wonder Pig■



~ ミニブタ以前 ~

ハムスターにご飯を食べさせすぎたらカピバラになった。

そんなことはあり得ません。

が、もしあなたの友達の中に「うちのハムスター、カピバラぐらいあるんだよね~」と言っている人がいたら教えてあげてください。「それ、ハムスターじゃなくてカピバラだよ」と。

さて、これと似たような話がカナダのほうから届けられました。

不動産屋でバグパイプ・プレーヤーのデレク・ウォルター (Derek Walter) さんとプロのマジシャンであるスティーブ・ジェンキンス (Steve Jenkins) さんはカナダのトロント郊外の大きな家で同居しています。

動物好きの彼らの家には2匹の犬と2匹の猫が一緒に住んでいます。動物に囲まれた至って幸せそうなふつうの家のように見えます。

実際、ジェンキンスさんは言います「僕たちはほんとごくフツーでしたよ、肉もフツー食ってましたし」

そう、ふつうの家「だった」のです。

「フェイスブックであのメッセージを受け取るまではね」

~ ミニブタをもらう ~

今から遡ること2年、10年以上も会ってない高校時代の女性の友達からジェンキンスさんに突如連絡が入りました。

「彼女の家には生まれたばかりの双子がいたんです。それに犬も飼っていたんですがミニブタと相性がよくなかったみたいなんですよ。

で、彼女が言うんです、あなた、とっても動物好きだったの覚えてるわ、この状況を助けてくれるとしたらあなただわ、って」


その殺し文句?にジェンキンスさんは、同居人ウォルターさんの了承も得ずにミニブタを引き取ることに決めました。 といっても、ウォルターさんも動物好きなので結果的にまったくノー・プロブレムでした。



了承を得た彼女は、さっそく「ミニブタ」入りキャリーバッグ持参でジェンキンスさん宅にやってきました。

それはそれは可愛い可愛い女の子の子ブタさんです。

「この子は生後6ヶ月、70ポンド (約30キロ)以上にはならないから」

~ ミニブタ? ~



もらってきてすぐに獣医に連れて行きました。 ジェンキンスさんは当時のことを思い出しながらこう言います。

 「エスター (ミニブタの名前) の断尾 (尾を切ること) されている尻尾に気付いた獣医は言うんですよ、『この子、絶対ミニブタじゃないですよ、完全に家畜のブタです』って。

それを聞いてぼくらはゲッって思ったんですけど、でももうそんときは完全にエスターに恋しちゃってたんで、本当に家畜のブタみたいに育つかどうか様子を見てみようって決めたんです。

で、その結果がこれです」



 

もらってきて2年、「ミニブタ」であるはずのエスターは530ポンド (約240キロ) に達しました。

巨大化したエスターに二人は呆れたかというと、そんなことは決してありません。ふたりのエスターへの愛情は変わることなく、それどころか愛情は増すいっぽうでした。

そしてそれはエスターがミニブタでなかったからこそ、かれらの人生を変えました

かれらはエスターの賢く愛くるしい姿に強い影響を受け、豚肉を、そしてブタに限らずいかなる肉も食べることをやめました。今まで何の気なしに食べていた家畜のブタが、本当はとてもかわいい存在であることに気付いてしまったからです。

次のステップは、かれらが動物の慈善事業に参加するようになったことです。



そしてそしてついに、かれらはエスターのような放棄された家畜を保護する施設、「(ザ・エスター・エフェクト・ファーム・アニマル・サンクチャリー) The Esther Effect Farm Animal Sanctuary」を建設するプロジェクトを立ち上げました。。


(冬は週1,夏は毎日、エスターはお風呂に入ります)


ふたりはこのプロジェクトを成功させるべく寄付を募っており、現時点で寄付金は15万カナダドル (1500万円弱) を突破しましたが、施設を購入する費用などとしてはまだまだ全然足りてないようです。

食肉用はおろか、繁殖用であれ、家畜として生まれたブタはよくて数年しか生きていくことができない運命にあります、そんな中、エスターはあり得ないほどの幸運に恵まれ、現在幸せな生活を送っています。

エスターの父親と自負するウォルター&ジェンキンスさんは次なるステップとして、第2、第3のエスターの保護を目指しています。

それにはエスターの存在なくしては達成は難しいでしょう。

240キロのミニブタ「エスター」は次なる奇跡を起こせるでしょうか?





<参照サイト>
Huff Post Green 
ESTHER thE WoNDeR Pig.com 


<この記事のURL> 
http://umafan.blog72.fc2.com/blog-entry-934.html 

気に入って頂いた方はクリックして頂けると嬉しいです 
人気 blog ランキング でオカルト・ホラーサイトを探す 

>> 
FC2 ブログランキング (オカルト・ホラー) 
>> 
面白サイトランキング
 

(関連) 
 時事ネタ・雑談・UFO等  
不思議な生物リスト
■ 食肉解体場行きの走行中トラックから豚が決死のダイブ
■ 野生のハリネズミとキツネが仲良くし食事をする
■ ハムスターはホイールで楽しんでいることが証明される
■ ピンチになると泣き叫ぶ蛙 ~ マルメタピオカガエル
■ おなかの中でカエルを育てる ~ カモノハシガエル
■ 釣った魚の口の中にカエルが住んでいた!
■ スペインの女性、トイレでお尻をヘビに咬まれる
■ 竜巻で廃墟と化した納屋から仔猫が救出される
■ お供え物を持って亡きご主人のお墓参りをする猫
■ 世界最高齢の猫、ポピー亡くなる
■ 黒猫の仔猫、エンジンルームに紛れ込んで50キロの旅
■ 運命と闘う犬「ピッグ」
■ 30年ぶりに太陽の光を浴びたチンパンジーたち
■ 強い強い絆で結ばれたヤギとロバの話
■ 殺人ゾウ、赤ちゃんの泣き声に我に返る
■ 30年間行方不明だった亀、物置部屋から発見される
 
■ ネズミがテレパシー能力を持つことが証明される
 
■ 着ぐるみのゴリラと気付かれず、ゴリラ用の麻酔打ち込まれる

UMA一覧へ 

トップページへ  


テーマ:不思議生物 - ジャンル:

コメント
この記事へのコメント
こういう話は泣けるなぁ。飼い主さんといる時の幸せそうな顔が特に(´;ω;`)
2014/05/30(金) 19:45:21 | URL | 名無しのUMAさん #-[ 編集]
Re: タイトルなし
> こういう話は泣けるなぁ。飼い主さんといる時の幸せそうな顔が特に(´;ω;`)

ほんとですよね、ベジタリアンでもない僕がそんなこという権利はないんですけど、本当はかわいそうですよね。
2014/05/30(金) 22:39:30 | URL | ナム #-[ 編集]
乗馬するけど馬刺は食う俺
2015/07/08(水) 17:33:47 | URL | 名無しのUMAさん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。