アクセスランキング ブログパーツ
UMAファン ~ 未確認動物
世界中のUMA (未確認生物)、巨大生物、不思議な生物 (珍獣)を紹介しているブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新種のティラノサウルス ~ ピノキオ・レックス

■新種のティラノサウルス ~ ピノキオ・レックス■
■Pinocchio rex (Qianzhousaurus sinensis)■



~ ピノキオ・レックス ~

近年、新種の化石ラッシュに沸く中国で、白亜紀末期の約6600万年前の地層からティラノサウルスに近縁の恐竜の化石が発掘されました。

正式な学名は "Qianzhousaurus sinensis" といい、キアンチョウサウルス・シネンシスと発声すればいいのでしょうか。分からないので間違っていたら後で訂正します。

特徴はティラノサウルスの仲間としては鼻先 (吻) が細く長めと言うことで、嘘をつくごとに鼻が伸びてしまうピノキオにあやかり、ピノキオ・レックス (Pinocchio rex)」の愛称がつけられました。



体長はティラノサウルス・レックスよりはちょっと小柄ですが、それでも7.5~9メートルぐらいと推測されており十分大きいです。

ピノキオ・レックスのように鼻の長い化石は既にモンゴルで2体発見されているものの、それが新種であるのか、それとも単にティラノサウルスの若い個体であるため頭骨の形状が異なっているのか、分かっていませんでした。

今回発見された頭骨はそれらの化石の2倍はあるため、おそらく成体もしくは成体に近いものと推測されており、鼻の長いティラノサウルスが新種である可能性を強烈に示唆します。

~ トップ・プレデター ~

古生物学者のデビッド・バーナム (David Burnham) さんは、ピノキオ・レックスはティラノサウルス・レックスのように食物連鎖の頂点 (トップ・プレデター) に君臨していたというよりは、現世の魚食性のワニと似ており、そのような位置づけだったのではないか推測します。 つまり、トップ・プレデターではなかったという見解です。

バーナムさんが言っているのはインドガビアルのことだと思われ、スピノサウルスと同様の解釈をしているようです。


(インドガビアル)

いっぽう、同じく古生物学者のスティーブ・ブルサット (Steve Brusatte) さんは、興味ある見解ではあるが、ピノキオ・レックスの頭骨が現世の魚食性のワニのそれと形がちょっと似ているだけで解剖学的には相違点がありすぎると反論しており、ピノキオ・レックスを他のティラノサウルス類と同様、トップ・プレデターとして君臨したと推測しています。

童話に出てくるピノキオはいたずらっ子の憎めない存在ですが、ピノキオ・レックスはどうやらかなり怖い存在だったようです。

<参照サイト>
LiveScience 
時事通信 

<この記事のURL>
http://umafan.blog72.fc2.com/blog-entry-898.html


↓気に入って頂いた方はクリックして頂けると嬉しいです
人気 blog ランキング でオカルト・ホラーサイトを探す

>>
FC2 ブログランキング (オカルト・ホラー)
>>
人気の面白サイトを探す

(関連)
誤認・絶滅動物リスト 
巨大生物リスト
■ 新種恐竜 「鼻の王様」 ~ リノレックス・コンドルプス
■ 史上最大の恐竜化石発見される
■ 史上最大の巨大蛇の化石発見される
■ 絶滅ミニハリネズミ ~ シルヴァコラ・アカレス
■ 巨大蛇ティタノボアに対抗できるワニ発見か?
■ デナリ国立公園で恐竜の足跡大量に発見される
■ 絶滅巨大ノミ ~ サウロフティルス・ロンギペス
■ 
3センチのカメレオン ~ ブロケシア・ミクラ
■ 
超派手なヘビ ~ リングネック・スネーク
絶滅巨大ガエル ~ デビルフロッグ
真・ジャイアントペンギン
空飛ぶヘビ ~ フライング・スネーク
ヘビとモグラのハイブリッド アホロテトカゲ
水上歩行するトカゲ、バシリスク
まるでドラゴンの赤ちゃん ~ オルム
体長10センチ、世界最小のヘビ、発見される 
UMA?実在?伝説のヘビ ファンドレフィアラ  

UMA一覧へ

トップページへ 


テーマ:不思議生物 - ジャンル:

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。