アクセスランキング ブログパーツ
UMAファン ~ 未確認動物
世界中のUMA (未確認生物)、巨大生物、不思議な生物 (珍獣)を紹介しているブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
深海で撮影された超巨大鮫 ~ メガロドン?
■深海で撮影された超巨大鮫 ~ メガロドン?■
■MEGALODON Caught on Camera - Giant Shark■


(メガロドンとティラノサウルスの比較、ちょっとメガロドンが大きく見積もられすぎているような、、、)

~ メガロドン ~

巨大ザメのネタをもう一つ。

正確な大きさは分かりませんが、見るからに大きそうなサメがゆったりと海底を泳いでいます。

ビデオのタイトルは「カメラに捕らえられたメガロドン (MEGALODON Caught on Camera)」

サメは軟骨魚のため歯を除いて化石化することは希なため、絶滅したサメの姿を確実に知る方法はありません。

ただ、サメは生きている間、常に歯が生え替わり続けるため、生前の姿の唯一の手掛かりとなる「歯」だけは絶滅したサメのものでも豊富に手に入ります。


(エラの数は1、2、3、4、5、6?)

大きさこそ違えどメガロドンの歯はホオジロザメのそれと形がそっくりなため、おそらくメガロドンはホオジロザメをそのまま大きくしたような姿をしているに違いない、と考えられています。

メガロドンの本当の姿は分からないけれど、「ホオジロザメと体型が似ている可能性が高い」というのを念頭にビデオを見てみると、このサメ、ホオジロザメにしてはやけに細長いということに気付くはずです。


(尾ビレ付近にある背ビレ、上方の長い尾ビレ)

大きさに圧倒されますが、さらに落ち着いてよく見ていくと、背ビレの位置もやけに後方についているし、尾ビレの上方が極端に長いことなど、ホオジロザメとずいぶん異なります。エラのスリットもはっきり確認できますがなんと「6個」です (鮫のエラのスリット数は通常5つ)。

これらの顕著な特徴から、この深海巨大ザメの映像は、以前にも取り上げたことのあるカグラザメと思われます。

カグラザメの英名はシックス・ギル・シャーク (six-gill shark「6つのエラのサメ」の意)といいます。


(穏和そうな表情)

ホオジロザメとはまったく違う優しそうな表情を見てください、またの名をカウ・シャーク (cow shark:「乳牛サメ」の意)と呼ばれるのも分かるような気がします。

ただし、人を襲わない保証はどこにもありません。




<この記事のURL>
http://umafan.blog72.fc2.com/blog-entry-870.html

↓気に入って頂いた方はクリックして頂けると嬉しいです
人気 blog ランキング でオカルト・ホラーサイトを探す

>>
FC2 ブログランキング (オカルト・ホラー)
>>
面白サイトランキング


(関連) 
 誤認・絶滅動物リスト
巨大生物リスト
 
時事ネタ・雑談・UFO等
 誰が巨大ホオジロザメを食べたのか?
巨大鮫 ~ カグラザメ
巨大鮫 ~ オンデンザメ 
巨大鮫 ~ ゴブリンシャーク
■ 
絶滅巨大鮫 ~ メガロドン
存在したのか?超巨大鮫パラヘリコプリオン
歯がぐるぐる巻きの鮫 ~ ヘリコプリオン
■ 
絶滅巨大魚 ~ ダンクレオステウス
絶滅巨大魚 ~ リードシクティス
絶滅巨大魚 ~ シファクティヌス
絶滅巨大魚 ~ ハイネリア
生きた化石 ~ ラブカ
生きた化石 ~ アフリカハイギョ
生きた化石 ~ ポリプテルス
生きた化石 ~ シーラカンス
巨大魚 ~ ナイルパーチ
巨大魚 ~ アリゲーターガー
巨大魚 ~ ターポン
深海の奇妙なギンザメ ~ テングギンザメ
■ ロシア、ムルマンスクの怪魚
■ イリエワニ vs オオメジロザメ、オーストラリアで目撃される
■ 巨大深海エイ ~ ダクティロバトゥス・クラーキイ
■ 笑顔の深海魚、ホテイエソ、大量に捕獲される

UMA一覧へ

トップページへ
 

テーマ:不思議生物 - ジャンル:

コメント
この記事へのコメント
最近よく更新されててイイね
2014/04/13(日) 21:39:10 | URL | 名無しのUMAさん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。