アクセスランキング ブログパーツ
UMAファン ~ 未確認動物
世界中のUMA (未確認生物)、巨大生物、不思議な生物 (珍獣)を紹介しているブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
チュチュナー
■チュチュナー (チュチュナア)■
■Chuchunaa■


(体型的には、ビッグフットに近いともいわれています)

~ シベリア版雪男

チュチュナーとはシベリアに棲むといわれる獣人で、" シベリアの雪男 (Siberian snowman)  "とも呼ばれます。

チュチュナーは身長が2メートル以上と大柄で、肩幅が広く、クビがなく、黒みがかった毛で全身が覆われており、野生動物の生肉を主食としている、などといわれており、ここまでの特徴ですと、ビッグフットイエティヨーウィなど他の未知の獣人系UMAと大差ないように思います。

しかし、ここからが違います。彼らはトナカイの毛皮を身にまとっているというのです。言語は話せない (通じない)、といわれていますが、チュチュナー同士では理解できる未知の言語を使っている可能性もある、といわれています。

衣服をまとっている時点で、UMAと考えるよりは、まず最初に未知の部族の可能性を考えるべきではないでしょうか?つまり我々と同じ「人類」の可能性があります。(実際、ヤクーチャ地方の原住民説があります)

また、言葉を話せない、ということですが、実際、チュチュナー同士は理解できる言葉を使っている可能性があるようですから、言葉を話せない、というのも誤った認識かもしれません。チュチュナーにしてみれば、(文明人たちの) 知らない言葉で話しかけられたため、とまどって何も言い返さなかっただけ、ということも考えられるからです。

そのため、チュチュナーを研究していたドラベルト教授 (Prof. P. Dravert) は、チュチュナーを撃ち殺すのを即刻辞めるべき、と政府に進言したと言います。彼はチュチュナーの人権をも主張しました。 

さて、その後が気になるチュチュナーですが、現在ではまったく見かけなくなっており、おそらく絶滅したか、開発されていない更に奥地へと移住の地域を変えたのではないか、と推測されています。

↓気に入って頂いた方はクリックして頂けると嬉しいです
人気 blog ランキング でオカルト・ホラーサイトを探す

>>
FC2 ブログランキング (オカルト・ホラー)
>>
面白サイトランキング


(関連)
アルマス
ビッグフット
イエティ (ヒマラヤの雪男)
オーストラリアのビッグフット "ヨーウィ"
ギガントピテクス
マレーシア密林で巨大獣人が目撃される
キコンバ
カクンダカリ
フライド・ピスタチオが大好物!? マダガスカルの獣人 "カラノロ"
オーストラリアのビッグフット "ヨーウィ"
オンバス
ボロータ湖の怪物
アイダハル (コッコーリ湖の怪物)
ハイール湖の怪物

UMA一覧へ

トップページへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。