アクセスランキング ブログパーツ
UMAファン ~ 未確認動物
世界中のUMA (未確認生物)、巨大生物、不思議な生物 (珍獣)を紹介しているブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
頭部は馬、体は豚、手は熊 ~ テンビーの野獣
■頭部は馬、体は豚、手は熊 ~ テンビーの野獣■
■The Beast of Tenby■



~ テンビーの野獣 ~

モントーク系UMA (海岸や川岸に打ち上げられた正体不明の動物の総称) は最近ちょっと多いため、紹介は一旦ストップしていましたので久々な感じです。

今回は、サウス・ウェールズのテンビーの海岸に打ち上げられたモントーク系モンスターです。ビースト・オブ・テンビー (The Beast of Tenby) と呼ばれているようなので、日本語で「テンビーの野獣と呼びましょう。

モントーク系モンスターですから、どれも多かれ少なかれグロいのは仕方がないですが、これはけっこうグロい部類にはいると思います。食事時には閲覧注意です。



発見したのは犬の散歩代行者、27歳のピーター・ベイリーさん(Peter Bailey)です。お仕事の犬の散歩中に偶然出くわしたようです。



「体長は1メートルぐらい、そいつはずいぶんと気持ち悪く見えましたね。ぱっと見の印象ではウマだと思ったんですよ、ですけどクマみたいなかぎ爪だし、体はブタみたいに見えました。不思議なことに臭いがなかったんです。

腐敗はだいぶ進んでいて、全身の毛はほとんど抜け落ちていました」



この生物の写真をスウォンジー大学のダン・フォアマン博士 (Dr Dan Forman) に鑑定してもらったところ、次のように答えています。

「写真からなんの動物であるか特定するのは難しいんですが、体の大きさや指が5本であるということから判断するとアナグマの可能性が高いと思います」


(アナグマ)

アナグマにしては体に対してちょっと頭部が長いような気もしますが、写真は同方向から撮影したもの数枚しか存在していないようなので判断するのが難しいです。


(アナグマの頭骨)

<参照サイト>
The Sun News 
Technology 

<この記事のURL>
http://umafan.blog72.fc2.com/blog-entry-849.html


気に入って頂いた方はクリックして頂けると嬉しいです
人気 blog ランキング でオカルト・ホラーサイトを探す

>>
FC2 ブログランキング (オカルト・ホラー)
>>
面白サイトランキング


(関連)
巨大生物リスト
都市伝説系UMA
■ モントーク・モンスター
イギリス版モントークの怪物 ~ デボンの野獣
■ 【閲覧注意】トルコで双頭のイルカの赤ちゃん見つかる
■ 謎の怪物 ~ パナマ・モンスター
■ コフス・ハーバー・クリッター
■ 謎の轢死死体 ~ アレクサンドリアン・モンスター
謎の漂着死骸 アラスカン・ビースト
■ ハママツ・モンスター (浜松の怪物)
■ ケープタウンの砂浜で謎の生物が干上がっていた
■ 放射能汚染の産物?~ ウィラメット・クリチャー
中国の怪生物?~ ブタキツネ
亡霊犬、ダートムーアの怪物現る
■ 19世紀に発見された人魚のミイラ ~ ホーニマン・マーマン
■ 世界一幸せな240キロのミニブタ ~ エスター

UMA一覧へ

トップページへ 

テーマ:不思議生物 - ジャンル:

コメント
この記事へのコメント
2回目にございます
面白い動物ですね。
ウマ、ブタ 、クマとかなんとかだったとしてもなぜに海岸、海•••不思議な奴(°_°)気になります。
2014/03/13(木) 11:52:11 | URL | こすもす #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。