アクセスランキング ブログパーツ
UMAファン ~ 未確認動物
世界中のUMA (未確認生物)、巨大生物、不思議な生物 (珍獣)を紹介しているブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バージニア州に現れた翼竜
■バージニア州に現れた翼竜■
■Live Pterosaur Sightings in Virginia■

 
(ランフォリンクス亜目系翼竜の体型)

~ 翼竜を親子で目撃 ~

2012年の7月29日、アメリカのバージニア州で親子が翼竜と思われる生物を目撃しています。

目撃したのはブライアンと彼の娘、ブリアナ。ブライアンは同じ場所で以前にも同一の翼竜を目撃しており、これが翼竜との2度目の遭遇になるとのこと。

ブライアン曰く、その翼竜が飛んでいた高さはおそらく地上から45~60メートルぐらい、その高さの見積もりが間違っていなければ翼竜の翼開長は1.8~3メートルぐらいではないかと推測しています。

翼竜はケツァルコアトルスのような10メートルを超えるアホみたいに巨大なものもいましたが全部が全部大きかったわけではなく、現世の鳥程度の小型のものもたくさんいたので大きさは全く問題ありません。

現代に置いて翼竜は復元されたものでしかその生前の姿を想像することはできませんが、やはり印象的なのはその頭部、現世の飛行生物、鳥やコウモリとは大きく異なる特徴を持っているものが多くいます。

ところが残念なことに、ブライアンの娘、ブリアナの描いた目撃スケッチでは頭部は描かれておりません。





ブライアンの目測で翼竜は地上45メートル以上の高さを飛んでいたとのこと、おそらく逆光となり、頭部の詳細が確認できなかったものと推測されます。

頭部を確認できなかったことは残念ではありますが、見えもしなかったものを図鑑などで見た翼竜のイメージで勝手に頭部を書き加えなかったところに、逆にこのスケッチは信憑性があるともいえます。

ブライアンも特に頭部についてのコメントは控えているため、親子共々頭部を確認できなかったようです。このことから、それほど顕著に大きな頭部の生物ではなかった可能性があります。

意外にも、ブライアン親子が最も印象に残ったのはその「尾」だったようです。

その翼竜の尾は細長く、先端にはダイヤモンドもしくはスペードの形のフラップを備えていたとのことで、いわゆるランフォリンクス亜目 (嘴口竜亜目) に分類される翼竜の特徴を有していたようです。


(こちらはプテロダクティルス亜目系翼竜の体型)

とはいえ、尾羽の長い鳥はそこそこ存在しますので、翼の形状は異なるもののその土地では見慣れない鳥を見間違えた可能性もあるかもしれません。


(オナガ)


(シラオネッタイチョウ)


(テンニンチョウの仲間)

<参照サイト>
Live Pterosaur

<この記事のURL>
http://umafan.blog72.fc2.com/blog-entry-843.html

↓気に入って頂いた方はクリックして頂けると嬉しいです
人気 blog ランキング でオカルト・ホラーサイトを探す

>>
FC2 ブログランキング (オカルト・ホラー)
>>
面白サイトランキング



(関連)
不思議な生物リスト
巨大生物リスト
誤認・絶滅動物リスト
■ 忽然と消えた巨鳥 ~ ファントム・ジャイアント・バード
■ 巨大コンドル ~ アルゲンタビス
巨大海鳥 ~ ペラゴルニシッド
■ 超巨大翼竜 ~ ハツェゴプテリクス
12メートルの超巨大翼竜 ケツァルコアトルス
史上もっとも背の高い鳥 ジャイアント・モア
史上もっとも重い鳥 エピオルニス
モアを狩った巨大ワシ ~ ハースト・イーグル
巨鳥サンダーバードの正体はアルゲンタビスか?
極楽鳥がUMAだった頃 ~ 羽と肉のない鳥
ヒクイドリ
まるで現世の始祖鳥 ~ ツメバケイ
人も殺せる毒を持つ ~ 毒鳥ピトフーイ
超足の長い鳩 ~ ポウター
フジツボから鳥が生まれる? ~ フジツボガン
悲劇のドードー
絶滅寸前 ~ 生きている静止画像ハシビロコウ
■ イギリス上空に、謎のブラック・リング現る
■ 
アトモスフェリック・ビースト (スペース・クリッター)

UMA一覧へ

トップページへ
 

テーマ:不思議生物 - ジャンル:

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。