アクセスランキング ブログパーツ
UMAファン ~ 未確認動物
世界中のUMA (未確認生物)、巨大生物、不思議な生物 (珍獣)を紹介しているブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
緑色に光る猫、誕生する
■緑色に光る猫、誕生する■
■fluorescent green glow cat■



「研究チームは、猫の後天性免疫不全症候群(AIDS)を遺伝子レベルで予防する研究の過程で、猫の卵母細胞に、ウイルスを使って緑色蛍光たんぱく質(GFP)の遺伝子を挿入した。3匹の子猫が無事に成長し、暗闇で特定の波長の光を当てると、GFPが発現している全身が緑色に光った。」(「Yomiuri Online」より)

以前にデンマークに存在した毛色が緑色の猫、ミス・グリーニーを紹介しましたが、今回の場合、毛色が緑というのではなく「緑色に光る猫」です。 

もちろんUMAではなく遺伝子操作されたもので、これも以前に紹介しましたが遺伝子操作で生まれた「発光豚」と同じです。 


(発光豚)

この発光豚を誕生させたのはアメリカ、ミネソタ州のロチェスターにあるメイヨー・クリニック (Mayo Clinic) の研究者たちです。

遺伝子操作で遊んでいるのか?というとそうではありません。

現代科学を持ってもなかなか押さえることが困難なエイズ。この緑色に光る猫たちの誕生は人間のエイズ治療へ大きく貢献するものと期待されています。



最近ではエイズの原因となるHIVが変異し、HIV発症の早期化が見られるといいますから、尚更その期待は高まろうかというものです。

エイズといえば人間の病気というイメージですが、猫たち、特に野良猫たちの猫エイズ (FIV) もかなり深刻です。

この3匹の光る猫たちが人間のエイズ治療に貢献すると期待されているのは前述の通りですが、自らの仲間である猫たちの救世主になれれば緑色にされた意味もあろうかというものではないでしょうか。実際、その可能性はあるようです。


(この動画ではあまりはっきりしませんが、生物発光の中でも2色の色を発光する鉄道虫は特に神秘的)

<参照サイト>
● YOMIURI ONLINE

<この記事のURL>
http://umafan.blog72.fc2.com/blog-entry-791.html

↓気に入って頂いた方はクリックして頂けると嬉しいです
人気 blog ランキング でオカルト・ホラーサイトを探す

>>
FC2 ブログランキング (オカルト・ホラー)
>>
面白サイトランキング


(関連)
不思議な生物
■ 緑色に光る発光豚
■ デンマークに存在した毛色が緑色の猫
■ お供え物をもち亡きご主人のお墓参りをする猫
■ 強い強い絆で結ばれたヤギとロバの話
■ 背に翼の跳ねた猫 ~ 翼猫
■ いつも思案顔の猿 ~ シロガオサキ
■ 笑顔の深海魚、ホテイエソ、大量に捕獲される
スパイラル・バイオルミネッセンス ~ パニキア
夜行電車のように光る虫 ~ 鉄道虫
他の蛍のまねをする ~ ベルシカラーホタル
深海の奇妙な頭足類~ コウモリダコ
ワニトカゲギス

UMA一覧へ

トップページへ 

テーマ: - ジャンル:

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。