アクセスランキング ブログパーツ
UMAファン ~ 未確認動物
世界中のUMA (未確認生物)、巨大生物、不思議な生物 (珍獣)を紹介しているブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
深海怪奇生物 ~ ハイドロサーマル・ワーム
■ハイドロサーマル・ワーム■
■Hydrothermal Vent Tube Worm■


(フェイク?いえいえ実在します)

深海の熱水噴出孔 (Hydrothermal Vent) に棲息するワームということで単純に "Hydrothermal Worm (熱水のワーム)" と呼ばれています。 つまり正式な名前がありません。

現時点 (2011/09/05現在) で学名がまだないとのこと、和名もおそらくないと思いますので (あったら教えてください)、通称そのままハイドロサーマル・ワームと呼ぶことにします。



頭部 (?) のアップのモノクロ写真しか存在しませんが、一見すると珍獣として有名なホシバナモグラを正面から接写したような印象です (全然違いますが)。 ミツクリザメ (ゴブリン・シャーク) にも似た雰囲気も持っています。

 
(ミツクリザメ (ゴブリン・シャーク))

ですが、冒頭に書いたとおり、もちろんモグラどころか脊椎動物ですらありません。土中ではなく深海に棲息する生物です。

この生物、どういった全体像をしているのかまったく分かりませんが、"Hydrothermal Vent Tube Worm (熱水噴出孔のチューブ・ワーム(ハオリムシ))" との記述もちらほらあるのでよく目にするハオリムシのような細長~い体型をした生物と思われます。


(ホシバナモグラ)

本当にハオリムシの仲間なのか、それとも単に形が似ているためにそう呼ばれているのか、そこら辺もさっぱり分かりませんが、現時点でハオリムシの仲間ということにしておきましょう。

さて、ハオリムシは最大のものとなると直径10センチ、長さ2メートルを突破する巨大なものが存在します、知られているハオリムシは至って平和主義的な生活を送っています。しかし、見た目だけでの判断するのも恐縮ですが、どうもこのハイドロサーマル・ワームと呼ばれるハオリムシ、あまり平和そうな感じがしません。

最大級のハオリムシの先端にこの生物のような強烈な歯があったら人間といえども近づいたら腕や足を咬みちぎられそうです。

が、実はその心配はいりません。人間が潜れない深海に棲息しているから?もちろんそれもあります。

しかし一番の理由は、このワーム、体長がわずかに0.5ミリ、目がいい人で毛のような全体像をぎりぎり肉眼で確認することができるかどうか、咬まれるにはあまりに小さすぎるんですね。

 
(メドゥーサ・ワーム (スパゲッティ・ワーム)

<この記事のURL>
http://umafan.blog72.fc2.com/blog-entry-786.html

↓気に入って頂いた方はクリックして頂けると嬉しいです
人気 blog ランキング でオカルト・ホラーサイトを探す

>>
FC2 ブログランキング (オカルト・ホラー)
>>
面白サイトランキング


(関連) 
不思議な生物リスト 
■ ロシア、ムルマンスクの怪魚
■ メドゥーサ・ワーム (スパゲッティ・ワーム)
オオグチボヤ
頭部が透き通った深海魚 デメニギス
爆弾ゴカイ ~ グリーン・ボンバー
3メートルの巨大ゴカイ、オニイソメ
新種の巨大ヒモムシ
■ 新種のティラノサウルス ~ ピノキオ・レックス
謎のワーム ~ ヘクトコチルス・オクトポディス
■ ミツクリザメ (ゴブリン・シャーク)
ノースカロライナの下水管に潜む謎の生物
■ 
装甲イモムシ ~ ラシアン・アーマード・ワーム
吸虫のみらくるな旅 ~ 住血吸虫
殺人アメーバ、ネグレリア・フォーレリ
ハリガネムシ (グロ注意)
人体寄生 ~ ヒトヒフバエ (グロ注意)
人体寄生 ~ ギニア・ワーム (メジナ虫) (グロ注意)  
殺虫キノコ 冬虫夏草 (微グロ注意)
カタツムリ寄生 レウコクロリディウム (グロスーパー注意)
クリオネの新種 ~ ヒョウタンハダカカメガイ
巨大!!ツチノコヒル
うごめく巨大都市 ~ エイリアン・メトロポリス 
エルーセラ島にゼリー状生物が流れ着く
巨大ミミズ ~ ミクロカエトゥス・ラピ
九州の巨大ミミズ型UMA ミニョ太郎  
ゴゾ島の未確認スライム・フィッシュ

UMA一覧へ

トップページへ 

テーマ: - ジャンル:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。