アクセスランキング ブログパーツ
UMAファン ~ 未確認動物
世界中のUMA (未確認生物)、巨大生物、不思議な生物 (珍獣)を紹介しているブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イノゴン
■イノゴン■
■Inogon■

~ 食べられたUMA ~



イノゴンは日本のUMAです。1970年、京都市の山中で、体毛がまったくなく、口から大きな牙を生やした真っ黒いイノシシが捕獲されました。UMAが捕獲されるという珍しいケースです。

にも関わらずです、残念なことにこのイノシシ、詳しく調べられる前に解体されて食肉問屋に卸されてしまい、忘年会の猪鍋で食べられてしまったということです。


(巨大イノシシ
※ 画像をクリックするとYouTubeに飛びます)

イノゴンに限ったことではなく、ツチノコタキタロウガンボモケーレ・ムベンベなど、捕獲されたにもかかわらず、後に解体されたり食べてしまって証拠がない、といったケースが多々あり、捕獲されたこと自体疑ってしまいます。

しかしこのケースは異なりました。幸い頭骨は残されており、兵庫大学で調査されることになりました。調査の結果、イノゴンの正体はイノシシの突然変異体ではないか、と結論されました。

アメリカの巨大なイノシシ、ホグジラはブタが野生化したもの、と断定されたように、イノゴンも脱走したブタが野生化した可能性があるかもしれません。


(数百匹のイノシシの大群の疾走
※ 画像をクリックするとYouTubeに飛びます)

人間の手によって改良を加えられ体毛がほとんどない食肉用のブタでも、野生化するとあっという間に先祖返りし、体中に体毛が生え、牙も伸びてきます。しかし、イノゴンを捕獲した人たちの証言によれば、体毛は全くなかったということで、ブタが野生化したにしろ、これは奇妙な特徴です。

その後一度も似たようなイノシシ、もしくはブタが捕獲されていないことから、新種のイノシシではなく、やはり大学が下した結論のように突然変異体であった可能性が高いと考えられます。

↓気に入って頂いた方はクリックして頂けると嬉しいです
人気 blog ランキング でオカルト・ホラーサイトを探す

>>
FC2 ブログランキング (オカルト・ホラー)
>>
面白サイトランキング


(関連)
■ レイザーバック・ホッグ
ブタのゴジラ "ホグジラ"
モンスターピッグ (ホグジラ Part II) 
■ 蛍光グリーンに輝く発光豚 (蛍光豚) 
■ 
モケーレ・ムベンベ
ガンビア沿岸の謎の死骸 "ガンボ"
タキタロウ

UMA一覧へ

トップページへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。