アクセスランキング ブログパーツ
UMAファン ~ 未確認動物
世界中のUMA (未確認生物)、巨大生物、不思議な生物 (珍獣)を紹介しているブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
謎の30センチ巨大ワーム
■謎の30センチ巨大ワーム■
■Mysterious giant worm■

みなさん、こんにちは、超久々の更新です。ご心配をおかけしました&ご迷惑をおかけして申し訳ございませんでした。

今回は、ブログ休止中にりょうさんからいただいていた「謎の30センチ巨大ワーム」の情報を、申し訳ないので復帰後、最初に取り上げさせていただきたいとおもいます。

本当はりょうさんに詳しい話をもっと聞きたかったのですが、なぜかメールの返信をするとはじかれちゃいますので、メールを頂いた内容だけで記事を書きます。

りょうさん、この記事を見られたら、是非ともメールください。

~ 昆虫採集 ~



これは、りょうさんが子供の頃、友人と森にクワガタ獲りにいったときのお話だそうです。

クワガタやカブトムシを林や森に行って捕獲する方法ですがいくつかあると思います。

僕は出身が東北なので、けっこう近くに林などもあった関係もあり、「昆虫がよく集まる木」を何本か知っており、早朝、まだ日も昇らないうちに懐中電灯と虫かごを持って、一直線にその木に向かいました。

子供でも簡単に手の届く高さに樹液がしみ出ているクヌギの木は、昆虫好きの子供にとっては「金の卵を産むニワトリ」レベルの素晴らしすぎる物件で、ルート営業しているみたいにその目星を付けた木を回って歩くだけで簡単にカブトムシやクワガタムシをゲットすることができました。

そういった木はカブトムシやクワガタムシだけではなく、コガネムシやカナブン、ガ、そしてやっかいなスズメバチなども一緒にいたりします。


(海外の甲虫はもちろん幼虫もデカイです)

スズメバチがいたからといって諦められるわけもなく、小枝などを軽く放り投げてスズメバチを追い払うのですが、もちろん攻撃されるので小枝を投げたら一目散に一旦逃げます。

で、しばらくして戻ってきてカブトムシやクワガタムシをゲットしたりしたのは懐かしい思い出です。たまに、スズメバチも一緒に戻ってきているという悲しいこともありますが、また小枝を投げて逃げることを繰り返します。

この目星を付けた木に取りに行くという方法は簡単に甲虫をゲットできるという点では優れているのですが、そこに「甲虫が集まっているのは当たり前」という変な慣れが出てきてしまい、採取したときのうれしさが今ひとつです。

やはり楽しいのは、友達と知らない林に入っていき、思いもかけずクワガタやカブトムシをゲットできたときです。

もちろん樹液が出ている木に昆虫が集まっているのを発見しても嬉しいですが、小学校低学年時の管理人のアドレナリン放出が爆発したのは、木をけっ飛ばして昆虫が落ちてきたときです。

まず、体重もそれほどない子供ですから、木を蹴る力もたかがしれているので、子供でも蹴ることによって十分に木に震動を与え甲虫を落っことせる、それほど太くない木に限られます。

樹液が出ていそうな、良い感じに朽ちている手頃な木を見つけ、友達と力一杯蹴ってみます。その木の上の方に昆虫がいるかいないか分からないのが楽しいところで、蹴った後、落ち葉の上にカサッっとなにかが落ちてくるとたまらなく興奮したものです。

なにが落ちたかが分からないのがすごく楽しいところで、この「なにかが落ちた」ときのアドレナリンの放出は最高潮に達します。


(ミヤマクワガタの動画) 

ミヤマクワガタや大きめのノコギリクワガタのオスだったりすると超嬉しく、コクワヒラタだと少しがっかりし、メスだとアドレナリンの放出は完全に止まり、運が悪いとゲジゲジとか落ちてきたのを覚えています。ちなみに自然下では一度もオオクワガタを見たことがありませんでしたね。

話がなぜか子供時代の管理人の話にすり替わってしまいました、本題に戻りましょう。

さて、りょうさんと友人がクワガタ採りで取った行動は、後者の木をけっ飛ばし、獲物を落っことす方法です。

りょうさんと友人は、いかにもクワガタが隠れていそうなちょっと枯れ気味の木に目を付けました。友人は、木が二股に分かれたところまで登り、木を揺すってみる作戦に出たときのことだそうです。

木に登った友人を見上げていたりょうさんは気付きました、友人のさらに上方の木の幹に、巨大なワーム状の生物が張り付いていたのを。

その生物がいたのは、りょうさんから少し離れた距離なので確実な大きさではないかもしれませんが、りょうさんが見積もったところでは、直径はビール瓶ぐらいの太さ、長さは30センチぐらいはあったといいます。

距離的に細部は分からなかったようですが、大雑把に表現すると「肌色をした巨大なカブトムシの幼虫」といった風情だったといいます。

ビール瓶、大瓶の直径は5~6センチぐらいでしょうか?昆虫の幼虫としては明らかに太すぎますし、体長もとても昆虫の幼虫とは思えません。

怖くなったりょうさんが、友人に巨大ワームが上の方にいることを告げると、友人も急いで木から下り、二人で一目散に森を後にしたといいます。

~ 正体は? ~


「巨大ツチノコヒル」の記事でも登場した巨大ヒルさん)

さて、「これ」の正体は?

明らかに昆虫の幼虫からは逸脱した大きさ。途方もない大きさで、正直候補が思い当たりませんが、「カブトムシの幼虫」っぽいということから、ワーム状の他の生物、たとえば巨大ヒル (これほど巨大なものが地上性とは考えにくいですが) のような生物の可能性もちょっとばかりあるかもしれません。

夢のない説としては、遠目から見たということと、そして動いているところを確認していない、という条件で、サルノコシカケなどの菌類の群生がうまい具合に動物然とした形に生えていたものを見誤った、という可能性も考えられます。

真相は?


(サルノコシカケの一種)


(サルノコシカケの一種)

<この記事のURL>
http://umafan.blog72.fc2.com/blog-entry-761.html

↓気に入って頂いた方はクリックして頂けると嬉しいです
人気 blog ランキング でオカルト・ホラーサイトを探す

>>
FC2 ブログランキング (オカルト・ホラー)
>>
面白サイトランキング


(関連) 
誤認・絶滅動物リスト
巨大生物リスト
巨大ツチノコヒル
巨大ナメクジ
謎の巨大虫の化石
巨大ヤスデ ~ アースロプレウラ

砂漠に生息 ~ サバクカタツムリ
クリオネの新種 ~ ヒョウタンハダカカメガイ
巨大巻貝 (アラフラオオニシ)
殺人巻貝 アンボイナガイ
海賊!アオミノウミウシ
巨大二枚貝 (オオジャコガイ)
■ 巨大巻貝Part2 ~ ダイオウイトマキボラ
400歳のハマグリ見つかる
モンゴリアン・デス・ワーム
巨大ミミズ Part1
巨大ナメクジ型UMA ~ ムリロ
■ 絶滅超巨大カゲロウ ~ メゾサイロス

UMA一覧へ

トップページへ 

テーマ:不思議生物 - ジャンル:

コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/01/05(火) 07:08:05 | | #[ 編集]
なれるとだめということですね。まあ~わたしのものは、かっこよくは絶対ないです。
どこをとってもです。残念ながっかりすると
おもいますよ。形がよくての人であれば、
若い人にするしかないです。こんなに自分では、がんばってるつもりなのに、そうゆうことで、評価されるとは非常に残念です。
2010/01/05(火) 07:28:26 | URL | イチゴ #-[ 編集]
やはり愛が育たないうちから、観察されると
冷めた,目でみていますね。あわないうちから観察するからですよ 多分残念です。がっかりです。いつもそうおもいます。
2010/01/05(火) 07:32:42 | URL | イチゴ #-[ 編集]
巨大ワームの正体は 何だったんでしょうネ………

私は幼い頃 父と一緒に山菜取りに山に行ったのですが 山菜よりも不思議なモノに遭遇したい期待を膨らませて行ってました。でも不思議なモノには遭遇できず… 大人になった今でも森など見るとワクワクしちゃいマス

最近 けせらんぱさらん捜しに山に入りたいミクでした
2010/01/05(火) 20:01:07 | URL | ミク #-[ 編集]
久々の更新とてもうれしいです!
これからもお体に気をつけつつがんばってください!
2010/01/05(火) 21:42:45 | URL | lowlander #2Rdqmfrk[ 編集]
いいですねぇ~♪
この手の個人の目撃情報、醍醐味ですよねぇ~☆
結局何だったんでしょうねえ?
2010/01/07(木) 18:45:04 | URL | 宇宙厭人ゴリ #wKydAIho[ 編集]
 うーん
 巨大ワームの正体は、ヤマナメクジじゃないかなぁ

 むかしTVのニュース番組で見たけど
大きいのはビール瓶くらいの太さになるよ
2010/05/18(火) 02:09:48 | URL | ウディ #-[ 編集]
はじめまして。子供の頃同じシチュエーションで僕も見たことあります。今まで誰も信じてくれなかった。茶色の芋虫でした。
2010/12/15(水) 18:17:10 | URL | もんちち #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。