アクセスランキング ブログパーツ
UMAファン ~ 未確認動物
世界中のUMA (未確認生物)、巨大生物、不思議な生物 (珍獣)を紹介しているブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
全人類洗脳計画 (人間寄生編 Part2) ~ トキソプラズマ

■全人類洗脳計画トキソプラズマ 人間寄生編 Part2■
■Toxoplasma gondii■



全人類洗脳計画トキソプラズマ 人間寄生編 Part1の続きです。

~ マインドコントロール? ~

トキソプラズマの正規ルートは、猫→ネズミ→猫→ネズミ・・・これはすでに書きました。

では、間違って、猫→人間、と来てしまったトキソプラズマは?

トキソプラズマは人間の体内に入っても決して大暴れすることはありません。宿主 (人間) を新鮮・元気なままを維持させるのがトキソプラズマのモットーだからです。

しかし、トキソプラズマに感染した人は「性格 (人格) に変化があわれる」といいます。

そして、その性格は男性と女性では異なるといいます。

心理学者が伝えるところによると、一般的に寄生された男性は「向こう見ずになり、犯罪などにも良心の呵責をあまり感じなくなる」傾向があるといいます。

いっぽう、女性がトキソプラズマに感染されると「思いやりが増し、社交的に、世話好きになる」傾向があるといいます。

人間の道義的な見地から行くと、男はワルになり、女は優しくなる、といった正反対の性格に変化しているように「勘違い」してしまいます。

しかし、これはあくまで人間がつくった「人間の道徳規準」が、そう思わせているだけです。

単純に見ると、男女いずれの性格も「他人に接する機会をより増加させている」と考えることが出来ます。

接する機会が増えたところで猫に食べられるわけではありませんから、どうということはないような気がします。

しかし、これが大昔だとしたら?

~ 昔は良かった? ~

なんとか人間が猫に食べられて欲しいですがこれは無理な話。

しかし、もし人間がまだ狩りをしたり、もしくはもっと昔、野生の肉食獣におびえながら暮らしていた時代、トキソプラズマの寄生ルートが、野生猫+大型猫科動物(ライオン、トラ、サーベルタイガーetc)→ネズミだとしたら?

間違って人間に寄生してしまったトキソプラズマは現代では無理でも、その時代であればライオンやトラに食べられるようし向けることは決して無駄な努力ではありません。

向こう見ずな性格、つまりトキソプラズマに感染したネズミが猫を恐れないように、本来恐れるべきトラやライオンの前にほいほい顔を出す性格に変化してしまった男たちは、まんまとトキソプラズマの術中にはまったことになります。

女性もしかり、「優しさ」の対象が恐れるべきトラやライオンにまで及ぶとは考えにくいですが、より社交的になった女性は行動範囲を広めることにより、より肉食獣との遭遇を上昇させたとも考えることが出来ます。

現在、トキソプラズマに感染することにより、人格に変化が起こるのはそういったトキソプラズマにとって、古き良き時代の名残とも考えられます。

そうではないとしたら?

~ 全人類洗脳計画進行中 ~


(パラサイト系ムービー、「SFボディスナッチャー」より人面犬
※ 画像をクリックするとYouTubeに飛びます)

決して「古き良き時代の名残」ではないとしたら?

猫の糞に混じったトキソプラズマの卵と言えるオーシストは、土壌に散らばることにより、土壌からの経口感染、家畜の食肉などによる感染など、さまざまな経路で人類に侵入してきます。

むしろ、昔よりも感染経路が拡大し、トキソプラズマは人類に侵入しやすくなったとも考えられます。

これだけ感染しておきながら、寄生虫は指をくわえてみているほどお人好しな生物でしょうか。

「古き良き時代の名残」とか「感染による一時的な副作用」だと思っていた人格変化が、実はトキソプラズマが現在進化の過程で人体実験を繰り返している結果だとしたら?

寄生虫といえば日本のような衛生環境の整った地域では無縁となってきましたが、トキソプラズマに限っては発展途上地域よりも都市部での感染の方が圧倒的に多いといわれています。

今後、世界中で都市化が進むに従ってトキソプラズマは全人類の体内に侵入することも夢ではなくなってきました。

人格の変化というものははっきり目に見えるものでないだけに、これまでの臨床試験の結果がどれだけ正確なものかも分かりません。

しかし、逆に目に見えないだけに、もしトキソプラズマによって全人類洗脳計画が静かに進められていたとしてもまた気付かないといえます。

人間の人格を変えたところで猫に行き着ける見込みなどほとんどないといえますが、トキソプラズマがあきらめることなく人体内で試行錯誤を繰り返しているとしたら恐ろしい話です。

自分は生まれたときから今まで自分の考えで行動していると思っていたものが、実はトキソプラズマによってある程度マインドコントロールされていたとしたら?

友人が、昔と見た目は変わらないのに、トキソプラズマの影響により異なる人格に変わっていたとしたら?それは友人ではなく、別人なのでは?

パラサイトで体を乗っ取られる話は「遊星からの物体X」「SFボディスナッチャー」など昔からSFホラー映画の定番ですが、実際のところ、多くの生物 (巻貝、イモムシ、ゴキブリetc) たちは寄生虫に体もそして脳も乗っ取られています。

「人間は巻貝やイモムシなんかとは全然違う、人間のような高等動物が塵のような原虫などに体を乗っ取られるはずがない」そう考えるのが「合理的」です。

しかし、実際にはすでに「人格」に影響を及ぼしている可能性が示唆されており、トキソプラズマの真の実力を過小評価している可能性もまた否定できません。

いかなる独裁者であろうと宗教家であろうと達成出来なかった全人類洗脳、達成出来る生物が存在するとしたら、それはトキソプラズマかもしれません。

<参考文献・参照サイト>
● 「パラサイト・レックス」 (カール・ジンマー著)
OXFORD JOURNALS

<この記事のURL>
http://umafan.blog72.fc2.com/blog-entry-736.html

↓気に入って頂いた方はクリックして頂けると嬉しいです
人気 blog ランキング でオカルト・ホラーサイトを探す

>>
FC2 ブログランキング (オカルト・ホラー)
>>
人気の面白サイトを探す

(関連)
不思議な生物リスト
ネズミを洗脳 ~ トキソプラズマ
■ 実在するゾンビウイルス ~ バキュロウイルス
冬虫夏草 (微グロ注意)
殺人アメーバ ネグレリア・フォーレリ
マインドコントローラー ディクロコエリウム
殺人蟻の首狩り職人 ~ ノミバエ
蟻がイチゴに変身!ミルメコネマ
ゴキブリをゾンビ化、エメラルドゴキブリバチ (グロ注意)
カニをゾンビ化 ~ フクロムシ
カタツムリ寄生 レウコクロリディウム (グロスーパー注意)
ハリガネムシ (グロ注意)
人体寄生 ~ ヒトヒフバエ (グロ注意)
人体寄生 ~ ギニア・ワーム (メジナ虫) (グロ注意)
恐怖の寄生植物 ~ ウィッチウィード (魔女草)
真・殺人ナマズ ~ カンディル
寄生植物 ~ ラフレシア・アーノルディ

UMA一覧へ

トップページへ 

コメント
この記事へのコメント
怖い…
非常に怖いですね。
僕も遊星からの物体Xやボディスナッチャーみましたが、あんな事になったら嫌です。
人類が徐々に洗脳されてるとしたら、確かに気付かないかもしれないですね。無意識の内に人格が変わっていっているとしたら、僕も気付かないと思います。
一般人にはあまり注目されない寄生虫ですから、気付いたらみんな洗脳されていたなんて事も有り得なくはないでしょう(ノ><)ノ

宇宙の騎士テッカマンブレードというアニメにも寄生生物がでてきますが、相手が小さいから人間は大丈夫と油断するのは危険ですね。人間て弱いですから…。
2009/06/28(日) 02:21:38 | URL | 新参者 #0EjQUAK2[ 編集]
これはなかなか興味深い話ですねぇ・・・。
流石、寄生虫といいますか・・・。
もしかしたら、すでに洗脳は完了されていて
私たちのこの「人格」と読んでいるものが
トキソプラズマが引き起こしているものなのかもしれませんね・・・。

あとこの記事読んでると
どうしてもひぐらしのなく頃にを思い出してしまいます・・・^^;
2009/06/28(日) 04:19:44 | URL | どこかの国の誰かさん #-[ 編集]
んー
多重人格って言うのも、こいつが原因の例もあるのかなーって思ったり…
2009/06/28(日) 10:27:44 | URL | 弧月 #-[ 編集]
>新参者さん
はは、ちょっと大げさにドラマチックに書いただけで、少なくとも現時点ではそんなに怖い寄生虫ではないはずです。

タイプ的にはボディスナッチャータイプですよね。ただ、感染すると実生活でプラス方向になる人格変化は皆無のようなので決して人間にとって良いことではありませんよね。
2009/06/28(日) 10:46:39 | URL | ナム #-[ 編集]
>どこかの国の誰かさん
この話はSFチックに書いていたんですが、どうしてもうまくつながらないのが、人格変化による猫への接点ですね。トキソプラズマは人間の脳内にシストとしてじっとしているので、猫に触ったりしても移動することは不可能なんですよ。

ということで、さらなる続編も書くかもしれません。
2009/06/28(日) 10:49:33 | URL | ナム #-[ 編集]
>弧月さん
基本的にいらいらしたり、とかそれほど人格が激変するわけではないと思いますので、いちおう現時点では底まで恐れる必要はないと思いますけどね。
2009/06/28(日) 10:50:55 | URL | ナム #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/06/28(日) 18:36:27 | | #[ 編集]
こんにちは
食べられる以外の方法でトキソプラズマのシストを猫に渡す方法を獲得できれば、トキソプラズマにとって、寄生した人間を「猫好き」に変えるなどは意味があるかもしれませんね。
異常なほど猫を「猫っかわいがり」する人などいますが、もしかしてトキソプラズマに操られているのかも?
全人類猫好き洗脳計画?
2009/06/28(日) 18:38:46 | URL | ヒューストン #-[ 編集]
う~む・・・優しくなって健康になるのは、いいけど・・・
男の方は、問題有るなぁ~(--;)

女の人は良い人に成って
男はうざったい野郎に成る

男には感染して欲しくないなぁ・・・頃したくなっちゃうよ~(--)
2009/06/28(日) 20:40:13 | URL | 黒白 #WV4V227M[ 編集]
実際にはそんなに恐ろしいものではないと聞いて安心しました。あと、僕もひぐらしを思い出してしまいました。
2009/06/29(月) 21:38:02 | URL | ダメツナ #-[ 編集]
>ヒューストンさん
ヒューストンさん、はじめまして

まず、記事の日付の方ですけどね、Part2はトップページにこないように後ろに回すために変えているのですよ。ブログは日付順に自動的にソートされちゃうじゃないですか。

で、人間が猫を触っても、人間から猫にトキソプラズマは移動できません。人間の頭の中に入っちゃってますからね、今後移動できるように変化するかも?(笑)
2009/07/05(日) 10:25:26 | URL | ナム #-[ 編集]
>黒白さん
説明が面倒なので詳しく書かなかったんですけど、優しくなるだけじゃなく、短期とか記憶力の低下とか症状はたくさんあって、実際、それが本当にトキソプラズマの影響かどうかも現時点でははっきりしていません。基本的に人間にとって得になる変化はあまり無いようです。

2009/07/05(日) 10:27:17 | URL | ナム #-[ 編集]
>ダメツナさん
僕以外誰もトキソプラズマに洗脳される、なんて書いていないので安心してください。(笑) ただ、なんかいやですよね、気分的に。
2009/07/05(日) 10:30:11 | URL | ナム #-[ 編集]
なんだ雛見沢症候群のはなしか
2009/07/08(水) 02:00:43 | URL | 名無しのUMAさん #-[ 編集]
某アイドルグループのリーダーが、サルに噛まれてから性格が変わったという話を聞いた事が・・・・・・。
2010/01/07(木) 18:11:19 | URL | ヒルネスキー #uo9FX4jk[ 編集]
・・・・ 獣人(ネコver)ができるんでね?
2011/07/30(土) 19:29:51 | URL | 名無しのUMAさん #-[ 編集]
こんにちわ
トキソプラズマが進化してと思うと、とてもこわいですね(笑)
今も人類の中で進化が・・・
2011/10/24(月) 22:45:08 | URL | 恥ずかしがり屋 #-[ 編集]
何処からきて何処へ
ヒトの霊の始まりかもしれませんね。
人間の複雑な感情や思考力、特に決断において成長以外の後天性要素にひとやく買っているのかもしれませんね。一種類だけとも思えませんし。

まるで、人間が巨大ロボットのようだ…
2014/06/29(日) 07:42:48 | URL | 哲オタ #5iIXJMJ6[ 編集]
奴らにとって一番手っ取り早いのは人間から猫に移動なんて考えずに宿主を人間に変えてしまう事だ。
2014/09/11(木) 01:00:55 | URL | ゼン #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2016/03/17(木) 15:30:14 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。