アクセスランキング ブログパーツ
UMAファン ~ 未確認動物
世界中のUMA (未確認生物)、巨大生物、不思議な生物 (珍獣)を紹介しているブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ボルネオで超巨大サーペント撮影される (ナブー)

■ボルネオで巨大サーペント撮影される■
■Borneo giant river serpent■

 

時間がなくて、写真だけ見て10分ぐらいで書いたいい加減な記事だったので、少し書き直しますね。

今回の記事はエテポンゲさんに教えて頂いたものです、どうもありがとうございます。

~ ボルネオのリバーサーペント ~

ボルネオのバーレー川 (river Baleh) で、巨大なヘビのような生物が撮影されました。

いわゆる「サーペント」と総称される生物で、川で目撃されたので、シーサーペントではなく、リバーサーペントということになります。

撮影したのはボルネオの災害班のスタッフ、写真はヘリコプターで上空から撮影したものだといいます。

なんでもボルネオの先住民族、イバン族 (Iban) にはナブー (or ナバウ, Nabau) と呼ばれる巨大なサーペントの伝説があるそうで、今回撮影された生物はそのナブーではないか、と話題になっています。

ナブーとは、体長は100フィート (約30メートル) を超える大蛇で、頭部はドラゴンに似ており、7つの鼻孔を持つといわれる伝説の生き物です。

ナブーがなんで鼻の穴ばっかりいっぱいあるのかさっぱり分かりませんが、今回撮影された生物も100フィート以上と見積もられていることから、大きさ的にはまさにナブーといった感じです。

と、大変盛り上がっているのですが、大きさが大きさだけに、またイラストちっくな写真なだけに、誤認やフェイク説もたくさん出ています。

それではいろいろな角度から考えてみましょう。

~ 川の色 ~

exciteニュースさんによれば、

「この幻獣が巨大すぎるため陸地からでは判断しにくく、ヘリコプターで洪水地方をモニターしている災害チームのメンバーにより、上空から偶然撮影された写真だけが手がかりとなっている。」

ということだそうです。

災害班 (災害チーム) が洪水地方をモニター、ということですが、実は撮影者は「撮影班のスタッフ」以外、詳細な場所、撮影日時を伏せ、さらに匿名で発表しています。

この時点でかなり怪しく感じてしまいますが、さらに「洪水地方をモニター」しているにも関わらず、川が泥で濁っているどころか、とても綺麗な色をしています。

さらに悪いことに、このバーレー川、洪水があろうがなかろうが、もともと茶色に濁った川だということです。(Shinerさん情報)

で、調べてみたのですが、バーレー川は世界的にはあまり有名ではないようで、写真もあまり存在していません。

少ないサンプルですが、写真のように青い色をしたバーレー川の写真は発見できませんでした。しかし、少ないサンプルですから、これで常時濁った川とは断定できませんから、取り敢えず川の色は、この写真の「否定」の材料にはしないことにします。

~ さて写真を見ると ~



シンプルに写真だけを見てみることにします。

まるで「絵」のような写真ですが、綺麗な自然の映像や写真は、自然の少ない場所に住んでいると「まるで絵」のように感じますし、それだけでフェイクと決めつけるのは少々乱暴です。

ただし、それを差し引いても、この写真には違和感を感じてしまいます。

もちろん、こんな大きなヘビを見たことがないですから、違和感を感じて当然なのですが、そういった大きさとは別の点での違和感です。

ひとつは大型のヘビにしては胴回りがほっそりとしていることです。巨大なアナコンダの写真や動画を一度は見たことがあるかと思いますが、頭部から首にかけての太さと、体の後半部分では太さがまるで違います。

そしてもうひとつ、波の立ち方がどうも不自然な感じがします。

波が立っていなければ、ほとんど動いていないと判断することも出来ますが、明らかにヘビの動きにより波が立っているのが分かります。なので、この蛇は泳いでいるはずです。

 

30メートルもあるヘビが本当に存在したとして、いったいどれぐらいのスピードで泳ぐことが出来るのか分かりませんが、いずれにしてもそのような巨体で水面すれすれのところを泳げば波が立ちます。

波は進行方向の先端部分から立ちますが、写真を見た限り、あまり頭部付近には大きな波が見られません。

もちろん首をもたげて泳いでいれば、水面から出たところが先端になりますからそこから波が立ちますが、この写真では全体が水中に没しているように見えます。

頭部付近から波が立たないのは、頭部がずいぶん深いところにあるからでは?という推測も成り立ちます。

しかし、頭部から首にかけてずいぶん薄い色に見えます。これは頭部から首にかけて、(他の体の部分と比べ淡い色をしていない限り) 頭部付近が浅いところにあることを意味します。

つまり、頭部は深い位置になく、体の中でももっとも水面に近いところにあると考えられ、やはり頭部付近から波が立つのがふつうです。

と、いろいろ書きましたが、あくまで発表されたのはこの写真だけ、フェイクの可能性は否めませんが、完全否定するほど材料もありませんし、取り敢えず楽しめるUMA写真といえるでしょう。

<参照サイト>
エキサイトニュース
Fame Watcher

<この記事のURL>
http://umafan.blog72.fc2.com/blog-entry-712.html

↓気に入って頂いた方はクリックして頂けると嬉しいです
人気 blog ランキング でオカルト・ホラーサイトを探す

>>
FC2 ブログランキング (オカルト・ホラー)
>>
人気の面白サイトを探す

(関連)
都市伝説系UMA
不思議な生物
ナブーはフェイクだった!?
史上最大の巨大ヘビの化石発見
■ 巨大蛇ティタノボアに対抗できるワニ発見か?
■ 超派手なヘビ ~ リングネック・スネーク
■ スペインの女性、トイレでお尻をヘビに咬まれる
シーサーペント
■ 輪になるトカゲ ~ アルマジロトカゲ 
絶滅巨大ガエル ~ デビルフロッグ
真・ジャイアントペンギン
空飛ぶヘビ ~ フライング・スネーク
ヘビとモグラのハイブリッド アホロテトカゲ
水上歩行するトカゲ、バシリスク
まるでドラゴンの赤ちゃん ~ オルム
体長10センチ、世界最小のヘビ、発見される 
UMA?実在?伝説のヘビ ファンドレフィアラ

UMA一覧へ

トップページへ 

テーマ:不思議生物 - ジャンル:

コメント
この記事へのコメント
いったい何なんでしょうね・・・・
確かに蛇にも見えるけどヒレがあるようにもみえます・・・(波が

にしてもこれだけ巨大な生物が見つかるとなるとまだまだ地球も神秘的ですね~^^ 
2009/02/28(土) 00:52:09 | URL | ぷるこぎ #-[ 編集]
川の色
他のサイトなどでも拝見しましたが、
普段のこの河川の色と明らかに違うという指摘が
あるみたいですねー。
普段は黄河やガンジス川のように濁った色なんだとか。
実際の濁った画像を見たわけではないので断定は出来ませんが、
それを根拠に否定している方も居るらしいです。
しっかし、淡水生で30mはちょっと大きすぎる気もしないでもなかったり・・・・(笑)
2009/02/28(土) 02:39:30 | URL | Shiner #sd30fdO2[ 編集]
2009/02/28(土) 11:28:44 | URL | ゴン太 #-[ 編集]
ナムさんと同様、写真を見た瞬間私も違和感を感じました。個人的にはサーペントは大好きなので、フェイクだ!と決め付けるわけではないんですが…。
この川って深さはどれくらいあるんでしょう?サーペンとの体長が30mだとしたら川幅は10m前後ぐらいかな?すると川幅が10mだとしたら深さは・・・・・・ん~わかんない(笑)なんか、この(サーペントにとって)小さい川に不釣合いだな~。ジャングルに棲んでいて、たまたま川に出て泳いでいたんでしょうか。
2009/02/28(土) 11:39:17 | URL | 王里 #-[ 編集]
…でかっ!!
このサイズで実在したら。
絶対?生物じゃ無いでしょう。
…サーペント型ゾ〇ド?
でも裏返せば、だからこそ生物であって欲しいなぁ~、と。
鯨締め上げるくらいは余裕綽々でしょうねぇ。
ホント、デカいわ。
2009/02/28(土) 16:23:32 | URL | 宇宙厭人ゴリ #-[ 編集]
>ぷるこぎさん
はは、なんでしょう。イラストみたいですよね。(笑)

おもしろいので個人的にはありです。
2009/02/28(土) 22:50:50 | URL | ナム #-[ 編集]
>Shinerさん
なるほど、川の色が異なると。茶色系ですね。

まだ、あまりいろいろな記事を読んでいないので、もう少し調べたら記事を書き直しますね。僕は単純に「波」だけで見てましたから。
2009/02/28(土) 22:53:06 | URL | ナム #-[ 編集]
>ゴン太さん
ヒマンチュラ・チャオプラヤですね。ほんと大きいですよね、この淡水エイは。
2009/02/28(土) 22:55:46 | URL | ナム #-[ 編集]
>王里さん
そうですねぇ、川幅は10~15メートルぐらいですかね。深さもそれほどではないと思いますが、あまり深さは気にしなくて良いと思います。

30メートルもあるとすると、やはり陸地よりも水中のほうが動きやすいと思うので、アナコンダのように水生ではないでしょうかね。あくまで存在するとすれば、の話ですけどね。
2009/02/28(土) 23:00:53 | URL | ナム #-[ 編集]
>宇宙厭人ゴリさん
ヘビでもトカゲでも、ワニでもなんでもいいんですけど、とにかく大型の生物にしてはからだが細すぎるような気がしてなりません。そのうちウナギ説も出てくるかも。(笑)
2009/02/28(土) 23:03:03 | URL | ナム #-[ 編集]
いつも楽しみに拝見させていただいております。
なんだか写真自体、色とかかなりいじってある感がありますよね。
池田湖のウナギが2mくらいまで育つそうですが、30mあればかば焼きで何人前とれますかね(笑)
2009/03/01(日) 09:34:08 | URL | FU-MA #Sm/ug.UM[ 編集]
あまりの大きさ笑っちゃいました^^
何食べてここまで大きく育ったんでしょうかね?
ヘビって魚食べるんでしょうか?
2009/03/01(日) 15:29:34 | URL | tahiti #-[ 編集]
すごっ!ながっ!
こんなUMAがまだ存在しているなんて信じがたいですね。

でも夢がある。。
一度は実際に見てみたいですね。

2009/03/01(日) 16:39:12 | URL | 戯言 #-[ 編集]
頭部先端から波が出ていないのは、
頭部が水面から出ている(という設定)だからではないでしょうか?
2009/03/01(日) 17:14:00 | URL | しん #-[ 編集]
すごいですね
すごく不思議な感じですね
2009/03/01(日) 23:10:06 | URL | ポポッチ #-[ 編集]
>FU-MAさん
FU-MAさん、はじめまして

確かに、ぱっと見は「絵」という感じなんですけど、本当に自然がきれいなところって、「絵」みたいに見えますよね、ボルネオなんか自然が豊かですし、ここはだまされたと思って信用してみるのもUMAファンの粋なところですよ(笑)
2009/03/01(日) 23:38:04 | URL | ナム #-[ 編集]
>tahitiさん
tahitiさん、はじめまして

確かにちょっとやりすぎ(?)な大きさですけど、まーそういうのを飲み込んでこそUMAなんですよ(笑) アナコンダだとほとんど陸生の哺乳類を捕食しますけど、魚食性のヘビもいますから魚を食べていてもなんら不思議はありませんよ。
2009/03/01(日) 23:44:51 | URL | ナム #-[ 編集]
>戯言さん
はは、UMAはなんでも(?)ありです。

ちょっと大きすぎるんですけど、ティタノボアの化石が発見されたばかりですし、この巨大蛇のUMAはタイムリーだと思いますよ。
2009/03/01(日) 23:47:24 | URL | ナム #-[ 編集]
>しんさん
しんさん、はじめまして

そうですね、頭をもたげて泳いでいる場合は、水上に出ている部分から波が発生しますよね。この記事はちょっとはしょって書いてあるので、分かりにくいと思いますから今度休みのときに書き直しますね。

ところで「設定」というのが笑えますね(笑)
2009/03/01(日) 23:49:30 | URL | ナム #-[ 編集]
>ポポッチさん
ポポッチさん、はじめまして

そうですね、不思議、というか不自然というか、奇妙な光景です(笑)
2009/03/01(日) 23:58:03 | URL | ナム #-[ 編集]
僕は本物だと信じてる。


いや、信じたい笑
2009/03/02(月) 03:39:23 | URL | 茶々 #-[ 編集]
 いつも記事を楽しみしておりますUMAファンのファンです。

 この画像はニュースサイトで見たのですが、やはり違和感を覚えました。
 画像の明かるさとコントラストを変えてみたら、やはり妙な感じに見えます。

>分かりにくい説明ですかね?
 いえいえ、御説明はよく伝わっております。
2009/03/02(月) 10:48:21 | URL | 河伯 #o/PXu/q6[ 編集]
てこれ、細すぎ長すぎですね
うなぎでしょうか?
でも若干怪しいですね。
2009/03/02(月) 18:50:53 | URL | UMA #-[ 編集]
明らかに自然現象じゃなく生き物ですネ!
2009/03/03(火) 16:32:18 | URL | ユリシウスBass Lamos #-[ 編集]
むむぅ
でかっ!
しかしこの大きさを考えると確かに全身がはっきり水面に見え過ぎてますねぇ。
波の大きさも不自然に見えます。
本当であって欲しいとは思いますがかなり怪しいですね~。
2009/03/03(火) 20:58:45 | URL | コッシー #fsaSAKYE[ 編集]
>茶々さん
茶々さん、こんにちは

そうですね、否定している人たちだって、みんな本物だったらいいと思ってますよ!
2009/03/05(木) 10:51:32 | URL | ナム #-[ 編集]
>河伯さん
河伯さん、はじめまして

むしろ波がないほうが良かったのでは、と思っちゃったりします。

これからもよろしくお願いします。
2009/03/05(木) 10:54:52 | URL | ナム #-[ 編集]
>UMAさん
細いですよね、大蛇にしては。

で、ウナギも大型化するとやはりかなり太くなって、縦横比が小型のものとかなり異なるんですね。

でも、細いままの大蛇が存在しない、とは言い切れませんけどね。
2009/03/05(木) 10:56:53 | URL | ナム #-[ 編集]
>ユリシウスBass Lamosさん
すおですね、風による波とかじゃないですよね。
2009/03/05(木) 11:09:04 | URL | ナム #-[ 編集]
>コッシーさん
シロナガスクジラと同じ全長ですから、やはり幅も結構あるはずで、体の中央と端の部分では色の濃淡もあるはずですし、いまいちしっくりこないですよね、この写真。
2009/03/05(木) 11:13:18 | URL | ナム #-[ 編集]
ジャングルの川に巨大サーペント・・・突っ込むよりも夢のある写真ですね。
でも、ちょっと突っ込みたいw

少しだけ擁護をさせていただくと、川の水の色が違うとの指摘ですが、これは泥濁りの茶色い川でも、高い上空から写すと光の関係で青く写るのが普通ですから、撮った高度を確認したいところです。
アマゾンも大阪湾も上空から写せば青く写ります。
2009/03/06(金) 10:02:04 | URL | はじめまして #-[ 編集]
>名無しさん
あーそうですねー

上空から見ると赤っぽい色はほんんど吸収されて濁っている川も青色ですよね。ですけど、今回の写真、それほど高度が高く感じないので、どうなんでしょうね、撮影者?は高度も場所も、日時も何も教えてくれないので謎であります。
2009/03/06(金) 20:02:59 | URL | ナム #-[ 編集]
7つの鼻孔というのはピット器官のことかもしれないですね。
写真はフェイクっぽいですが10m越えの蛇はいないことはないと思います・・・
2009/03/10(火) 22:26:35 | URL | 名無しのUMAさん #PQlEqJLE[ 編集]
>名無しさん
あーそうかもしれませんね、鼻の穴みたいにも見えますものね。
2009/03/11(水) 15:25:36 | URL | ナム #-[ 編集]
これ、あれじゃないですか?
そう、スカイフィッシュ。
カメラの近くをこういう軌跡に虫が横切り、それがたまたま河と重なってこういう画像になった?
2009/03/13(金) 21:13:58 | URL | pulin #-[ 編集]
川を覗いた時にコレがいたら泣くかもwww
2009/03/19(木) 22:47:26 | URL | スコッチャー #-[ 編集]
被写体がかなり大きくヘリから撮影したとするとかなり手の込んだフェイクですね。そう考えると撮影者によるフェイクの可能性は低いと思いますが不自然なのは深い色の川にも関わらず被写体がハッキリ写り過ぎてること、サーペントはかなり水面に近いところにいるようですね。水面に近い所なら当然フェイクも作りやすいですしこんな水面近くを泳ぐならとっくに確認済み生物となっているのではないでしょうか?なのでフェイクの可能性も高いと思います。
2009/05/25(月) 15:24:07 | URL | りー #aiMm5YXE[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。