アクセスランキング ブログパーツ
UMAファン ~ 未確認動物
世界中のUMA (未確認生物)、巨大生物、不思議な生物 (珍獣)を紹介しているブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
50億羽が絶滅 ~ リョコウバト Part2

■50億羽が絶滅 ~ リョコウバト Part 2■
■Passenger Pigeon■

50億羽が絶滅 ~ リョコウバト Part 1 の続きです。



~ 大量虐殺 ~

繁殖力の弱いリョコウバトは利率の悪い銀行に預けた貯蓄のようなもので、獲れば減る一方です。

19世紀初頭、オーデュボンがオハイオの空をリョコウバトの大群が飛び去っていく姿に感動をしてわずか数十年後、その数は取り返しが付かないほど激減していました。

1860年代以降、焦った各州でリョコウバトの保護に関する条例が次々に制定されましたが、その効果は全くなく、乱獲に歯止めをかけることはできませんでした。

1890年代に、わずかに残ったリョコウバトの群れもハンターの餌食となり次々と消えていきました。

1896年、リョコウバトは25万羽まで数を減らしました。



再度貯蓄に例えると分かりやすいかもしれません、50億円あった貯蓄がわずか1/20000の25万円に激減してしまったと考えれば、実感が沸くかと思います。

利率の悪い貯蓄ですから、ここで使う (獲る) のをやめたところで、再度50億円になることはもはやあり得ません。絶望的な数字です。

しかし、元の数に戻すのは無理でも、現状維持、そして少しずつ数を増やして行くにはギリギリ可能な数だったといえるかもしれません。

「50億羽を殺した移民たち」という悪名を後世に残さずに済んだかもしれません。

ところが、移民たちは最後の汚名返上のチャンスをふいにしました。

オハイオに集まった最後のリョコウバトの群れにハンターたちが大結集したのです。

そのとき、リョコウバト25万羽の群れの24万羽以上が殺されたといいます。残りは数千羽です、繁殖力の弱いリョコウバトに、もはや未来はありません。


(観光スポットにもなっているコウモリの群れが
出てくる洞窟の動画)

~ 最後のリョコウバト、マーサ ~

19世紀虫にほぼ完膚無きまで虐殺されたリョコウバトですが、20世紀まで生き残った野生の個体3匹が生け捕りにされ動物園に展示されました。

唯一のメスの個体には、アメリカの初代大統領ジョージ・ワシントンの妻の名が与えられました、マーサ (Martha) です。

1907年以降、野生のリョコウバトは目撃されておらず、動物園のオスの2匹も死んでしまうと、文字通り、マーサは「最後のリョコウバト」となりました。

かつて移民たちは、リョコウバトを見かければ鉛の弾を打ち込むか棒で殴り殺していましたが、最後となったマーサだけは大切に扱いました。

しかし、メスの個体が1匹だけ、絶滅を免れることは決してありません。

1914年の9月、最後の時が来ました。マーサは突如息を引き取り、止まり木からポトリと地面に落ちました。

マーサは氷漬けにされ、スミソニアン博物館に送られました。マーサは一般展示されず、彼女の入ったケースのラベルにはこう書かれています。

「リョコウバト最後の個体 成鳥、メス、1914年9月1日シンシナティ動物園にて死亡、年齢29歳」

~ 絶滅の原因 ~

「リョコウバトが絶滅した原因は?」

それほど難しい質問ではないような気がします。それどころか、ばかげた質問といってもいいかもしれません。

しかし、移民たち、そして移民の中の鳥類学者は絶滅の原因を「真剣」に考えました。絶滅の原因が分からないというのです。

そして、移民増加による環境破壊や営巣地を襲った天候不順をあげ、「乱獲」が直接的な原因ではなかったと結論づけました。

その考えはアメリカで今でも根強く残っているようです。

「リョコウバトの絶滅にはいくつかの要因が挙げられます。以前は (商業的な) 乱獲が主原因と考えられていましたが、現在では生息地の喪失が有力視されています」(英語版 Wikipedia より)

失笑を禁じ得ない見解ですが、特に批判をしたいわけではありませんのでこの辺でこの話はやめておきます。

直接的にしろ間接的にしろ、人類の活動がリョコウバトを絶滅させたことに変わりはありません。

ジョン・ジェームズ・オーデュボンによれば、リョコウバトの群れは3日間途切れることがなかったといいます。壮大な光景だったことは想像に難くありません。

その光景だけが取りざたされますが、オーデュボンはリョコウバトの群れが織りなす心地よい羽音についても記しています。

「絶え間ない羽ばたきの音は、わたしの心を和らげ、鎮めてくれるようだった」と。

その羽音は移民たちの心に響くことはなかったようです。

<この記事のURL>
http://umafan.blog72.fc2.com/blog-entry-674.html

↓気に入って頂いた方はクリックして頂けると嬉しいです
人気 blog ランキング でオカルト・ホラーサイトを探す

>>
FC2 ブログランキング (オカルト・ホラー)
>>
面白サイトランキング


(関連)
誤認・絶滅動物リスト 
珍獣・不思議な生物 
■ 50億羽の最後のリョコウバト ~ マーサ
ロック鳥
ジャイアント・モア
ヒクイドリ 
ドードー
謎の大絶滅 ~ ロッキートビバッタ
巨大海鳥 ~ ペラゴルニシッド
巨大コンドル アルゲンタビス
12メートルの超巨大翼竜 ケツァルコアトルス
■ 超巨大翼竜 ~ ハツェゴプテリクス
動かない鳥 ハシビロコウ
ステラーカイギュウ
ヨウスコウカワイルカ、ついに絶滅する
毒鳥ピトフーイ
足の超長いハト (ポウター)
サンダーバード
タスマニアタイガー (サイラシン)

UMA一覧へ

トップページへ 

テーマ:不思議生物 - ジャンル:

コメント
この記事へのコメント
これもまた酷い話ですね・・・

人間の汚い部分が鮮明に現れた出来事というか
2008/11/16(日) 06:23:32 | URL | クレール #-[ 編集]
記事を大変興味深く拝見させていただきました。
リョコウバト=絶滅という形式は知っていたのですが、その原因と経緯についてはまったくの無知でしたので、今回記事を拝見して衝撃を受けております。
絶滅の経過も衝撃の一つですが、英語版Wikipediaの項も衝撃でした。
リョコウバト、フクロオオカミ、ニホンオオカミ。
彼らのような「人為的」絶滅動物がこれ以上増えないことを願っていますが、絶滅危惧種の長い長いリストを見ますと残念な結果は容易に予想が付きます。
せめてこれ以上生態環境を乱さないように、自分でできる努力はしていかないと強く感じました。
長文すみませんでした。
2008/11/16(日) 17:16:13 | URL | ボン #-[ 編集]
>クレールさん
クレールさん、こんにちは

うーん、ま、リョコウバトに限ったことではないので、特にアメリカを悪く書く気は毛頭ないのですが、人間はずいぶんとひどいことをしているなー、と考えさせられる話ですよね。
2008/11/16(日) 23:48:18 | URL | ナム #-[ 編集]
>ボンさん
ボンさん、はじめまして

そうそう、リョコウバトだけじゃなく、日本だとエゾオオカミ、ニホンオオカミ、ニホンカワウソなどなど、乱獲・虐殺(駆除)が発端になっているものも、とどめを刺したジステンバーや環境破壊のせいにしているのがありますよね、これも他の国から見ればやはりリョコウバトと同じような感想を持つかもしれません。

ということで、どこの国が悪い、とかじゃなく、もっと広い視野で自然を考えていきたいですね。
2008/11/16(日) 23:52:05 | URL | ナム #-[ 編集]
ひどいですね。…でも、これから地球上の人口が増加すれば更なる絶滅種が増加するのは目に見えています。保護だ規則だなんて、食べる為なら無視されてしまうでしょう。
迫りくる食糧問題に打開策が見つからないだけで、これから先どれだけの生き物を絶滅に追い込むのでしょうか?
人間は地球上の生物にとって毒にしかならないのだろうか……
2008/11/17(月) 01:58:58 | URL | 稜 #NkOZRVVI[ 編集]
>綾さん
綾さん、こんにちは

さすがに最近はこれだけ大規模な乱獲はないようですが、アフリカをはじめとする希少動物の密猟は続いています。もう少しなんとかならないものかと思うのですけどね。
2008/11/17(月) 07:20:34 | URL | ナム #-[ 編集]
本当に呆れました。生息地の喪失が原因の一つであったとしても、言葉が出ないほどの虐殺の話しを聞けば小学生でも原因がなにかわかるはずですよね。どっちにしろ人間が原因ですよね。動物にとって人間は本当に忌まわしい存在であることは間違いないですね…。移民が憎い。
というか…残った一羽を大事に保護しても遅いんだよ!!って感じです。マーサがどんな想いで囲いの中で生活し、仲間の死を見取り、そして死んでいったかと思うと辛いですね…。
2008/11/19(水) 09:07:50 | URL | 王里 #-[ 編集]
1つの種を殺し尽した事実から逃げたい気持はわかるけど、みんながこういう言い訳を止め自分たちの過去と向き合えるようになった時初めて、僕らはようやく何かに対して優しくなれるのかも。
ただ、感情的になりすぎてあまりに安易に保護したために、それが滅ることによって台頭してくる予定だった種が絶滅する可能性もあるし難しいところです。
2008/11/23(日) 07:14:07 | URL | (´・ω・`) #-[ 編集]
>王里さん
はは、まぁアメリカでももちろん乱獲による絶滅と認めている人はいますし、おそらくほとんどの人は心の底ではそう思っているんじゃないかと思います。

ただ、故意に直接手を下して絶滅させたか、間接的に絶滅させたか、というと後者の方にすがりたくなるため、都合の良いデータを使って、そういうことにしちゃおうとしているんでしょう。

マーサは感動を喚ぶ話しに仕立て上げられていますが、とんでもないですよね。
2008/11/23(日) 18:03:36 | URL | ナム #-[ 編集]
>(´・ω・`) さん
絶滅させたことを認めない限り、同じことを繰り返すだけですよね、この話はたまたまアメリカが舞台なだけで、特にアメリカを非難する気はさらさらありません。地球上、どこに行っても同じようなことをしています。日本でも同じ。

イヤなことですが、そういった過去の過ちを認めて、同じことをしないようにみんなで注意していくことができれば良いんですが、現在もあまり変わりないのが悲しいところですね。
2008/11/23(日) 18:09:28 | URL | ナム #-[ 編集]
この話は、小学館の学年誌でも紹介されていたので知っていましたが、酷い話ですね。
一人一人が、同じことを繰り返さないようにしなければならないのに、うまくいってないのが残念です。戦争と同じですね。
2008/11/24(月) 10:23:39 | URL | ダメツナ #-[ 編集]
うーん、人為的に絶滅に追いやられた生物はこれまでに数多くいますが、やはりこういった話は何度聞いても、何度読んでも心を痛めます。
生物好きを自負している僕の個人的な感情でどうにかなる事ではないように、当時、そして現代に至っても、生き物に対する感覚というものは、なかなか芽生えないものなのでしょうか。

虫も似たような境遇におかれているので、虫好きな僕は今回の記事に大変興味を惹かれました。
絶滅していってしまった彼らを呼び戻す事は出来ません。同じ過ちを繰り返して欲しくない気持ちでいっぱいです。

少しでも人が生き物へ興味を持てば、小さなことでも大きく変わる、そんな気がします。
2008/11/27(木) 14:16:25 | URL | スペース人 #5zbunnxk[ 編集]
>ダメツナさん
リョコウバトって、いろんな本に載ってますよね、いずれも読むと寂しい限りです。

最後の一羽を見せ物にして、最後は動物園が金を儲けでおしまい、という救われることのない話です。

アメリカがこのハトをテーマに映画を作ったら、マーサを美化しきれい事で終わっちゃうかもしれませんね。
2008/11/27(木) 21:24:56 | URL | ナム #-[ 編集]
>スペース人さん
僕も生き物はたいてい好きですよ except ゴキブリ。

まーたとえばなんですが、日本に限っていえば、ウナギやマグロが絶滅の危機にあっても、そういった報道はありません。値上がりして心配ですね、みたいな報道しかありません。

虐待された動物や川にアザラシが紛れ込むと大騒ぎして助けてやれ的な報道をしますが、その一方で毎日犬・猫は殺傷処分されています。これについてはほとんど報道されませんし、興味を抱く人も動物のことが好きな一部の人だけです。ここら辺から見直さないと、野生動物の保護などほど遠い感じがするんですよね。
2008/11/27(木) 21:33:46 | URL | ナム #-[ 編集]
同じ運命を辿り絶滅するのは、次は人類かもしれません。自然淘汰といえば、それまでですが、大きな流れは誰にも支配できないのでしょうね。
2009/03/05(木) 04:32:04 | URL | 7○3 #-[ 編集]
>7○3さん
これだけ自然破壊を続けていれば、さすがに人類の先行きもかなり危険なものと考えられますよね。エコブームは、単なる「ブーム」ですし、企業がイメージをアップさせるためだけに利用している虚像ですから、現在でも何ら環境に配慮した手を打っていませんからね。関係のない野生動物はほんとうにかわいそうですね。
2009/03/05(木) 11:20:24 | URL | ナム #-[ 編集]
アメ公は一体何考えてるんでしょうね。
絶滅した原因は他にあるなんて逃避してたら、前進なんてできないのに、
確かに絶滅させてしまったのは自分たちのせいなんて思いたくは無いでしょうけど、
それを受け入れないとマーサや他のリョコウバトに失礼な気がしますね。
アメ公の変わりにリョコウバトに謝りましょうかね・・・。
ごめんなさい・・・。
2009/04/18(土) 20:50:20 | URL | どこかの国の誰かさん #-[ 編集]
>どこかの国の誰かさん
動物愛護を世界に訴えている割に、ハンターの数はダントツだし、外国行って希少動物ハンティングするのもダントツ世界一だし、サメを殺しすぎて問題なるわ、クジラ保護以外、滅茶苦茶ですからね~

人の振り見て我が振り直せ、日本人も気をつけたいですね。

2009/04/22(水) 16:26:28 | URL | ナム #-[ 編集]
はじめまして
リョコウバトについて調べていて貴ブログの貴サイトにたどり着きました。そして、英語版のwikipediaの記事にはかなり驚きました。

アメリカでは、このような見解がある程度の支持を受けているということなのでしょうね…。

拙記事に、貴記事をリンクしましたことをお許しください。
2009/05/28(木) 10:07:07 | URL | Bill McCreary #-[ 編集]
この記事 よませてもらいました 人間は最低ですね。 この時代に行けてリョコウバトにあえたら号泣しますよ ぶっちゃけ人間なんていずれ絶滅するんだからこれ以上自然を恐さにいように気をつけろって感じですね 
2009/08/10(月) 11:48:35 | URL | ふでばこ #-[ 編集]
こんにちは
アメ公酷いですね。まじで、、

ネズミなどを除いた大型哺乳類で
一番数が多いのは人間だそうです。

単純に考えて一番価値の無い動物
っすねw

ハァ~
2009/08/27(木) 01:06:33 | URL | コン ギョク #3aXRcdxk[ 編集]
>最後の一羽を見せ物にして、最後は動物園が金を儲けでおしまい、
>という救われることのない話です。
これと双璧がオオウミガラス。

微妙に関係ありますが、欧米では魔女狩り(かつて数百万人の犠牲者と言われてた)の犠牲者数が以前の積算より激減しているようですよ。
欧米の意識なんてそんなもんなんでしょう。
2010/08/30(月) 00:18:50 | URL | 名無しのUMAさん #Ei04aunU[ 編集]
そもそも種を保存するってのが人間のエゴでしょ
絶滅させて何が悪いの?
地球レベルで見たら絶滅なんて珍しい話じゃないのに、人間がやったら悪って理屈はおかしいよね。
人間も地球環境の一部でしかないんだから。
2013/07/21(日) 13:41:07 | URL | 正論 #-[ 編集]
興味深く拝見しました
まさに私たち日本人がウナギに対して行なっていることですね。現在進行形の問題ですし、この記事が書かれた当時にもすでにかなり深刻な状態だったはずで、どなたかそれに触れられるかなと思ってコメント欄を拝見しましたがそうではないようです。他の人々がやったことは目につくけれども、なかなか自分がしていることには気づきにくいのだと思います。
2014/01/07(火) 03:40:08 | URL | freaks #z8Ev11P6[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。