アクセスランキング ブログパーツ
UMAファン ~ 未確認動物
世界中のUMA (未確認生物)、巨大生物、不思議な生物 (珍獣)を紹介しているブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
直径20センチの巨大ミミズ ~ ミニョ太郎

■直径20センチの巨大ミミズ ~ ミニョ太郎■
■Unidentified giant earthworm■

直径20センチの巨大ミミズ Part 1 の続きです


(王里さんの目撃スケッチ (c)王里)

~ どこに棲んでいるのか? ~

取り敢えず、ミミズがそれほど太くなれないという事実は無視します。

ミミズが巨大化するなら、進化の過程でからだのあちこちに、従来のミミズには見られない工夫があるはず、と都合よく考えましょう。

さて、この謎の生物、これだけの大きさ (太さ) で、ふつうのミミズのように地中を穴を掘りながら進むのは、かなり困難な作業ではないか?と推測されます。

川の近くで発見されたことなどと考え合わせ、水棲の巨大ミミズと考えて良いでしょうか?巨大な体も水中では浮力に助けられ都合が良いはずです。

しかし、それならそれで気になる点もあります。

目撃されたのは陸上でありながら、この死骸、ほぼ円柱形を保っていたことです。

骨のないミミズですから、もし水中で棲息していたとすれば、陸上に上げた時点で、自重で潰れてしまい、もう少し平べったくなるほうが自然な気がします。

 
(巨大なヒル)

大型のヒルなど、やはり骨格がないことから水から出すとぺっちゃんこになってしまいます。

また、からだに体節、もしくは体節に似た溝が見られることも、陸上もしくは地中生活者を感じさせます。

いったい、どこで暮らしているのか、それさえも判断の難しいUMAです。

その正体をいくつか考えてみましょう。

~ 正体を巡る諸説 ~

(1) 巨大ミミズ説

なにがなんでも巨大ミミズを正体とする説。

巨大化に至る進化の過程で、従来のミミズの弱点であった呼吸器系をはじめ、体のあらゆる点に改良が加えられ巨大化が可能になったという説。

発見者の王里さんの第一印象は「巨大なミミズ」ですし、日本にミニョコンのようなUMAがいるという非常に夢のある説です。

(2) 大蛇説

体の断面が円柱形の細長い生物といえば、やはりヘビ。日本ではそれほど大きなヘビは捕獲されていませんが、しっかりした骨格もあり、ミミズよりも容易に巨大化が可能です。

実際、この程度の太さであれば十分存在する大きさです。日本にもおそろしくでかい大蛇が存在するという説。

(3) 巨大魚説



発見場所が川に近いということなどから、巨大魚が腐敗したとする説。巨大なウナギをはじめ、巨大ナマズ、巨大ライギョなどのからだが千切れ腐敗したためにミミズに見えたとする説。

ミミズのような体節などはありませんが、大きさ的には十分考えられます。現実的であり、著しく夢のない説。

(4) 巨大アシナシイモリ説


(アシナシイモリ)

アシナシイモリとは、巨大なミミズのような姿をした両生類です。これほど大きい (太い) アシナシイモリは存在しませんが、ミミズの体節に似た溝もあり、また脊椎動物ですからミミズよりは巨大化する可能性はあり得るでしょう。

ただし、アシナシイモリの小型種さえ日本に棲息していないという決定的な弱点があります。

(5) 巨大ミミズトカゲ説


(ミミズトカゲ)

ミミズトカゲの仲間は一部の種を除き、四肢や目などが退化したトカゲの仲間 (爬虫類) で、その姿はミミズにそっくりです。

脊椎動物であることからミミズよりは巨大化する可能性は残されているかもしれません。しかし、アシナシイモリ同様、これほど大型になるミミズトカゲは存在せず、また、いかなる種も日本には棲息していません。

(6) 遺棄された生ハムのブロック説

高級な生ハムにはとても大きなものがあります。ハムのブロックは円柱形であり、なんらかの事情により道端に遺棄された生ハムのブロックが腐敗し、生物のように見えたというすごい説。

-----

挙げていけばきりがないのですが、取り敢えず今回はここまで。

せっかくのUMAに「福岡の巨大ミミズ」では味気ないですから、取り敢えず「ミニョ太郎 (仮名)」と呼ぶことにします。

巨大ミミズを目撃した経験のある方、特に九州地方の方、ご連絡お待ちしております。

↓気に入って頂いた方はクリックして頂けると嬉しいです
人気 blog ランキング でオカルト・ホラーサイトを探す

>>
FC2 ブログランキング (オカルト・ホラー)
>>
面白サイトランキング


(関連) 
不思議な生物リスト
巨大生物リスト 
巨大ミミズ
ブラジルの巨大ミミズ型UMA ~ ミニョコン
ミニョコンは実在するか?
アホロテトカゲ (ミミズトカゲ)
巨大ヒモムシ
ドラゴンの赤ちゃん? ~ オルム
巨大ナメクジ
巨大ナメクジUMA、ムリロは実在する? 
巨大 "ツチノコ" ヒル
キャット・ヘッド・スネーク 
モンゴリアン・デス・ワーム (オルゴイ・コルコイ)
3メートルの絶滅巨大ヤスデ ~ アースロプレウラ
666本足のヤスデ
巨大絶滅ガエル ~ デビルフロッグ
水棲巨大ムカデ型UMA ~ コン・リット

UMA一覧へ

トップページへ

コメント
この記事へのコメント
力いっぱい夢の無いコメントですけど遺棄された缶詰系の食材かもと思います。コンビーフ系のものには取り出しやすさなのか体節に似た模様が缶にあるからそのものにも付きます。この説の弱点は断面部分以外は蛆のたかりが少ないらしいって事ですね・・・・
2008/04/20(日) 10:57:30 | URL | ナナミ・ミライ #nLnvUwLc[ 編集]
そのミミズ(仮)は果たして何に切断されたのだろうか・・・。

もしかして、もっと凄い何かが・・・。
2008/04/20(日) 14:43:35 | URL | 名無しのUMAさん #0zcuN3Us[ 編集]
不思議な感じがしますね。
だって普段普通に目にする生物でも「巨大」とか「新種」などと言われるとこんな
にも興味を魅かれてしまうんですから。
それもUMAの魅力ですかね。
まぁ、ミミズが大の苦手な自分にとって
「巨大なミミズ」なんて言われた日には
もう外を歩けません・・・・・。
2008/04/20(日) 14:59:22 | URL | 右翼手 #O.KQuPwE[ 編集]
海岸にナゾの生物死骸が漂着!!
というのはよく聞きますが、陸上ではあまり聞きませんね。

私、スケッチ図を見た瞬間、(6)ハム説を思いつきました。少年の心がなくなったなあ・・・
2008/04/22(火) 18:35:39 | URL | かつお節 #x7IeRRHE[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/04/22(火) 19:58:05 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/04/27(日) 02:58:40 | | #[ 編集]
みなさん、お久しぶりです
どうも、みなさん、お久しぶりです。花粉症がひどすぎて、頭痛まではじまり、久しぶりにブログにアクセスしました。どんな管理人だよ。

>ナナミ・ミライさん

そうですねぇ、合理的に考えれば、巨大なミミズ(のような生物)が存在するよりも、加工肉の可能性が高いといえますよね。ですがまぁUMAですから、そういった逆境をはね除けて存在して欲しいものです。

>名無しのUMAさん

確かにミミズではなく、なにか巨大な頭足類に似た生物の触手、などとも取れるかもしれません。ただし、近くは淡水の川なので頭足類は厳しい状況ですね。

>右翼手さん

細いはずのミミズが、太くなる巨大なものが存在する、なんて考えると、なかなか夢がありますよね、あまり好かれていないミミズではあるんですけど。捕獲なんてされた日には、ミミズが嫌いな人でも絶対見に来ると思いますよ(笑)

>ko-cさん

はじめまして、ko-cさん

ふむ、秋田の方でも巨大ミミズを!詳しい話を聞きたいものです。

>(メガマウスのお話の)通りすがりさん

通りすがりさん、サイトは模様替えしていませんし、うちは掲示板が元々存在しませんから、おそらく通りすがりさんのお探しのサイトは、うちじゃないと思います。

佐久間さんの「謎の巨大生物UMA」さんか、ふくやんさんの「イーコラム」さんだと思いますので、そちらにアクセスしてご確認頂ければと思います。
2008/04/27(日) 14:20:32 | URL | ナム #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/06/30(月) 05:05:58 | | #[ 編集]
直径が10mm&20~30cm級のミミズ
ですが、子供のころはよくおじいさんの
家の近くの山畑にいましたよ。
と、いいますか畑を掘ればよく出てきた
ものです。
場所は広島県の郷原です。
2008/11/09(日) 18:52:41 | URL | 通りすがり #l.rsoaag[ 編集]
>通りすがりさん
こんにちは、通りすがりさん

30センチの体長よりもその直径の方がインパクトがありますね。やはりシーボルトミミズですかな?

日本中、いろいろなところで巨大ミミズの話を聞きますね^^
2008/11/09(日) 22:39:30 | URL | ナム #-[ 編集]
はじめまして
毎回楽しく拝見させてもらってます。

日本にもそんなUMAがいたらいいな!でも、発見したら怖そうですね。。

しかし、「ミニョ太郎」。管理人さんの素晴らしいネーミングセンスならびに文章力にただただ脱帽です。
2009/02/23(月) 04:47:45 | URL | i*s*m #-[ 編集]
>i*s*mさん
はじめまして、i*s*mさん

ネーミング、気に入って頂けましたか(笑) ちょっといい加減すぎる名前のため、若干書いて後悔しておりましたが、嬉しいです。ミミズ系は気持ち悪いので、せめて名前だけはかわいくしようかと。

これからもよろしくお願いいたします。
2009/02/23(月) 18:38:56 | URL | ナム #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/04/07(火) 16:16:26 | | #[ 編集]
>プッ子さん
プッ子さん、はじめまして

この話、おもしろいですねっ!
遠目でも写メで撮っていたら、どんなに凄かったことでしょう!って、ふつうに気持ち悪いですものね、UMAにでも興味なければ撮りませんよね。
このお話、記事にしても良いですか?
2009/04/07(火) 17:02:03 | URL | ナム #-[ 編集]
アシナシイモリってアレに似てるなあ・・・
アシナシイモリってチョットヤマミミズに似てるなあ青いし長いし
ついでに名前が正しいかどうかは分かりませんなんせ山登りの途中で見つけた青くて長いミミズを勝手にヤマミミズって言ってるだけなのでb(白|メインから離れてるよw
2009/07/07(火) 18:10:49 | URL | 黒白 #WV4V227M[ 編集]
↑後、大きさは(記憶では)普通のミミズより微妙に太くて長さは数メートル有ったと思います(見つけたのは道を作る為に削ってある地面、ソノ壁のように成った地面から出てきていた上には木が普通に生えている)

別の記事から考えてキット地上に出ずにズット木の下の地中に居た為食べられずに生き残ったんだと思います
2009/07/07(火) 18:26:56 | URL | 黒白 #WV4V227M[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2010/02/27(土) 22:50:06 | | #[ 編集]
遺棄された死体っだったとか・・・?こわw
2010/10/29(金) 00:58:59 | URL | 名無しのUMAさん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。