アクセスランキング ブログパーツ
UMAファン ~ 未確認動物
世界中のUMA (未確認生物)、巨大生物、不思議な生物 (珍獣)を紹介しているブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゲーブル・フィルム・クリチャー Part2

■ゲーブル・フィルム・クリチャー Part2■
■Gable film creature■

ゲーブル・フィルム・クリチャー Part1 の続きです



~ クリチャーを巡る諸説 ~

<ゴリラ説>



まずは「ゴリラ説」、これは主にクリチャーが走り始める前の静止した状態と、走り始めた数歩のシルエットが根拠と思われます。

静止した状態から、太い前肢を両方ほぼ同時に前方に出して走り始めますが、両肩の筋肉が異様に発達しているように見受けられるため、シルエットも、そして動きもゴリラを彷彿とさせます。

アメリカに何でゴリラがいるんだよ、という疑問はあると思いますが、ゴリラ説が浮上する原因も理解できるかと思います。

<犬科の動物説>

次に、既知・未知問わず、「犬科の動物説」があります。

走り始めはゴリラのようでしたが、走り始めて数歩、クリチャーは画面右に向かってわずかに方向を変えますが、このときの画像を抜き出してみてみましょう。


(クリチャーが方向転換した瞬間)

映像が粗いので細部までは判断できませんが、どうも尻尾のようなものと、頭部には犬の耳のような突起が確認できます。

ゴリラには尻尾はありませんし、犬のような耳もありませんから、もしそれらが「尻尾」と「耳」であるなら、ゴリラということはあり得ません。

ただし、ゴリラに見えるぐらいですから、犬としては非常に体格が良く、犬科の動物と決定づけるのもまた難しいところです。


(上の画像を拡大したところ)

 
(さらに拡大しコントラスト等を調整すると)

<クロクマ説>

ゴリラのような体格で、犬のような特徴を持つ動物といえば、クマの可能性があるのではないでしょうか?海外ではクロクマ説は特に議論されていないようですが、個人的に気になったので書いておきます。

アメリカにゴリラがいるわけはありませんし、いるとしたらサーカスか動物園から脱走したものでしょうが、実際問題、そういったことは現実にはほとんどありません。

自然に考えれば、ゴリラよりもアメリカの土着の野生動物であるクマの可能性のほうが格段に高いといえます。

しかし、クマの尻尾は一般的に短く、犬のように目立つものではありませんから、<犬科の動物説>で見てきた画像が、もし尻尾であれば、やはりクマの可能性も低いと思われます。

<人間着ぐるみ説>

フェイク・フィルムであれば、一番手っ取り早い方法が、「謎の生物」も人間が「演技」することです。

否定派ではこの説も根強いのですが、人間が四肢動物の演技をした場合、足が長すぎてお尻が高く上がってしまうことです。

それを避けるには、足を左右に広げるか、膝をついて四つんばいになるしかありません。

フィルムを見た限り、お尻の位置も高くありませんし、足を左右に広げているようにも見えませんので、演技をしているとすれば膝をついて四つんばいになっていることになります。

しかし、走り出した後の映像を見る限り、後肢は膝をついたように曲がってはいませんし、ピンと伸びているようです。また、躍動感ある動きも、人間には難しいかもしれません。

写りが悪いですから、確実ではありませんが、どうも人間がやっているようには見えません。

~ 次なる説 ~

いろいろと見てきましたが、映像の悪さでいまだに正体について議論がなされているだけあって、どれも決定的な説にはなり得ません。

ただし、あくまで<犬科の動物説>で見た静止画像が「尻尾」と「耳」であるなら、「犬科の動物説」が確率的には一番高いといえます。ただし、非常に体格がよく、四肢も頑丈そうなイメージを受けます。

そして、「犬科説」をさらに一歩進めた説として、ミシガンのUMA、ミシガン・ドッグマン説も浮上してきました。

~ ミシガン・ドッグマン ~



ミシガン・ドッグマンは犬と人間のハイブリッド的容姿を特徴とするUMAで、元々は都市伝説だったのですが、目撃が相次ぐことから実在する可能性が問われています。

ミシガン・ドッグマンは犬と人間のハイブリッドであり、直立二足歩行するUMAとして登場しましたが、それはあくまでスティーブ・クックが創造した都市伝説の中のドッグマンであり、実在するドッグマンは、未知の犬科の動物である可能性があります。

体格の良いこのクリチャーの正体が、犬科の動物であるなら、未知の犬科の動物である可能性があり、つまりそれはミシガン・ドッグマンの正体ではないか、というのです。

とはいえ、ミシガン・ドッグマンは、ビッグフットのような国民的アイドルの地位にはありません。いってみれば、ローカル・ヒーローといったところです。

それ故、ゲーブル・フィルム・クリチャーの正体も、ドッグマンを支持する人々よりもフェイク・フィルムで片づけられている傾向が強いといえます。

しかし、ドッグマン支持者たちは、それは決して人間が演技で出来るものではなく、ドッグマンかどうかは別にしても、未知の野生動物である可能性を追求しています。

↓気に入って頂いた方はクリックして頂けると嬉しいです
人気 blog ランキング でオカルト・ホラーサイトを探す

>>
FC2 ブログランキング (オカルト・ホラー)
>>
面白サイトランキング


(関連)
不思議な生物リスト
都市伝説・架空系UMAリスト
ゲーブル・フィルム・クリチャー Part1
ミシガン・ドッグマン Part1 
イギリス版モントークの怪物 ~ デボンの野獣
■ 謎の怪物 ~ パナマ・モンスター
ビッグフット
ジェイコブズのビッグフット
オハイオ・グラスマン
ハニー・スワンプ・モンスター
絶滅巨大類人猿 ~ ギガントピテクス
セロ・カリペウモのヴィルコ・モンスター
トカゲ男
カエル男 
ヒツジ男 
もうひとつのヒツジ男 
ビッグフット vs 超能力捜査官 
蛾男 (モスマン)
ワニ男 (ゲイターマン)
ブタ男
恐竜人 (ダイノサウロイド)  
実在したホビット族 ~ ホモ・フロレシエンシス 

UMA一覧へ

トップページへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。