アクセスランキング ブログパーツ
UMAファン ~ 未確認動物
世界中のUMA (未確認生物)、巨大生物、不思議な生物 (珍獣)を紹介しているブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
リザードマン 2008 (トカゲ男 Part2)

■リザードマン 2008 (トカゲ男 Part2)■
■South Carolina Lizard Man 2008■

 

~ トカゲ男 ~

トカゲ男 (リザードマン, Lizard man) と呼ばれるUMAがいます。

古い目撃であればあるほど、突拍子のないUMAが多くなる傾向があります。

古いものは、目撃者や目撃者の証言も曖昧になってきますし、人づてに話も大げさに伝えられたり、歪曲されたりしますから、それも仕方のないことです。

そんな中で、リザードマンは比較的新しいUMAです。

はじめて目撃されたのが1988年という、つい最近であり、目撃者もはっきりしています。にもかかわらず、都市伝説じみたトカゲと人間のハイブリッド的な姿をしており、大いに不思議です。

はじめて目撃されたのは、1988年、アメリカのサウスカロライナで、目撃した人物は当時17歳の少年、クリストファー・デイビスでした。

当時は新聞にも取り上げられるほどの大盛況で、デイビスに目撃されてまもなくの間は、何度か目撃が続きました。

しかし、人々が正気を取り戻したのかどうか分かりませんが、その後はぱったり目撃情報も絶えてしまい、リザードマンも都市伝説の仲間入りか、、、という状況になっていました。

ところが、意外や意外、2005年、そしてデイビスの目撃からきっかり20年後の2008年と、またもリザードマンが姿を現し始めました。

~ リザードマン 2008 ~

2008年2月サウスカロライナのビショップヴィル (Bishopville) に住むボブディクシーのローソン (Bob & Dixie Rawson) 夫妻は、自宅のライトバンの前部がぐちゃぐちゃになっているのに気付きました。


(ボブ・ローソン)

傷は、なにかが咬んだような跡であり穴もたくさん空いていました。さらに車には血痕も残されていました。

さらに、この事件を境に、夫妻が飼っている猫の6匹も行方が分からなくなってしまいました。

いつも猫が寝ている段ボールにはタオルが敷かれていましたが、そのタオルもぼろぼろにされていました。

自宅脇にはウシとコヨーテの死骸も発見されました。

この無惨なライトバンを見た妻のディクシーは、すぐさま20年前に起きたリザードマン事件を思い出したといいます。


(車の前面はボロボロです)


(車に空けられた穴)

~ 血液検査とコヨーテ説 ~

残された血液から犯人を割り出そうと、血液サンプルはDNR (Department of Natural Resources, 天然資源省) の元に送られましたが、残念なことに採取された血液は不純物が混入していたため、検査することが出来ませんでした。

しかし、DNRは、壊されたライトバンの傷跡から、ライトバンを壊したのはおそらくコヨーテのような生物ではないか発表しました。

ディクシーは「車をぼろぼろにしたのがコヨーテだっていうなら、ウシとコヨーテは誰が殺したのよ!」と憤慨気味です。


(この年齢でトカゲ男説を主張する妻、ディクシー)

一方、被害届を受けた地元の保安官メルヴィンは、まるっきりリザードマンを信用しておらず、こうコメントしています。

「みんなわたしに会うとこういうんです。"保安官、あの車の傷を見ました?あれはきっとリザードマンの仕業ですよ"って。

わたしは住民に注意を勧告するつもりはありません。あれはコヨーテの仕業です。コヨーテがやって、そのコヨーテはもう死んでいますから」


(明らかにトカゲ男をバカにしているメルヴィン保安官)

コヨーテがさんざん暴れて、力尽きてその場で死んでいたとしたら、自作自演のまったくマヌケな話です。

今回の事件、誰もその姿を目撃しておらず、リザードマン説を主張するのも無理がありますが、逆に今回の事件から、住民たちにずいぶん浸透しており、かなり人気のあるUMAであることも分かります。

都市伝説に落ちぶれるどころか、今後も期待できるヒューマノイド系UMAといえるでしょう。

↓気に入って頂いた方はクリックして頂けると嬉しいです
人気 blog ランキング でオカルト・ホラーサイトを探す

>>
FC2 ブログランキング (オカルト・ホラー)
>>
面白サイトランキング 


(関連) 
都市伝説・架空系UMAリスト 
トカゲ男
ハニー・スワンプ・モンスター
ミシガン・ドッグマン
40年前の謎の生物 ゲーブル・フィルムの怪物
デビルモンキー
カエル男 
ヒツジ男
もうひとつのヒツジ男 
蛾男 (モスマン)
ワニ男 (ゲイターマン)
ブタ男
恐竜人 (ダイノサウロイド)
ドーバーデーモン
オハイオ川の怪物
絶滅巨大類人猿 ~ ギガントピテクス
ビッグフット
オハイオ・グラスマン
ジェイコブズのビッグフット
イギリス版モントークの怪物 ~ デボンの野獣
雷鳥ウサギ ~ スクヴェイダー
ビッグフット vs 超能力捜査官
実在したホビット族 ~ ホモ・フロレシエンシス
実在したホビット族、今度はパラオで 
■ 3センチのカメレオン ~ ブロケシア・ミクラ
■ 輪になるトカゲ ~ アルマジロトカゲ 
 

UMA一覧へ

トップページへ 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。