アクセスランキング ブログパーツ
UMAファン ~ 未確認動物
世界中のUMA (未確認生物)、巨大生物、不思議な生物 (珍獣)を紹介しているブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イッシー

■イッシー■
■Issie■

~ 池田湖のイッシー

 
(こちらは巨大アナゴ)

~ 世界に知られるUMA、イッシー

日本の巨大水生UMAとしては、クッシーと並んで有名なのが、九州の池田湖に生息するといわれるイッシーです。このイッシー、日本のUMAの中では TSUCHINOKO (ツチノコ) に並び ISSIE (LAKE IKEDA MONSTER - 池田湖の怪物)として最も世界に知られているUMAのひとつです。

イッシーは写真やビデオにもおさめられていますが、写っているのは体の一部 (コブのようなもの) や波がたっているだけといったもので、頭部を含め全体がどのような体型をしているかは、よく分かっていないというのが実情です。

ただし、名前こそネス湖の怪物ネッシー風ですが、目撃証言や写真などにうつっている体の一部から判断する限り、イッシーはネッシーのようなプレシオサウルスタイプではなく、オゴポゴのように細長い体型をしていると考えられています。

イッシーのマスコットはプレシオサウルス (or ネッシー) をデフォルメした、、、のかどうかよく分かりませんが、とにかくわけの分からない格好をしているのですが、そういった格好をしているわけでもなさそうです。


(こちらはヨーロッパオオナマズ [ウェルズ・キャットフィッシュ]
最大5メートルと淡水では最大級の魚のひとつです)

池田湖は九州最大の湖ですが、それでも周囲がわずか15キロメートルと割と小さな湖です。これだけ小さい湖で、目撃情報が少ないとなると、(息をするために水面に上がる必要のある) 哺乳類やハ虫類といった生物の可能性は極めて低いと思われます。

そのため、池田湖には体長が2メートル近くにもなる天然ウナギが生息していることから、イッシーは巨大化したウナギ、または巨大な両生類ではないか、との説が有力となっています。

その他の淡水に生息する巨大化する生物といえばチョウザメ淡水エイナマズなどが候補に挙げられますが、それらの放流実績は特にないようです。その代わりといっては何ですが、ハクレンが放流されているようです。そのため、ハクレンもイッシーの正体として有力視されているようです。

中国では、ソウギョ、アオウオ、ハクレン、コクレンのコイ科の淡水魚4種を「中国四大家魚」と呼び珍重していますが、これらは淡水魚でありながら1メートルを楽々と越す巨大な魚たちです。日本でも、ハクレンは産卵の時に飛び跳ねることが毎年ニュースになるぐらいですから、ご存じの方も結構多いかと思います。


(巨体であるにもかかわらず、かなりの高さまでジャンプします
ハクレンは英名を Silver carp [銀色の鯉]といいます)

~ UMAの定番、巨大古生物の生き残り説は?

ヘビのような細長い体型のUMA -- たとえば先に挙げたオゴポゴなど -- が、目撃されると必ずと言っていいほどゼウグロドン (バシロサウルス) 生き残り説がささやかれるものですが、池田湖はわずか5500年ほど前の噴火で出来た比較的新しい湖です。

池田湖が出来たのはゼウグロドンが絶えてから久しく、残念ながらゼウグロドン生き残り説はなさそうです。

↓気に入って頂いた方はクリックして頂けると嬉しいです
人気 blog ランキング でオカルト・ホラーサイトを探す

>>
FC2 ブログランキング (オカルト・ホラー)
>>
面白サイトランキング


(関連)
コネマラ湖沼地帯とウマウナギの謎
オゴポゴ Part IPart II (オゴポゴの動画) 
ゼウグロドン
ファダ湖のオオウナギ
オーナ湖のウマウナギ
デリーレア湖のウマウナギ
バリナヒンチ湖のオオウナギ
巨大レプトセファルス
チョウザメ
巨大ナマズ (メコンオオナマズ)

[ 日本の水生UMA ]
屈斜路湖の"クッシー"
本栖湖の"モッシー"
中禅寺湖の"チュッシー"
羽島市の長良川の"ハッシー"

UMA一覧へ

トップページへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。