アクセスランキング ブログパーツ
UMAファン ~ 未確認動物
世界中のUMA (未確認生物)、巨大生物、不思議な生物 (珍獣)を紹介しているブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ニンキ・ナンカ

■ニンキ・ナンカ■
■Ninki Nanka■


(絶滅巨大トカゲ、メガラニアのスライドショー
※ 画像をクリックするとYouTubeに飛びます)

海に面する西アフリカのガンビア共和国では、かつて海岸に謎の漂着死体が打ち上げられたことがあります。

吻部 (ふんぶ - 鼻先) が非常に長く、背部と腹部でくっきりと色分けされた体色はイルカを思わせますが、発見者のオーウェン・バーナムによるスケッチを見た限り背びれはなく、頭部はむしろカモノハシに似ている不思議なものでした。

この未知生物には、発見された国名から ガンボ なる愛称がつけられましたが、その後同じような生物を見たという情報は残念ながらありません。

さて、そのガンビアを中心に、西アフリカの沼沢地にはドラゴンに似たUMA、ニンキ・ナンカなる恐ろしい生物が生息しているいわれています。

「ニンキ・ナンカ」という一風変わった名前ですが、現地の言葉で「悪魔のドラゴン」を意味するそうで、その生物がたいへん恐れられていることが分かります。

モケーレムベンベ や エメラ・ントゥカコンガマトー などをはじめ、アフリカでは数多くのUMAが目撃されていますが、恐竜や巨大絶滅爬虫類に酷似した生物が目撃されるのもアフリカのUMAの特徴です。

ニンキ・ナンカも "ドラゴン" に似ているということから、恐竜もしくは絶滅した爬虫類系UMAといえるかもしれません。実際、アパトサウルスなど竜脚類生存説もあるようです。

2006年にはイギリスの探検隊が、ニンキ・ナンカの捜索に赴きましたが、残念ながら何の手がかりも得ることができませんでした。

~ ニンキ・ナンカ ~


(メガラニアのCG動画
※ 画像をクリックするとYouTubeに飛びます)

かなり昔から伝えられる「怪物」でありながら、遭遇したものはその場でむさぼり食われるか、助かったとしてもニンキ・ナンカを見たものを数日から数週間で死んでしまうため、詳しいことが分からないといわれています。

出遭ったものは死ぬ、というのはいかにも都市伝説的ですが、とにかく、そんな少ない目撃証言から得られたものが「ドラゴン」というイメージです。

「ドラゴンに似ている」とはいっても、ドラゴン自体が想像上の動物ですし、そのイメージは国や地方によって様々で、さらに個人差もあるため、なかなか捕らえがたいものがあります。

コモド島のオオトカゲ、コモドドラゴン (コモドオオトカゲ) も西洋に知られていなかった頃には、はじめて目にした西洋人によって、コモド島には「生きたドラゴンが棲息している」と伝えられたぐらいです。

 
(オルム)

個人的にはコモドドラゴンと伝説上のドラゴンはそれほど似ているとは思えず、オルム (ホライモリ) が「ドラゴンの赤ちゃん」と信じられていた事実のほうがよっぽど納得がいきます。

それでは、ドラゴンに似ているといわれるニンキ・ナンカは、いったいどのような姿をしているのでしょうか?

伝えられるところによると、頭部にはトサカもしくは3本の角があり、顔はウマに似ているといいます。首はキリンのように長く、鏡のような大きなウロコで全身が覆われたワニのようであり、体長は9メートルにも及びます。

既知の動物で表現されているため、ハイブリッド的な生物の姿を想像してしまいますが、ギリシア神話に出てくるキマイラほど荒唐無稽ではないと思われます。

~ 正体は何か? ~

体長9メートルとはずいぶんな大きさですが、3メートルほどのコモドドラゴンが5メートルだの8メートルだのと噂がたったことを考えれば、誇張されているにすぎないと想像がつき、それほど問題にならないでしょう。

このニンキ・ナンカ、未知のオオトカゲ、もしくはワニ、いずれにしろ爬虫類ではないか、と察しがつきます。

マングローブが生い茂るガンビア川河口付近から沼沢地で目撃されることを考えるとオオトカゲとは考えにくい感じがします。

とはいえ、頭部の特徴や長い首はワニを誤認しているとはとうてい思えず、身体的な特徴だけならまだオオトカゲの方が "マシ" といえます。

あれこれ考えたところで、百聞は一見にしかず、目撃者のスケッチを見るのが一番でしょう。


(ニンキ・ナンカの衝撃的目撃スケッチ)

......。

コメントできません。

↓気に入って頂いた方はクリックして頂けると嬉しいです
人気 blog ランキング でオカルト・ホラーサイトを探す

>>
FC2 ブログランキング (オカルト・ホラー)
>>
面白サイトランキング


(関連)
ジャイアント・モニター (メガラニア)
ガンボ
オルム (ホライモリ)
モケーレムベンベ
エメラ・ントゥカ
コンガマトー
オザーク山地の巨大トカゲ "ゴウロウ"
チリで目撃された謎のトカゲ
ゴロー
ケニヤのステゴサウルス "ムフル"

UMA一覧へ

トップページへ

コメント
この記事へのコメント
こんばんは。
目撃スケッチ、パンチ効きすぎ(笑)
少年期にカナヘビからマムシまで生活圏で
見かけ得る爬虫類は片っ端から捕まえていた私にとって巨大爬虫類は胸躍ると共に
畏怖すべき対象です。その捕食能力を想像するだけでもう・・・
「オルムがドラゴンの~」というのは知りませんでした。すると、山椒魚がサラマンダー
と呼ばれるのも同根でしょうか?
それでは、失礼しました~。
2007/10/23(火) 21:46:08 | URL | ともも #-[ 編集]
>とももさん
とももさんちの周りにそんなに爬虫類がいたんですかー 僕の田舎ではヘビとヤモリをたまーに見かけるぐらいでしたね。車に轢かれたヘビがほとんどかなぁ

この前、トイレにちびっこヤモリらしきものが入ってきました。東京なのに。

オルムは単純に見たまんまドラゴンの赤ちゃんと信じられていたみたいですね。体が長いからドラゴンぽいですし。

伝説の火と食べるサラマンダーとサンショウウオの関係はどうなんでしょうね?そちらは調べてみないと僕もよくわかりません。
2007/10/23(火) 23:41:04 | URL | ナム #-[ 編集]
あちゃ、改行がめちゃくちゃ・・・
ヤモリは正直うらやましいです。
私、東北なのですがヤモリは図鑑以外で
見たことがありません。
瀬戸内海の島生まれのいとこから鳴き声
煩くてたまらんよ、とは聞いてるのですが
一度聞いてみたいものです。
2007/10/24(水) 00:18:59 | URL | ともも #-[ 編集]
サンショウウオが火の精霊サラマンダーと呼ばれていたなんて全然知りませんでした。。
ドラゴンって聞くとやっぱりうれしくなりますね。ドラゴンは憧れですから。
爬虫類型のUMAは面白いですよね。シーサペントも哺乳類型より爬虫類型の方が個人的に好きです。
でも、さすがにこのスケッチは厳しい。
2007/10/24(水) 01:51:37 | URL | ふうせん #0brjZxgI[ 編集]
 9メートルの巨大蜥蜴。いいですねぇ、ロマンです。現在はイエローヘッドモニターとレッドテグーを飼育しているのですが、双方ともMAXで1メートルちょいぐらいにまでしかならないので比べ物になりませんねw(まぁ9メートルなんて飼育不可レベルですけどね)
イラストは・・・同じくなんとも言えません(笑)  トカゲじゃねーじゃん!
2007/10/24(水) 03:44:02 | URL | モルモ #-[ 編集]
>とももさん
ほうほう、東北ですか、僕の田舎と同じですねぇ(笑)

でもあんま見なかったなぁ~トカゲ

ところで、

>ヤモリは正直うらやましいです。

あのヤモリっぽい姿なので、ヤモリだと思っていただけで、ちっこかったし違うかも知れませン。 しかも数秒走って、逃げていったので(笑)

でぇ、鳴くんだぁ 爬虫類、もっと勉強しないと!
2007/10/24(水) 21:16:29 | URL | ナム #-[ 編集]
>ふうせんさん
このスケッチは、まぁ、見た人の中の一人、ということで、これがすべてではないと思いますが、体高があるし、哺乳類っぽいですよね。

UMAって、水凄のものが多いですが、アフリカに限っては陸棲のものが多く、真偽はおいておいて魅力的ではあります。

>サンショウウオが火の精霊サラマンダー

不可思議系の本だとけっこう載ってますよね、サラマンダー、そのうち記事にしようかとは思っています。
2007/10/24(水) 21:21:43 | URL | ナム #-[ 編集]
>モルモさん
UMAにしても、陸棲と考えるとちと大きすぎやしないかとは思いますが、まぁ、UMAなんでいいかなと。

トカゲ飼ってるんだぁ、今までにいろいろと動物は飼ってるけど、トカゲは飼ったことがありませんねぇ。小さいころに、爬虫類じゃなく両生類になっちゃいますが、山でサンショウウオを捕まえて飼ってみたんですが、2週間ぐらいで死んでしまったので、両生類と爬虫類はかわいそうなので飼うのはやめているんですね。
2007/10/24(水) 21:26:29 | URL | ナム #-[ 編集]
ヤモリですか…ヤモリは、家を守るからヤ(家)モリ(守)という由来を聞いたことがあります。
それにしても、その目撃イラストはまるっきり雷竜のできそこないみたいな感じですね(笑)
2007/10/24(水) 22:27:30 | URL | 名無しのUMAさん #-[ 編集]
ブログ応援活動中です!
応援ポチッ!
2007/10/25(木) 01:55:54 | URL | ミゲル #-[ 編集]
ニンキ・ナンカはそんなに人気なんか?
ギャグで冷ましつつ…。

スケッチ(信用していいのかどうか…)を観察すると
どうやら尾が無いように描かれていますが
もし仮に信用できるものとすれば、殆どの動物が省かれますね。
とはいえ、やはり色といいデザインといい、とても信用できるものじゃ…。

しかし実際に9メートルもの巨大生物を目の当たりにして、平常でいられる方が珍しいですから。
2007/10/25(木) 23:13:20 | URL | スペース人 #5zbunnxk[ 編集]
初めましてNKです^^
半年ほど前からこのサイトを拝見させてもらっています。

爬虫類とか動物の中で好きなんでこういう
ワニ的なものもいいんですよね~
サラマンダーってどっかの話で火をまとった伝説の生き物って聞きましたがどうなんでしょう?
スケッチみてもほんとコメントできませんね。
何コレって感じですしww
正体は自分的にワニの奇形(?)か
ガビアルの誤認ってとこでしょうか?
(でも大きさがなぁ)
http://www.i-younet.ne.jp/~wanien/index2w27.htm
↑ガビアルの詳細
2007/10/27(土) 01:02:55 | URL | NK #ff87Pv2k[ 編集]
前のコメントに対して
ガビアルですが、顔がウマっぽくないですね。
ほかの特徴は似てそうなんですが・・・
となると奇形ですかなぁ?
2007/10/27(土) 01:13:03 | URL | NK #-[ 編集]
トカゲ
トカゲ系のUMAですかぁ‥…。去年実家のゴキブリホイホイに見たことない綺麗なトカゲが引っ掛かってるけど何だ?と親から電話がありました(*_*)話によると全身真っ青で(トカゲの子供みたいな感じじゃないみたいです)テカテカしてると言ってました(@_@;取って逃がしたみたいですが何だったのか気になります‥。

東京は何げにヤモリが多いですよねぇ(^^ゞ自分の住んでるトコの外壁にすごい数くっついてました。あと蓑虫が大量発生です!最近近所の道端にガマガエルがいて写真いっぱい撮りましたΣ( ̄□ ̄;)都会でも健気にがんばってるんですね
2007/10/27(土) 01:57:37 | URL | めるびん #-[ 編集]
>スペース人さん
>ニンキ・ナンカはそんなに人気なんか?

かなり冷えました。ありがとうございます (←なんでよ)。

はい、尾がないですが、この絵を鵜呑みにするのは大変危険かと存じます。

この体高、緑色の新種の哺乳類かもしれません。というか既知動物を見て、なかなかこんな絵になるとは思えないんですよね、、、
2007/10/27(土) 03:02:45 | URL | ナム #-[ 編集]
>ミゲルさん
どもですっ!
2007/10/27(土) 03:03:11 | URL | ナム #-[ 編集]
>NKさん
はじめまして、NKさん

サラマンダー、持っている本によれば、一応、日本語ではサラマンドラで、火の中にすむトカゲ、違う説では火の中にすむ虫、というのが通説らしいですね。火の外に出たときに水をかけると死んでしまう、という伝説のようです。

インドガビアル、でっかいですねぇー
ま、スケッチを無視してふつうに考えると、ワニかトカゲですから、すべての特徴を持っていなくてもいいと思いますよ。数種類の異なる生物を見た人たちの目撃証言がごっちゃになっているのは確実ですからー
2007/10/27(土) 03:11:18 | URL | ナム #-[ 編集]
>ぬるびんさん
ほうほう、全身真っ青のトカゲですか。写真とかではよく見ますけど、ペットが脱走して繁殖しているんでしょうかね?子供だと生態と色が違うかもしれませんし、なにか分かりませんよね。

ゴキブリホイホイにくっついちゃってるところがかわいい、、、というか、実際見たらびっくりしますけど(笑)

>東京は何げにヤモリが多いですよねぇ

ねー、田舎の東北なんて、寒いからそんなにヤモリは見ませんでしたよ。イモリはいっぱいいたけど。ってか、東京、室内に虫が多いっす。ゴキブリ、ゲジ、オオゲジ、悲しくなります(笑) 蓑虫もけっこういるけど、これは田舎の方が多かったなー カエルはさらに多かったっす。
2007/10/27(土) 03:20:16 | URL | ナム #-[ 編集]
>名無しさん
>はまるっきり雷竜のできそこないみたいな感じですね(笑)

そうそう、ニンキナンカの正体説のひとつに竜脚類があるんですが、教授がまじめに「巨大な生物が正体でありながら、足跡一つなく、また体の大きい草食性でありながら一切食べた形跡が残っていないので、ありえない」と答えてました(笑) そんな真剣に答えなくても、、、と思いましたが。
2007/10/27(土) 03:24:08 | URL | ナム #-[ 編集]
恐るべき画才・・・。
目撃者は幼児か小学生か?というほど素晴らしい画才ですねー
ラティマーさんが天才に見えてきました。

オルムは緑色(?)にして鱗と角生やして
目玉つけて玉持たせれば←ここ個人的願望
立派な竜だけど
ニンキナンカは黄色にして模様つけたら
キリンだよ・・・。

せっかく目撃しても目撃者に絵の才能がなければ誰も信じてくれないですよね・・・。
2007/10/27(土) 16:08:41 | URL | 姫 #-[ 編集]
X51.org
 ナムさん。
 ニンキナンカ、たしか数ヶ月前にX51.orgで取り上げられていたように
記憶しています。

 他の方が書かれたコメントを全く読んで
いないでのコメントなので申し訳ないですが、
素朴な疑問で、トップ画面の
絶滅巨大トカゲ、メガラニアと人間が
闘っている画面、これってどういうこと
なんですか? これが撮影された時には
生きていたけどこれを最後に絶滅が
確認されたんでしょうか?
 こんな大きなイグアナはコモドドラゴンは
これくらい大きいそうですが、他には
知りません。人間も食べられてしまいそうで
怖いですね。
2007/10/27(土) 23:39:35 | URL | タカ #CgltesS6[ 編集]
最近見つけた本で「世界の『神獣・モンスター』が分かる本」ってのがあってよんでるのですが
そこにサラマンダー(サラマンドラ)のことかいてあって、どうやらサンショウウオの英語名がサラマンダーらしいですよ~
なんでも昔からサンショウウオにわ火に強いって信じられていつらしく、皮膚から分泌される粘液が炎をけすとか~
2007/10/28(日) 00:17:44 | URL | みさいる #-[ 編集]
>姫さん
たぶん、、、子供が書いたんだと思いますが、単に絵が下手なだけかもしれませんし、よく分かりません。

確かに緑色の斑なしキリンといった感じで、緑色というのがポイントですねー 少なくともドラゴン伝説になった生き物とは別なような気が。つーことは、これはニンキ・ナンカじゃない?
2007/10/28(日) 14:28:14 | URL | ナム #-[ 編集]
>タカさん
確か以前にニンキ・ナンカの話題をしていたのはタカさんでしたよね?

記事にしようしようと思いつつ、ずいぶん時間が経ってしまい、ようやくアップです。タカさん、他にもニューギニア近辺のUMAの話をしていたような気がしますが、あれはなんでしたっけ?教えてください。

ところで、一番上の画像はあれですね、YouTubeのメガラニアスライドショーの一部なので僕も詳細は分かりませんが、再現CG、もしくはB級映画?じゃないですかね。メガラニアが絶滅したのって2万年前とか結構最近じゃないですか、オーストラリアにに人が住み始めたのはもっと昔なので、当時はこんなんだった~みたいなやつじゃないですかね。
2007/10/28(日) 14:35:45 | URL | ナム #-[ 編集]
>みさいるさん
そうです、サラマンダーってサンショウウオのことです。このサイトにあるオノンダガ湖の怪物イモリ、オギーも本当はオノンダガ湖のサラマンダー伝説のことなんです。最初はサンショウウオで訳していたんですがイモリの方が分かりやすいと思って書きなおしたんですよ~
2007/10/28(日) 14:41:01 | URL | ナム #-[ 編集]
でも伝説上の生き物?なんで色々と解釈がるみたいで通称火トカゲっていうみたいですよ~
結局トカゲもイモリも火の中にいたら同じに見えるってことですかね^^;
ちなみにこの本ドラゴンとかも載ってておもしろいのでおすすめです^^
2007/10/28(日) 16:40:04 | URL | みさいる #-[ 編集]
ニューギニア近辺のUMA
 ナムさん、こんばんは。

 ニンキナンカ。私がお伝えしたのでしたっけ。
まあ元ソースはX51.ORGさんのはずです。
 PNGのUMAっていうか、地元新聞には
2003年に二回載ったきりですが、
これは体長3mの恐竜の生き残りタイプ
のようだったと言われていました。
一部識者?が推測するにイグアナドン
のような草食恐竜だとか。でも続報が
ないのでほら話かも知れませんね。
2007/10/28(日) 23:59:35 | URL | タカ #CgltesS6[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/10/29(月) 14:34:42 | | #[ 編集]
>タカさん
タカさん、情報&URL、ありがとうございます。

UMA情報は多かれ少なかれ胡散臭いのは仕方ないですから、別にぜんぜん気にしてないです。厳密に追求したら、ほとんど全部いないことになっちゃいますからねー

その嘘くさいところがまた魅力でもあります。

とにかくどうもですっ!
2007/10/31(水) 18:25:03 | URL | ナム #-[ 編集]
それにしても絵ひどいですねーとてもかっこいいドラゴンだと思いますが見てみると牛に見えてきた。もうイメージ崩れますねー。
2007/12/04(火) 21:01:20 | URL | ガロン #-[ 編集]
自由研究に使わせていただきますv-238
2008/08/18(月) 20:23:16 | URL | MISA #-[ 編集]
>MISAさん
ははは、どうぞ~
2008/08/18(月) 21:07:24 | URL | ナム #-[ 編集]
dhiklshon
初心者ですが、よろしくお願いします。
ニンキ・ナンカは口承によると口から
「火を吐く」らしいですね。僕は猛毒
か高い温度の体液だと思いますが、

僕はドラゴンの炎はおそらく体液だと
思いますね。
2014/08/21(木) 11:25:36 | URL | 勇者イロレス #OrLyzHSE[ 編集]
Re: dhiklshon
> 初心者ですが、よろしくお願いします。
> ニンキ・ナンカは口承によると口から
> 「火を吐く」らしいですね。僕は猛毒
> か高い温度の体液だと思いますが、
>
> 僕はドラゴンの炎はおそらく体液だと
> 思いますね。

勇者イロレスさん、はじめまして

そうですね、火を吐く、というのはちょっと無理そうなので、ドクハキコブラなんかと同様に何かしらを吐きつける行動が火に見えているという可能性があるかもしれませんね。
2014/08/22(金) 05:12:32 | URL | ナム #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。