アクセスランキング ブログパーツ
UMAファン ~ 未確認動物
世界中のUMA (未確認生物)、巨大生物、不思議な生物 (珍獣)を紹介しているブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
100年前の銛の刺さったクジラ見つかる

■100年前の銛の刺さったクジラ見つかる■
■Weapon fragment from 1800s found in whale■


(ホッキョククジラ
※ 画像をクリックするとYouTubeに飛びます)

(ソース) Weapon fragment from 1800s found in whale

アラスカ 115歳のメヌケ (ヒレグロメヌケ) が釣られたのも記憶に新しいですが、今回はクジラです。

巨大イカ ( ダイオウイカコロッサル・スクイッド) なんて、でっかいですが寿命は数年とすぐに死んじゃいます。ですが、クジラは違います。

クジラは長命で、寿命が100年、200年などといわれています。しかし、野生下で寿命を全うできるものはそれほど多いとは考えられず、せいぜい40~70年ぐらいといわれています。

2007年5月、イヌピアット・エスキモー (Inupiat Eskimo) の伝統によって捕鯨されたホッキョククジラ (訂正:セミクジラ→ホッキョククジラ) の体内から、1世紀以上も以前に製造された銛の破片が見つかりました。

この銛は、1880年代に製造された先端に爆薬を仕込む方式のもので、当時の商業捕鯨で使用されていたものでした。(パテントを取っていた銛なので年代特定がたやすかったとのこと)


(上あごが細いのが分かります)

野生生物学者、クレイグ・ジョージ (Craig George) さんによれば、このホッキョククジラの年齢はおよそ130歳ぐらいとのこと。

この年齢の推定ですが、このホッキョククジラが銛を打たれたときの年齢が1歳ぐらいだったはず、というクレイグさんの推測からきています。というのも、商業捕鯨では子クジラを捕獲することはまずあり得ないため、というものです。

つまり、このホッキョククジラはまだ生まれて間もない頃に、誤って銛を打たれてしまったということになります。瀕死の重傷を受けながら、その後130年間生きたこのホッキョククジラはすごいですね。

ホッキョククジラは体長が15~18メートル、特徴は、大きく湾曲したアーチ状の口ですが、口だけで4~5メートルの長さがあります。上あごは細長く、マッコウクジラの頭部を上下逆さまにしたような感じです。


(捕鯨されたホッキョククジラ)

主食はオキアミやカイアシ類などのプランクトンで、3メートルを超す長いクジラヒゲで濾し取って食べます。

乱獲により生息数に壊滅的なダメージを受けたホッキョククジラは、商業捕鯨禁止後もあまり数は回復しておらず (数千頭程度)、絶滅が危惧されているクジラのひとつです。

これだけ長生きするホッキョククジラが、わずか数千頭しかいないとなると、その中にはもう繁殖能力がない、もしくは著しく低い個体も多く含まれているかもしれません。となると、この数以上にホッキョククジラの未来は深刻な状況かもしれません。

↓気に入って頂いた方はクリックして頂けると嬉しいです
人気 blog ランキング でオカルト・ホラーサイトを探す

>>
FC2 ブログランキング (オカルト・ホラー)
>>
面白サイトランキング


(関連)
不思議な生物
巨大生物リスト
115歳のメヌケ捕獲される
400歳のハマグリ見つかる
超短命! 1時間ブヨ
マッコウクジラ
ヨウスコウカワイルカ、ついに絶滅する
■ ダイオウイカと格闘したマッコウクジラ、座礁する
■ 30年ぶりに太陽の光を浴びたチンパンジーたち
巨大イカ VS マッコウクジラ
巨大イカ (生きているダイオウイカの撮影に成功)
巨大イカ (生きているダイオウイカの動画撮影に成功)
巨大イカ (コロッサル・スクイッド)
巨大イカ (10メートル、450キロのコロッサル・スクイッド)
巨大イカ (未確認の巨大イカ)
巨大陸上イカ (未来のダイオウイカ・メガスクイド) 
巨大イカ (未来のダイオウイカ・レインボースクイド)
巨大直角貝(チョッカクガイ) (10メートルの古代のダイオウイカ)
17年ゼミ

UMA一覧へ

トップページへ 

テーマ:不思議生物 - ジャンル:

コメント
この記事へのコメント
銛がささっていたのに1世紀近くいきていたなんてすごいです。驚異の生命力ですね。
2007/06/15(金) 20:28:39 | URL | かずき #-[ 編集]
>かずきさん
こんにちは、かずきさん。

すごいですよね~
具体的にどれぐらい深く刺さっていた、とか、部分とか詳しいことは分からないんですが、まだ子供のうちに銛なんか突き刺されてよく助かりましたよね。

で、運悪くまたも捕まってしまったところがカワイソウ。
2007/06/15(金) 20:37:17 | URL | ナム #-[ 編集]
ナム様、こんちわ~v-10

大変申し上げにくい事なのですが、先日お話させていただいたように、”BOWHEAD WHALE”とはホッキョククジラのことで、厳密にはセミクジラではありません。ま、どっちにしろ、ホッキョククジラの英語での別名は”GREENLAND RIGHT WHALE”、つまりグリーンランドのセミクジラですから、そんなに大差ないでしょう。確かにクジラは長寿な生き物、基本的に体が巨大な程長生きする傾向で、同じkジラ類でも小型のネズミイルカ類(約20年)とシロナガスクジラ(平均が100年を越す)といった感じでかなりバラつきます。

そしてこのホッキョククジラ、ナンと200年以上!!ゾウガメレベルです。。。

ちなみに、セミクジラの英語名の由来は悲しいもので、この種のクジラは泳ぎが遅く沿岸性で、殺した後水面に浮き、大量の油やクジラヒゲ、骨が取れるといった捕鯨者(WHALER)たちにとってはイイとこ取りのクジラであったわけです。つまり、「捕るに便利な」”RIGHT" WHALE ってワケです。

まっこと悲しいことです。現在、キタタイヘイヨウセミクジラは全体で200~300頭くらいしかいないといわれ、マジでヤバい状況にあります。その昔は日本近海にもたくさんの数がいて、捕られました。

つくづく、数の回復が待ち遠しいです。

長くなってスンマセンでしたv-12
2007/06/16(土) 10:24:42 | URL | まんま #wXqzg7qU[ 編集]
それとナム様、この前示唆させていただいた「ノールド川の怪物」がホッキョククジラであるという私の説憶えてますか?

このTUBEの動画でも、しっかり確認してもらえたら、私の言いたいことがわかるかもしれませんよ。ホントに似てるんです、後姿が(笑)
2007/06/16(土) 10:29:21 | URL | まんま #wXqzg7qU[ 編集]
>まんまさん
そうそう、これ、ロイターの公式ページでセミクジラって訳されてたから、セミクジラにしてたんですよ。イヌイットに許可されているのはホッキョククジラのはずだから、おかしーなー、とは思ってたんですけど、訂正が入りましたね。つーことで、記事は後で直します。面倒くさ~い(笑)。

ロイターの訂正文↓
*12日の記事第1段落で「セミクジラ」を「ホッキョククジラ」に訂正します。
2007/06/16(土) 12:31:24 | URL | ナム #-[ 編集]
商業捕鯨禁止っていい事っぽいけど、よく考えたら増えた頭数分の餌が必要ってことですよね?ってことは結局減るのかぁ・・・
かといって捕鯨を適度にするというのも難しいですね
2009/08/12(水) 17:46:34 | URL | びゅーねい #.xMUio8I[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。