アクセスランキング ブログパーツ
UMAファン ~ 未確認動物
世界中のUMA (未確認生物)、巨大生物、不思議な生物 (珍獣)を紹介しているブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
深海を優雅に泳ぐ妖精ダンゴムシ

■妖精ダンゴムシ■
■Fairy isopod■

~ 妖精ダンゴムシ ~


(これでダンゴムシの仲間)

~ アイソポッドの妖精 ~

アイソポッドとは等脚類 (とうきゃくるい) の仲間のことで、みなさん見慣れているダンゴムシワラジムシなんかがそうです。つっつくと丸くなる、あのダンゴムシです。丸くならないのがワラジムシです。

ダンゴムシ程度だとかわいげがあるんですが、もう少し大きいアイソポッドとなるとフナムシなんかがいます。サイズ的にも動き的にもゴキブリチックで、かなり厳しくなってきます。

さらに大きいアイソポッドとなると、泣く子も黙る ジャイアント・アイソポッド (ダイオウグゾクムシ) で、ダンゴムシなんかと同じ仲間とは到底思えない大きさをしています。


(泣く子も黙るジャイアント・アイソポッド)

最大サイズは30センチだの40センチだのといわれており、最大・最強のアイソポッドです。

このようにアイソポッドは大きさは違えど、ま、だいたいダンゴムシのような形で、脚は7対14本というのが特徴です。ストルティングラみたいに脚がとても長く、まるでカミキリムシみたいな姿をしたものもいます。

等脚類は、ダンゴムシやワラジムシはいいとして、一般的にはあまり好まれない姿をしている、といえるかと思います。

ですが、このアイソポッド、すごくかわいいんですねぇ。「流氷の天使」ことクリオネは天使に例えられますが、こちらは動きも姿も「妖精」といった感じです。

アイダホで発見された新種の妖精エビ (フェアリー・シュリンプ)なんてのもいますが、結構グロい感じで、あまり「妖精」の可憐さは感じられません。


(ウチワ状のヒレは2つの円を組み合わせたような
形をしているのが分かります)

この妖精ダンゴムシ、これが本当にアイソポッド?と思える姿で、ま、本当にアイソポッドの仲間かどうか僕には分かりませんが、そんなんどうだっていいほどきれいな姿をしています。

2対4本のウチワ状のヒレを、1対ごと交互にゆっくりとはためかせて泳いでいます。

この妖精、水深4100メートルの深海で撮影されました。



↓気に入って頂いた方はクリックして頂けると嬉しいです
人気 blog ランキング でオカルト・ホラーサイトを探す

>>
FC2 ブログランキング (オカルト・ホラー)
>>
面白サイトランキング


(関連)
不思議な生物
妖精エビ (フェアリー・シュリンプ)
クリオネの新種 ~ ヒョウタンハダカカメガイ
■ ゴブリンシャークを捕まえたら大量のダイオウグソクムシが
巨大フナムシ (ジャイアント・アイソポッド)
ジャイアント・アイソポッド Part2
オオグチボヤ & 新種の肉食ボヤ
頭部が透き通った深海魚 デメニギス
テングギンザメ
島を食い尽くす? ナナツバコツブムシ
巨大ザリガニ (タスマニアオオザリガニ)
巨大ゴキブリ (アプソロブラッティナ)
巨大ゴキブリ 現世編 (ヨロイモグラゴキブリ)
巨大ヒヨケムシ (キャメル・スパイダー)
巨大クリオネ Part I
ブロブフィッシュ (ファットヘッド・フィッシュ)
かわいいヤスデ タマヤスデ
敵地で爆発 ~ 自爆テロアリ
新種のショッキング・ピンク・ドラゴン・ヤスデ

UMA一覧へ

トップページへ

テーマ:不思議生物 - ジャンル:

コメント
この記事へのコメント
この世のものとは思えない・・・。
ナムさんオススメの「ブループラネット」のディープシー見ましたー
いやぁ・・・映像の美しさもさることながら、80度の水温で生きてる生物(名前忘れたけど目の異常にでかいサカナがツボに嵌りました)

っと、前置き長すぎ_| ̄|○))))スマソ
このアイソポッドかわいすぎです・・・。
クリオネより100倍かわいい・・・。
まさに「癒し系」ですねー
水深4100って・・・もっともっと深いとこにはまだまだ未知の生き物がイパーイいるんだろうなぁ・・・。
あー見てみたいー
2007/06/07(木) 10:23:23 | URL | 姫 #-[ 編集]
>姫さん
見ました、The Deep、深海のビデオではかなり画質がいいし、出ている生物の種類も結構多いですよね~

で、このアイソポッド、たぶんかなり小さいと思うんですけど、すんごいかわいいっすよね。撮影者が、超レアって書いてたけど、イチオー新種じゃないんだ、って思いましたよ。

ビデオに撮られていないやつには、そうとう珍しいやつもたくさんいるんでしょうねー
2007/06/08(金) 01:05:02 | URL | ナム #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/06/08(金) 23:56:40 | | #[ 編集]
流氷の天使、妖精エビ、とくれば、優雅に舞い泳ぐこのアイソポッドは深海の天女とでもなりましょうか。
それにしても深海はまだまだ面白い形や生態の生き物を見せてくれそうで楽しみです。欲を言うなら、ダイオウイカレベルの巨大生物が、もっと見つかってくれれば。

ところで話題がそれて申し訳ないのですが、実は以前から気になっている深海生物(?)がいます。「しんかい6000」の成功で、深海関連のTV番組が量産された頃だと思うので、2000年代初めのはずなのですが、ある番組(たぶんNHK)で、深海での新発見の紹介をやっていました。
その中に、海底で渦巻く泥のような塊が映っている映像が有りました。一見、潮流の悪戯かとも思えたのですが、マニュピレーターで崩すと、少し離れたところで再び集合し渦巻き始めたのです。
番組では、採取して研究するというようなことを言っていたのですが、その後の情報が見つかりません。番組名も忘れてしまったので、調べようも無いのです。

どなたかこの番組が何だったか(もしくはあれが何だったか)ご存知の方はいらっしゃらないでしょうか?
2007/06/09(土) 00:00:42 | URL | ジェレミー #RaJW5m0Q[ 編集]
>サボテンさん
はいはい、了解しました。ちょっと時間をくださいね。
2007/06/09(土) 05:49:45 | URL | ナム #-[ 編集]
>ジェレミーさん
うーん、なんでしょうね?見ていないのでなんともいえませんが、群体で暮らすヒノオビクラゲみたいなやつですかね?すぐにバラけるけど、元に戻る不思議なクラゲです。

知っている人がいたら教えてくださーい。
2007/06/09(土) 05:57:12 | URL | ナム #-[ 編集]
あれはだんごむしではないです!正直妖精えびみたい・・・このホームページ毎日見てます(1ヶ月前から)ナムさんがんばってください!応援してます!フレー!フレー!
2007/08/24(金) 14:39:29 | URL | おさる #-[ 編集]
>おさるさん
はは、ダンゴムシじゃないですよ(笑)ダンゴムシの仲間 (等脚類) ってことです。

等脚類は結構細長い姿のものもいますからね、同じダンゴムシの仲間でも姿はバラエティがあります。
2007/08/25(土) 03:45:45 | URL | ナム #-[ 編集]
ジェレミーさんのと似たのを世界○見えで見たような気がしますね。
何やら埃が集まったのかという感じのくすんだ色の集合体(?)のようなもので、やはり崩しても一定時間が経過すると再び元に戻ってました。記憶違いでなければ、ダイバーによる撮影の筈なので棲息域(と言っていいのか)が違うのが疑問ですね。渦も発生してませんでした。
2009/07/29(水) 14:22:30 | URL | 名無しのUMAさん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。