アクセスランキング ブログパーツ
UMAファン ~ 未確認動物
世界中のUMA (未確認生物)、巨大生物、不思議な生物 (珍獣)を紹介しているブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ラブカ

■ラブカ 生きている姿の撮影に成功■
■Frilled shark■



泳ぐ姿の撮影に成功する

最近では、ダイオウイカやメガマウスといった深海の巨大生物の生きている姿を目にすることも珍しくなくなってきましたが、そんな中、深海の不思議なサメ「ラブカ」と、深海の巨大生物の定番、「ダイオウイカ」が立て続けに話題となりました。

ラブカは生きたまま捕獲され撮影に成功しましたが、撮影後、まもなく死んでしまいました。ダイオウイカは引き上げられたときには、いつも通りというか、やはり既に死んでいたということです。

ダイオウイカはこのブログでも頻繁に登場しているので、今回はラブカを見ていこうかと思います。

ラブカの遊泳シーン 01 動画 (YouTube)
ラブカの遊泳シーン 02 動画 (YouTube)

ラブカの特徴

体長は1メートルからせいぜい2メートル、同じく深海の巨大鮫、メガマウスのようなユーモラスな体型をしているわけでもなく、絶滅種メガロドンのような迫力もなく、一見するとそれほど風変わりな生物に見えないラブカですが、これがなかなか興味深いサメなのです。

ラブカはサメといってもかなり特異な体型をしており、「サメといったらホオジロザメ!」という印象の人には、あまりサメらしく見えないかもしれません。

ラブカが「一般的なサメ」に見えない理由はいくつかあります。

まず、サメにしては非常に体が細長いということがあげられます。頭部から尾に向かって先細りとなっていますが、特に目立った太い部分もなく寸胴な体型です。

これはもう一つの特徴である、「サメにしてはヒレが小さい」、というのと関連しています。大きな背ビレを水面から出して泳ぐさまは、サメのトレードマークの一つといえると思いますが、ラブカのヒレはとても小さく、背ビレにいたっては尾の付け根付近に小さいものが一つあるだけです。


(深海生物に多い尾に向かって先細りの体型。瞬発力には欠けるものの、持久力に長けた体型といわれています)

尾ビレも細長く後ろに伸びていますので、元々からだが細長い上にヒレが目立たないため、棒状の特異な体つきに見えるのです。

この「尾に向かって先細りの体型」はラブカに限ったことではなく、深海の生物には比較的多く見られる特徴ですが、ラブカも深海の生活に適応してこのような姿になったのかもしれません。

そしてもうひとつ、ラブカの口の付き方です。サメは獲物を襲うときに体をねじって横になって噛みつきますが、それは口が腹側についているからです。


(巨大なチョウザメ)

水生UMAの誤認には多くのチョウザメの目撃が入っているといわれますが、このチョウザメ、確かに軟骨の多い魚ですが軟骨魚類のサメの仲間ではなく、れっきとした硬骨魚類です。しかし口が腹側についていることからサメのような姿に見えるため、日本ではチョウザメ、とまるでサメの仲間のような名前を持っています。

このことからも「サメの口は腹側にある」というのが、サメの特徴と考えられていることが分かります。

しかしラブカの場合、見慣れているふつうの魚同様、口が頭部の先端についています。そのため、頭部だけ見るととてもサメには見えません。


(こちらもラブカの遊泳シーン)

生きた化石

デボン紀後期に生息していた古代のサメに、体長2メートルほどのクラドセラケ (Cladoselache) というのがいます。ラブカ同様、サメとしては非常にほっそりとした体型をしているのが特徴です。口も腹側ではなく頭部の先端にあります。

体長、体型、そして口の付き方など、ラブカはこのクラドセラケに似ていることから、非常に原始的な特徴を備えたサメと考えられていたため、「生きた化石」といわれています。

ただしクラドセラケは大きな尾ビレを持っており、ラブカと異なり非常に力強い泳ぎをしていたと考えられています。

そして最後に、地味ながら、ラブカ (と一部の原始的なサメの仲間) には非常に珍しい特徴があります。サメやエイにはラジエーターのようなエラ (鰓裂 - さいれつ) があるのはご存じかと思います。


(英名 Frilled shark といわれるだけあって、フリルのようなエラが特徴です)

現世のサメは左右5対ずつ、合計10個のエラを持つのに対し、ラブカに似たクラドセラケは7対14個のエラを持っていました。

そしてラブカのエラの数は?というと、現世と古代のサメの中間、つまり6対12個のエラを持っています。

↓気に入って頂いた方はクリックして頂けると嬉しいです
人気 blog ランキング でオカルト・ホラーサイトを探す

>>
FC2 ブログランキング (オカルト・ホラー)
>>
面白サイトランキング


(関連)
誤認・絶滅動物
巨大生物リスト
超巨大リュウグウノツカイ
巨大鮫 (オンデンザメ)
巨大鮫 (カグラザメ)
巨大鮫 (ミツクリザメ/ゴブリン・シャーク)
■ 19メートルのメガロドン撮影される
足のある鮫が捕獲される
オオグチボヤ & 新種の肉食ボヤ
シーサーペント
クイーンズランド・モンスター (クイーンズランド・シーサーペント)
ニューハーバー・サーペント・シャーク
35メートルの疑惑の化石コッホ・サーペント
コネマラ湖沼地帯とウマウナギの謎
テングギンザメ
メガロドン (カルカロドン・メガロドン)
水棲UMAの誤認候補 ~ チョウザメ
ヘラチョウザメ
古代魚 ターポン
UMAの名を持つ古代魚 ポリプテルス
カスザメ - ビショップ・フィッシュの正体か?
川に紛れ込んだ謎の巨大魚
ブロブフィッシュ (ファットヘッド・フィッシュ)
巨大イカ (生きているダイオウイカの撮影に成功)
巨大イカ (生きているダイオウイカの動画撮影に成功)
巨大イカ (ダイオウイカよりでかいイカ!?)
巨大イカ (未確認の巨大イカ)
スパイラル・バイオルミネッセンス ~ パニキア
始祖鳥にそっくり、ツメバケイ

UMA一覧へ

トップページへ 

テーマ:不思議生物 - ジャンル:

コメント
この記事へのコメント
嗚呼、コレコレ!
見ましたよ、私もv-218
確かに私も初めてです、生体映像ワ。
でも、小学校の時の嫌な思い出の一つに、鯉の鰓を見続けていたら気持ち悪くなって吐きそうになったということもありまして、もうトラウマに(苦笑)。
だから、今回のラブカの珍しい鰓の映像が見れたことも素直には喜べないんですよ(申し訳ありません)。
おそらく、私の魚の中でのトラウマ(笑)の中では以前お話させて頂いた様に、ナマズさんのお顔に次ぐ二位を誇っております(笑)。あと、ヤツメウナギ系もダメです(汗
個人的には、ラブカよりもグラドセラケの方がカワイく見えるんですが、同じ深海棲のサメとしてはミツクリザメの生体映像なんかが見てみたいですな。
あと、相模湾なんかで撮れたオンデンザメの異常巨大化個体の映像(知ってますか?)も興奮しましたね。アレも正しく栄光の?UMAに入れてもイイと思います。
2007/01/26(金) 23:27:24 | URL | まんま #wXqzg7qU[ 編集]
エラ気持ち悪いですか
ま、エラはアップで見るものではありませんね。正直、僕も気持ち悪いと思います。(笑)

で、オンデンザメ、記事にいつかしようとは思っていたのですが、ちょっと個人的に情報不足により実現しておりません(笑)

でかいっすよね。

ミツクリザメも凄い形してますから動いているところ見てみたいですね。あと、ちょこっとだけなら動いているところ見たことありますが、ソコボウズ好きなんですよ。
なんで個人的にソコボウズのよくとれた映像を見てみたいです。
2007/01/27(土) 00:02:55 | URL | ナム #-[ 編集]
はじめまして
たまたま見つけたこの記事を興味を持って動画を見たのですが、エラのアップでトラウマになりそうなくらいの恐怖が。。

よかった。みんな怖いって言ってくれてる。

ホントに夢にでてきそう。。


いきなりのコメント失礼いたしました。
時々みさせていただきます。
2007/02/01(木) 23:18:08 | URL | ハル #-[ 編集]
ハルさん、こんにちは
そーですか、やっぱり気持ち悪いですか(笑)

なんかミミズがたくさん詰まっているような風情ですからね、確かに気持ちがいい絵ではありませんね。

画像差し替えようかな?(笑)

また遊びに来てください。
2007/02/02(金) 19:22:13 | URL | ナム #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/06/17(日) 01:25:07 | | #[ 編集]
怪魚集
http://youtube.jpn.org/mystery/html/4683af8a8deb2.html
ラブカもそうですが、この動画の最後の
方に出てくるのはイザリウオでしょうか。
 これが巨大だったら、本当にUMA
だなあーと思ってしまいます。
 「20世紀少年」に出てくる「ともだち」の
ロボット兵器みたいな歩き方ですね。
2007/07/03(火) 19:13:12 | URL | タカ #CgltesS6[ 編集]
>タカさん
こんにちは

これ見たことありますよー 最後のはイザリウオ、現在、差別用語により改名でカエルアンコウですよね。

この魚は知っていても、実際動いているところを見ると不思議ですよねー とても魚には見えませんものね。

ちなみにカエルアンコウ&バットフィッシュは記事にする予定です。
2007/07/03(火) 22:38:20 | URL | ナム #-[ 編集]
テレビで見ました!!
やっぱりエラがすごいですね。
映像を見る限りかなり弱っていた感じでしたね。ちょっとかわいそうでした。
深海にいた状態だったらもっと元気だったんでしょうか。
とにかくすごいお魚さんでした。
2007/07/11(水) 22:27:30 | URL | かずき #-[ 編集]
>かずきさん
テレビ、ほとんどつけないので知りませんでした。

エラはほとんど一周してますからね、フリル状に見えますよね。

かずきさんの言うとおり、深海にいるときはもっと元気に泳いでいると思いますよ。研究という名目とはいえ、可哀想ですよね。
2007/07/12(木) 00:35:25 | URL | ナム #-[ 編集]
夏に江ノ島水族館に行ったところ、外にホルマリン?アルコール?漬にされたラブカさんがひっそりおいてありました。腹ビレだかがサメよりも多く、歯が特徴的でした!海亀水槽前、ネコ鮫だかを手で触れるコーナー横に飾ってありましたよ。
2008/09/30(火) 15:33:09 | URL | puntino #-[ 編集]
>puntinoさん
ラブカいましたね、近くで見ると意外に大きいんですよね。写真も撮ってきました。

見れば見るほどサメに見えない、というか魚とは思えない面構えですよね。

タッチングプールにいたのはネコザメじゃなくてトラザメですね、とてもかわいかったです。
2008/09/30(火) 21:59:07 | URL | ナム #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。