アクセスランキング ブログパーツ
UMAファン ~ 未確認動物
世界中のUMA (未確認生物)、巨大生物、不思議な生物 (珍獣)を紹介しているブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
黒海の大蛇

■黒海の大海蛇■
■Black Sea Giant Snake■



~ 黒海 ~

黒海はヨーロッパとアジアにまたがる内海で、エーゲ海、地中海を経由して大西洋につながっています。

英語でも "Black Sea 「黒い海」" ですが、実際に水が黒いわけではなく、嵐が起きやすく恐れられていたから (暗黒のイメージ)、エーゲ海と比較して暗いから、など名前の由来には諸説があります。

さて、この黒海には巨大生物が棲息している噂があります。

~ ゴルベフ博士の調査 ~

ソ連科学アカデミーのアレクセイ・ゴルベフ博士は、イワン・シルコフ博士ら総勢12名で潜水艇アカデミック・シルショフ号に乗り、黒海の調査を行っていたときのことです。

ゴルベフ博士によると、水深300メートル前後で調査を行っているときに、体長50メートル、直径3メートルもある大海蛇 (シーサーペント) を目撃しました。

博士等は12日間の調査で大海蛇を3度目撃をし、カメラ撮影に成功、ソナーにも記録が残っていると言います。

3度目の目撃時には、大海蛇は潜水艇に体当たりをしてきたといい、コブラのような牙を持っていることも確認されました。

~ チョウザメ ~

正体はなんでしょう?

黒海には水棲UMAと頻繁に誤認されるチョウザメが棲息していますが、その可能性はあるでしょうか?

チョウザメは確かに細長い体型をしていますが、「海蛇」という感じではありません。

古い (そして怪しい) 記録で8メートルなどというものがありますが、通常は3メートルぐらいで、いくら誇張されているにせよ50メートルの「海蛇」と誤認するとは思えません。

この記事が載っている「雑学 世界の謎と不思」によれば、「恐竜よりも何百万年も前の巨大海蛇が、十二日間に三度もこのソ連の潜水艇の前に姿を現したという」

とのことですが、恐竜出現の前だろうと後だろうと、こんな体長が50メートルもある海蛇が存在した痕跡は、少なくとも現時点では見つかっていません。

「黒海の大海蛇」はいわゆるシーサーペントですから、シーサーペントの誤認候補に挙げられるものの可能性はどうでしょう?

~ シーサーペント ~

 
(捕獲当時、生きていた巨大リュウグウノツカイ)

シーサーペントの誤認候補は、絶滅したものですとクジラの祖先であるゼウグロドン (バシロサウルス)、現存するものだと、リュウグウノツカイ巨大ラブカ巨大ウナギ (もしくは巨大アナゴ) が有力視されています。

まずは無難なところで、現世の生物を見てみましょう。リュウグウノツカイは海蛇には見えませんし、ラブカとウナギに10メートルを超えるような巨大なものは発見されていません。

ラブカとウナギに10メートルを超えるような巨大な個体が存在するのであれば、「黒海の大海蛇」の正体である可能性は残されています。

それでは絶滅種のゼウグロドンはどうでしょうか。ゼウグロドンはクジラの祖先ですが、体型は細長く、現世のクジラとはだいぶ体型が異なります。

最大で体長は20メートル以上といわれていますから、もし現在でも生きていれば、誤認されてもおかしくはないでしょう。

~ 写真は?ソナー記録は? ~

大きさはおそらく誇張されていると思われますから、それほど50メートルという体長に固執することはないと思いますが、この大海蛇の存在は、目撃自体が怪しいという欠点があります。

目撃者が科学者なので信用できるのでは?とか写真やソナーが残されていると科学者が言っているのだから、そんな突飛な嘘をつくはずがないのではないか?と思う人もいるかもしれません。

しかし、科学者だから信用できるとはいえませんし、自己顕示欲の強い学者であれば平気で「発見をねつ造する」時代です。なんでも鵜呑みには出来ません。

ここは、アレクセイ・ゴルベフ博士とイワン・シルコフ博士を信用するか否かにかかっています。

さてそこで問題発生です。

そもそも、アレクセイ・ゴルベフ博士とイワン・シルコフ博士が実在する人物なのかが怪しく、大海蛇の写真やソナーの記録どころか、潜水艇アカデミック・シルショフ号の存在も含め、なにも記録が残っていません。

「黒海の大海蛇」の話は「日本のUMA本」の中でのみ登場し、海外のサイトをいくら探しても、上記二人の科学者はおろか、潜水艇の名前もなにも出てきません。海外のUMA本でも見たことがありません。

ロシアのUMAは怪しいものが多いですが、旧ソ連時代のものはさらに情報が乏しく、そして怪しく、この話はやはり、、、

あとはご想像にお任せいたします。

(参考書籍)
雑学 世界の謎と不思議 (平川陽一 著)

↓気に入って頂いた方はクリックして頂けると嬉しいです
人気 blog ランキング でオカルト・ホラーサイトを探す

>>
FC2 ブログランキング (オカルト・ホラー)
>>
面白サイトランキング


(関連)
巨大生物リスト
シーサーペント
シーサーペントか?謎の漂着死体 サハリンの怪物
■ ロシアの人食いUMA ~ ネッスキ
チェルノブイリの巨大ニワトリ
巨大なレプトセファルス
超巨大リュウグウノツカイ
生きた化石 ラブカ 
クイーンズランド・シーサーペント
グロスターのシーサーペント
U-28が目撃したもの
ニューハーバー・サーペント・シャーク
キャドボロサウルス (キャディ)
クラーケン
巨大ヒモムシ
ゼウグロドン
メガロドン (カルカロドン・メガロドン)
アルラ・ホエール

UMA一覧へ

トップページへ 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。