アクセスランキング ブログパーツ
UMAファン ~ 未確認動物
世界中のUMA (未確認生物)、巨大生物、不思議な生物 (珍獣)を紹介しているブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シュンカ・ワラキン

■シュンカ・ワラキン■
■Shunka Warak'in■

~ 犬を連れ去るもの ~



ネイティブ・アメリカンに伝わるシュンカ・ワラキンは、ハイエナとオオカミの特徴を併せ持つUMAといわれ、その名前は、ネイティブ・アメリカンの言葉で、「犬を連れ去るもの」という意味があるそうです。

地理的に考えて、カナダのオオカミタイプのUMA、ワヒーラの亜種、もしくは同種を指している可能性も考えられます。

そのため、ワヒーラの正体説のひとつ、ダイアーウルフ (Dire wolf, ダイアオオカミ) の可能性も示唆されています。

ダイアーウルフは10万年前まで北米大陸に棲息していたオオカミの先祖で、現生オオカミの最大種、タイリクオオカミ (ハイイロオオカミ) と極めて近縁といわれています。

絶滅種は巨大、とのイメージがありますが、ダイアー・ウルフはタイリクオオカミと同じぐらいの大きさで、体長は1.5メートル前後と考えられています。

~ シュンカ・ワラキンが射殺される? ~

UMAの正体を絶滅種に求めるのは、UMAの楽しみのひとつですが、ふつうに考えれば、シュンカ・ワラキンの正体はタイリクオオカミの誤認、というのが無難なところではないでしょうか。

ただし、ダイアー・ウルフを当てはめるのに理由がないわけではありません。

目撃情報は以前からあったシュンカ・ワラキンですが、1977年、ついにシュンカ・ワラキンと思われる謎の生物が銃で仕留められました。

全体の印象としてはハイエナに似ているものの、頭部が極めて長いのが特徴です。

この長い頭部、短い四肢はダイアー・ウルフのひとつの特徴であり、射殺されたシュンカ・ワラキンと身体的特徴が似ていると考えられました。

このほかにも、2000万年以上前に絶滅した、体長3メートルにも達した巨大なハイエナのような生物、ヒアエノドン・ギガス (Hyaenodon gigas) 生存説などもあります。

↓気に入って頂いた方はクリックして頂けると嬉しいです
人気 blog ランキング でオカルト・ホラーサイトを探す

>>
FC2 ブログランキング (オカルト・ホラー)
>>
面白サイトランキング


(関連)
誰も知らないアンデスオオカミ
"ジェヴォーダンの獣" ベート
正体は球電現象か? 黒犬
射殺された謎のピューマ "オンザ"
サーベルタイガーの末裔? "ヴァッソコ"
タスマニアタイガー (サイラシン)

UMA一覧へ

トップページへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。