アクセスランキング ブログパーツ
UMAファン ~ 未確認動物
世界中のUMA (未確認生物)、巨大生物、不思議な生物 (珍獣)を紹介しているブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポイントプレザントの悪夢 ~ モスマン (蛾男)

■モスマン(蛾男)■
■Mothman■



~ アメリカでは超メジャー、モスマン ~

日本ではそれほど有名ではないですが、アメリカではかなりメジャーなUMA (未確認生物)、モスマン。

その名の通り、 (モス, Moth) と人間 (マン, Man) のハイブリッド的な姿が特徴です。希に日本では蛾男 (がおとこ) とも呼ばれる場合もあります。(本当は「蛾人間」と訳すのが自然です)

モスマンは、1966~67年にかけて、アメリカ、バージニア州のポイントプレザントで爆発的に目撃が集中したUMAです。

体長は2メートルほど、黒い毛、もしくは羽毛で全身が覆われており、人間の首から上を取り去ったような奇妙なプロポーションをしています。また、腕の代わりに蛾のような大きな翼を持ちます。

「頭部がない」と形容されることがありますが、それはあくまで人間のプロポーションを基準に考えたものであり、頭部と胴体の境目、つまり首に該当する部分がはっきりしないと考えるのがいいでしょう。

人間の胸部に該当する部分に、一対の赤い大きな目を持っており、境界ははっきりしませんが、この部分が頭部と考えて間違いありません。 


(なんとモスマンの博物館
※ 画像をクリックするとYouTubeに飛びます)

~ 羽ばたかずに舞い上がる? ~

その奇妙なプロポーションもさることながら、目撃証言から伝えられるモスマンの特徴はさらに不思議です。

大きな翼を持つことから、空を飛べることは想像がつきますが、まったく羽ばたきもせずに空に向かって垂直見舞いあがる、時速100~400キロという高速で車を追いかける、などといった信じがたい目撃談があります。

ただし、空を飛ぶ以前の問題として、体が大柄の割に翼がとても小さいという気になる点があります。

人間と似たようなプロポーションをしており、2メートルという長身を考えると最低でも体重は60~70キロ以上と見積もられ、とうていあのような小さな翼では地上から空に舞い上がることは出来ません。

~ 実在するために ~

その特徴からは地球上の生物とは考えにくいためUFOから放たれたエイリアン・アニマル (宇宙人のペット) の一種ではないか、との説まであります。

UFOや地球外生命体に関連させると、基本的にどんな生物でもOKになってしまうので、ここではエイリアン・アニマル説は考えないことにします。

とはいえ、この生物を地球上に生息する未知・既知の野生動物と考えるのは極めて困難といえます。

ただし、その大きさを修正すればなんとか動物といえないこともありません。

前述の通り、あまりに重すぎると地球上では空を飛ぶことが出来ません。仮にモスマンが地球外生命体としても、地球にいる限り、地球上の物理の法則に従わなければなりませんから、飛べないものは飛べません。

航空力学的に、現在の鳥の限界は体重が15キロ前後と見積もられています。ですから、モスマンももうちょっと小さくなって頂ければなんとかなります。

つまり、目撃者は、恐怖により、実際よりも格段に大きく見えてしまったのではないか?本当はもう少し小さかったのではないか?ということです。

例えば、なじみ深い鳥、カラスなどでも、翼を広げて近くを横切ったりすると思いもしないほど大きく見えます。そういったことから、モスマンが意図的でないにしろ、その大きさが誇張されていないとは言い切れないでしょう。

また、羽ばたきもせずに地上から空に舞い上がる、時速100~400キロ以上の高速で飛ぶ、といった尋常ではない特徴は、この際放棄して頂きたいと思います。

目撃情報をここまで譲歩して頂ければ、プロポーション的にはフクロウとさほど変わりません。

あくまでUMAとして考えるのであれば、モスマン=巨大なフクロウ、というのはどうでしょう。そのフクロウは既知種かもしれませんし、未知種であれば正真正銘のUMAとなります。

~ 天使か悪魔か ~

さて、このブログの性質上、未確認の巨大フクロウ説で落ち着かせたいところですが、目撃者にこの話をしたら確実に怒られるでしょう。

目撃情報よりもかなり小さくした上に、高速飛行等、ほとんどモスマンの特徴を否定してしまっているのですから、これはもう「モスマン」とはいえない、と。

目撃者の情報通りであればモスマンがフクロウである可能性はほとんどありません。そもそもUMAとして語るのが無理な存在なのかもしれません。

実際、モスマンはその身体的特徴だけでなく、超自然的な存在で語られることの多いUMAです。スピリチュアルな存在なのでしょう。

モスマンは大きな災害の前後に現れるといわれ、近年ではワールド・トレード・センターのテロ直後に撮影された写真に不思議な「物体」が写り込み、話題となりました。

それはモスマンだったのかもしれません。 

↓気に入って頂いた方はクリックして頂けると嬉しいです
人気 blog ランキング でオカルト・ホラーサイトを探す

>>
FC2 ブログランキング (オカルト・ホラー)
>>
面白サイトランキング


(関連)
都市伝説系UMA
ケンタッキー・ブリッジにしがみつくモスマン?
ワールド・トレード・センタービルに現れたモスマン
北京に現れたモスマン
フライング・ヒューマノイド
オウルマン
カエル男
ワニ男
ヒツジ男
トカゲ男
シャギー
恐竜人
ブタ男
ドーバーデーモン
スクヴェイダー
亡霊犬 ~ ダートムーアの野獣現る

UMA一覧へ

トップページへ 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。