アクセスランキング ブログパーツ
UMAファン ~ 未確認動物
世界中のUMA (未確認生物)、巨大生物、不思議な生物 (珍獣)を紹介しているブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カッパ (河童)

■カッパ (河童)■
■Kappa (River spilit)■


(アメリカ版河童といわれるカエル男)

~UMAか?それとも妖怪か?~

河童の知名度は抜群です。UMAに興味があろうとなかろうと、「河童」という名前を聞いたことがない人は、日本にはいないといっても良いでしょう。

ただし、河童の一般的なイメージは「UMA」というよりは「妖怪」です。「実在する生物」ではなく、あくまで「想像上の生物」ととらえられている傾向があります。

二足歩行し、背中には大きな甲羅を背負い、鳥のように尖 (とが) ったクチバシ、おまけに頭に意味不明のお皿と、すさまじい姿をしており、とても実在するとは思えません。

しかし、現在に至っても、ときおり河童の目撃情報が報告されています。これはいったいどういうことでしょう?

~ 既知動物の誤認か? ~

河童の姿に似ている既知の生物はいませんが、それでも既知動物の誤認説があります。カワウソを誤認したものではないか?というものです。

泳いでいるカワウソを見ても、とても河童に誤認するとは思えません。しかし、これがひとたび水から上がり、後肢で立ち上がって毛繕 (けづくろ) いなど始めると、これが不思議なことに「小柄な人間」らしく見えるのです。



日も暮れる頃、遠目でこのシルエットを見た昔の人は、河童と誤認したかもしれません。

それに加え、巨大なスッポンを目撃した人が、これまた河童を見た、と報告すれば、カワウソにさらにスッポンの特徴を付け加えることになり、現在の河童のイメージが出来上がっていった可能性も否定出来ません。

その他に恐竜人 (ダイノサウロイド) 説がありますが、恐竜人自体が架空のシミュレートによる産物である上に、河童が水中生活に完全に馴染んでいることからも、あまり期待出来ない説です。

「河童のミイラ」なるものもいくつか存在しますが、調査されたものは既知の動物のミイラや骨に細工を施 (ほどこ) したもので、河童と断定されたものは残念ながら存在しません。

~ 河童の実在性 ~

河童の誤認候補としてもっとも可能性の高かったカワウソ (ニホンカワウソ) はおそらく絶滅したものと考えられています。自然破壊と乱獲により、ニホンカワウソもあっけなく日本から消えてしまいました。

ニホンカワウソの絶滅と河童の目撃情報の激減は、関係がないとは言い切れないでしょう。

河童がUMAか妖怪か、それは分かりませんが、現在ではニホンカワウソ自体がUMAとなってしまったことは間違いありません。

↓気に入って頂いた方はクリックして頂けると嬉しいです
人気 blog ランキング でオカルト・ホラーサイトを探す

>>
FC2 ブログランキング (オカルト・ホラー)
>>
面白サイトランキング


(関連)
都市伝説系UMA
河童を捕まえるにはライセンスが要る?カッパ捕獲許可証
オハイオ川の怪物 
カエル男
キジムナー 
恐竜人

UMA一覧へ

トップページへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。