FC2ブログ
UMAファン ~ 未確認動物
世界中のUMA (未確認生物)、巨大生物、不思議な生物 (珍獣)を紹介しているブログです。
たった一度きり捕獲された謎の魚 ~ キャプテン・ハンナズ・フィッシュ
■1880年にただの一度だけ捕獲された謎の魚 ~ キャプテン・ハンナズ・フィッシュ
■Captain Hanna's Fish■


(original image credit by Hakai magazine)

1880年、アメリカ、メイン州のニューハーバー沖でただの一度だけ捕獲された謎の魚がいます、捕獲したS.W.ハンナ (S. W. Hanna) 船長にちなみキャプテン・ハンナズ・フィッシュ (Captain Hanna's fish, 「ハンナ船長の魚」の意) と呼ばれます。

ハンナズ・フィッシュはハンナ氏の漁網に意図せずかかっていたもので、既に網の中で息絶えていました。

おそらく商品価値のないものと判断したためでしょう、ハンナ氏はそのまま海へ投棄してしまいました。

しかし投棄する前に、ハンナ氏はこの謎の魚を10~15分程度観察したといいます。

のちにハンナ氏はこの魚を「シーサーペント (巨大海蛇)」と呼ぶほどなので当初から鮮烈な印象を受けていたことは確かでしょう。

体長は25フィート (7.6メートル)、頭部は左右に扁平しており小さな口の中には鋭く小さな歯が並びます。

エラのやや後ろに胸ビレ、同じぐらいの位置に大きめの背ビレがありますが、体の後部にもウナギのような背ビレ・尾ビレ・臀ビレが連なったようなヒレを持ちます。

奇妙なのはエラの部分で、サメのようにスリット状の鰓孔 (えらあな) が縦に並びます。

体色は背中側が黒灰色で腹側は白っぽい灰色だったといいます。

19世紀末の科学者たちはこの謎の魚にたいへん興味を持ち、幾度とハンナ氏と接触し詳細を尋ねていますが、現物がない以上「未知の魚」以上の判断はできませんでした。

しかし現在ではどうでしょう?

細長く、しかも7.6メートルという巨体、このような体型で5メートルを超えるような魚といえば、そうリュウグウノツカイ (Regalecus glesne) しかいません。

そのため、ハンナズ・フィッシュの正体はリュウグウノツカイであったのだろう、と半ば結論付けられています。

7.6メートルという長大なシルエット、頭部の形状などは確かにリュウグウノツカイを彷彿とさせます。

しかし、リュウグウノツカイに歯はありませんし、スケッチと異なり背ビレは頭部から尾の先端まで続きます。

そもそもあの体色を間違って記憶しているだろうか?という疑問がわきます。

ハンナ氏の証言は黒灰色。

一方、リュウグウノツカイはクリムゾンレッドの各種ヒレが美しいシルバーのボディによく映えます、こんな印象的な配色を「黒灰色」と誤って記憶しているとはなかなか考えづらいところです。

そしてとどめがスリット状に並ぶ鰓孔。

これはサメの仲間に見られる顕著な外見的特徴です。

ハンナ氏が鰓孔部分を適当に描いてこうなってしまったのであればどうしようもありませんが、投棄前に観察した確かな記憶を頼りに描いたとすればこれはサメである可能性が非常に高いと言えます。

ちなみにフランスの動物学者にして未確認動物学者として著名なベルナール・ユーベルマン (Bernard Heuvelmans) はハンナズ・フィッシュの正体をずばり生きている化石ラブカ (Chlamydoselachus anguineus)、つまり深海性のサメと推測しました。

ラブカに背ビレはありませんが、鋭く尖った小さな歯を持ち、ヒレの形状、体色もハンナ氏の証言およびスケッチに (リュウグウノツカイと比較すればまだ) 近いものとなっています。

ただしいかんせんラブカにしては7.6メートルという体長はあまりに大きすぎます。

ラブカの体長はせいぜい2メートル。

そうなると正体はやはり未発見の長大なサメ、もしくは、、、

白亜紀後期に生息したといわれる絶滅巨大ラブカ、クラミドセラクス・ゴリアス (ゴリアテ) (Chlamydoselachus goliath)。

一説には6メートル以上あるといわれていますが、、、

(参照サイト)
Hakai magazine

(関連記事)
不思議な生物 
誤認・絶滅動物リスト
■ 飛べない巨漢オウム ~ カカポ
50億羽が絶滅 ~ リョコウバト
■ 50億羽の最後のリョコウバト ~ マーサ
タスマニアタイガー (サイラシン)
タスマニアタイガー Part II (絶滅していない証拠?ビデオ)
■ 最後のタスマニアタイガー ~ ベンジャミン
■ 食べ尽くされた巨大鳩 ~ ドードー
■ ドードー肉のナゲットに恐竜モモ肉のローストはいかが?
ステラーカイギュウ
ジャイアント・モア 
微動だにしない鳥 ~ ハシビロコウ
巨大コンドル ~ アルゲンタビス
モアを狩った巨大ワシ ~ ハースト・イーグル
12メートルの超巨大翼竜 ケツァルコアトルス
サンダーバード
謎の大絶滅 ~ ロッキートビバッタ
黄金の番人 ~ チチカカオレスティア
超足の長いハト (ポウター)
ロック鳥
現世最強の鳥 ~ ヒクイドリ
脚と肉のないトリ (極楽鳥がUMAだった頃) 
  

UMA一覧へ

トップページへ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する