UMAファン ~ 未確認動物
世界中のUMA (未確認生物)、巨大生物、不思議な生物 (珍獣)を紹介しているブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
世界最長の二枚貝 ~ エントツガイ
■世界最長の二枚貝 ~ エントツガイ■
■Giant shipworm (Kuphus polythalamia)■



~ シップワーム ~




数百年前からその存在は知られていたものの、2017年まで科学者の手に渡らなかった謎の二枚貝、エントツガイです。

手に入るのは象牙のような長い殻のみ。まさにその存在はUMAでした。

しかし念願かなってついにフィリピン沖で軟体部もろとも捕獲することに成功しましたが、その軟体部の奇妙なこと。




殻の形から容易に想像がつくとおり軟体部はワーム状の細長い形をしています。

ちなみに英名はジャイアント・シップワーム (「巨大フナクイムシ」の意)。このエントツガイもフナクイムシ (二枚貝) の仲間です。

他の二枚貝の軟体部の多くがクリーム色などの淡い色をしているのと対照的に、エントツガイのそれはほぼ真っ黒であり、軟体部だけ見るととてもその正体が二枚貝だとは想像できません。



~ 口と胃がほとんどない ~

さて奇妙なのは見た目だけではありません。

エントツガイは生きているときは海底にそのからだのほとんどが埋まっています。



巨大な軟体部だけを見ると、待ち伏せして通りがかった生物を捕まえているのでは?なんて想像してしまいます。

ところがエントツガイは小さな口と申し訳程度の胃しか持っておらず、獲物を捕まえて食べるなんて面倒くさいことはしません。

実は口と胃はほとんど役に立ちませんが、その代わり大きな鰓を持っており、ここに共生関係にあるバクテリアが無数生息しており労せずして栄養を得ているのです。

~ 世界最長? ~

さて巨大な二枚貝といえばオオジャコガイを思い浮かべると思います。

あまりに大きく、まるで海底の岩の一部と化したその姿はまさに世界最大の二枚貝にふさわしい佇まいです。

オオジャコガイは最大で殻長2メートル、重さ200キロを超すといわれていますが、正式な記録となると殻長1.37メートル重さは230キロだそうです。

そうなると現時点では殻長が最大で150センチを超えるエントツガイが最長の二枚貝になるそうです。

●エントツガイの口


~ 美味? ~

さて、やっとこ科学者の手に渡ったエントツガイですが、地元民にはその存在が知られていたどころか美味だという情報もあるとか。

【参照サイト】
●ナショナル・ジオグラフィック
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/17/041900146/

(関連)
不思議な生物
■ カタツムリを見つけたら20m以上投げろっ!
クリオネの新種 ~ ヒョウタンハダカカメガイ
■ 謎のカプセル卵 ~ アメリカメロンボラ
巨大巻貝 (アラフラオオニシ)
■ 巨大巻貝Part2 ~ ダイオウイトマキボラ
殺人巻貝 アンボイナガイ
海賊!アオミノウミウシ
巨大ナメクジ
巨大二枚貝 (オオジャコガイ)
400歳のハマグリ見つかる
クマムシ (不死身伝説は本当か?)
モンゴリアン・デス・ワーム
巨大ミミズ Part1
巨大ナメクジ型UMA ~ ムリロ
水が干せても耐える アフリカハイギョ
死んでも死なない!?フッカツソウ
砂漠の怪植物 ~ ウェルウィッチア
■ 砂漠の "怪奇" 寄生植物 ~ サンドフード

UMA一覧へ

トップページへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。