FC2ブログ
UMAファン ~ 未確認動物
世界中のUMA (未確認生物)、巨大生物、不思議な生物 (珍獣)を紹介しているブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ザ・ブループ ~ 超巨大シーモンスター
■ザ・ブループ ~ 超巨大シーモンスター■
■The Bloop a giant sea monster■



~ ミステリアス・サウンド ~



はじめに断っておくと、ブループ (Bloop) とはUMAの名前ではなく、「謎の音」に付けられた名前です。

ブループをUMA風に言えばUMS (Unidentified Mysterious Sound) ということになるでしょう。

さてブループとは1997年、アメリカ海洋大気庁 (National Oceanic and Atmospheric Administration (NOAA)) によって検知された非常に強力な謎の音で、発生した地点は南太平洋といわれています。

で、この謎の音がなんで謎のシーモンスターと関係するのかというと、このブループ、自然現象や人工物に由来するいかなる音にも当てはまらないというのです。

それだけでなく、ブループはただ単に謎の音というだけでなく、動物由来の音に似た特徴を有しているという見解がありました。その理由として「周波数の急激な変化」を挙げています。

地球上最大の生物であるシロナガスクジラは非常に強い音を発することができるといわれているものの、ブループはシロナガスクジラのそれよりも、さらに「強い」というのです。

その強い音から導き出される生物の大きさは215メートル







~ 超巨大海生生物 ~

というわけで、ブループはシロナガスクジラを軽く凌駕する「謎の超巨大生物が発している音」という飛躍的でありながらも、とても夢のある説が誕生したというわけです。

このブループを発する未確認生物を便宜上、ブループ・ビースト (Bloop beast) と呼びましょう。

巨大生物といえば必ずといって良いほど登場する説が、太古からの巨大生物の生き残りですが、残念ながらシロナガスクジラより大きな海洋生物は太古だろうといないということで、、、少なくとも絶滅種だろうと該当する生物が存在しません。



深海には体長215メートルもある謎の巨大生物が本当に生息しているのか???

さて、当初、ブループの発生源のひとつの候補として挙げられていたものに南極の氷の崩落音がありました。

しかし、ブループはそういったものより生物が発している可能性のほうが高いという見解が強く、加えて巨大生物が発している、という説のほうがセンセーショナルということもあり、氷の崩落音説は忘れ去られる存在となっていきました。

しかし、現在の結論としてはやはりその謎の音の正体は南極の氷の崩落音くさいという、、、ただ、そうだとしてもいまだに小さな謎は残っているらしいのですが。

(関連)  
巨大生物リスト
不思議な生物リスト
■ 古代魚 ~ ターポン
巨大魚 ~ ナイルパーチ
3メートルの巨大カレイ ~ オヒョウ

絶滅巨大魚 ~ シファクティヌス
絶滅巨大魚 ~ リードシクティス 
絶滅巨大魚 ~ ハイネリア
■ 絶滅巨大魚 ~ ダンクレオステウス
■ ヤリマンボウ & トンガリヤリマンボウ
■ 3.5メートルのウシマンボウ捕獲される
巨大鮫 ~ メガロドン 
生きた化石 ~ ラブカ
生きた化石 ~ アフリカハイギョ
生きた化石 ~ ポリプテルス
生きた化石 ~ シーラカンス
巨大なレプトセファルス 
巨大魚 ~ アリゲーターガー 
超巨大リュウグウノツカイ
威勢の良いマンボウ ~ キラー・マンボウ
境港で水揚げされた巨大マンボウ
巨大鮫 ~ オンデンザメ
巨大鮫 ~ カグラザメ
巨大鮫 ~ ゴブリンシャーク
実在するのか?"超"巨大鮫パラヘリコプリオン
カスザメ ~ 海の司祭の正体か? 
深海の奇妙なギンザメ ~ テングギンザメ 
巨大ナマズ ~ ヨーロッパオオナマズ
巨大ナマズ ~ メコンオオナマズ
巨大ナマズ ~ ピライーバ

超巨大淡水エイ ~ ヒマンチュラ・チャオプラヤ
■ 巨大深海エイ ~ ダクティロバトゥス・クラーキイ
巨大ゴイ ~ ベンソン
コンゴ川のタイガーフィッシュ 
■ 
マレーシアの漁師が捕らえた奇妙な魚
水棲UMAの誤認候補 ~ チョウザメ
■ 巨大チョウザメといろんなキャビア
ヘラチョウザ

UMA一覧へ 

トップページへ  

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。