アクセスランキング ブログパーツ
UMAファン ~ 未確認動物
世界中のUMA (未確認生物)、巨大生物、不思議な生物 (珍獣)を紹介しているブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ウィンダミア湖でネッシータイプの生物が撮影される
■ウィンダミア湖でネッシーが撮影される■
■Bownessie■


(一見するとただの湖の写真)

~ ティジー・ウィジー ~



イングランド、カンブリア州にはウィンダミア湖 (Lake Windermere) という湖があります。

熱心なUMAファンにとっては聞き覚えのある湖でしょう。

ファンタジー系UMA、ティジー・ウィジーのふるさとです。


(ティジー・ウィジーの剥製)

ティジー・ウィジーは一言でいうと「空飛ぶハリネズミ」。

頭部にはハチのような長い触角、背中にはこれまたハチのような透明な羽。その姿はまるでハリネズミの妖精であり、ウィンダミア湖付近をブンブン飛び回るといわれています。

話だけ聞けば、んなバカな、となりますが、これが不思議、いまだに時折目撃情報があるといいます。

それはきっとティジー・ウィジーのような「妖精」が飛んでいてもなんらおかしくないほど、ウィンダミア湖とその湖を囲む自然が美しいからでしょう。

~ ボウネッシー ~


(ボウネッシーの画像)

このほどロンドン在住のエリー・ウィリアムズ (Ellie Williams) さんがウィンダミア湖畔で野生動物やその美しい自然を撮影した際、妙なものが「偶然」写り込んでいました。

いわゆるネッシータイプの生物です。

その姿はクラシックタイプの水棲UMAで、トレードマークの「長い首」「こぶのような背中」を持っています。

ウィンダミア湖で時折目撃されるこのネッシータイプの生物はボウネッシー (Bownessie) と呼ばれるため、今回撮影された生物もボウネッシーではないか?と騒がれています。

ちなみにボウネッシーとはウィンダミア湖のあるボウネス・オン・ウィンダミア (Bowness-on-Windermere) の地名からそう呼ばれます、そのためボウネス・モンスター (Bowness monster) と呼ばれるときもあります。



話を戻しましょう、かなり遠目ですが、逆光でシルエットしか分からない、という代物ではありません。

撮影者のエリーさんはいいます。

「最初、撮影した写真をスマートホンでチェックしていたときは白鳥かガチョウが写ってるものと思ったわ。

今はこの生物がなんなのか、みんなの意見を聞きたいと思ってるの」


画面が小さいスマホで確認したときは、こんな不思議な生物が写っているとは気付かなかったようです。

なにが写っているのか?その正体は分かりませんが、この生物もティジー・ウィジー同様、ウィンダミア湖の美しい風景に違和感なく溶け込んでいるのがとても印象的です。

<参照サイト>
Aol 


<この記事のURL>  
http://umafan.blog72.fc2.com/blog-entry-1005.html
 

気に入って頂いた方はクリックして頂けると嬉しいです  
人気 blog ランキング でオカルト・ホラーサイトを探す  

>> 
FC2 ブログランキング (オカルト・ホラー)  
>> 
面白サイトランキング
  

(関連)
都市伝説系UMAリスト
不思議な生物リスト
空飛ぶハリネズミ?ティジー・ウィジー
雷鳥ウサギ ~ スクヴェイダー 
■ エルフが実在することを証明するビデオ、、、
■ 亡霊が実在した?ダートムーアの野獣
■ 
正体は球電現象か?黒犬
■ 
カリフォルニアに謎の大型猫科動物、監視カメラで撮影される
■ 
スペインで7000年前の壁画が偶然発見される
■ 
影人間 ~ シャドー・ピープル
ウェーンズバロに残された謎の足跡
■ 
虎と象とビッグフットの足跡が3つ並んで残される
ABC (Alien Big Cat)
イギリス版モントークの怪物 ~ デボンの野獣
ニュージーランドライオン!?撮影される
誰も知らないアンデスオオカミ
ジェヴォーダンの獣
謎のピューマ、オンザ
巨大ライオン ~ アメリカライオン
「犬を連れ去るもの」シュンカ・ワラキン
タスマニア・タイガー 
ビッグフット?熊?ジェイコブズ・クリチャー
ドーバーデーモン
■ 緑色に光る発光猫
■ 巨大化した蚊に連れ去られ注意 ~ アラスカ  

UMA一覧へ

トップページへ

テーマ:不思議生物 - ジャンル:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。