アクセスランキング ブログパーツ
UMAファン ~ 未確認動物
世界中のUMA (未確認生物)、巨大生物、不思議な生物 (珍獣)を紹介しているブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ビッグフットは人間と未知の霊長類のハイブリッド
■ビッグフットは人間と未知の霊長類のハイブリッドだった■
■Ketchum Bigfoot■


(ビッグフットのDNA鑑定に関するニュースが放映)

~ ビッグフットは実在する ~



テキサスの獣医師、メルバ・ケッチャム (Melba Ketchum) さんは、いわゆる「ビッグフット (サスカッチ) の遺品」と呼ばれるものを数多くDNA鑑定してきました。

その期間は5年にもおよび、その長期研究の結果として、このほど驚くべき声明を発表しました。

ビッグフットとはアメリカ・カナダに生息するといわれる獣人系UMA (未確認生物) ですが、このビッグフットは未知の霊長類のオスと現生人類のメス (つまり人間の女性) のハイブリッド (混血) であると結論づけたのです。


(未確認動物学者、アレックス・ハーマン)

ビッグフットは今からさかのぼることわずか1万5000年前に現れた人間の親戚であり、ケッチャムさんはかれらを「先住民」として認識するべきであると主張します。

つまり、ビッグフットは現生人類の女性を祖先とするほぼ「人間」であり、ビッグフットを狩りや罠で捕らえようとしたり、殺そうとする輩たちから法によって守るべきであるというのです。

まだDNA鑑定や研究の具体的な内容は発表されていないものの、DNA鑑定のサンプルのひとつとして「ビッグフットの足の爪」も使われたといわれています。


(ビッグフットの足の爪)

この「ビッグフットの足の爪」はアリゾナ州にあるグランドキャニオンの近くで発見されたものだそうで、未確認動物学者にしてビッグフットのスペシャリスト、アレックス・ハーマン (Alex Hearn) さんはビッグフット実在の強力な証拠と考えています。

さてさて、ケッチャムさんによればビッグフットは想像上の怪物などではなく、当然のように実在する現生人類の亜種であり、保護していくべきという驚くべき見解を主張しています。

未だに実在を証明する決定的証拠は発見されていないビッグフットに、これほどまでのことを主張するというのは、彼女はなにかビッグフットに関する「決定的な証拠」を掴んだという現れなのでしょうか?

これ以後も研究結果を順次発表していくということですので期待しましょう。




<参照サイト>
ABC News 
Bigfoot Evidence

<この記事のURL>
http://umafan.blog72.fc2.com/blog-entry-847.html

↓気に入って頂いた方はクリックして頂けると嬉しいです
人気 blog ランキング でオカルト・ホラーサイトを探す

>>
FC2 ブログランキング (オカルト・ホラー)
>>
面白サイトランキング


(関連)
都市伝説系UMAリスト
ジェイコブズのビッグフット Part1
ジョージアのビッグフット
ジョージアのビッグフット ~ 疑惑編
ジョージアのビッグフット ~ 崩壊編
ビッグフット
■ ユタ州の林の中でビッグフットが撮影される
■ オーストラリアン・ビッグフット、ヨウィー撮影される
ミイラ化したビッグフットの顎発見!?
絶滅巨大類人猿 ~ ギガントピテクス
ウェーンズバロに残された謎の足跡
アメギーノの南米人類起源説
獣人か?人間の死体か?ミネソタ・アイスマン
謎のフィルムに写った生物 ゲーブル・フィルム・クリチャー
モノス (ド・ロワの類人猿)
ブラジリアン・ビッグフット ~ マピングアリ
実在したホビット族 ~ ホモ・フロレシエンシス
ビッグフット vs 超能力捜査官
500年前の人工生命 ~ ホムンクルス
オハイオ・グラスマン
ハニー・スワンプ・モンスター
ヒマラヤの雪男 ~ イエティ
オーストラリアン・ビッグフット ~ ヨーウィ
■ オーストラリアン・ビッグフット、ヨーウィ、撮影される
■ 虎と象とビッグフットの足跡が3つ並んで残される
インドの殺人モンキー ~ モンキーマン
中国の獣人 ~ 野人イエティ
マレーシアで巨大獣人が目撃される
未知の獣人の死骸見つかる ~ ベビービッグフット
日本のプロジェクトチーム、イエティの足跡発見
東ネパールでイエティの足跡が発見される 

UMA一覧へ

トップページへ  
スポンサーサイト

テーマ:不思議生物 - ジャンル:

ブラジル、サント・アントニオにクモ大発生
■ブラジル、サント・アントニオにクモ大発生■
■Mass spider congregation filmed in Brazil■



~ ブラジルに巨大蜘蛛の巣 ~



ブラジル、サント・アントニオでクモが大発生しているようです。

電柱や電線を利用して、数百?というクモたちが、まるで共同作業で巨大な蜘蛛の巣を張っているかのようです。

人間の背丈よりも遙かに高い位置に巨大な蜘蛛の巣が張られており、まるで大量のクモが空に浮かんでいるように見えます。


(タワコニ湖州立公園の巨大蜘蛛の巣)

以前に、アメリカ、テキサス州のタワコニ湖州立公園で、断続的ではありますが全長180メートルにも及ぶ蜘蛛の巣が発見されたことがありました。



サント・アントニオのものは、そんな巨大な蜘蛛の巣とは規模的にも、クモの数も遠く及びませんが、森の中ではなく人家の近くの人工物を利用して作られたこともあり、より身近なものに感じられます。



<この記事のURL>
http://umafan.blog72.fc2.com/blog-entry-846.html

↓気に入って頂いた方はクリックして頂けると嬉しいです
人気 blog ランキング でオカルト・ホラーサイトを探す

>>
FC2 ブログランキング (オカルト・ホラー)
>>
面白サイトランキング


(関連)
不思議な生物
■ テキサスに現れた200メートルの巨大蜘蛛の巣
■ 
お尻にハンコ ~ シリキレグモ
セアカゴケグモ猛毒伝説は本当か?
ヒヨケムシ (キャメル・スパイダー)
ウデムシ
敵地で爆発 ~ 自爆テロアリ
巨大フナムシ (ジャイアント・アイソポッド)
エルーセラ島に漂着した謎のぷよぷよ物体
島を食い尽くす? ナナツバコツブムシ
巨大ザリガニ (タスマニアオオザリガニ)
■ 
コンゴの巨大グモ伝説 ~ チバ・フー・フィー
猛毒ガニ
巨大ヤスデ (アースロプレウラ)
666本の脚を持つヤスデ
かわいいヤスデ タマヤスデ
巨大ゴキブリ (アプソロブラッティナ)
巨大ゴキブリ 現世編 (ヨロイモグラゴキブリ)
アフリカの巨大グモ (メガラクネ)

UMA一覧へ

トップページへ 

テーマ:不思議生物 - ジャンル:

ノルウェーでビッグフット系UMA撮影される
■ノルウェーでビッグフット系UMA撮影される■
■Norwegian Bigfoot■


(これだけ見ると何がなにやらさっぱりですが、、、)

~ ノルウェイアン・ビッグフット ~



2013年2月5日、ノルウェーの雪山で未知の生物が撮影されました。全身毛むくじゃらで、いわゆるビッグフットやイエティなどの獣人系のUMA (未確認生物) と思われます。

撮影者は友人と野生動物の写真を撮影しに出かけたもので、たまたまこの生物に出くわしたとのことです。

濃い茶色の毛で全身が覆われたクマのような生物ですが、いかんせん解像度が低く、野生動物を撮影しにいったにしてはちょっとお粗末ではないか?と思われるかもしれません。

もしかするとかなり離れた地点から撮影したため、すでにこの写真はトリミングしているのかもしれません。そのために解像度が低い可能性があります。

さて写っているのはいったいどんな生物なのでしょう?荒い画像でよく分かりません。



撮影者はこの生物が動いている姿を見ているので、どのような輪郭かがおおよそ分かっているため、動画内で縁取りしてくれています。

生物は画面右から左へ移動中、ほぼ完全に横向きで左側が腹側、右が背中側ということになります。



また横向きなので、長い左腕がだらりと垂れているということも指摘しています。周りの木の大きさから、この生物の体高は1.5~2メートルぐらいと推測しています。

ノルウェーでは最近このような生物の目撃情報が頻発しているとのことで、この撮影者も今後も調査を続けたいと言っています。期待しましょう。



<この記事のURL>

http://umafan.blog72.fc2.com/blog-entry-845.html

↓気に入って頂いた方はクリックして頂けると嬉しいです
人気 blog ランキング でオカルト・ホラーサイトを探す

>>
FC2 ブログランキング (オカルト・ホラー)
>>
面白サイトランキング


(関連)
都市伝説系UMAリスト
■ ビッグフットのDNA鑑定が公開される
ジェイコブズのビッグフット Part1
ジョージアのビッグフット
ジョージアのビッグフット ~ 疑惑編
ジョージアのビッグフット ~ 崩壊編
ビッグフット
ミイラ化したビッグフットの顎発見!?
絶滅巨大類人猿 ~ ギガントピテクス
ウェーンズバロに残された謎の足跡
アメギーノの南米人類起源説
獣人か?人間の死体か?ミネソタ・アイスマン
謎のフィルムに写った生物 ゲーブル・フィルム・クリチャー
モノス (ド・ロワの類人猿)
ブラジリアン・ビッグフット ~ マピングアリ
実在したホビット族 ~ ホモ・フロレシエンシス
ビッグフット vs 超能力捜査官
500年前の人工生命 ~ ホムンクルス
オハイオ・グラスマン
ハニー・スワンプ・モンスター
ヒマラヤの雪男 ~ イエティ
オーストラリアン・ビッグフット ~ ヨーウィ
■ オーストラリアン・ビッグフット、ヨーウィ、撮影される
インドの殺人モンキー ~ モンキーマン
中国の獣人 ~ 野人イエティ
マレーシアで巨大獣人が目撃される
未知の獣人の死骸見つかる ~ ベビービッグフット
日本のプロジェクトチーム、イエティの足跡発見
東ネパールでイエティの足跡が発見される 

UMA一覧へ

トップページへ  

テーマ:不思議生物 - ジャンル:

キュリオシティが撮影した火星の黄金トカゲ
■火星探索機キュリオシティが撮影した火星の黄金トカゲ■
■Shiny Gold Lizard On Mars■



~ 火星にトカゲ ~





人間を食べるジーシュー・リザードに続き、怪しすぎるトカゲネタ連発です。

アメリカの火星探索機、キュリオシティ、火星の詳細な写真を撮影したり、最近では火星の岩石に穴を開けサンプルと採取に成功と大活躍です。

NASAの撮影した月面写真などでもUFOやUFOの滑走路が存在する (見える) といったオカルト的な指摘がもてはやされていますが、キュリオシティにももちろん(?)存在します。

火星の写真である、という前知識がなければ、地球のどこか岩の多い砂漠ででも撮影したもの、と思ってしまう写真があります。

なんの変哲もなさそうな自然の風景写真に見えますが、光が当たっているのかちょっぴり輝いているようにみえるせいで、他の部分よりも目立つ部分があります。

しかも形も周りの岩と比較すると彫刻じみた人工物っぽい形なのでよけい目立ちます。

発見者はこれをシャイニー・ゴールド・リザード (Shiny Gold Lizard, 「黄金に輝くトカゲ」)と名付けました。

動画内では「目」「前肢」「後肢」を指摘しています。



ただの岩じゃん、、、とは言わないで、、、
怪しいネタって楽しいじゃないですか。

元画像はここで見られます。





<この記事のURL>
http://umafan.blog72.fc2.com/blog-entry-844.html

↓気に入って頂いた方はクリックして頂けると嬉しいです
人気 blog ランキング でオカルト・ホラーサイトを探す

>>
FC2 ブログランキング (オカルト・ホラー)
>>
面白サイトランキング


(関連)
都市伝説系UMAリスト
不思議な生物リスト
■ 岩絵は宇宙人によって描かれた可能性がある by NASA 
┗ NASAは岩絵が宇宙人の作品だとは言っていない
■ ロンドン上空に現れたUFOの撮影に成功
■ ノーザンプトンの空で動き回る火の玉が撮影される
■ ウォリス上空に銀色に輝く超高速未確認飛行物体現る
■ ミシシッピー州、無人カメラがUFOらしき光を捕らえる!?

 ■ ハワイ上空にジグザグの光の軌跡が現れる
■ iPhoneの「マップ」にネッシーらしき巨大生物が写り込む
■ 人間の胃を食べるジーシュー・リザード
■ 
テキサスの超巨大バッタ
Google Earth エイリアン・ジャーマン・バグ
■ サスカチュワン州の上空に浮かぶ謎の生物?UFO?
マカチン空港で謎の生物が撮影される
ペルーで植物タイプUMA撮影される ケベスマン 
ケベスマンの正体が明かされる!?
超巨大昆虫 ~ タイタンオオウスバカミキリ
■ 
巨大ゴキブリ ~ ヨロイモグラゴキブリ
■ 
超巨大昆虫 ~ ユウレイヒレアシナナフシ
謎の大絶滅 ~ ロッキートビバッタ
絶滅巨大ゴキブリ ~ アプソロブラッティナ
敵地で爆発 ~ 自爆テロアリ
テキサスに現れた200メートルの巨大蜘蛛の巣
殺人蟻 ~ アカヒアリ (カミツキアリ, RIFA)
殺人蟻の首狩り職人 ~ ノミバエ
謎のミツバチ大失踪
アンドリュー・クロスの不思議なダニ (クロスのダニ)
セアカゴケグモ猛毒伝説は本当か?
■ 
コンゴの巨大グモ伝説 ~ チバ・フー・フィー
中国で人魚捕獲される
最新UMAの撮影に成功?コネチカット・レイク・モンスター

UMA一覧へ

トップページへ 

テーマ:オカルト - ジャンル:

バージニア州に現れた翼竜
■バージニア州に現れた翼竜■
■Live Pterosaur Sightings in Virginia■

 
(ランフォリンクス亜目系翼竜の体型)

~ 翼竜を親子で目撃 ~

2012年の7月29日、アメリカのバージニア州で親子が翼竜と思われる生物を目撃しています。

目撃したのはブライアンと彼の娘、ブリアナ。ブライアンは同じ場所で以前にも同一の翼竜を目撃しており、これが翼竜との2度目の遭遇になるとのこと。

ブライアン曰く、その翼竜が飛んでいた高さはおそらく地上から45~60メートルぐらい、その高さの見積もりが間違っていなければ翼竜の翼開長は1.8~3メートルぐらいではないかと推測しています。

翼竜はケツァルコアトルスのような10メートルを超えるアホみたいに巨大なものもいましたが全部が全部大きかったわけではなく、現世の鳥程度の小型のものもたくさんいたので大きさは全く問題ありません。

現代に置いて翼竜は復元されたものでしかその生前の姿を想像することはできませんが、やはり印象的なのはその頭部、現世の飛行生物、鳥やコウモリとは大きく異なる特徴を持っているものが多くいます。

ところが残念なことに、ブライアンの娘、ブリアナの描いた目撃スケッチでは頭部は描かれておりません。





ブライアンの目測で翼竜は地上45メートル以上の高さを飛んでいたとのこと、おそらく逆光となり、頭部の詳細が確認できなかったものと推測されます。

頭部を確認できなかったことは残念ではありますが、見えもしなかったものを図鑑などで見た翼竜のイメージで勝手に頭部を書き加えなかったところに、逆にこのスケッチは信憑性があるともいえます。

ブライアンも特に頭部についてのコメントは控えているため、親子共々頭部を確認できなかったようです。このことから、それほど顕著に大きな頭部の生物ではなかった可能性があります。

意外にも、ブライアン親子が最も印象に残ったのはその「尾」だったようです。

その翼竜の尾は細長く、先端にはダイヤモンドもしくはスペードの形のフラップを備えていたとのことで、いわゆるランフォリンクス亜目 (嘴口竜亜目) に分類される翼竜の特徴を有していたようです。


(こちらはプテロダクティルス亜目系翼竜の体型)

とはいえ、尾羽の長い鳥はそこそこ存在しますので、翼の形状は異なるもののその土地では見慣れない鳥を見間違えた可能性もあるかもしれません。


(オナガ)


(シラオネッタイチョウ)


(テンニンチョウの仲間)

<参照サイト>
Live Pterosaur

<この記事のURL>
http://umafan.blog72.fc2.com/blog-entry-843.html

↓気に入って頂いた方はクリックして頂けると嬉しいです
人気 blog ランキング でオカルト・ホラーサイトを探す

>>
FC2 ブログランキング (オカルト・ホラー)
>>
面白サイトランキング



(関連)
不思議な生物リスト
巨大生物リスト
誤認・絶滅動物リスト
■ 忽然と消えた巨鳥 ~ ファントム・ジャイアント・バード
■ 巨大コンドル ~ アルゲンタビス
巨大海鳥 ~ ペラゴルニシッド
■ 超巨大翼竜 ~ ハツェゴプテリクス
12メートルの超巨大翼竜 ケツァルコアトルス
史上もっとも背の高い鳥 ジャイアント・モア
史上もっとも重い鳥 エピオルニス
モアを狩った巨大ワシ ~ ハースト・イーグル
巨鳥サンダーバードの正体はアルゲンタビスか?
極楽鳥がUMAだった頃 ~ 羽と肉のない鳥
ヒクイドリ
まるで現世の始祖鳥 ~ ツメバケイ
人も殺せる毒を持つ ~ 毒鳥ピトフーイ
超足の長い鳩 ~ ポウター
フジツボから鳥が生まれる? ~ フジツボガン
悲劇のドードー
絶滅寸前 ~ 生きている静止画像ハシビロコウ
■ イギリス上空に、謎のブラック・リング現る
■ 
アトモスフェリック・ビースト (スペース・クリッター)

UMA一覧へ

トップページへ
 

テーマ:不思議生物 - ジャンル:

人間の胃を食べる?ジーシュー・リザード
■人間の胃を食べる?ジーシュー・リザード■
■Gee-shew Lizard■

~ エジプトで死者112人 ~


(新種の殺人トカゲの記事)

エジプトには体長1インチ (≒2.5センチ) ほどお小さなトカゲ、しかも毒すら持たないのに人間を死に追い込むトカゲが生息しているというのです。

その名は新種のトカゲ、ジーシュー・リザード (Gee-shew Lizard)。 聞いたことすらありません。

かれらが小さいながら殺人鬼であるのは、かれらの小ささ故なのです。

世界野生生物連盟 (World Wildlife Federation)ハミッド・タハリール博士 (Dr. Hamid Taharir) はこの小さなモンスターについて以下のように説明します。

人々が寝静まった夜中、ジーシュー・リザードはそっと人間に忍び寄ります。

寝ているのを確認するとこのトカゲは人間の頭部に近寄り、そして口の中に侵入します。

口中に入ったトカゲは難関である喉を通って食道に向かいます、このときトカゲに侵入された人は異物の侵入に気付きちょっと目が覚めるかもしれません。

しかし、その異物感もほんの一瞬のこと、何事もなかったようにまた眠りに落ちてしまうことでしょう。

ジーシューの目的は人間の胃の中に潜り込むこと、喉を通り抜けるのに成功すればもはや胃への侵入はたやすいことです。

侵入された人間は目覚めてからひどい胃痛に悩まされることになります。

というのも、ジーシューは、胃をむさぼり食っているからです。ジーシューは、胃から腹筋、皮下脂肪と食べ続け、そして胃に侵入して4日目、皮膚を突き破って体外に出てくるのです。 まさにエイリアンの!

内出血等により、この侵入された人は死んでしまいます。

~ 世界中に広まる可能性 ~


(スパイダーマン配色のレインボーアガマもアガマトカゲの一種)

ジーシューは前述の通り体長は1インチほど、しっぽを含めてこの大きさですからかなり小さいです。新種ですがおそらくはアガマトカゲの一種であろうとの見解です。

小柄ですがその食性から非常に鋭利な歯を持っています。

1995年に突如現れた小さな怪物、ジーシュー。エジプトにおけるこのトカゲによる死者は112に人に上りました。

ハミッド・タハリール博士はこのトカゲはエジプト国内に限らず、近いうちに猛烈な勢いで世界中に広まっていく可能性を危惧しています。

おそらく1996年夏にはアメリカにも上陸してるだろうと、、、

やっべ~、鼻悪いから口開けて寝てるわ、日本に上陸したら確実死ぬわ、と心配になっているあなた、大丈夫です。

タハリール博士が危惧してから17年、現在2013年2月ですが、なんの音沙汰もありません。

それもそのはず、巨大バッタをはじめとする巨大昆虫の捕獲写真や透明人間、UFOなど、ちょっとあれなネタ満載のタブロイド紙、ワールド・ワイド・ウィークリーの17年前の記事なんです。

「世界野生生物連盟」もありそうですが、実際は存在しませんし、ハミッド・タハリール博士の名前もエジプトのタハリール広場から適当につけたっぽい名前です。

残念ながら?ジーシュー・リザードは存在しませんので、鼻が悪くて口を開けて寝ている人ても大丈夫ですよ。

<この記事のURL>
http://umafan.blog72.fc2.com/blog-entry-842.html

↓気に入って頂いた方はクリックして頂けると嬉しいです
人気 blog ランキング でオカルト・ホラーサイトを探す

>>
FC2 ブログランキング (オカルト・ホラー)
>>
面白サイトランキング


(関連)
都市伝説系UMAリスト
不思議な生物リスト
■ 血液を凍結させる殺人ヘビ ~ スノー・スネーク
■ 人間の足が生えた魚、フロリダで打ち上げられる
■ テキサスの超巨大バッタ
■ イギリス上空に、謎のブラック・リング現る
■ 火星で黄金のトカゲ撮影される!?
Google Earth エイリアン・ジャーマン・バグ
マカチン空港で謎の生物が撮影される
ペルーで植物タイプUMA撮影される ケベスマン 
ケベスマンの正体が明かされる!?
■ 19世紀に発見された人魚のミイラ ~ ホーニマン・マーマン
■ ミシシッピー州、無人カメラがUFOらしき光を捕らえる!?
超巨大昆虫 ~ タイタンオオウスバカミキリ
■ 巨大ゴキブリ ~ ヨロイモグラゴキブリ
■ 超巨大昆虫 ~ ユウレイヒレアシナナフシ
謎の大絶滅 ~ ロッキートビバッタ
絶滅巨大ゴキブリ ~ アプソロブラッティナ
■ 出血多量ギリギリ~ サバクツノトカゲ
■ 猛毒イモリ ~ サメハダイモリ
敵地で爆発 ~ 自爆テロアリ
テキサスに現れた200メートルの巨大蜘蛛の巣
殺人蟻 ~ アカヒアリ (カミツキアリ, RIFA)
殺人蟻の首狩り職人 ~ ノミバエ
謎のミツバチ大失踪
アンドリュー・クロスの不思議なダニ (クロスのダニ)
セアカゴケグモ猛毒伝説は本当か?
■ コンゴの巨大グモ伝説 ~ チバ・フー・フィー
中国で人魚捕獲される
最新UMAの撮影に成功?コネチカット・レイク・モンスター

UMA一覧へ

トップページへ 

テーマ:オカルト - ジャンル:

空飛ぶイカ ~ トビイカ
■空飛ぶイカ ~ トビイカ■
■flying squid■



~ 初の成功 ~



以前から一部のイカは空を「飛ぶ」ことが確認されており、実際、写真にもその姿は何度も納められています。

しかし、撮影された写真の絶対数は少なく決定的な動画も存在しないようです。そのため、その飛翔するメカニズムが推測の域を出ず、細かな点は謎となっていました。

ところが深海でのダイオウイカの撮影に続き、またも日本人、北海道大学研究者さんたちが世界初となる、イカが飛翔する連続写真の撮影に成功しました。

といっても撮影されたのは2011年7月25日と1年半ぐらい前のことで、飛翔メカニズムの解析を終え現在の発表に至ったようです。

~ トビイカ ~



撮影されたイカはトビイカをはじめとするアカイカの仲間と考えられ、船に驚いた体長20センチぐらいの若い個体100匹ほどが海上に飛び出しました。

海上に飛び出して着水するまでの時間は約3秒、距離にして30メートル「飛行」したそうです。

飛翔するイカは以下の4つの段階を持つとのことです。



~~~~~

1つ目は「飛び出し」で、水を勢いよく吐き出し水面から飛び出す段階。この段階では、ヒレを外套膜に巻き付け腕もたたみ水の抵抗を小さくする姿勢を取っており、飛び出す前に高速で遊泳し水面へ接近してきたことを示唆するものだという。

2つ目は「噴射」で、水を漏斗から噴射し続け空中でも加速し、さらに揚力を発生させるためにヒレと腕を広げるという行動。この際、腕の間にある保護膜を広げることで、腕とともに翼のような形を形成。空中の移動速度は8.8~11.2m/sに達するものと考えられるとする。

3つ目は「滑空」で、水の噴射を終え、腕とヒレを広げた状態を維持したまま滑空を開始する行動。揚力はヒレや腕と保護膜で作った翼で発生させており、進行方向に向かってやや持ち上がった姿勢(ピッチ・アップ)を取ることで、バランスを取っているほか、外套膜は緊張状態を保ち、体の前後(ヒレと腕)にかかる揚力に耐え空中姿勢を安定させていることが判明。

そして4つ目が「着水」で、ヒレを外套膜に巻き付け腕をたたみ、進行方向に対してやや下がった姿勢(ピッチ・ダウン)を取ることで、着水時の衝撃を小さくさせていることが分かった。

(マイナビニュースさんより抜粋)

~~~~~



ちなみにトビイカだけが空を飛べるわけではなく、同じアカイカの仲間、代表的なものではスルメイカなども空を飛ぶことが確認されています。

スルメイカは、元々命名された由来は異なるものの、現在では結果的に自らの食べられ方 (加工法) が正式和名となっちゃっている気の毒なイカですが、英名はカッコよくジャパニーズ・フライング・スクイッド (Japanese Flying Squid) といいます。

文字通り「日本の空飛ぶイカ」と認識されています。

いずれの種類のイカにしても、空を飛んでいるのが観察されたのは20センチ前後と若い個体のみで、おそらく空を飛べるのは体の軽い若い間だけと考えられており、空を飛ぶのは「若者の特権」のようです。



<参照サイト>
マイナビニュースさん

<この記事のURL>
http://umafan.blog72.fc2.com/blog-entry-841.html


↓気に入って頂いた方はクリックして頂けると嬉しいです
人気 blog ランキング でオカルト・ホラーサイトを探す

>>
FC2 ブログランキング (オカルト・ホラー)
>>
面白サイトランキング


(関連)
巨大生物リスト
不思議な生物リスト
■ 
ダイオウイカの深海で泳ぐ姿の動画撮影に成功
■ ダイオウイカと格闘したマッコウクジラ、座礁する
10メートル、450キロのコロッサル・スクイッド捕獲される
■ ダイオウイカと格闘したマッコウクジラ、座礁する
ダイオウイカより巨大、コロッサル・スクイッド
■ 350キロのコロッサル・スクイッド、公開解剖される
生きているダイオウイカの"動画"撮影に成功
生きているダイオウイカの撮影に初めて成功
ダイオウイカ VS マッコウクジラ
コロッサルスクイッド VS マッコウクジラ
古代のダイオウイカ エンドセラス
巨大ベレムナイト ~ メガテウシス・ギガンティア
殺人イカ伝説 ~ レッドデビル 
新種の深海イカ オクトスクイッド
学名「地獄の吸血イカ」 コウモリダコ
殻付きタコ ~ タコブネ
ヘクトコチルス・オクトポディス
■ 佐渡で生きたままユウレイイカが水揚げされる
珍種 サメハダホウズキイカ
深海の巨大鮫 オンデンザメ
深海の巨大鮫 カグラザメ
深海の巨大鮫 ゴブリン・シャーク
UMA バハマの巨大頭足類 ルスカ 
UMA クラーケン
■ 
UMA 淡水に頭足類?スクーカム
■ 
UMA 廃液にイカ? ~ スクイッド・モンスター

UMA一覧へ

トップページへ 

テーマ:不思議生物 - ジャンル:

テントウムシをゾンビ化 ~ テントウハラボソコマユバチ
■テントウムシをゾンビ化 ~ テントウハラボソコマユバチ■
■Dinocampus coccinellae■



~ テントウムシ ~

虫嫌いの人にも比較的好意的に受け入れられるテントウムシ。

ドーム状の小さな体に、真っ黒いのもいますが、概ね赤やオレンジ色という綺麗な体色に黒い水玉模様がいくつか乗っています。

ゴキブリがほぼ先進国のすべてにおいてパーフェクトに嫌われまくっているのと正反対に、テントウムシはたいていの国で人気がある、いや敬意を払われているようです。

というのも、多くの国でテントウムシは神や宗教に由来する名前を持っているからです。

日本の「テントウムシ」という名前も太陽神の天道 (テントウ) から、英名のレディ・バグ (Lady bug) やレディ・バード (Lady bird) という呼び名も聖母マリアから、といった感じです。

世界の250のテントウムシの呼び名のうち、聖母、神に由来する名前は100以上もあるそうです。

さて、そんな人気のテントウムシをゾンビ化させる、文字通り神をも恐れぬ寄生蜂が今回の主役です。

~ 寄生蜂 ~


(テントウハラボソコマユバチの繭を抱くゾンビ化したテントウムシ)

その寄生蜂の名前はテントウハラボソコマユバチ、小さなテントウムシよりもさらに小柄なハチです。

テントウハラボソコマユバチはテントウムシを見つけると麻酔を打ち、その後、卵をひとつだけ産み付けます。

産み付けられた卵からテントウハラボソコマユバチの子が孵ると、テントウムシを殺さないよううまく食べていきます。

殺してしまうと自分の人生に不利に働くからで、もちろんテントウムシの将来を気にしているわけではありません。

テントウムシの体内で体を食べまくって数日、蛹になるためテントウハラボソコマユバチはテントウムシのおなかを突き破って出てきます。

その大きさたるやテントウムシと引けを取らないかなりのサイズで、テントウムシの体内はほとんどすっからかんなのではないかと思えるほどです。よくぞテントウムシは死なずにいられたものと不思議です。

さて、出てきたテントウハラボソコマユバチの幼虫は早速繭を作りますが、それは出てきたおなかのすぐ下、つまりテントウムシは繭を抱くような形になります。

このとき、テントウムシは生きている場合とすでに死亡している場合があり、生きている場合は繭を奪いにくる他の虫たちを威嚇し追い払ってくれます。死亡している場合はもちろん守ってくれません、そういうわけでテントウムシを死なないように食べる方が得なわけです。

テントウハラボソコマユバチ自身、成虫になりさえすればテントウムシは用済み、死んでもかまわないのですが、驚くことにテントウハラボソコマユバチに寄生されたテントウムシの30~40%は死なず、卵を産むものもいるといいます。

神をも恐れぬテントウハラボソコマユバチと書きましたが、テントウムシを殺さなかったのは実はかれらなりに敬意を払っている証拠!?

<参考サイト・文献>
ナショナル・ジオグラフィック 
● またまた99匹の跳ぶ這うかじる仲間 (メイ・R・ベーレンバウム著)

<この記事のURL>
http://umafan.blog72.fc2.com/blog-entry-840.html

↓気に入って頂いた方はクリックして頂けると嬉しいです
人気 blog ランキング でオカルト・ホラーサイトを探す

>>
FC2 ブログランキング (オカルト・ホラー)
>>
面白サイトランキング


(関連記事)
不思議な生物 
ゴキブリをゾンビ化、エメラルドゴキブリバチ (グロ注意)
蟻がイチゴに変身 寄生虫ミルメコネマ 
■ カニをゾンビ化 ~ フクロムシ 
カタツムリ寄生 レウコクロリディウム (グロスーパー注意)
■ 実在するゾンビウイルス ~ バキュロウイルス
■ イモムシをミイラ化して殺す ~ シャキーラ・ワスプ
マインドコントローラー ディクロコエリウム
センスの悪い寄生虫? ~ プセウドディプロルキス
ハリガネムシ (グロ注意)
■ 超長いワームの動画、ハリガネムシ? (微グロ注意)
人体寄生 ~ ヒトヒフバエ (グロ注意)
人体寄生 ~ ギニア・ワーム (メジナ虫) (グロ注意)
冬虫夏草 (微グロ注意)
殺人アメーバ ネグレリア・フォーレリ
寄生蜂ブードゥー・ワスプとゾンビイモムシ 
メダカを自殺させる?寄生虫ユーハプロルキス
■ 殺したアリを門番に雇用 ~ ボーン・ハウス・ワスプ
ネズミを洗脳し勇敢に トキソプラズマ
全人類洗脳計画 トキソプラズマ 人間寄生編
真・殺人ナマズ ~ カンディル
エイリアン・メトロポリス (エボシガイの大都市)
■ 
太平神社に現れた謎のゼリー状物体
■ 触れたら最後、拷問台を作るアリ ~ アロメルス
■ 数珠繋ぎで獲物を運ぶアリ ~ ハシリハリアリ
フジツボから生まれる鳥の伝説 フジツボガン
殺人蟻の首狩り職人 ~ ノミバエ
■ ウジ入りチーズ高級チーズのシェフ ~ チーズバエ

UMA一覧へ

トップページへ 

テーマ:不思議生物 - ジャンル:

30年ぶりに太陽の光を浴びたチンパンジー
■30年ぶりに太陽を見たチンパンジー■
■Release of chimpanzees, 30 years after undergoing experiment■



~ 30年もの ~

これはずいぶんと前のネタですが、ブログ休眠中の頃のもので記事にしていなかったものです。

行方不明になっていたカメが自宅で30年ぶりに発見されたネタの関連で取り上げてみます。

カメの話はちょっとユーモラスですらありますが、こちらのチンパンジーの話はずいぶんと考えさせられるものがあります。

~ 実験室で30年 ~



古いネタで知っている人も多いと思いますので、簡単に。

この「30年ぶりに太陽の光を浴びたチンパンジー」たちは、幼い頃にアフリカのジャングルからヨーロッパに連れてこられたものです。

子チンパンジーを捕まえる際に親のチンパンジーたちは殺されたようですが、子チンパンジーを養わせる目的で一部の母親は殺されず一緒に連れてこられたようです。

とはいえ、彼女たちを連れてきた目的はあくまで子チンパンジーを養わせるためだけ、子供たちが6歳ぐらいまで育てば母親たちは用済みとなり、残酷にも彼女たちも結局は殺されてしまっていたといいます。


(ハグし合うチンパンジー)

残された子供たち、30年、もしくはそれ以上長い期間、狭い檻に閉じこめられているだけでも過酷ですが、それだけではありません。

その長い期間、両親を惨殺した人間たちの身代わりとなり、強制的にHIVウイルスのワクチン作成のための実験台となってきたのです。

そんな死ぬまで実験台として仕える運命にあったチンパンジーたちでしたが、自然保護活動家のマイケル・アウフハウザー (Michael Aufhauser) さんの努力によりオーストリアの保護区に移されることになったのです。



そして解放されたときの映像が上記のものというわけです。

いったい初めどれぐらいのチンパンジーがいたのかは分かりませんが、過酷な実験で命を落とすものもあり、このとき解放されたチンパンジーは38匹だったといいます。

知らず知らずのうちに多くの人々は動物実験の恩恵を受けています。それ故、動物実験には賛否両論あり、この問題はデリケートなため、敢えてここではコメントを控えさせていただきます。

動画にはなんの説明も要りませんね、初め外へ出るのを躊躇していた3匹のチンパンジーがハグをし、心の底から喜び合っている表情は本当に感動的です。

その中の一匹、35年ぶりに屋外の空気を吸った37歳のメスのチンパンジー、スージー (Susi) がいます。

日光浴をしながら安らかな表情でうたた寝をするスージー、なんてすてきな寝顔なんでしょう。


(スージーの寝顔)



<参照サイト>
Mail Online 
adelaidenow 

<この記事のURL>
http://umafan.blog72.fc2.com/blog-entry-839.html

↓気に入って頂いた方はクリックして頂けると嬉しいです
人気 blog ランキング でオカルト・ホラーサイトを探す

>>
FC2 ブログランキング (オカルト・ホラー)
>>
面白サイトランキング


(関連)  
 
不思議な生物
■ 強い強い絆で結ばれたヤギとロバの話
■ 自らの運命とと闘う子犬 ~ピッグ
■ 世界最高齢の猫、ポピー亡くなる
■ 殺人ゾウ、赤ちゃんの泣き声に我に返る
■ 最後のタスマニアタイガー ~ ベンジャミン
■ 竜巻で廃墟と化した納屋から仔猫が救出される
■ 30年間行方不明だった亀、物置部屋から発見される
■ ハムスターはホイールで楽しんでいることが証明される
■ 年越しカブトムシ、太郎くん逝く
■ 世界一幸せな240キロのミニブタ ~ エスター
■ 50億羽の最後のリョコウバト ~ マーサ
■ クレバスに落ちた男性が奇跡的に生還
ロンドンの主婦、妖精写真の撮影に成功
■ 監視カメラに写ったジャカルタの妖精
妖精がビデオに収められる? ~ ガーデン・フェアリー
■ エルフが存在することを証明するビデオ、、、
亡霊犬、ダートムーアの怪物現る
■ 倉庫内に現れた妖精 ~ メンフィス・フェアリー
マカチン空港で謎の生物が撮影される
ペルーで謎の植物タイプ生物 ~ ケベス・マン
ロシアの漁師、宇宙人食べる (ジェニー・ハニバー Part II)
アルゼンチンでノーム (地の精霊) が撮影される
■ ケーブコッドの怪生物 ~ CCC

UMA一覧へ

トップページへ
 

テーマ:不思議生物 - ジャンル:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。