アクセスランキング ブログパーツ
UMAファン ~ 未確認動物
世界中のUMA (未確認生物)、巨大生物、不思議な生物 (珍獣)を紹介しているブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
超巨大昆虫 ~ ユウレイヒレアシナナフシ
■超巨大昆虫 ~ ユウレイヒレアシナナフシ■
■Spiny Leaf Insect (Extatosoma tiaratum)■



~ ユウレイヒレアシナナフシ ~



巨大昆虫シリーズです。

以前に、超巨大昆虫としてサカダチコノハナナフシを紹介しましたが、今回も同じくナナフシの仲間、ユウレイヒレアシナナフシです。

前回のサカダチコノハナナフシはマレーシア代表でしたが、今回のはオーストラリア代表 (&ニューギニア) です。

 
(サカダチコノハナナフシと管理人の手の比較)

体長は勝るとも劣らない最大20センチオーバー (通常15センチ)、ただし、サカダチコノハナナフシよりボリュームという点では若干見劣りするかもしれません。とはいえ、通常のナナフシの仲間と比べると格段にボリュームはあります。

こちらもサカダチコノハナナフシと同様、大きくなるのはメスのほうで、オスはメスと比べ小柄かつスリムで体長以上に小さく見えます。その代わりといってはなんですが、体が重く飛べないメスと異なり、自由に飛び回ることができます。

通常の有性生殖に加え、ナナフシの仲間に多いメスのみでの繁殖 (単為生殖)も可能です。

で、もちろん今日の主役は「巨大な」メスの方です。

~ ディフェンス ~



英名は通常スパイニー・リーフ・インセクト (Spiny Leaf Insect, 「とげとげコノハムシ」) とかスパイニー・スティック・インセクト (Spiny Stick Insect, 「とげとげナナフシ」)ですが、おもしろい呼び方では発見者の名前をとってマクリーズ・スペクター (Macleay's Spectre, 「マクリーの幽霊」) なんて呼ばれています。

ナナフシの仲間特有の、風になびいた小枝や木の葉のようなゆらゆらとした動作とその奇妙な風貌はまさに「幽霊」といった感じです。

昆虫としてはかなり大柄な部類に入り、一般的な人間の美的感覚からすると顔面もこの上なく気持ち悪いユウレイヒレアシナナフシですが、見かけによらず平和主義者でユーカリを初めとする葉っぱばっかりを食べている完全なベジタリアンです。見てるとこの顔面もだんだんかわいく見えてきます。

さてユウレイヒレアシナナフシ、攻撃力はほぼ皆無、動作は鈍く飛翔して逃げることも不可能なため幾重にも防御機能を進化させてきました。

まずはナナフシの仲間ということもあり、この背景にとけ込むゆらゆらした動き、たいていの天敵には風で揺れている小枝や木の葉と見分けがつかず、最高のカムフラージュとなっています。

とはいっても、もちろん見つかってしまう場合があります。見つかってしまった場合は尾を持ち上げ、くるりと巻いて、たいていの生物には危険な存在であるサソリのポーズを取ります。


(巻いてみました)

このとき、前足を持ち上げるときもありますが、これはサソリのハサミを意味しているとか。要はサソリなのであなたがた逃げた方がいいですよ、と。とにかくサソリに擬態しているということです。

このサソリ風威嚇スタイルでも効果がなく襲われてしまった場合に備え、英名にもなっている体のスパイニー(「とげとげ」)の鎧で全身を守っています。

それでも諦めてくれないしつこい天敵のために、最終手段として背中のあたりから悪臭を放ち、ひるんだ隙にその場を逃れるというわけです。

ほとんどの昆虫の天敵にはこれで完璧なはずです。

~ vs オオカマキリ ~



さて、昆虫の中でもひときわどう猛で怖い生物、オオカマキリ (Giant Rainforest Mantis) との対戦動画があります。

対戦といってもユウレイヒレアシナナフシには攻撃力はありませんから、ひたすら防衛するのみ、逃げ切れば勝ちということになります。

 

顔面対決なら圧勝のユウレイヒレアシナナフシの結末やいかに?それでは時間のある方はどうぞご覧ください。 

<ユウレイヒレアシナナフシ vs オオカマキリ>



<この記事のURL>
http://umafan.blog72.fc2.com/blog-entry-814.html

↓気に入って頂いた方はクリックして頂けると嬉しいです
人気 blog ランキング でオカルト・ホラーサイトを探す

>>
FC2 ブログランキング (オカルト・ホラー)
>>
面白サイトランキング


(関連)
巨大生物リスト
不思議な生物リスト
■ 超巨大昆虫 ~ サカダチコノハナナフシ
超巨大昆虫 ~ タイタンオオウスバカミキリ
■ 超巨大昆虫 ~ 四川省で巨大ヘビトンボの新種発見
■ 超キレイなナナフシ ~ アクリオプテラ・ファラックス
巨大ハサミムシ ~ セントヘレナオオハサミムシ
巨大ゴキブリ ~ ヨロイモグラゴキブリ
■ 悪魔の幼虫 ~ ヒッコリー・ホーンド・デビル
謎の大絶滅 ロッキートビバッタ
絶滅巨大ゴキブリ ~ アプソロブラッティナ
絶滅巨大トンボ ~ メガネウラ
絶滅巨大カゲロウ ~ メゾサイロス
寿命30分!?超短命 ~ 1時間ブヨ
■ 俊足ナンバーワンはダニだった、、、
巨大フナムシ (ジャイアント・アイソポッド) 
17年ゼミ (周期ゼミ)
敵地で爆発 ~ 自爆テロアリ
テキサスに現れた200メートルの巨大蜘蛛の巣
殺人蟻 ~ アカヒアリ (カミツキアリ, RIFA)
殺人蟻の首狩り職人 ~ ノミバエ
謎のミツバチ大失踪
アンドリュー・クロスの不思議なダニ (クロスのダニ)
縮む縮む マサカカツオブシムシ
島を食べ尽くす ナナツバコツブムシ
セアカゴケグモ猛毒伝説は本当か?
クマムシ 不死身伝説は本当か?
ヒヨケムシ (キャメル・スパイダー)
ウデムシ  


UMA一覧へ

トップページへ  
スポンサーサイト

テーマ:不思議生物 - ジャンル:

ケープコッドの怪生物 ~ CCC
■ケープコッドの怪生物 ~ CCC■
■Cape Cod Mysterious Sea Creature■



~ 翼竜? ~

アメリカ、マサチューセッツ州の東端、ケープコッド、この海岸の砂浜に打ち上げられていた謎の生物がケープコッドの怪生物です。

「ケープコッド (Cape Cod)」 の「生物 (Creature)」ということで、英語で頭文字をとりCCC (シー・シー・シー)」なんて呼んでるところもあります。

情報は極めて少なく、分かっているのは、体長は1.8メートル、撮影されたのが2012年5月31日ということと、前述の通り、これがケープコッドの砂浜に打ち上げられていたということのみです。

数枚の写真ですべてを判断するしかありません。



大きく裂けた口の中には小さな尖った歯がぎっしり並んでいます。非常に長い頭部ですがそのほとんどは口です。口の先端が欠けているようで、生前は更に長かったと思われます。


(小さな歯が上下にずらりと並んでいます)

目があったと思われる部分には大きな穴が空いており、裂けた口の後端ぐらいに位置しています。

そして後頭部から薄い板状の突起物が体の後ろに向かって伸びています。


(とさかチックなものがあります)

こういった特徴の結果として、頭部は翼竜的です。復元された翼竜の頭部と非常に似ています。

ふつうの鳥の可能性は?歯があるので鳥類は全滅です。

~ んじゃ魚? ~


(尾部は魚的です)

続いて頭部に続く体の部分を見ていくと、翼もしくは腕、ヒレといったものが一切見あたらず、ただただ細長い体です。体の後方は、はっきりとは分かりませんが深海魚に多い先細りの体型をしているようです。

体のシルエットこそ魚類的ではありますが、ウロコはもちろん胸ビレ等、なんら突起物は見あたりません。背ビレや腹ビレは尾部に近い部位についている種類かもしれません。

また、ミイラ化しているようにみえますが、頭部と尾部をつなぐ体は、まるで何かぶっとい棒でも入っているかのように不自然なほど直線的です。

ということで、ぱっと見は頭部が翼竜、体が魚類のハイブリッド・モンスターということになりますが、そんな生き物いるわけありませんね。



長い頭部や口中の歯、それから体長などを考えると、ダツの仲間、ダツとかオキザヨリみたいなところもあります。

他にシルエットから受ける全体的な印象はウナギの仲間、特にウツボの仲間なんかも候補に挙げたくなります。しかし、ウツボにしては口が尖りすぎている上に目の位置も後方すぎる感じです。



深海のサメなんかもこんな感じの尾ビレをしているものがいますが、口の位置からサメの仲間は候補からはずれます。

というか、この「とさか」で魚類全滅のような気がします。

さらに体にもエラとかの穴もさっぱり見あたりません。

なので何なのか分かりません。ギブアップです。(><)


(ゴブリンフィッシュなんてのもいましたね~)

<この記事のURL>
http://umafan.blog72.fc2.com/blog-entry-813.html

↓気に入って頂いた方はクリックして頂けると嬉しいです
人気 blog ランキング でオカルト・ホラーサイトを探す

>>
FC2 ブログランキング (オカルト・ホラー)
>>
面白サイトランキング


(関連)
不思議な生物リスト
都市伝説・架空系UMAリスト
■ カリフォルニアのビーチでミズウオ座礁
■ イギリスのビーチに流れ着いた奇妙な骨格
■ 猿と魚のハイブリッド ~ ゴブリンフィッシュ
■ ペンサコラで捕獲されたゼリー状の怪魚
■ ブラジル沖で捕獲された怪魚 ~ シャチブリ
中国で人魚捕獲される
おじさん顔の深海魚 ブロブヘッド・フィッシュ
影の世界の住人 ~ シャドー・ピープル
空飛ぶハリネズミ?ティジー・ウィジー
正体は球電現象か?イギリスの黒犬
尾が絡まったネズミの運命共同代 ラット・キング
モンマスシャーの石の中で眠るカエル
岩を割ったら生きた翼竜が?サンディジェの翼竜
ダービシャーのミイラ化した妖精の死骸
庭に現れた妖精 ~ ガーデン・フェアリー
ロシアの漁師、宇宙人食べる
ロシアで奇妙な生物が捕獲される
首長竜の死骸が流れ着く?サハリンの怪物
小さな小さな人工生命 ホムンクルス 
アンドリュー・クロスの不思議なダニ
世紀の大発見!?Google earth エイリアン・バグ
ニューヨーク下水道のワニ
4メートルの巨大ペンギン アメリカに現る

UMA一覧へ

トップページへ  

テーマ:不思議生物 - ジャンル:

メリークリスマス ~ カブトムシの太郎君
■12月のカブトムシ■
■Japanese rhinoceros beetle (Trypoxylus dichotomus)■



~ メリークリスマス!!! ~

カブトムシの太郎君、比較的最近では体調がよさそうなので、1日前倒しではありますがクリスマスプレゼントです。

好物のパイナップルに加え、イチゴ、キウイ、グレープフルーツでクリスマス写真撮影。なんとかクリスマスまでもってくれました。

7月中旬に捕獲したので、おそらくサナギから出てきたのは7月初め頃かと思います。成虫になってから170日ぐらい生きているんじゃないでしょうか。

今年の冬はやけに寒いので最近毎日危険な日が続いていますが、体が丈夫なようで耐えてくれています。次の目標はお正月です。頑張れ太郎君!


(最近マイブームのパイナップルを食べる太郎君)


(パイナップルを食べる太郎君2)





(撮影後、自宅に戻りキウイを食する太郎君)

<この記事のURL>
http://umafan.blog72.fc2.com/blog-entry-812.html

↓気に入って頂いた方はクリックして頂けると嬉しいです
人気 blog ランキング でオカルト・ホラーサイトを探す

>>
FC2 ブログランキング (オカルト・ホラー)
>>
面白サイトランキング


(関連)
不思議な生物リスト
 時事ネタ・雑談・UFO等
■ 太郎君、初見参 (2012/12/11)
■ 
太郎君、もう少しでクリスマス
■ ついに年を越したカブトムシの太郎君
■ 【訃報】 年越しカブトムシ太郎くん逝く


UMA一覧へ

トップページへ  

テーマ:不思議生物 - ジャンル:

インドネシアで、謎の生物が人を襲う!
■インドネシアで、謎の生物が人を襲う!■
■Villagers mystified by strange animal■



~ 2本足で立ち上がる怪物 ~

2012年11月初め、インドネシアで農園労働者と75歳の農夫が、相次いで「未確認生物」に襲われた、とのことです。いったいどんな生物だったのでしょう?

襲われたインドネシア人のひとりが当時の様子をこう語っています。

「ヤツは襲ってくる前に、奇妙な "ノイズ" を出したんだ。イノシシのような鳴き声に続いてメンドリがみたいな声を出したんだ」

その生物は彼を襲う直前、後肢二本で立ち上がったといいます。身の危険を感じたインドネシア人はすぐさま持っていた鎌を振り下ろしその生物を殺しました。

殺された未確認生物の体長は約60センチ、長いたてがみを持っていて、かぎ爪はクズリのようであったといいます。

そしてその見慣れない風貌と同じぐらい不思議だったのが、この生物から放たれる「異臭」だったといいます。その強烈な臭いは10メートル以上離れていても分かるほどだったそうです。

死んでからわずか1時間ぐらいで腐敗臭がし始めたというのです。いくら暑い地域といえど、腐敗臭が立ちこめるにはあまりに早すぎます。それに実際そこまで暑くないと思います。

殺されたこの謎の生物はいったいなんなのか?

地元住民をはじめ、ハンターなどに聴いても、誰ひとりこの生物を特定できるものはいませんでした。ネットを使って検索しても分かりませんでした。

~ 怖くないし、、、 ~


(クズリ、英名はウルヴァリン(wolverine))

野生の熊やイノシシに襲われたレベル、かつミステリアスな生物のニュースになっていますが、殺された生物を見れば分かるとおりミステリアス感は薄く、怖くもなくむしろかわいく見えます。

体長60センチというのも人を襲うには小さすぎる感じですが、野犬などは60センチもあれば結構怖いですから、まぁこれはよしとしましょう。

ただし、野犬が怖いのは足が長く体高があり、さらに裂けた大きな口を持っているからで、このモグラの大将みたいなシルエットの生物は野犬ほどの重圧を人間に与えそうもありません。しかも60センチすらないように見えます。

ただし、襲う直前、二本足で立ち上がるパフォーマンスを見せたといいます。このパフォーマンスはどうでしょう。

せめてクズリぐらいの体格、体長があれば怖いですが、いかんせん、こっちのモグラの大将は60センチ (すら怪しいし)。

どう転んでもかわいい姿しか想像できません。

~ UMAの正体は? ~

さてこのUMAの正体は?

地元住民、ハンター、誰も見たことがないとのことで、新種もしくは既知の生物だとしても希少種ではないかとの噂が立ちました。

この動物の毛の模様までバッチリ合致する種類までは分かりませんが、見た感じアナグマです。アナグマのなんかだと思います。

という感じで調べると、生息地と特徴から判断して、パラワンスカンクアナグマ (Palawan Stink Badger, Mydaus marchei)ジャワスカンクアナグマ (Sunda Stink Badger, Mydaus javanensis) のどちらかと思います。



で、写真では判断しづらいですが、証言にある「たてがみ」から判断してジャワスカンクアナグマのほうが有力ではないかと。

ちなみに、スカンクアナグマはアナグマの仲間ではなくスカンクの仲間だそうです。絶滅寸前どころか生息数も現時点では比較的安定しており希少動物というほどではないようです。

スカンクアナグマ自体よく分からないので推測ですが、死後の異臭騒ぎは、スカンクの仲間ですし、死んで肛門嚢の筋肉が弛緩して臭い成分が漏れた、とかそんな感じじゃないでしょうか。

さて、インドネシア土着の生物ですが地元住民、ハンター共々、誰も見たことがない、というのはどういうことでしょう?

地元住民みんなで口裏を合わせ、UMA騒ぎに仕立てようと知らない振りをした?そんなわけありませんね。

野生生物の中でも夜行性かつ特に警戒心が強い種なんかはほとんど人目に触れることはありません。そしてそれが比較的地元に近い地域に生息していても両者が接することはありません。

そういった生物がなんかの拍子に人前に現れたとしたら?

自然がまだ比較的多く残されているインドネシアでさえこうです。

東京でも奥多摩の方にはテンが生息しているようです。

でもたいていの人はそのことを知りませんし、近くに住んでいても目にしたことのある人はほんの一握りと思われます。

人前に現れたら、きっとこのニュース同様、UMA騒ぎになるでしょう。

<この記事のURL>
http://umafan.blog72.fc2.com/blog-entry-811.html

↓気に入って頂いた方はクリックして頂けると嬉しいです
人気 blog ランキング でオカルト・ホラーサイトを探す

>>
FC2 ブログランキング (オカルト・ホラー)
>>
面白サイトランキング


(関連)
不思議な生物リスト
■ 頭部は馬、手は熊、体は豚 ~ テンビーの野獣
■ ミネソタ州、アレクサンドリアで轢死した未確認生物
モントークの怪物
■ イギリス版モントークの怪物
■ 
謎の死骸 ~ パイク・アイランド・クリチャー
■ リトアニアの池の中でうごめく赤い「何か」
■ 
パナマ・モンスター
■ 
ハママツ・モンスター (浜松の怪物)
■ 
漂着死体 ~ コフス・ハーバー・クリッター
■ 
メリーランドのチュパカブラ ~ プリンス・チュパ
■ 
通り池の怪物
謎の漂着死骸 アラスカン・ビースト
エイリアン・ビッグ・キャット (ABC)
謎の足跡、デビルズ・フットプリント
亡霊犬、ダートムーアの怪物現る
ニュージーランドライオン!?撮影される
■ ネズミはテレパシー能力を持つことが科学的に証明される
ジェヴォーダンの獣
謎のピューマ、オンザ
巨大ライオン ~ アメリカライオン 
猿と魚のハイブリッド ~ ゴブリンフィッシュ
ロシアの漁師、宇宙人食べる
■ 世界一幸せな240キロのミニブタ ~ エスター
中国の怪生物?~ ブタキツネ
ヴォルコフ川で撮影された巨大生物 (ヴォルコフ川の怪物)
最新UMAの撮影に成功?コネチカット・レイク・モンスター
■ 絶滅寸前?卵を産む哺乳類 ~ ミユビハリモグラ
絶滅したと思われていた超珍獣 ~ ソレノドン
 

UMA一覧へ

トップページへ  

テーマ:不思議生物 - ジャンル:

カブトムシの太郎君 2012/12/17
■12月のカブトムシ■
■Japanese rhinoceros beetle (Trypoxylus dichotomus)■



カブトムシの太郎君、今日も何とか健在です。
あと1週間でクリスマス。
頑張ってほしいものです。

<この記事のURL>
http://umafan.blog72.fc2.com/blog-entry-810.html

↓気に入って頂いた方はクリックして頂けると嬉しいです
人気 blog ランキング でオカルト・ホラーサイトを探す

>>
FC2 ブログランキング (オカルト・ホラー)
>>
面白サイトランキング


(関連)
不思議な生物リスト
 時事ネタ・雑談・UFO等
■ 太郎君、初見参 (2012/12/11)
■ クリスマスを楽しむ太郎君
■ 
ついに年を越したカブトムシの太郎君
■ 【訃報】 年越しカブトムシ太郎くん逝く


UMA一覧へ

トップページへ  

テーマ:不思議生物 - ジャンル:

寒いの大好きコロブリ (ガロアムシ、コオロギモドキ)
■寒いの大好きコロブリ (ガロアムシ、コオロギモドキ)■
■Rock Crawlers or Ice Bugs (Grylloblatta campodeiformis)■



~ 冬の昆虫 ~

カブトムシの太郎君のついでに冬の昆虫について書いてみましょう。

太郎君もそうですが、昆虫は基本的に自ら体温調節ができない変温動物ですから、一般的に寒さには大変弱い生き物です。

夏から秋へと気温が下がるにつれ、外で目にする昆虫の数は顕著にその数を減らしていきます。

成虫であればカブトムシのように死んでしまうものもあれば、地中や水中などで冬眠に入るものもいます。

寒さに強い昆虫というとチョウの仲間 (ガも含む) がよく挙げられます。マイナス50度でも死なない、すごいものではマイナス200度近い低温にも耐えられる、などなど、不死身伝説のクマムシレベルの武勇伝もあります。

とはいっても、チョウやガの成虫がマイナス200度近い極限環境で優雅にひらひら舞っているという意味ではありません。

クマムシ同様、死なない、というだけです。それも成虫ではなく多くの場合、サナギ (まれに幼虫) の状態の話です。もちろんサナギといえどあり得ないほどしぶとさで、驚くに値するすごい記録です。

成虫で冬場に活発できる昆虫といえば、シャクガの仲間のフユシャクが有名かと思います。フユシャクの仲間は、マイナス2度から最高マイナス5度を超えるぐらいでも活動できるとか、かなりのしぶとさです。

フユシャクは有名なので、別の昆虫「コロブリ」を紹介したいと思います。

~ コロブリ ~

「コロブリ」

聞き慣れない昆虫の名前です。というか聞いたことないです。

コロブリとはガロアムシのことでコオロギモドキともいいます。

メイ・R・メーレンバウムさんの「99匹の跳ぶ、這う、かじるの仲間」で登場するコオロギモドキがコロブリの名で呼ばれているので、響きもおもしろいのでここではコロブリと呼ぶことにします。

コロブリの学名、Grylloblattidae はギリシャ語でコオロギ (gryll) + ゴキブリ (blatta)、つまりコオロギゴキブリという意味です。

特に説明はないですが、その姿がいろいろな昆虫の特徴を持ち合わせており、キメラ的な容姿のうち、特にコオロギとゴキブリに似ていることをメーレンバウムさんも指摘しており、「コオロギゴキブリ」→「コオロブリ」→「コロブリ」と呼んでいるような気がします。

実際その姿を見ると、コオロギやゴキブリというよりも、ゴキブリと比較的近縁なシロアリにその姿が似ていると思います。

英名は Rock crawlers (岩場を這う昆虫)とか Ice crawlers (氷を這う昆虫) と呼ばれています。

~ 生活史 ~

さてこのコロブリ、フユシャク同様、非常に寒さに強いことがこの昆虫の特徴です。

世界でも生息している場所はわずかで、北米やシベリア、それから日本を初めとする東アジアの山間部にのみ生息しています。山間部といっても、本当に険しい地域でかろうじて樹木が生い茂ることができるぎりぎりのエリアに生息しています。

そのため、この昆虫のことはほとんど何も分かっていません。分かっているのは低い温度を好むスカベンジャー (死骸を食べる生物) ということぐらいです。

通常昆虫は、20度を切ったあたりから、気温が下がるごと、顕著に活動が不活発になっていく傾向があります。

10度を切るとほとんど外で昆虫を見ることはなくなります。まして0度付近ではほんの一握りの昆虫をのぞいて、よくて冬眠・休眠状態、多くは生命活動にピリオドを打つことになります。

コロブリはどうかというと0度どころかマイナス5度でもまだ活発に動きまわりえさ探しができるといいます。

ほとんどの外敵が生命活動に支障を及ぼす環境なので、コロブリは外敵の脅威に身をさらすことなく、堂々とえさ探しができるというわけです。

ただし、欠点がないわけではありません。彼らは広範囲の気温に対応しているわけではなく、単に通常の昆虫が活発に動き回れる気温の範囲が極端に低くシフトしただけです。

そのため、カブトムシやクワガタムシをはじめ多くの昆虫が喜ぶ20度以上の気温には耐えられず、夏は50センチ~1メートルほどの深い穴を掘り暑さをしのぐ必要があります。

基本的に0度以下を好み、寒い季節であっても気温の上がる昼間は岩陰などに身を隠し、主に夜に活動するといわれています。

メーレンバウムさんによれば、人間の手のぬくもりはコロブリにとってはあまりに暑すぎるとのこと。

厳寒の雪山登山でコロブリを見つけ、こんな極限環境で生活をしているなんてかわいそうに、などと思い、両手ですくいあげ暖かい息を吹きかけようものなら、それはコロブリにとっては灼熱地獄、手のひらで息を引き取ることになるでしょう。

<この記事のURL>
http://umafan.blog72.fc2.com/blog-entry-809.html

↓気に入って頂いた方はクリックして頂けると嬉しいです
人気 blog ランキング でオカルト・ホラーサイトを探す

>>
FC2 ブログランキング (オカルト・ホラー)
>>
面白サイトランキング


(関連)
不思議な生物リスト
■ 殺人蟻 ~ ブルドッグアリ
テキサスに現れた200メートルの巨大蜘蛛の巣
殺人蟻の首狩り職人 ~ ノミバエ
殺人蟻 ~ アカヒアリ (カミツキアリ, RIFA)
爆弾ゴカイ ~ グリーン・ボンバー
ゴキブリをゾンビ化、エメラルドゴキブリバチ (グロ注意)
縮む縮む マサカカツオブシムシ
寿命30分!?超短命 ~ 1時間ブヨ
超巨大昆虫 ~ タイタンオオウスバカミキリ
巨大ハサミムシ ~ セントヘレナオオハサミムシ
絶滅超巨大カゲロウ ~ メゾサイロス
セアカゴケグモ猛毒伝説は本当か?
クマムシ 不死身伝説は本当か?
アンドリュー・クロスの不思議なダニ (クロスのダニ)
島を食べ尽くす ナナツバコツブムシ
17年ゼミ (周期ゼミ)
■ ハンバーガーの材料?ケヨソイカ
謎のミツバチ大失踪
ヒヨケムシ (キャメル・スパイダー)
ウデムシ
巨大フナムシ (ジャイアント・アイソポッド)

UMA一覧へ

トップページへ  

テーマ:不思議生物 - ジャンル:

カブトムシの太郎君

■12月のカブトムシ■
■Japanese rhinoceros beetle (Trypoxylus dichotomus)■


(カブトムシの太郎君(仮名)2012/12/10)

超久しぶりの更新、ご無沙汰しております。しかもUMAネタでも何でもなく、ただのカブトムシだし。

ご存じの通り、カブトムシの成虫はばらつきはありますが、だいたい7月前後に土中から出てきて8月末から9月ぐらいには寿命がやってきてしまいます。

昆虫としては図体がばかでかく体も硬くて頑丈なので長生きしそうな感じですが、結構あっけない感じです。卵から孵って長~い幼虫期間を含めても1年でライフサイクル完了です。

さてうちのカブトムシ、仮に太郎君と呼んでおきましょう。他のカブトムシの全盛期と同様、7月中旬に自然下で捕まえたものです。電灯に集まってきたもので、東京じゃ自然も少なく車にすぐに轢かれてしまい朝までには道路にペッチャンコでかわいそうなので自宅へ連れて帰ってきました。

8月末、早いやつだとこの時期でも逝ってしまうので気をつけていましたが、そこはなんなく突破、9月突入。

9月末~10月初めごろにはほぼ全滅してしまうので太郎君も、と諦めていました、残念ですが寿命なので仕方ありません。

ところがこの危ない時期も突破。

10月。さすがに10月に入るとはやばい感じで、毎日見るのが怖い感じになってきます。が、こちらの不安をものともせず、余裕で10月も突破。

そして11月、外は完全に寒い季節になっておりカブトムシの完全なシーズンオフ。前足にちょっと不自由な部分が出てくるは、動きが鈍るは今までとは明らかに体にポンコツ部分が見受けられはじめます。しかし太郎君、根性で11月も突破。

つい12月。もう完全な冬です。

現在12月11日ですが、太郎君、まだ生存中です。が、かつての力強さが日に日になくなってきており、もうさすがに限界っぽいです。もう掴む力とかがないです。

なので生きているうちにみなさんにも見てもらおうと、UMA記事じゃなくて申し訳ないですが急遽記事をアップ。

家に来てからでも約150日、成虫としてはずいぶんと長生きです。人間だと150歳ぐらいでしょうか。

クリスマスまであと2週間、3週間頑張ればお正月、なんとか頑張ってくれないものかなー、頑張れ太郎君!

<この記事のURL>
http://umafan.blog72.fc2.com/blog-entry-808.html

↓気に入って頂いた方はクリックして頂けると嬉しいです
人気 blog ランキング でオカルト・ホラーサイトを探す

>>
FC2 ブログランキング (オカルト・ホラー)
>>
面白サイトランキング


(関連)
不思議な生物リスト
 
時事ネタ・雑談・UFO等
■ 太郎君、もう少しでクリスマス
■ 
クリスマスを楽しむ太郎君
■ 
ついに年を越したカブトムシの太郎君
■ 
【訃報】 年越しカブトムシ太郎くん逝く

UMA一覧へ

トップページへ  

テーマ:不思議生物 - ジャンル:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。