アクセスランキング ブログパーツ
UMAファン ~ 未確認動物
世界中のUMA (未確認生物)、巨大生物、不思議な生物 (珍獣)を紹介しているブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
巨大アメフラシ ~ アプリシア・バッカリア
■巨大アメフラシ ~ アプリシア・バッカリア■
■Giant sea slug (Aplysia vaccaria)■


(アプリシア・バッカリア)

~ ナメクジ ~

ナメクジはああ見えてなかなか嗅覚が優れているようで、かなり離れたところにある食べ物にも素早く気づいて、歩みこそノロノロですが確実にやってきます。

カンカン照りだとさすがに好物があってもなかなかやってきませんが、雲行きが怪しかったり雨が降っているときなどは、いったい今までどこに隠れてたんだ!?ってなぐらい大挙して押し寄せてきます。

カタツムリから進化し殻を捨て、機動性に優れたすばらしいプロポーションを手に入れたにもかかわらず、逆に殻を捨てたことにより人間にはかなり嫌われています。

カタツムリもナメクジもやっていることはほとんど同じで庭の植物を食い荒らし、どちらも嫌われるかと思いきや、カタツムリは童謡になるなどある意味人気者、殻のあるなしであれほどまでに差別されるとはナメクジも思っても見なかったことでしょう。

で、嫌われている生き物は大きければ大きいほど嫌われるのが常で、ナメクジも例外ではありません。

今回はそんなナメクジの親戚であり、見た目はナメクジの王様、もしくはナメクジの怪物ともいえるアメフラシです。

~ アメフラシ ~

アメフラシは海に生息する巨大なナメクジ、といった感じで、日本近海のものでも、大きいものは30センチぐらいに成長するものもいます。

見たことある人なら分かると思いますが、姿がナメクジに似ているため、日頃見慣れたナメクジのイメージのせいで30センチなんてなくてもビックリするぐらい巨大に感じます。

さて、それではもっとも巨大なアメフラシはどれぐらいあるでしょう?

話はいつも通りちょっとそれて、ネス湖の怪物 (怪獣)、ネッシーの話をしましょう。

~ ネッシーはウミウシ? ~

ネッシーはご存じの通り、恐竜が跋扈 (ばっこ) していた時代に海を席巻していた代表的巨大海棲爬虫類のひとつ、プレシオサウルスの仲間が陸封され現在まで生き残ったもの、などといわれています。

ここのブログの特性上、それを否定するつもりは毛頭ありませんが、ネス湖が常に観光客の目にさらされ、四六時中webカメラによって監視されているにもかかわらず、爬虫類が水面に息継ぎのためにあがってこないのは非常に不自然な状況です。

恐竜時代の海棲爬虫類が生き残っているのは少々オーバーではないのか?ということから、より現実的に首の長い新種の (つまり未確認の) アザラシではないか?などというのもありますが、こちらにしてもやはり哺乳類である以上、水中に没したままでは窒息してしまいます。


(リトル・パイレーツ!アオミノウミウシ)

そういうわけで、ネッシーの正体は巨大なウミウシの可能性がある、というとてもおもしろい説もあります。

ネッシーの頭部には角のような突起が見られるともいわれていますが、これがウミウシの触角部分、ネッシーの背中にはコブがあるといわれていますが、これが1つであったり2つであったりいろいろですが、柔らかくやや不定形でもあるウミウシですから、コブの数も一定ではないのだ、などなど。

ウミウシの仲間がそんな水面近くを浮いだり泳いだりするのか、という指摘に対しても、スパニッシュダンサーの異名を持つ巨大なウミウシ、ミカドウミウシなどは活発に泳ぐことが出来ます。

アメフラシの仲間でもアプリシア・ブラシリアナ (Aplysia brasiliana) など泳ぎが上手なものもいます。


(優雅に泳ぐアメフラシ)

~ 世界最大のアメフラシ ~

さぁ無理矢理、ネッシーの正体は巨大なウミウシ (とかアメフラシ) ではないかという雰囲気を作ってきました。

それでは、世界一大きいと呼び声高いアメフラシの発表です。その巨大アメフラシの名は、アメリカのカリフォルニア沖からメキシコ湾にかけて生息する、アプリシア・バッカリア (Aplysia vaccaria) です。

かれらの体長は最大クラスのものになると80~100センチ!重さも10キロを軽々オーバーします。

個体によって淡色系の色が混ざっている場合もあるようですが、基本的に真っ黒。そのため、英名はクロアメフラシ (black sea hare) と呼ばれることが多いようです。世界最大サイズにしては味気ない英名ですね。


(フェイクであれ、一般的に抱かれるネッシーのイメージを
冷静に考えると、やはりウミウシは厳しい、、、)

ウミウシと比べると大柄なものが多いアメフラシの中でも、バッカリアの大きさは驚異的な大きさです。

さて、こういった巨大ウミウシ (とかアメフラシ)、未発見のもっともっと巨大なウミウシが存在すればネッシーと見間違うでしょうか?

実際、そういったウミウシを泳がせてみないとどう見えるか分かりませんが、ウミウシの仲間は海水にしか生息していません。

さらにこの1メートル級のアプリシア・バッカリアにしても泳ぐことはせず、これ以上大きなウミウシがいたとしても泳ぐ可能性は低いかもしれません。

仮に泳いだとしても、ウミウシやアメフラシの泳ぐ姿は、伝えられているネッシーを彷彿させる動きではありません。

また、上記ハードルをクリアするにしても、大きくなる割に寿命の短いアメフラシの仲間が数メートルにまで成長するというのもちょっと酷な気がします。

ですが、1メートル前後もあるウミウシやアメフラシが、ネス湖を体をくねらせながら泳いでいたならば、間違いなく怪物騒ぎになることでしょう。

<この記事のURL>
http://umafan.blog72.fc2.com/blog-entry-762.html

↓気に入って頂いた方はクリックして頂けると嬉しいです
人気 blog ランキング でオカルト・ホラーサイトを探す

>>
FC2 ブログランキング (オカルト・ホラー)
>>
面白サイトランキング


(関連) 
不思議な生物リスト
小さな海賊 ~ アオミノウミウシ
■ 謎の肉塊打ち上げられる ~ レッド・ブロブ
■ カタツムリを見つけたら20m以上投げろっ!
クリオネの新種 ヒョウタンハダカカメガイ
見えざる殺人クラゲ ~ イルカンジクラゲ
殺人クラゲ キロネックス・フレッケリ
80センチの巨大巻貝 ~ アラフラオオニシ
■ 巨大巻貝Part2 ~ ダイオウイトマキボラ
殺人巻貝 ~ アンボイナガイ (ハブガイ)
■ 謎のカプセル卵 ~ アメリカメロンボラ
■ 泡の筏で浮遊生活 ~ アサガオガイ
美しき猛毒ダコ ~ ヒョウモンダコ
300キロの巨大二枚貝 ~ オオジャコガイ
■ 感電注意!? ~ ウコンハネガイ
400歳のハマグリ見つかる
砂漠のカタツムリ サバクカタツムリ
謎の巨大生物の巣の化石
巨大!!ツチノコヒル
うごめく巨大都市 ~ エイリアン・メトロポリス 
エルーセラ島にゼリー状生物が流れ着く
不死身伝説は本当か ~ クマムシ
巨大ミミズ ~ ミクロカエトゥス・ラピ
九州の巨大ミミズ型UMA ミニョ太郎

UMA一覧へ

トップページへ 
スポンサーサイト

テーマ:不思議生物 - ジャンル:

謎の30センチ巨大ワーム
■謎の30センチ巨大ワーム■
■Mysterious giant worm■

みなさん、こんにちは、超久々の更新です。ご心配をおかけしました&ご迷惑をおかけして申し訳ございませんでした。

今回は、ブログ休止中にりょうさんからいただいていた「謎の30センチ巨大ワーム」の情報を、申し訳ないので復帰後、最初に取り上げさせていただきたいとおもいます。

本当はりょうさんに詳しい話をもっと聞きたかったのですが、なぜかメールの返信をするとはじかれちゃいますので、メールを頂いた内容だけで記事を書きます。

りょうさん、この記事を見られたら、是非ともメールください。

~ 昆虫採集 ~



これは、りょうさんが子供の頃、友人と森にクワガタ獲りにいったときのお話だそうです。

クワガタやカブトムシを林や森に行って捕獲する方法ですがいくつかあると思います。

僕は出身が東北なので、けっこう近くに林などもあった関係もあり、「昆虫がよく集まる木」を何本か知っており、早朝、まだ日も昇らないうちに懐中電灯と虫かごを持って、一直線にその木に向かいました。

子供でも簡単に手の届く高さに樹液がしみ出ているクヌギの木は、昆虫好きの子供にとっては「金の卵を産むニワトリ」レベルの素晴らしすぎる物件で、ルート営業しているみたいにその目星を付けた木を回って歩くだけで簡単にカブトムシやクワガタムシをゲットすることができました。

そういった木はカブトムシやクワガタムシだけではなく、コガネムシやカナブン、ガ、そしてやっかいなスズメバチなども一緒にいたりします。


(海外の甲虫はもちろん幼虫もデカイです)

スズメバチがいたからといって諦められるわけもなく、小枝などを軽く放り投げてスズメバチを追い払うのですが、もちろん攻撃されるので小枝を投げたら一目散に一旦逃げます。

で、しばらくして戻ってきてカブトムシやクワガタムシをゲットしたりしたのは懐かしい思い出です。たまに、スズメバチも一緒に戻ってきているという悲しいこともありますが、また小枝を投げて逃げることを繰り返します。

この目星を付けた木に取りに行くという方法は簡単に甲虫をゲットできるという点では優れているのですが、そこに「甲虫が集まっているのは当たり前」という変な慣れが出てきてしまい、採取したときのうれしさが今ひとつです。

やはり楽しいのは、友達と知らない林に入っていき、思いもかけずクワガタやカブトムシをゲットできたときです。

もちろん樹液が出ている木に昆虫が集まっているのを発見しても嬉しいですが、小学校低学年時の管理人のアドレナリン放出が爆発したのは、木をけっ飛ばして昆虫が落ちてきたときです。

まず、体重もそれほどない子供ですから、木を蹴る力もたかがしれているので、子供でも蹴ることによって十分に木に震動を与え甲虫を落っことせる、それほど太くない木に限られます。

樹液が出ていそうな、良い感じに朽ちている手頃な木を見つけ、友達と力一杯蹴ってみます。その木の上の方に昆虫がいるかいないか分からないのが楽しいところで、蹴った後、落ち葉の上にカサッっとなにかが落ちてくるとたまらなく興奮したものです。

なにが落ちたかが分からないのがすごく楽しいところで、この「なにかが落ちた」ときのアドレナリンの放出は最高潮に達します。


(ミヤマクワガタの動画) 

ミヤマクワガタや大きめのノコギリクワガタのオスだったりすると超嬉しく、コクワヒラタだと少しがっかりし、メスだとアドレナリンの放出は完全に止まり、運が悪いとゲジゲジとか落ちてきたのを覚えています。ちなみに自然下では一度もオオクワガタを見たことがありませんでしたね。

話がなぜか子供時代の管理人の話にすり替わってしまいました、本題に戻りましょう。

さて、りょうさんと友人がクワガタ採りで取った行動は、後者の木をけっ飛ばし、獲物を落っことす方法です。

りょうさんと友人は、いかにもクワガタが隠れていそうなちょっと枯れ気味の木に目を付けました。友人は、木が二股に分かれたところまで登り、木を揺すってみる作戦に出たときのことだそうです。

木に登った友人を見上げていたりょうさんは気付きました、友人のさらに上方の木の幹に、巨大なワーム状の生物が張り付いていたのを。

その生物がいたのは、りょうさんから少し離れた距離なので確実な大きさではないかもしれませんが、りょうさんが見積もったところでは、直径はビール瓶ぐらいの太さ、長さは30センチぐらいはあったといいます。

距離的に細部は分からなかったようですが、大雑把に表現すると「肌色をした巨大なカブトムシの幼虫」といった風情だったといいます。

ビール瓶、大瓶の直径は5~6センチぐらいでしょうか?昆虫の幼虫としては明らかに太すぎますし、体長もとても昆虫の幼虫とは思えません。

怖くなったりょうさんが、友人に巨大ワームが上の方にいることを告げると、友人も急いで木から下り、二人で一目散に森を後にしたといいます。

~ 正体は? ~


「巨大ツチノコヒル」の記事でも登場した巨大ヒルさん)

さて、「これ」の正体は?

明らかに昆虫の幼虫からは逸脱した大きさ。途方もない大きさで、正直候補が思い当たりませんが、「カブトムシの幼虫」っぽいということから、ワーム状の他の生物、たとえば巨大ヒル (これほど巨大なものが地上性とは考えにくいですが) のような生物の可能性もちょっとばかりあるかもしれません。

夢のない説としては、遠目から見たということと、そして動いているところを確認していない、という条件で、サルノコシカケなどの菌類の群生がうまい具合に動物然とした形に生えていたものを見誤った、という可能性も考えられます。

真相は?


(サルノコシカケの一種)


(サルノコシカケの一種)

<この記事のURL>
http://umafan.blog72.fc2.com/blog-entry-761.html

↓気に入って頂いた方はクリックして頂けると嬉しいです
人気 blog ランキング でオカルト・ホラーサイトを探す

>>
FC2 ブログランキング (オカルト・ホラー)
>>
面白サイトランキング


(関連) 
誤認・絶滅動物リスト
巨大生物リスト
巨大ツチノコヒル
巨大ナメクジ
謎の巨大虫の化石
巨大ヤスデ ~ アースロプレウラ

砂漠に生息 ~ サバクカタツムリ
クリオネの新種 ~ ヒョウタンハダカカメガイ
巨大巻貝 (アラフラオオニシ)
殺人巻貝 アンボイナガイ
海賊!アオミノウミウシ
巨大二枚貝 (オオジャコガイ)
■ 巨大巻貝Part2 ~ ダイオウイトマキボラ
400歳のハマグリ見つかる
モンゴリアン・デス・ワーム
巨大ミミズ Part1
巨大ナメクジ型UMA ~ ムリロ
■ 絶滅超巨大カゲロウ ~ メゾサイロス

UMA一覧へ

トップページへ 

テーマ:不思議生物 - ジャンル:

あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます。

去年の末はさんざんでしたから、更新どころかブログにログインさえ出来ませんでした。実はお正月休みもなく働いておりまして、やっとこお正月の挨拶を書いているという次第です。

実はブログの書き置きは常に50個以上ストックしており、忙しい時期でもそこから適当に選んで更新していたんですが、なんとそのテキスト&画像を全部消去というかとにかくなくなってしまって、まったく更新できなかったんですね。ほんと弱り目に祟り目で、去年の暮れはやる気が全く起きませんでした。

そろそろ精神的ダメージも癒えてきましたので、年も明けたしそろそろモチベーションア~ップして更新していこうかと思っております。全然更新していないのに、たくさんの人が見に来られているようで、また、書き込みもたくさんどうもありがとうございます。

そーろそろ復活しようと思っておりますので、今年も皆さんよろしくお願いいたします!!!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。