アクセスランキング ブログパーツ
UMAファン ~ 未確認動物
世界中のUMA (未確認生物)、巨大生物、不思議な生物 (珍獣)を紹介しているブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
キャメロン湖の怪物、写真に撮られる
■キャメロン湖の怪物、写真に撮られる■
■Lake Cameron monster■



~ バンクーバー島 ~

カナダのブリティッシュコロンビア、バンクーバー島にはキャメロン湖 (Lake Cameron) という湖がありますが、この湖では多くのツアー客から得体の知れない巨大な生物の目撃情報が近年増加しているといいます。

目撃証言によれば、その得体の知れない生物は非常に大きく、体型はウナギのように細長いといいます。巨大海蛇、サーペント系水棲UMAということになります。

撮影に成功したのは、カナダのナナイモに住む、ブリジット・ホーヴァス (Brigette Horvath) さん。実は撮影したのは今から2年前の2007年、7月30日だそうです。

キャメロン湖のスイミングエリア沿いを車で走っていたとき、ふと湖のほうに目をやると、奇妙なものを目にしました。

ホーヴァスさんはそれは「巨大な生物」であると確信し、あわてて車を止めると、湖に向けてデジカメのシャッターを切りました。

~ 他の写真 ~


(ホーヴァスさんが主張する「キャメロン湖の怪物」写真)

さて、ホーヴァスさんの写真ですが、彼女がいっているような生物らしい感じのものは残念ながら写っていません。

水棲UMA写真にありがちな、波のみです。

他に写真はないのかというと、運悪くデジカメの電池が切れてしまい、これだけだというのです。

UMAの写真を撮ろうとすると、電池切れの他、川や海にカメラを落っことす等、みなさん信じがたい呪いのような現象におそわれることが多々見受けられます。

そうはいいつつも、せっかく写真に納めてくれたのですから、疑うなどという野暮ったいことはしないことにしましょう。

それではホーヴァスさんの目撃証言を見ていきましょう。

~キャメロン湖の怪物 ~

「サーペント (巨大海蛇) 系の姿をしていたわ。流木などを見間違ったものではないです。決して波でもないわ。周りには (波を立たせるような) ボートなども走っていませんでしたから

まさに悪夢よ、それは巨大な魚、生きているものだったわ」

ホーヴァスさんの目撃によると、「それ」は3匹おり、クジラのように円を描いていたというのです。

ホーヴァスさんの言っている「クジラのように円を描いていた」というのは、おそらくザトウクジラのバブルネットフィーディング (Bubble net feeding) のことだと思われます。

ザトウクジラは群れになって、小魚の群れを取り巻くようにぐるぐるとまわり、「泡の網 (バブルネット)」で小魚たちを囲い込みます。

螺旋状に水面に向かって徐々にあがっていくと、逃げ場を失った小魚たちを一網打尽に大きな口に納めてしまいます。

~ 正体は?

さて、この生物はいったいなんでしょう?

バンクーバー島のまわりではホエール・ウォッチングも盛んに行われていますから、間違って淡水の川に紛れ込み、湖までたどり着いてしまったクジラの可能性はあるでしょうか?

ときおり、クジラが川に入り込んでしまい、しかもかなり上流まで来てしまうことはありますが、あまり長くは生きていられません。


(バンクーバー島の近くはUMA、キャディの目撃多発地帯)

キャメロン湖まで3頭のザトウクジラが間違って入り込み、間違った場所で優雅にバブルネットフィーディングをしているなどというのはとうてい考えられません。

クジラの可能性は絶対ないでしょう。

キャメロン湖に生息する魚は大変多いといいますが、そもそも、キャメロン湖自体それほど大きな湖ではありませんから、そこにクジラ並の巨大生物がひしめいているとは考えにくいところです。

巨大生物の食料を考慮すると、キャメロン湖程度の湖に、あまり大きな生物はそぐいませんが、細長い生物であれば体長の割に体も軽くそれほど食料のことを気にする必要はありません。

多くの目撃証言はサーペント系の体型であったといいます。

そういったことを考慮すると、月並みですがやはり既知の生物であればチョウザメの可能性が大です。

実際、ブリティッシュ・コロンビア科学未確認生物クラブの会長を務めるジョン・カーク (John Kirk) さんもチョウザメの可能性が高いのではないかと考えています。 

 
(巨大チョウザメ)

カークさんは、チョウザメに加え、シーサーペントの有力な候補と考えられている巨大ウナギの可能性も示唆しています。

チョウザメはありがちかつ可能性大で面白味に欠けますから、管理人も巨大ウナギ説に一票です。

さて、キャメロン湖の怪物が話題になり、謎の生物の故郷になりつつある周辺住民は鼻高々、観光収入も増えてほくほく顔、、、

どうもそうではないようです。謎の生物を見ようと道路に車を止めて渋滞つくるは、変なやつが押し寄せて物騒になるは、周辺住民はちっともありがたくないと思っているとのことです。

<この記事のURL>
http://umafan.blog72.fc2.com/blog-entry-757.html

↓気に入って頂いた方はクリックして頂けると嬉しいです
人気 blog ランキング でオカルト・ホラーサイトを探す

>>
FC2 ブログランキング (オカルト・ホラー)
>>
人気の面白サイトを探す

(関連)
巨大生物リスト
不思議な生物
チョウザメ
シーサーペント
■ ブリッジ・オブ・ドンの怪物
巨大魚 アリゲーターガー
アメリカ版ネッシー チャンプ
■ 三叉の尾を持つフロリダ・シー・モンスター
オカナガン湖のオゴポゴ
マニポゴ
イゴポゴ
ウィニポゴ
シコポゴ


UMA一覧へ

トップページへ 
スポンサーサイト
デンマークの緑色の子猫
■デンマークの緑色の子猫■
■Denmark's Green Kitten■

ブログの書き方忘れるぐらい久しぶりです。 仕事くそ忙しいし、体調悪いし、やっとこ更新です。

~ 緑色のホッキョクグマ ~



全身に緑入りの毛の生えたホッキョクグマが話題になったので、それに関係するUMAの話でも。

話題になっていたのは、名古屋の東山動植物園にいるホッキョクグマですが、同様のケースは海外のニュースなどでも目にします。ただ、今回の日本のホッキョクグマは緑色に染まった範囲や色の鮮やかさなど、今まで報告された中でもトップクラスの綺麗さです。

さて、そのすべてケースが当てはまるかは分かりませんが、岡山理科大の福田勝洋教授などの研究結果によると、体毛表面に空いた多数の穴から藻が入り込んで増殖したもの、ということが判明しました。

特に際だった害はないということですので、心配はないようです。ただし、自然界だと獲物にそっと近づいても雪や氷の上では目立って仕方なく、あまりいいことではないでしょう。

~ 珍しい体色のUMA ~

UMAの世界には、体色 (模様など含む) だけが他のものと異なる、といったものも多数報告されています。

黄色と黒の縞の代わりに、青と黒の縞を持つ、ブルータイガー。虹色の体色を持つというレインボー・タイガー。ヒョウのような斑を持つライオン、ブチライオンなどなど、他にもたくさんいます。

もちろん、UMAですから捕獲されておらず、その体色が個体の突然変異なのか、別種なのか、他の動物の見間違いなのか、はたまた捏造なのか、といったことは分かりません。

ほとんどが何の証拠もない目撃証言のみで、よくても動画でとられることはまずなく、写真のみです。ふつうの動物写真をフォトショップなどをつかって体色を変化させるのは造作もないことですから、写真があってもあまり信憑性はありません。

そんな中で、完全に捕獲されて、調べられたまれなケースの一つに「デンマークの緑色の子猫」があります。

~ 緑色の子猫 ~


(デジカメのせいで、灰色っぽく写ってしまいましたが、
これがミス・グリーニー)

1995年、デンマークで奇妙な動物が捕らえられました。

生後2ヶ月ぐらいと考えられる緑色の子猫です。

部分的に濃淡はあるものの、全身緑色の毛で覆われており、風変わりな体色と子猫という取り合わせは、まさにおとぎ話の中から現実世界に抜け出してきたような印象を与えます。

この子は全身の毛が緑色なだけでなく、四肢すべての爪も緑色でした。目をのぞくすべてが緑色なのです。

こんな色の猫がいるわけがありませんから、きっと汚れているのだろうと毛を何度も何度も洗ってみましたが、その緑色が薄くなることは決してありませんでした。

つまり、少なくとも緑色のペンキを頭からかぶって色が付いた、とかそういうものではないということが分かりました。この子の毛自体が緑色なのです。

野良猫だったということもあり、デンマークの自然史博物館で展示されることになりました。

この子は女の子だったため、ミス・グリーニー (Miss Greeny) と呼ばれ、デンマークの人気者になりました。

~ ふつうの猫に? ~

さて、ミス・グリーニーの体毛はどういうことでしょう?猫の体毛はふつう白と黒と茶色の組み合わせで、黒が薄くでると青みがかった灰色になるなど、若干のバリエーションはありますが、緑色になることはありません。

最初に挙げた緑色のホッキョクグマのケースはどうでしょう?ないとは言い切れませんが、ミス・グリーニーの場合、体全体+爪、あますところなく緑色に染まるのはちょっと難しいような気がします。

諸説がありますが、ミス・グリーニーは銅濃度の高い水を飲んだことによる体毛の色素変化ではないかといわれています。多量の銅を摂取するのは体に良くありませんが、ミス・グリーニーはどういうわけか健康を損なうことなく、毛の色だけ変化した可能性があるというのです。

実際のところはどうか分かりません。全く別の見解を主張しているものもあります。

いずれにしてもはっきりしていることがあります。ミス・グリーニーは、もうグリーンではなくなったということです。

新鮮な水を飲み、すくすく育ったミス・グリーニー、毛は生え替わり、ミス・グレイになってしまったいいます。

<参考文献>
・UneXplained (Dr Karl P.N. Shuker)

<この記事のURL>
http://umafan.blog72.fc2.com/blog-entry-756.html

↓気に入って頂いた方はクリックして頂けると嬉しいです
人気 blog ランキング でオカルト・ホラーサイトを探す

>>
FC2 ブログランキング (オカルト・ホラー)
>>
人気の面白サイトを探す

(関連)
都市伝説系UMA
不思議な生物
 時事ネタ・雑談・UFO等
翼を持つネコ ~ 翼ネコ
■ 竜巻で廃墟と化した納屋から仔猫が救出される
■ お供え物をもち亡きご主人のお墓参りをする猫
■ 30年ぶりに太陽の光を浴びたチンパンジーたち
■ 殺人ゾウ、赤ちゃんの泣き声に我に返る
■ 30年間行方不明だった亀、物置部屋から発見される
■ 緑色に光る発光猫
角を生やしたネコ ~ ホーンド・キャット
猫とウサギのハイブリッド? ~ キャビット
レインボー・タイガー
ブチライオン
ブルータイガー
レッド・エレファント
レッド・チーター
ジャッカロープ
スクヴェイダー
ホダッグ
マダガスカルのボキボキ
ボルネオで発見された新種の肉食動物
■ 
通り池の怪物

UMA一覧へ

トップページへ 

テーマ:不思議生物 - ジャンル:

お久しぶり
9月の初め頃に、やっとこ仕事が一段落ついて、復帰したのもつかの間、またも超忙しくて1ヶ月ぶりぐらいにブログを見ました。1ヶ月更新しないと広告でちゃうんですよね、初めて出してしまいました(笑)

コメントとかくださった方々、ありがとうございました & コメント返信できず、すみませんでした。

一応、また一段落ついたので、そろそろ復帰しようかと思っています。が、全然最近のUMA情報など見ていなかったので、ちょこっと調べてから。それでは今後ともよろしくお願いします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。