アクセスランキング ブログパーツ
UMAファン ~ 未確認動物
世界中のUMA (未確認生物)、巨大生物、不思議な生物 (珍獣)を紹介しているブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新種の爆弾ゴカイ グリーンボンバー
■新種のゴカイ グリーンボンバー■
■Green bomber (Swima bombiviridis)■

ブログお休み中にあった気になる記事第2弾。



~ 光るゴカイ ~

新種ではないですが、少し前に緑色に光る発光ゴカイ (Odontosyllis phosphorea) が話題になりました。

メキシコ・ペルー沖で確認される神秘的な光、このゴカイのメスがオスを誘引するために分泌する発光粘液が正体だそう。

オスを誘引するときだけではなく、卵もそして生まれた赤ちゃんも光るということで、これは天敵に対する一種の脅しと考えられています。

しかし、深海にはただ光るだけでなく、光る爆弾を投下する同じくゴカイの仲間がいるといいます。



~ 深海のテロリスト ~

今回、深海で発見されたゴカイ (ウミケムシ) たちは、グリーン・ボンバー (green bomber) なる刺激的な英名で総称されています。

bomber は「爆弾魔」とかそういった意味なので、より刺激的に訳せば「緑色の爆弾を持つテロリスト」といったような意味になります。

見つかった5種類のテロリストの1種には「スウィマ・ボンビヴィリディス (Swima bombiviridis)」という学名が与えられ、その意味は「泳ぐ緑色の爆弾」とこちらも刺激的です。

爆弾所持は人間社会において超危険人物、即逮捕に至る重罪ですが、自然界では身を守るためなら危険な方が断然お得です。

彼らの実力を見ていきましょう。

~ 爆弾の威力 ~

以前に紹介したことのある、自爆テロアリはその名に恥じぬ行動を見せます。自爆することにより、自らの命と引き替えに侵入を図る敵のアリたちを巻き添えにします。

一方、「緑色の爆弾テロリスト」たちの生息するのは深海。地上ならまだしも、水中で爆弾を使用するのはちょっと難しそうです。

いかにして爆弾を使用するのでしょう?

テロリストたちは頭部のすぐ後ろに緑色に輝く鶏の卵のようなやや楕円型の球体をたくさん持ち歩いています。



よく映画などでテロリストなどが胴体をぐるりと一周するようにダイナマイトを付けたりしているのを見ますが、グリーン・ボンバーは首の周りに取り付けるという過激さです。

さて、グリーン・ボンバー、敵に襲われると自慢の爆弾をその場に投下、数に限りがあるため1回の投下は1個か2個と若干セコいですが仕方がありません。

投下された爆弾は緑色に光り輝きます。真っ暗闇の中で緑色に輝く爆弾に捕食者は魅了され、その隙をついてグリーン・ボンバーはその場から姿をくらまします。

さて、緑の爆弾、その威力たるものは?

グリーン・ボンバーが逃げ去った後、爆弾に魅了され爆弾に寄り添う捕食者、その瞬間!ボンッ、捕食者を地獄の底へと、、、とはならず、待てど暮らせど何の変哲もありません。

暗黒の深海に、爆弾はまるでペリドットのように静かに輝き続けます。

宝石のようにただ輝き続けるだけ、グリーン・ボンバーは爆弾魔どころかオモチャの爆弾をおいて逃げていく「いたずらっ子」のようです。

ちなみに、グリーン・ボンバーの宝石プレゼント攻撃に引っかからず、そのまま追いかけ回すと、グリーン・ボンバーは刺激を受ける都度、1個2個と宝石を落としながら逃げていきます。

ヘンゼルとグレーテルのパンくず状態で、緑色の光る宝石の後を追っていくと、そこにはペリドットのネックレスをした「いたずらっ子」のグリーン・ボンバーがいることでしょう。

<参照サイト>
National Geographic

<この記事のURL>
http://umafan.blog72.fc2.com/blog-entry-746.html

↓気に入って頂いた方はクリックして頂けると嬉しいです
人気 blog ランキング でオカルト・ホラーサイトを探す

>>
FC2 ブログランキング (オカルト・ホラー)
>>
面白サイトランキング


(関連) 
巨大生物リスト
敵地で爆発 ~ 自爆テロ蟻
3メートルの巨大ゴカイ ~ オニイソメ
■ 深海怪奇生物 ~ ハイドロサーマル・ワーム
■ 口も胃も肛門もない ~ オラヴィウス・アルガルヴェンシス
■ ピーコック・スパイダー ~ 孔雀蜘蛛
エクスプローディング・スネーク
巨大ミミズ Part1
巨大ミミズ Part II
九州で超巨大ミミズが目撃される!?
新種の巨大ヒモムシ
謎の巨大生物の巣の化石
巨大!!ツチノコヒル
巨大ナメクジ
人体寄生 ~ ギニアワーム (グロ注意)
ハリガネムシ (グロ注意)
住血吸虫のミラクルな旅
レウコクロリディウム (グロ注意)
■ 新種のティラノサウルス ~ ピノキオ・レックス
全長50メートル、巨大ミミズ型UMA "ミニョコン"
ミニョコンは実在するか!?
モンゴリアン・デス・ワーム 
スティック・モンスター
前足だけのかわいい?トカゲ "アホロテトカゲ"
ベーヒアル (スコットランドの巨大イモムシ)
■ まるでスワロフスキー ~ スパン・グラス・キャタピラー
■ 
グミそっくりのイモムシ ~ ジュエル・キャタピラー 

UMA一覧へ

トップページへ 
スポンサーサイト

テーマ:不思議生物 - ジャンル:

ブルーベル湖の巨大鯉 ベンソン
■ブルーベル湖の巨大鯉 ベンソン■
■Benson the carp■

1ヶ月間ブログお休みしていたので、その間に気になっていた記事をいくつか紹介していきたいと思っています。

まずは巨大鯉ベンソンさん。



~ 殺し屋クノ ~

東南アジアのメコンオオナマズ、南米のピライーバと並ぶ世界三大巨大ナマズ (←勝手に命名) のひとつ、ウェルズ・キャットフィッシュ (ヨーロッパオオナマズ)

ファンタジー好きのヨーロッパらしく、このウェルズの伝説的になっているある個体には「クノ」という名前が付けられています。

クノはドイツの湖に生息しており、体長は3メートルとも5メートルともいわれ、水を飲みに来た子犬を丸飲みしたとか、遊泳中の人間の子供を食べてしまったとか、それはそれは恐ろしい逸話に彩られています。

そのため、クノは通常「殺し屋クノ (kuno the killer)」と呼ばれています。

何年か前に、湖が干しあがってクノが死んだとの情報が流れましたが、ウェルズとしてはとりわけ大きな個体とは言えず、また、クノは大きさ以外に識別できる特徴がなく、取り敢えず大きな個体ならみんな「クノ」になってしまっているのが現状です。

 
(干上がって死んだ殺し屋クノ)

人間の子供を食べた、体長5メートルなどといった情報は、著しく信憑性に欠け、明らかに誇張されたものですが、ある意味、クノはホラー版アイドルといえる存在であるともいえます。

しかし、イギリスには誰からも愛される本当の意味でのアイドル的な存在、「鯉のベンソン (Benson the carp)」がいます。

~ コイのベンソン ~

ベンソン (Benson) は、トニー・ブリッジフット (Tony Bridgefoot) さんの所有するブルーベル湖 (Lake Bluebell) に住んでいる巨大なメスの鯉です。

日本では「セレブ (celebrity, 「著名人」)」という言葉が間違って使われているのでピンと来ない人もいるかもしれませんが、海外でベンソンは「セレブ鯉」「もっともセレブな魚」などと形容されています。

ベンソンはそのまるまると太った巨体が人気を博し、知られているだけでも63回は釣られているということです。

釣った人はベンソンを抱きかかえて記念撮影をするとすぐにリリースするというわけです。

さて、そんな人気者のベンソンさんでしたが、残念なことに湖に浮かんでいるのが発見されました。享年25歳 (推定)。

ギネス記録にもなっている日本の緋鯉 (ひごい)、「花子」は鑑定の結果226歳まで生きたといわれていますが、ふつうの鯉でも問題なければ50~70歳ぐらいまで生きるといわれており、ベンソンのその早すぎる死に全英は悲しみに暮れたといいます。

とはいいながら、前述の通り、大事にされている割には最低でも63回は釣り上げられており、蓄積されたストレスや身体的ダメージの影響がなかったとは言い切れません。

毒入りナッツを何者かが食べさせた、紹介されているサイトもあるようですが、これはちょっとばかり違うようです。

生のナッツ (種類不明) を撒き餌のように使って釣りをしている輩がおり (この湖ではナッツを使った釣りは禁止されています)、生のナッツは鯉にとって有毒であるため、ベンソンはそれを食べて死んだ可能性がある、というのが真相です。

いずれの理由にしてもベンソンが亡くなってしまった事実に変わりはなく、彼女が死ぬまで存在を知らなかった管理人にしても、残念でなりません。

<この記事のURL>
http://umafan.blog72.fc2.com/blog-entry-745.html

↓気に入って頂いた方はクリックして頂けると嬉しいです
人気 blog ランキング でオカルト・ホラーサイトを探す

>>
FC2 ブログランキング (オカルト・ホラー)
>>
面白サイトランキング


(関連) 
巨大生物リスト
 時事ネタ・雑談・UFO等
ヨーロッパオオナマズ
殺し屋クノ捕まる?
メコンオオナマズ
巨大ナマズ ~ ピライーバ
中国で巨大人食いナマズ捕まる
真・殺人ナマズ ~ カンディル
川に紛れ込んだ謎の巨大魚 
人食いワニ グスターブ (ナイルワニ)
巨大魚 ~ ナイルパーチ
巨大魚 ~ アリゲーターガー
巨大魚 ~ ターポン
超巨大淡水エイ ~ ヒマンチュラ・チャオプラヤ
コンゴ川のタイガーフィッシュ
江戸川の怪魚 ~ エディ
ヴォルコフ川で謎の生物が目撃される
奇妙な生物の死骸 
■ 
ペンサコラで捕獲されたゼリー状の怪魚
■ ブラジル沖で捕獲された怪魚 ~ シャチブリ

UMA一覧へ

トップページへ 

テーマ:不思議生物 - ジャンル:

巨大ゼミ テイオウゼミ
■巨大ゼミ テイオウゼミ■
■Pomponia imperatoria■


(多摩動物公園 昆虫館にて)

~ 来訪者 ~

超久々の更新です。

今年の夏は、季節に合わせ、たまっていた昆虫・海の毒性物を紹介しようとしていたのですが、仕事が忙しくて更新できないうちに夏も終わりかけています。

賑やかだったセミの声も一時よりはだいぶ静かになってきました。セミの声が静まってくると、夏もそろそろ終わりかな、といった気持ちになってきます。

会社から帰ってくるとマンションの玄関先に昆虫が落ちているときがあります。

先日はなかなか大きめのショウリョウバッタ。マンションの構造上、一度マンション内に入ってしまうと抜け出せなくなってしまいます。

捕まえられまいと逃げまくりますが、こんなところにいてはすぐに干からびてしまいますから、捕まえて草むらに放り投げておきます。

セミもよく転がっています。クマゼミがひっくり返っていたので捕まえようとすると、まだ生きていました。もう瀕死ですが、ショウリョウバッタ同様、草むらにポイっと投げ入れます。

この前はアブラゼミが転がっていました。今度は死亡が確認されており、ほったらかしにしておいたら、次の日の朝には野良猫かなにかが食べていったようです、4枚の羽だけがマンションの床に散らばっていました。

これからも頻繁にセミは落っこちてくることでしょう。

~ 神の奇跡 ~


(セミはカメムシの仲間ですが、カメムシがカラフルできれいなものも多いのに比べ、セミは木の幹にへばりついて目立たないようにするためか地味な色のものが多いです。ですが、このコスタリカのセミはとてもきれいです。)

さて、ちょっと話はそれますが、夏から秋にかけてバーベキュー大会は全盛期。友達や会社の同僚たちと河原なんかに集まってバーベキューを楽しんでいる人も多いでしょう。

しかし、山だとさっきまで超晴れていたのに突然雨に見舞われたりします。

あわてて近くの林に逃げ込んで、木の下に隠れたりします。

一時の通り雨、しばらく木の下で雨をしのいでバーベキュー再開、、、のはずが、運が悪いと木の下にいたにもかかわらず、というか木の下にいたため余計にびしょ濡れになるという「奇跡」に見舞われる可能性があります。

それは「雨の降る木」の下に避難したがための不運です。

南アフリカとか東南アジアとか、そういった「奇跡の雨の降る木」が紹介されるときがあります。シトシトと降るとかそういったレベルではなく、結構な大雨状態です。

超常現象をまとめた「フェノメナ」にもそういった記録がいくつか掲載されています。

1886年、アメリカ、ノースカロライナ州で太陽が照りつける快晴であっても、ある時間になると並んだ2本の槲 (かしわ) の木から雨が降り出したといいます。

1892年、同じくアメリカ、ペンシルヴァニア州のブラウンズヴィルのとある桃の木から雨が降り出したといいます。

地元住民たちは神の奇跡とその木の周りをぐるりと取り巻き、「奇跡の聖水」を全身に浴びて幸せそうな笑顔を浮かべたりしています。

この「聖水」を浴びると万病が治ったり、幸福になったり、それはそれは神の奇跡を味わうことが出来るといいます。

しかも、これはオカルトではなく、まったくの事実で、晴天にもかかわらず、木の下にだけ霧がかかったように雨が降り続ける様子はテレビのニュースなどでも紹介されたりしたことがあります。

ただし、その効能にはかなりの疑問を呈さずにはいられません。なぜなら、そう、みなさんも予測がついたことでしょう、その雨はセミのオシッコ (糞尿) なのです。


(雨が降るように、というほどではありませんが、tHE tiDE cHAsER さんのサイトでは、なかなかすごいセミのオシッコシャワーを動画でみることができます)

日本では考えられないほどの無数のセミが1本の木に群がり、次から次へと途切れることなくオシッコ大会です。

で、セミだったらどの種でもいいというわけではなく、おそらくある種のセミに限られるのではないかと推測されます。

というのも、大量発生で知られる十七年ゼミ (&十三年ゼミ) でも、それほどすごいオシッコシャワーの映像は見たことがありません。この木から雨が降るようにオシッコをしまくるセミたちは、オシッコのスペシャリストではないかと思います。

種類は分かりませんけど。

~ テイオウゼミ ~


(セミ風に描かれたモスマン)

アメリカのヒーロー的UMA、モスマン (Mothman)、名前の通り「蛾人間 (日本では通常「蛾男」を訳されます)」という意味ですが、実際には頭部の形状や目の離れ方などはセミによく似ており、シカダマン (Cicadaman, 蝉人間) といったほうが適切なぐらいです。

モスマンの体長は2メートル以上といわれており、さすがに2メートルのセミは存在しませんが、最大のセミはどれぐらいでしょう?

セミはなかなか体の大きい昆虫で、日本のクマゼミなんかもかなり大きいですが、一般的に東南アジアに生息するテイオウゼミが世界最大といわれています。


(同じく多摩動物公園にて この個体はそれほど大きくないですが)

テイオウゼミは大きいものだと体長が10センチ近くにまで成長するといわれ、その他にも熱帯雨林に生息するアブラゼミの仲間などもテイオウゼミと互角に渡り合えるほど大きいものがいるといいます。

セミは体幅が非常にあり、ゴロッとしているので大きいものだと携帯電話と間違えてしまいそうです。間違えませんね。

体が大きいからといって必ずしも大量にオシッコをするというわけではありませんが、オシッコをまき散らすと素質・能力としてはテイオウゼミはなかなか将来性のあるセミです。

テイオウゼミが異常発生して、一本の木に群がれば、「奇跡の雨の降る木」は今までのものとは比べものにならない「奇跡のドシャブリの木」になるかもしれません。

<この記事のURL>
http://umafan.blog72.fc2.com/blog-entry-744.html

↓気に入って頂いた方はクリックして頂けると嬉しいです
人気 blog ランキング でオカルト・ホラーサイトを探す

>>
FC2 ブログランキング (オカルト・ホラー)
>>
面白サイトランキング


(関連)
不思議な生物リスト

巨大生物リスト
大人になるのに17年~ 十七年ゼミ (素数ゼミ)
超巨大昆虫 ~ タイタンオオウスバカミキリ
巨大ナナフシ ~ サカダチコノハナナフシ
■ 超巨大昆虫 ~ ユウレイヒレアシナナフシ
■ 超キレイなナナフシ ~ アクリオプテラ・ファラックス
■ 超巨大昆虫 ~ 四川省で巨大ヘビトンボの新種発見
■ 悪魔の幼虫 ~ ヒッコリー・ホーンド・デビル
巨大トンボ メガネウラ
巨大カゲロウ (絶滅種)
セントヘレナオオサハミムシ
巨大なスズメバチ?
縮む縮む マサカカツオブシムシ
島を消滅させる ナナツバコツブムシ
超短命! 1時間ブヨ
敵地で爆発 ~ 自爆テロアリ
殺人蟻 ~ アカヒアリ (カミツキアリ, RIFA)
謎の大絶滅 ~ ロッキートビバッタ
ウデムシ
巨大ヒモムシ
巨大ゴキブリ (アプソロブラッティナ) (絶滅種)
巨大ゴキブリ 現世編 ヨロイモグラゴキブリ
■ 100%虫のチョコレートケーキはいかが? (微グロ注意)
400歳のハマグリ見つかる

UMA一覧へ

トップページへ 

テーマ:不思議生物 - ジャンル:

お久しぶりに
みなさんお久しぶりです

仕事が忙しすぎて体調も芳しくないため、8月は開設以来最悪の更新頻度になってしまいました。ブログも1週間に1回見るかどうかというぐらいで、コメントも全然見ていませんでした。9月からは少し楽になるかと思ったら、9月の上旬も超超忙しいと釘を刺されており、ほんと死にそうです。 過労死させようと会社は必死です(笑)

とはいえ、今週末あたりから更新を再開したいと思っており、そうなればいいと自分も願っております。いつも見に来て頂いてみなさん本当にどうもありがとうございます。
ニカラグアの犬を食べる木
■ニカラグアの犬を食べる木■
■Dog devouring tree■



ほんと久方ぶりの更新です。仕事が一段落ついたので、これからはまた更新できるかな、とは思います。

~ ハエトリソウ ~

久しぶりの未確認植物 (UMP) のお話です。

アメリカ原産のハエトリソウ、食虫植物の代表的な種ですが、18世紀半ば、はじめてヨーロッパに伝えられた頃には、科学者はこの植物の存在を全く信用しなかったといいます。

未知の大陸から帰国した人々の土産話は大げさなものが多く、あり得ないような動物たちも数多く報告されるのが常でした。

ハエトリソウもそういった動物たちと同様、土産話として「創作」されたものと信じて疑いませんでした。

しかし、ハエトリソウは実在します。現在では日本でも安価で手軽に手に入れることが出来ます。

~ ニカラグア湖とオオメジロザメ ~

さて、今日の舞台は中央アメリカのニカラグアです。

ニカラグアにはこの国最大にして中南米で2番目に大きな湖、ニカラグア湖があります。このニカラグア湖には巨大なサメが生息していることで有名です。

以前には淡水に生息する固有種のサメと考えられ、Lake Nicaragua shark (Carcharhinus nicaraguensis) と固有名で呼ばれたり、学名なども存在しますが、実際はオオメジロザメです。

オオメジロザメは最大級のものでは体長3メートルを超す巨躯 (きょく) に成長し、かつ川や湖などに入り込むことが可能であるため人間にとっては非常に危険なサメです。

ニカラグア湖では毎年何人かが、このサメに襲われて負傷しているといわれており、死者も出ています。

とはいえ、2~3メートル級に成長しているオオメジロザメが少ないことと、獲物として人間は大きすぎることから襲われることは希であり、ニカラグア湖でこのサメの犠牲になっている陸上の生物では犬のほうが格段に多いといわれています。

このニカラグア湖周辺ではこのサメの他にも犬を狙っている生物がいるといわれています。

~ 犬を貪る木 ~

19世紀末、このニカラグア湖の周辺湿地帯の植物を、飼い犬を連れて調査していたナチュラリスト、ダンスタンはある日とんでもないものに遭遇したと伝えられています。

いつものように、飼い犬と共に森の植物を調査していたダンスタン、心地よい鳥や昆虫の鳴き声だけが森の中に響きます。

そんな静かな森の中を、突如、飼い犬の悲鳴が響き渡りました。

ダンスタンは悲鳴の聞こえたほうへと駆け寄ると、そこには信じられない光景が、、、

ロープのような根と繊維状の蔓 (つる) がダンスタンの飼い犬をしっかりと押さえつけていたというのです。

蔓草に覆われているようなその真っ黒な木は、表面からネバネバした粘液を分泌していたといいます。

ダンスタンは悲鳴をあげる飼い犬の元へ駆け寄ると、持っていたナイフで蔓を切り裂き、犬を救出しました。

飼い犬の体を調べると、その植物に血を吸われた跡が残っていたといいます。

ダンスタンは現地の人々にこの植物について訪ねてみると、この一帯では有名な食虫植物であり、「悪魔の罠」と恐れられているとの情報を得ました。

~ おとぎ話かそれとも、、、? ~

常識から考えて、とてもありそうにない植物のような気がします。

食虫植物は栄養素の少ない土地で、土からだけでは不十分な栄養素を動物から補う、というのが本来の目的で、それ故、それほど大がかりではなく、小柄で力の弱い昆虫をターゲットにしています。

大きなウツボカズラなどには希にカエルやトカゲ、ネズミなど、小型の脊椎動物が落ちて死んでしまうこともありますが、「犬」は体も格段に大きく、力も大変強い動物です。

こんな大きな動物を捕まえ続けないと生計を立てられない植物が果たして存在するのかというと首をかしげたくなります。

ではダンスタンは土産話にこの植物を「創作」したのでしょうか?

ダンスタン自体、どんな人か、そもそも実在したのかさえ分からないのですが、彼の飼い犬を捕らえた描写がないことから、ほんのわずかばかり実在する可能性も良心的に考慮してあげたいと思います。

というのも、ダンスタンは植物が飼い犬を捕らえる瞬間を見たわけではないので、考える余地が若干あるのではないか、という意味です。

そういった食虫植物が、通りがかった犬を能動的に押さえつける、といった動きは無理にせよ、なんらかの動物の好む分泌物を出し動物をおびき寄せるという方法は十分可能です。

その分泌物を舐めていると、複雑に絡み合った蔓に体が引っかかったりします。蔓にはトゲがあり、無理に外そうと暴れまくると、蔓は次から次へとどんどんまとわりついていきます。

つまり、「悪魔の罠」という名の通り、「罠」であり、動物自らが暴れることにより外れなくなってしまうというからくりです。

蔓についているトゲの先には動物の体液を吸い取る仕組みがあり、痛みと疲労で身動きの取れなくなった動物が往きながら体液を吸い取られてしまうというわけです。

ハエトリソウを否定した科学者が、実在したことを知ってどれだけ驚いたかは想像に難くありませんが、この悪魔の罠 (デビルズ・スネア) が実在したら世界中の人々が腰を抜かしそうです。

<参考文献>
● the UneXplained (Dr Karl P.N.Shuker)
● SHADOWS IN THE SEA (Thomas B. Allen)


<この記事のURL>
http://umafan.blog72.fc2.com/blog-entry-741.html

↓気に入って頂いた方はクリックして頂けると嬉しいです
人気 blog ランキング でオカルト・ホラーサイトを探す

>>
FC2 ブログランキング (オカルト・ホラー)
>>
面白サイトランキング


(関連)
不思議な生物リスト
史上最強!?ライオンゴロシ ~ 悪魔の爪
デビルツリー (人を喰う木)
冬虫夏草 (微グロ注意)
砂漠の怪植物 ~ ウェルウィッチア
猛毒植物 ストロファンツス
スマトラオオコンニャク (死臭花)
寄生植物 ~ ラフレシア・アーノルディ
死んでも死なない!?フッカツソウ
実在する悪魔の植物 マンドラゴラ

ケサラン・パサラン (ケセラン・パサラン)
ケサラン・パサラン (ケセラン・パサラン) Part II
■ トライしたい10のエキゾチック・フルーツ
スネークツリー (鳥を喰う木)
スキタイの羊 (植物羊)
エクスプローディング・ツリー
■ 実在するゾンビウイルス ~ バキュロウイルス
半草半獣の新種微生物、ハテナ?発見

UMA一覧へ

トップページへ 

テーマ:オカルト - ジャンル:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。