アクセスランキング ブログパーツ
UMAファン ~ 未確認動物
世界中のUMA (未確認生物)、巨大生物、不思議な生物 (珍獣)を紹介しているブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
生きた化石 ~ カギムシ
■生きた化石 ~ カギムシ■
■Velevet worm (Onychophora)■



今月は超多忙のため、更新が厳しい状態になっています、申し訳ありません。

今回は書く時間がないので、リクエストをいただいており、以前にすでにほとんど書き置えていたカギムシにします。

興味のない人にとってはミミズやイモムシ、ムカデなんかとほとんど変わらない生き物に写ってしまいそうですが、どうしてどうして、ずいぶん不思議な生き物です。

たいていのものは大きくても10センチを越えるほどと、それほど大きな生物ではありませんが、コスタリカのものには20センチを越える巨大なカギムシも存在するそうです。

一見すると蝶とか蛾の幼虫、つまりイモムシとかアオムシとかそういったものに見えてしまいますが、彼らとは異なり、ずいぶんと立派な「足」がたくさん生えています。



それではムカデやヤスデの仲間でしょうか?しかし、かれらような細い足ではありません。人間の赤ちゃんの指のようなぷっくりふくらんだ足で、関節もありません。

足のあるミミズのようにも見えますが、ミミズやゴカイの仲間のような体節がありません。つまり環形動物 (かんけいどうぶつ) でもありません。

かれらカギムシは、他の見慣れた動物のいかなる仲間にも属さない、有爪動物 (ゆうそうどうぶつ) という珍しい生き物で日本には生息していません。

あまり動きが速くなく、ヤスデのように腐葉土や屍肉をあさっていそうな感じがしますが、完全な肉食です。

獲物は昆虫が主ですが、彼らよりも動きの遅い昆虫はかなり小柄なものに限定されますし、追いついたところで特別に獲物を押さえつけられるような付属肢もありません。あんな肉球みたいな足でつかまれたって昆虫は気持ちいいだけです。

しかも羽のある昆虫ですから、捕まえるのはずいぶん大変なはずです。

よく絶滅せずに今まで生きていた、と感心してしまいますが、かれらはとっておきの武器を持っているので、狩りは想像するほど大変ではないのです。



頭部の両端にネバネバの液体を飛ばす器官がついており、これを獲物に向けて噴射します。接着剤のようなこの液体をかけられると、昆虫は身動きが取れなくなってしまいます。

獲物の動きを封じると、ゆっくりとやってきて、カギムシのお食事タイムです。獲物を押さえつけるような器官はありませんが、獲物が身動き取れなければ問題ありません。

カタツムリの甲羅も簡単にかみ砕いてしまう「歯」で、昆虫の固いクチクラも易々とかみ砕いて食べてしまいます。

この口、パイナップルの輪切りのような形をしており、お気づきの方も多いはず、かつてクラゲの一種と勘違いされ「ペユトイア (Peytoia)」なる名前までつけられていたアノマロカリスの口の形を彷彿とさせます。




現在でこそ有爪動物はカギムシだけですが、奇妙な姿の動物がひしめいていたカンブリア紀には、有爪動物に分類されている生物もいくつか見つかっています。

ハルキゲニアアユシェアイア (アイシェアイア) で、特にアユシェアイアとは、ずいぶんと姿が似ています。

大げさな表現をすれば、カギムシは時空を越えて存在している、不思議な生物なんですね。

<この記事のURL>
http://umafan.blog72.fc2.com/blog-entry-740.html

↓気に入って頂いた方はクリックして頂けると嬉しいです
人気 blog ランキング でオカルト・ホラーサイトを探す

>>
FC2 ブログランキング (オカルト・ホラー)
>>
面白サイトランキング


(関連)
誤認・絶滅動物
不思議な生物リスト
アノマロカリス Part I, Part II
■ 歩くサボテン ~ ディアニア・カクティフォルミス
カンブリア紀の怪物 フルディア・ヴィクトリア
妖精エビ (アノマロカリスのような新種のエビを発見)
■ 装甲イモムシ ~ ラシアン・アーマード・ワーム
■ 絶滅超巨大カゲロウ ~ メゾサイロス
ロシアの漁師、宇宙人食べる
ロシアで奇妙な生物発見?
巨大ザリガニ、タスマニアオオザリガニ
■ 中国の宇宙飛行士はミルワームが主食?
深海で新種のカニ、発見される ~ イエティ・クラブ
スカイフィッシュ

UMA一覧へ

トップページへ
 
スポンサーサイト

テーマ:不思議生物 - ジャンル:

猛毒 ヒョウモンダコ
■猛毒 ヒョウモンダコ■
■Blue ringed octopus■



さて梅雨明けも間近に迫っており、夏の訪れもすぐそこです。

夏といえばやはり虫の季節、そして海水浴、でっかい虫か海の毒性物、どちらを紹介するか迷いましたが、今回はヒョウモンダコにします。



アンボイナガイキロネックスイルカンジクラゲなど、無脊椎動物の小柄な種に猛毒を持つものが多いですが、ヒョウモンダコの仲間もそのすべてが10センチぐらいのとても小柄なタコです。

名前の通り、豹柄の紋が前進にあるのが特徴で、つっついたりして怒らせると、まるで発光しているかのように豹柄の紋を鮮やかなブルーに変化させます。

そのため、英名はブルー・リングド・オクトパス (Blue ringed octopus, 「青い輪紋のタコ」) といいます。

小柄なので、タコにそれほど偏見のない人であれば、かわいらしく見えますし、特にブルーに紋の色を変化させたときは綺麗なため、思わず手にとって遊びたくなってしまいます。



が、最初に書いたとおり、ヒョウモンダコは猛毒を持つ生物で、フグ毒、テトロドトキシンを持っています。

小さいですが、かなり自分の毒に自信があるためでしょうか、むやみやたらに咬みついてくるタコではありませんが、咬まれると死んでしまう場合もあるため気をつけましょう。

さて、このヒョウモンダコ、このテトロドトキシンで大好物のカニやエビといった獲物を捕まえている、といった記載が古い本にはありますが、どうも餌を取るときはテトロドトキシンではなくハバロトキシンを使っているようです。

ちょっとこの毒の種類については自信がないので、あとで書き直すかもしれません。

ヒョウモンダコの毒がどこに由来するのかよく分かりませんが、毒ガニの代表格、スベスベマンジュウガニウモレオウギガニなど毒性の強いオウギガニの仲間を食べることにより、食物連鎖で蓄積しているのかもしれません。

ちなみに、毒で身を守っているため不要になってしまったのでしょうか、タコなのに墨は吐きません。墨袋が退化してしまっているからです。

毒を持つは、墨は吐かないは、およそタコらしくないタコ、それがヒョウモンダコです。

<この記事のURL>
http://umafan.blog72.fc2.com/blog-entry-739.html

↓気に入って頂いた方はクリックして頂けると嬉しいです
人気 blog ランキング でオカルト・ホラーサイトを探す

>>
FC2 ブログランキング (オカルト・ホラー)
>>
人気の面白サイトを探す

(関連)
不思議な生物リスト
殺人クラゲ ~ キロネックス・フレッケリ
見えざる殺人クラゲ ~ イルカンジクラゲ
■ 殺人イルカンジクラゲの巨大種発見される
■ 水鳥を頭から貪り食うイソギンチャク
スベスベマンジュウガニ
猛毒イモガイ ~ アンボイナガイ
■ クラーケンは実在した!?
小さな海賊 アオミノウミウシ 
モウドクフキヤガエル
■ 猛毒イモリ ~ サメハダイモリ
■ 最強毒グモ ~ クロドクシボグモ
セアカゴケグモ猛毒伝説は本当か?
バミューダの巨大クラゲ
巨大ヒモムシ
深海の赤い悪魔 ~ レッド・デビル・スクイッド
10メートル、450キロのコロッサル・スクイッド捕獲される
ダイオウイカより巨大、コロッサル・スクイッド
生きているダイオウイカの撮影に成功
ダイオウイカレベル ~ ニュウドウイカ
■ 佐渡で生きたままユウレイイカが水揚げされる
■ バイセクシャル疑惑 ~ キタノヤツデイカ
■ 卵を抱いて4年半、究極の母性愛 ~ ホクヨウイボダコ
殻付きタコ ~ タコブネ
ヘクトコチルス・オクトポディス
6本腕のタコ ~ ヘクサパス
新種の深海イカ オクトスクイッド
未だ捕獲されない巨大イカ ~ ミズヒキイカ
クラーケン
バハマの巨大頭足類 ルスカ
■ 
巨大クラゲ ~ ディープスタリア・エニグマティカ

UMA一覧へ

トップページへ 

テーマ:不思議生物 - ジャンル:

開設4周年!!!
早いもので開設4周年、5年目に突入です。

マイナーサイトならではの、細く長~く、のんびりとこれからも続けていきたいと思います。こちらのサイトの補足版として、オカルトサイトも立ち上げました。まだ正式に始めていないので記事はほとんどありませんが、こちらの記事で取り上げられない、更に怪しい系のネタを取り扱っていく予定です。そのほかにもサイトを立ち上げ予定です。

今後もよろしくお願いいたします<(_ _)>



トップページ 
下水道で発見された未確認生命体

■下水道で発見された未確認生命体■
■New life-form found in sewer■


(下水管謎の生物の動画
※ 画像をクリックするとYouTubeに飛びます)

~ ノースカロライナの未確認生物 ~

ツシカさんから教えてもらった動画です。

アメリカのノースカロライナ州の下水道内で、奇妙な生物がビデオに撮られました。

下水道の中というのは見ていて心地よいものではありませんが、その中で撮影された「生物」はさらに輪をかけて心地よくありません。

その生物は下水管のつなぎ目ごとに棲息しており、「下水管の腫れ物」といった風情です。

地球侵略を狙う宇宙からの生命体との噂もありますが、下水道から攻めてくるというこの上なく地味な侵略計画、目の付け所がただものではありません。

ゴロリとした球状で、それが「生物」であり決して排泄物などでないことは、カメラを向けたときにビクッビクッと脈打つことでも分かります。

梅干しのような下水管に張り付くこの生命体、球状の本体が動くと、下水管にへばりついている筋状の部分もその動きに合わせて筋肉の筋のように動きます。

色も形も、そして動きもすべてが大変気持ち悪いです。


(グロブスター)

ときどき砂浜に打ち上げられる謎の肉塊、グロブスターの超リトル版といった感じですが、グロブスターがまったく動かないのに対し、こちらは元気いっぱいです。

これこそグロブスターの赤ちゃん?下水処理場をどうにかして突破し、海に流れ着いたこの生物が大きくなり、、、

そういえば、多くのグロブスターの縁にも触手のようなものがありますし、、、

~ 正体は? ~

さて、冗談はさておいて、これはいったいなんでしょう?

フェイクビデオ?

汚染されると増殖するコケムシの群体でしょうか?日本でも大繁殖してみんなをビックリさせたオジャッシー、中国などでも生活排水・工業廃水を垂れ流した結果、コケムシ (オオマリコケムシ) がわんさかと大発生したのは記憶に新しいところです。


(オオマリコケムシ)

しかし、コケムシの群体がこんなに元気よく動けるはずがありません。コケムシ却下です。

ではバクテリアの群体、フロックなどはいかがでしょう?バクテリアの中にも水中で鞭毛 (べんもう) をスクリューの用に使って泳ぎ回ることが出来るものがいます。

運動能力に優れたバクテリアたちが合体したフロック、汚染された水域などではフロックが存在しますから、下水道内にいてもなんら不思議ではありません。

しかし、フロックもコケムシ同様、水中に沈殿しているだけで目に見える動きは不可能です。

やはり噂通りの宇宙からの未確認生命体、、、

と、この下水管の腫れ物、イトミミズの一種が群体を成して球状になっているのではないか、とのことです。


(イトミミズの群体の動画
※ 画像をクリックするとYouTubeに飛びます)

<参照サイト>
Deep-Sea News

<この記事のURL>
http://umafan.blog72.fc2.com/blog-entry-737.html

↓気に入って頂いた方はクリックして頂けると嬉しいです
人気 blog ランキング でオカルト・ホラーサイトを探す

>>
FC2 ブログランキング (オカルト・ホラー)
>>
人気の面白サイトを探す

(関連)
不思議な生物リスト
■ リトアニアの池の中でうごめく赤い「何か」
謎のゼリー状物質 第1弾
謎のゼリー状物質 第2弾
謎のゼりー状物質 第3弾
謎のゼリー状物質 第4弾
謎のゼリー状物質は未確認飛行生物の死骸か?
ノルウェー沖の謎のブロブ
雄蛇ヶ池の謎の生物 ~ オジャッシー
■ 中国河川に生息する不定形水生生物
謎の巨大肉塊 ~ グロブスター
オオグチボヤ 
ブロブフィッシュ (ニュウドウカジカ)
謎の都市、エイリアン・メトロポリス
殺人クラゲ ~ キロネックス・フレッケリ
見えざる殺人クラゲ ~ イルカンジクラゲ
小さな海賊 アオミノウミウシ
直径20センチの巨大ミミズ ~ ミニョ太郎
巨大ツチノコヒル 
バミューダの巨大クラゲ
巨大ヒモムシ

UMA一覧へ

トップページへ 

テーマ:不思議生物 - ジャンル:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。