アクセスランキング ブログパーツ
UMAファン ~ 未確認動物
世界中のUMA (未確認生物)、巨大生物、不思議な生物 (珍獣)を紹介しているブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カンブリア紀の怪物、フルディア・ヴィクトリア (ビクトリア)

■フルディア・ヴィクトリア (ビクトリア)■
Hurdia victoria



~ カンブリア大爆発 ~


(ハルキゲニアの化石)

恐竜が現れる遙か前、カンブリア紀の海には突如、奇妙奇天烈な動物たちが現れました。

上下前後も分からないほどユニークなハルキゲニア、掃除機のノズルを思わせる吻 (ふん) を持ったオパビニア、背部に剣山のような突起を生やしたウィワクシア、泳ぐ湯たんぽオドントグリフス、、、


(オパビニア)

その他にも魅力溢れる生物たちでごった返しています。これら魅力的な生物たちはスティーブン・ジェイ・グールドさんの「ワンダフル・ライフ バージェス頁岩と生物進化の物語」で一般的にも広く知られることになりました。

そんな中で、もっとも知名度が高く、かつ人気のあるもののひとつがアノマロカリスといえます。

口と触手と胴体、それぞれバラバラに見つかって、しかもそれぞれの部分が単独の生物と認識されていたことは有名な話です。

この時代、一気に動物たちが現れたことは確かですが、そのほとんどは10センチを超えることはなく、上記のハルキゲニアは2~3センチ、オパビニアも5センチ前後です。

アノマロカリスの各部分がそれぞれ単独の生物として認識されたのは、その形もさることながら、それぞれの器官の大きさがカンブリア紀の動物たちの標準的な大きさだったからです。まさか巨大な生物の一部分だとは考えも及ばなかったのです。


(初期のハルキゲニアの復元。
右側が頭部、背中の触手でエサを捕らえていたと考えられていました。 ちなみに発売当初の「ワンダフル・ライフ」の表紙にはこの逆さまバージョンのハルキゲニアが描かれています)

(現在のハルキゲニアの復元
上下前後が逆だったことが判明しました)

しかしアノマロカリスは巨大な生物でした。バラバラに認識されていた「生物」たちをつなげると、体長は60センチ以上にも及ぶことが判明したのです。

イカの食腕を思わせるしなやかそうな触手で獲物を捕らえ、強力な顎でかみ砕いていたことでしょう。

現在知られているカンブリア紀最大のアノマロカリスが、この時代の海で食物連鎖の頂点に君臨していたことは確実ですが、アノマロカリスのライバルになりそうな巨大な生物が登場しました。

~ フルディア・ヴィクトリア ~


(コウイカ風に復元されたアノマロカリス)

今回の主役はフルディア・ヴィクトリア (Hurdia victoria) です。

このフルディアは実は100年ほど前にすでに発見されている生物です。しかし今回復元されたような生物だとは思われていませんでした。

現在知られるカンブリア紀のほとんどの生物を、カナダのバージェス頁岩 (けつがん) で発見・命名したのはチャールズ・ドゥーリトル (ドリトル)・ウォルコットさんですが、その中にこのフルディアも含まれています。

グールドさんは「ワンダフル・ライフ」でウォルコットさんの分類法を「ウォルコットの靴べら (カンブリア紀の生物をすべて既存の門に靴べらで押し込むように分類していることから)」と強烈に揶揄 (やゆ) していますが、グールドさん風に表現すればフルディアも靴べらで押し込まれていたようです。


(オドントグリフス)

さて、フルディア・ヴィクトリアの「正しい」復元がこんなにも遅れたのは、アノマロカリスと同じ原因だったようです。すなわち、大きすぎてバラバラに保存され、かつバラバラにそれ自体が完全な生物と認識されていたからです。

フルディアの最大体長は驚きの50センチ、アノマロカリスの仲間に属し、アノマロカリスのように獲物を捕らえるであろう触手を1対備えており、全体的にも比較的アノマロカリスに似た姿をしています。

ただし、頭部にずいぶんと立派な盾というかフードを持っており、ここがアノマロカリスと決定的に異なる部分です。

気になる頭部のフードですが、これの役割は現時点では不明で、この時代の最大級の捕食者であることから頭部を守るためのものではなかったと考えられています。


(背中に剣山、ウィワクシア)

とはいえこれだけ大きな付属物が役に立たないとは考えにくく、海底を歩く獲物を上からかぶせて逃げられないようにしてから捕らえたとか、ヘラチョウザメやノコギリザメのように砂底のエサ探知機に使用したとか、真実は分かりませんが、なんらかの用途はあったことでしょう。

体全体はエラで覆われており、この巨体の隅々まで酸素を供給するのに一役買っていたとのこと、この高性能の酸素供給システムによりカンブリア紀の海を悠然と泳ぎ回ることができたことでしょう。

天国のスティーブン・ジェイ・グールドさんにも是非見てもらいたかった生物です。

<参考サイト・文献>
Scientific blogging
ワンダフル・ライフ (スティーヴン・ジェイ・グールド 著)

<この記事のURL>
http://umafan.blog72.fc2.com/blog-entry-720.html

↓気に入って頂いた方はクリックして頂けると嬉しいです
人気 blog ランキング でオカルト・ホラーサイトを探す

>>
FC2 ブログランキング (オカルト・ホラー)
>>
面白サイトランキング


(関連)
誤認・絶滅動物
不思議な生物リスト
アノマロカリス Part I, Part II
■ 歩くサボテン ~ ディアニア・カクティフォルミス
■ 超奇妙な生物が発見される ~ デンドログランマ
■ 絶滅巨大ノミ ~ サウロフティルス・ロンギペス
■ 巨大トンボ ~ メガネウラ
生きた化石 ~ カギムシ
妖精エビ (アノマロカリスのような新種のエビを発見)
■ デナリ国立公園で恐竜の足跡大量に発見される
ロシアの漁師、宇宙人食べる
ロシアで奇妙な生物発見?
巨大ザリガニ、タスマニアオオザリガニ
深海で新種のカニ、発見される ~ イエティ・クラブ
スカイフィッシュ

UMA一覧へ

トップページへ
 

スポンサーサイト

テーマ:不思議生物 - ジャンル:

ニュージーランドで謎の大型猫科動物撮影される!?

■ニュージーランドで謎の大型猫科動物撮影される!?■
■New Zealand mysterious big cat sightings■

 

さてさて、ニュージーランドの有袋類は全部持ち込みとのこと、痛恨の勘違いにより、記事を書き直さざるをえなくなってしまいました。

では、そういう方向で手直ししながら書いていきましょう。

~ 有袋類 ~ 

オーストラリアにはカンガルーやコアラといった多くの土着の哺乳類が生息していますが、すべておなかに袋 (育児嚢 - いくじのう) を持った有袋類のみです。

野生犬ディンゴや野ウサギはすべて人間が持ち込んだものです。

いっぽう、お隣のニュージーランドには土着の有袋類さえ存在せず、哺乳類はコウモリしか存在しません。

さて、そんな中、ニュージーランドでライオンやトラといった大型の猫科動物を彷彿とさせる生物が写真に撮られたと話題になっています。

その前に、まずはタスマニア圏で目撃されるUMA (未確認動物) から見ていきましょう。

~ クイーンズランド・タイガー ~


(19世紀より目撃があるクイーンズランド・タイガー)

タスマニア圏で、猫科動物の特徴を備えるUMA (未確認生物) としては、クイーンズランド・タイガータスマニア・タイガー (サイラシン) などがいます。

タスマニア・タイガーは20世紀初頭にヨーロッパの移民達に皆殺しにされた悲劇の有袋類です。

トラのような柄が入っているため、「タイガー」と呼ばれたりしますが、そのシルエットは猫科の動物というよりは犬科の動物そのものです。

その証拠に、タスマニア・タイガーの学名、サイラシン (Thylacinus cynocephalus) は「袋 (育児嚢 - いくじのう) を持った犬」といったような意味ですし、英語圏でもタスマニアウルフと呼ばれたり、和名もフクロオオカミです。

いっぽう、クイーンズランド・タイガーは偽りなしに猫科の特徴を備えたUMAです。

タスマニア・タイガー同様、体には虎のような縞模様を有し、頭部もトラやライオンそのものだと伝えられています。

とはいえ、土着の哺乳類は有袋類しか存在しないタスマニア圏ですから、クイーンズランド・タイガーの正体もやはり有袋類である可能性が高く、一説には絶滅したはずのティラコレオではないかといわれています。

~ ABC ~

 
(ダートムーアの野獣、その正体は驚愕的でした)

さて、次にABCことエイリアン・ビッグ・キャット

ABCとは大型の猫科動物が生息していない地域で目撃される大型猫科動物の総称です。

主にイギリスで目撃されるものを指す場合が多いですが、その他の地域で目撃されるものもABCと呼ばれます。

そして目撃例は少ないもののオーストラリアやニュージーランドでもABCの目撃は伝えられています。

イギリスなどでもそうですが、タスマニア圏で目撃されるABCもトラやライオンなどではなく、ブラック・パンサー、つまり黒豹タイプのものが多いようです。

今回撮影されたものは黒豹タイプではありませんが、前述のクイーンズランド・タイガーやタスマニア・タイガーとは異なり、こちらのABCにカテゴライズされるUMAです。

近年カイワカ地方で目撃された大型猫科動物、通称カイワカ・ライオンと同タイプ、もしくは続編といえます。

それでは見ていきましょう。

~ ニュージーランド・ライオン ~



この動物を目撃・撮影したのはスコットランドの旅行客です。

ニュージーランドに土着のヤマネコはいませんが、野生化したネコは存在します。

そういった野生化したネコを見間違えたのでは?と思ってしまいますが、目撃者の証言では、「それ」はジャーマン・シェパードほどもあったといい、彼らの話を信じるならその大きさから「野生化したネコ」の誤認ではないといえます。

また、証言は当てにならないにしても、写真から受ける印象ではもう少し大きな動物のように感じます。

UMA写真に多いピンぼけ写真とは異なるのですが、なにせあまりに遠目からの撮影なため拡大してもあまり詳細に分かりません。

夢のない話で恐縮ですが、「大型犬ぐらいの大きさの猫科動物」というよりは、大型犬そのものの可能性が一番高いと思われます。

しかし、これではつまらないですし、細部が分からないことをいいことにUMAとして考えてみましょう。



~ もう宇宙人でいいです ~

この生物は写真向かって右側に頭部がありますから、左側はおしりということになります。

草の可能性が非常に高いですが、おしり付近からうまい具合に細長い尻尾がピンと伸びたようにみえます。これを強引に尻尾として考えると、とてもネコっぽい姿に見えます。

しかし、悲しいことにニュージーランドには持ち込み以外の土着の哺乳類はコウモリしか存在しません。

もう絶滅種の有袋類説も使うことができません。

となると、UMAとしても未発見のコウモリ、鳥類、爬虫類ぐらいしか該当するものがありません。

毛がふっさふさに見え、かつ体高のありそうなこの生物を爬虫類と考えるのは非常に厳しいですが、それ以外だと、まこちんさんご指摘の進化したオオコウモリ、もしくは進化した鳥類と考えるほかありません。

しかし、いくらなんでも、この写真の生物を未発見の爬虫類もしくは鳥類だと宣言するのはオレオレ詐欺級のペテンです、いっそのこと「宇宙人だと思います」と書きたいほど候補が思いつきません。

そういうわけで、UMAとして考えた場合、オーストラリアからどうにかしてやってきた「奇跡の有袋類」と考えていただくほかございません。

この野生動物については、そっとしておいてあげてください。

<参照サイト>
CRYPTOMUNDO

<この記事のURL>
http://umafan.blog72.fc2.com/blog-entry-719.html

↓気に入って頂いた方はクリックして頂けると嬉しいです
人気 blog ランキング でオカルト・ホラーサイトを探す

>>
FC2 ブログランキング (オカルト・ホラー)
>>
面白サイトランキング


(関連)
誤認・絶滅動物リスト
不思議な生物リスト
亡霊犬現る!?ダートムーアの野獣
クイーンズランド・タイガ
タスマニアタイガー (フクロオオカミ)
タスマニアタイガー Part II (絶滅していない証拠?ビデオ)
■ ノルウェーでビッグフットの撮影に成功?
モアを狩った巨鳥 ~ ハースト・イーグル
ジャイアント・モア
ヨウスコウカワイルカ、ついに絶滅する
発見から27年で絶滅 悲劇のステラーカイギュウ
ドードー 
世界最大、タスマニアオオザリガニ
■ 巨大ガニ ~ タスマニアオオガニ
オーストラリアのビッグフット "ヨーウィ"
ジャイアント・モニター (メガラニア)
クイーンズランド・モンスター
メガロドン (カルカロドン・メガロドン)
ニュー・ネッシー
ダルバートン湖の水棲獣
誰も知らないアンデスオオカミ
UMA バニープ (バンイップ)

UMA一覧へ

トップページへ 

テーマ:不思議生物 - ジャンル:

ボルネオの30メートル大蛇、ナブーはフェイクだった!?

■ボルネオの30メートル大蛇、ナブーはフェイクだった!?■
■Borneo giant river serpent is fake?■



~ ナブー、覚えてますか? ~

今回は怠け者の管理人に代わり、キイロイトリさんから教えて頂いた情報を元に記事を書いております。キイロイトリさん、どうもありがとうございます。

さて、世界が注目した「ボルネオの超巨大リバーサーペント、ナブー」みなさん覚えていますか?

ボルネオの災害班のスタッフが匿名で発表したもので、写真はヘリコプターで上空から撮影されたものでした。

撮影場所、撮影日時などすべてが伏せられており、全く詳細の分からない写真です。

30メートルというあり得ないほど巨大な体長、波の立ち方が不自然、災害チームが調査しているのに川は増水もしておらずいたって穏やか...

さらに、撮影者、撮影日時、撮影地点が不明...

怪しすぎるものの、逆に情報がなさ過ぎることにより否定も憶測の枠を超えることはありませんでした。

~ 同じ地点で撮影された写真 ~

とてもラッキーなことに、場所が特定できました。

まずは下の写真を見てください。



リバーサーペントの姿がありませんが、ほぼ同じ地点のようです。というか、「まったく同じ」です。

こんなことが有り得るでしょうか?

考えられるのは、

①ナブーが写っている写真から、ナブーを取り除いた
②どこかに設置された定点カメラの異なる日の写真
③この写真にナブーを加えた


まずは①

ナブーを取り除いた場合、元画像より画質が良くなることは有り得ませんが、誰がどう見ても画質はナブーが写っているものよりも高画質です。分かりやすいように同じ大きさにして隣り合わせにした画像を作りましたので確認してください。

つまりナブーを取り除いた写真でないことは明白です。


(クリックするとでっかくなります)

では②

アングルが完全一致していることから、別な日にヘリコプターに乗って撮影したとしてもこれほど完全に一致した写真を撮ることは不可能です。

有り得るとすればどこかに設置した定点カメラで異なる日に撮影されたと考えるぐらいしかありません。が、この高度に設置できるものなどありませんから、これも有り得ません。

ということは③の可能性が濃厚です。この写真を元につくられたフェイクという可能性が恐ろしく高いことになります。

~ コンゴの写真!? ~

しかも残念なことに、③を立証する強力な証拠があります。

この写真は熱帯雨林保護団体のポータルサイト、Forest.org さんの、コンゴの記事で過去に使われていた写真だったのです。

つまり、この写真の中の川や森はボルネオですらなく、コンゴの写真だったのです。

どこかの誰かが「コンゴの熱帯雨林の写真」を使って作成したフェイク写真だったのです。

そしてあの不自然な波は、例えば下のようなフィギュアを使って合成した場合、四肢が邪魔になるため、波を描かざるを得なかったのでは?とも。



今回は残念な結果に終わってしまいましたが、この写真がフェイクだとしても、ナブーが存在しないという意味ではありませんから、ナブーファンの方はそれほど落ち込む必要はありませんよ。

<参照サイト>
NunoXEI
Forests.org

<この記事のURL>
http://umafan.blog72.fc2.com/blog-entry-718.html

↓気に入って頂いた方はクリックして頂けると嬉しいです
人気 blog ランキング でオカルト・ホラーサイトを探す

>>
FC2 ブログランキング (オカルト・ホラー)
>>
人気の面白サイトを探す

(関連)
都市伝説系UMA
不思議な生物
ボルネオで30m巨大サーペント撮影される
史上最大の巨大ヘビの化石発見
■ 巨大蛇ティタノボアに対抗できるワニ発見か?
■ 超派手なヘビ ~ リングネック・スネーク
■ スペインの女性、トイレでお尻をヘビに咬まれる
■ 蛇島のボス ~ ゴールデン・ランスヘッド・バイパー
シーサーペント
絶滅巨大ガエル ~ デビルフロッグ
真・ジャイアントペンギン
空飛ぶヘビ ~ フライング・スネーク
ヘビとモグラのハイブリッド アホロテトカゲ
水上歩行するトカゲ、バシリスク
まるでドラゴンの赤ちゃん ~ オルム
体長10センチ、世界最小のヘビ、発見される 
UMA?実在?伝説のヘビ ファンドレフィアラ

UMA一覧へ

トップページへ 

テーマ: - ジャンル:

古代のダイオウイカ Part II トゥソテウティス・ロンガ

■古代のダイオウイカ Part II トゥソテウティス・ロンガ■
■Extinct giant squid Tusoteuthis longa



~ イカの化石、タコの化石 ~

タコやイカなど頭足類は貝の仲間ですが、貝殻を脱ぎ捨て発達した筋肉で海の中を縦横無尽に泳ぎまわることができます。

その代わり全身が軟体部なため化石化することが滅多にありません。

特にタコは、口に当たるクチバシのようなカラストンビと眼球の回りぐらいしか固い組織を持っていません。固いといっても骨でもなければ軟骨ですらありませんから化石化することはあまりありません。

つい先日、そんな軟体部だらけのタコが、中東レバノンの9500万年前の地層から、生前の姿そのままに全身化石化されたものが発見されて話題になりましたが、わずかに2例目だとか。



そういった事情ですから、腕を含めた長さが最大で3メートルを超えることがある現世種最大のタコ、ミズダコ (ジャイアント・パシフィック・オクトパス) と同等、もしくはより大きなものが過去に存在したかどうかは現時点では藪の中です。

今後も発見されることはあまり期待できそうにありません。

イカはどうでしょう?イカはタコよりは「化石化」という点では”マシ”な体つきをしています。

イカはカラストンビに加え、イカとタコの唯一の違いでもある吸盤の中の「ツメ」や、貝殻の痕跡 (軟骨) が外套の中に残っている点などなど、キチン質の固い組織がタコと比べ少しばかり多め持っています。


(軟体部やかぎ爪まで化石化したベレムナイト
ベレムノテウシス, belemnotheutis)
"Fossils" Cyril Walker and David Ward より

イカの軟甲とはイカの外套の中に入っている、薄く細長いプラスチックのような棒状のもので、みなさんもご存じでしょう。

前述の通り、過去にどれだけ大きなタコが存在したか、現時点では知るよしもありませんが、少なくともイカの仲間には現世最大種のダイオウイカコロッサル・スクイッド (ダイオウホウズキイカ) 級の巨大イカが存在したことが分かっています。

トゥソテウティス・ロンガです。

~ トゥソテウティス・ロンガ ~


(トゥソテウティス・ロンガの軟甲)

以前に「古代のダイオウイカ」と称して直角貝のエンドセラスを紹介しました。

エンドセラスの仲間やカメロセラス (カメロケラス) には体長が10メートルを超える化け物のようなものが存在していましたが、残念ながらイカではありません。

 
(巨大直角貝、体長10メートル、カメロケラス)

現世のイカと同じように外套の中に殻 (の痕跡) をしまいこんだものとしては前記のトゥソテウティス・ロンガ (Tusoteuthis longa) が現在知られている絶滅種のイカでは最大と考えられています。

100年以上前から知られている巨大イカで、非常に名前が覚えにくいのですが、巨大イカファンは是非おさえておきたい名前です。

トゥソテウティスは白亜紀の海に生息した巨大イカです。外套長は2メートルを超えると考えられ、腕を含めた全長は6~8メートルぐらいになると考えられています。

ダイオウイカのように食腕が長いタイプのイカであれば、10メートル以上になるかもしれません。

と、大きさに関してはちょっとあいまいですが、これは全身が化石化されたわけではないからです。

トゥソテウティスの化石化する部分は、前述したイカの軟甲部分だけです。

現世種から考えて、「イカの軟甲の長さ≒外套長」ですから、それに頭部と腕の長さを推測して、おおよその全長を割り出しているというわけです。

~ 食べられ役 ~


(巨大イカファンが夢見る想像図)

さて、これだけの大きさですから、巨大イカファンにとっては「海の覇者」であったと信じたいところですが、そうでなかったことは状況証拠から明かになっています。

というのも、トゥソテウティスの軟甲が見つかるのは、ほとんど巨大硬骨魚や巨大海棲爬虫類の胃の中で、かれらの化石と一緒に見つかることが多いからです。

つまり食べられていたということです。


(ダイオウイカの軟甲)

トゥソテウティスの生きた時代は陸上では恐竜たちが、空には翼竜、そして海には巨大海棲爬虫類、巨大硬骨魚たちがうごめく白亜紀です。

同時代に生きた体長10メートルを軽く超すティロサウルスモササウルスらの巨大海棲爬虫類が相手では、外套長2メートル、全長10メートルを超す巨大イカであっても、分が悪かったことでしょう。

トゥソテウティスの化石はなんらかの捕食者によって食べられた状態で見つかることが多いですが、逆にいえば食べられないと化石は見つかりにくい、ともいえます。

つまり、ティロサウルスらも襲うのを躊躇するほどの巨大なトゥソテウティスが存在したとしたら?

猛者がうごめく海を悠々と泳ぎ回り化石化していないトゥソテウティス・ロンガが存在したかもしれない、と巨大イカファンは都合よく考えてみたくなるものです。

<参照サイト>
National Geographic

<この記事のURL>
http://umafan.blog72.fc2.com/blog-entry-717.html

↓気に入って頂いた方はクリックして頂けると嬉しいです
人気 blog ランキング でオカルト・ホラーサイトを探す

>>
FC2 ブログランキング (オカルト・ホラー)
>>
人気の面白サイトを探す

(関連)  
巨大生物リスト
古代のダイオウイカ エンドセラス
10メートル、450キロのコロッサル・スクイッド捕獲される
コロッサル・スクイッド
コロッサルスクイッド VS マッコウクジラ
ダイオウイカ VS マッコウクジラ
超音波でダイオウイカを捕獲? マッコウクジラ
生きているダイオウイカの撮影に初めて成功
生きているダイオウイカの"動画"撮影に成功
タスマニアに打ち上げられた8mのダイオウイカ
殺人イカ伝説 ~ レッドデビル
人類と格闘出来るか?ニュウドウイカ
■ クラーケンは実在した!?
未だ捕獲出来ない巨大イカ ~ ミズヒキイカ
未来のダイオウイカ ~ メガスクイド
未来のダイオウイカ ~ レインボースクイド
学名「地獄の吸血イカ」 コウモリダコ
殻付きタコ ~ タコブネ
ヘクトコチルス・オクトポディス 
新種の深海イカ オクトスクイッド 
珍種 サメハダホウズキイカ
■ 佐渡で生きたままユウレイイカが水揚げされる
ジャイアント・アイソポッド Part2
UMA クラーケン
UMA オクラホマ・オクトパス
UMA バハマの巨大頭足類 ルスカ  
■ 
UMA 廃液にイカ? ~ スクイッド・モンスター

UMA一覧へ

トップページへ 

テーマ:不思議生物 - ジャンル:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。