アクセスランキング ブログパーツ
UMAファン ~ 未確認動物
世界中のUMA (未確認生物)、巨大生物、不思議な生物 (珍獣)を紹介しているブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アリがイチゴに変身!?寄生虫ミルメコネマ

■アリの来世はイチゴ!?寄生虫ミルメコネマ■
■Myrmeconema neotropicum■



~ 来世はイチゴ?キノコ? ~

霊能者が有名人の前世をみると、不思議なことに、織田信長や豊臣秀吉、はたまた国籍の壁を越えマリー・アントワネットやクレオパトラなどなど、誰でも知っている歴史上の超有名人が登場することが多々あります。

ま、それらの真偽は別にどうでも良いのですが、それでは前世ではなく来世、みなさんは何に生まれ変わりたいでしょう?

なんにでもなれるのであればその答えも十人十色でしょうが、今回は限定的、というか究極の二者択一形式、「イチゴ」か「キノコ」から選んで頂きたいと思います

「キノコ」はマツタケなのか?エリンギなのか?トリュフなのか?と質問もあるでしょうが、別に好きなキノコになってもらって構いません。立派なマツタケでもなんでもなってください。そこまでは限定しません。

しかし、推測するに、キノコを希望する人は少ないのではないでしょうか?「キノコ」と「イチゴ」からしか選べないというのであればやはり「イチゴ」のほうがマシであると。

そもそも動物から菌類、もしくは植物に生まれ変わるのはとても抵抗を感じてしまいます。

しかし、イチゴに生まれ変わる昆虫がいるとしたら?

~ ナベブタアリ ~


(ナベブタアリ)

中南米に多く生息する頭部の形がとても印象的なナベブタアリ、という一風変わった名前のアリがいます。

名前がおもしろいだけではなく、このアリはとても興味深い特徴を持っています。

ナベブタアリを脇役として書くのはとてももったいないほどなのですが、このアリの仲間はすべて「滑空」することができます

樹木で餌を探しているときに風で吹き飛ばされたり天敵に襲われたりすると、走って逃げるのではなく、そのまま枝から飛び降ります。

飛び降りるだけなら物理的にはどんなアリでも出来ますが、ナベブタアリの場合はその体の軽さを利用し、足と体でバランスを取り、思うがままに方向転換、落下スピード・落下地点の調節をすることができます。

フライング・スネーク (トビヘビ) なども顕著な皮膜を持たずに高度の滑空技術を見せつけますが、彼らに劣らずすごい技術です。

今回はその滑空技術ではなく、かれらの来世についてのお話です。

~ 冬虫夏草 ~


(キノコに生まれ変わったアリ)

アリに限らず、多くの昆虫たちは「キノコ」になってしまうことがあります。

冬虫夏草、冬の間は虫で、夏になると草 (キノコ) になってしまうという不思議な生物、漢方などでお馴染みですが、これは菌類に体を乗っ取られた昆虫、逆にいうと昆虫の栄養で育つ菌類です。漢方の冬虫夏草は幼虫に寄生するものが主です。

昆虫の体についた菌糸が体の表面のクチクラを破り、昆虫の体全体に広がり、生きた昆虫の養分を吸い上げます。

寄生直後から数日はなんら代わり映えしませんが、Xデーを迎えると昆虫は動くことがままならず、木の幹や草にかみついて体を固定するとそのまま絶命していまいます。

体を固定して死んでしまった昆虫からはニョキニョキとキノコが生えて来るというわけです。

菌類の種類によって狙う獲物 (昆虫) は異なりますが、たいていは特定の種にのみ特化しており、アリに寄生するものは特定のアリ、セミに寄生するものは特定のセミ、とオールマイティではありません。


(キノコになってしまったバッタ)

また、昆虫の死に場所も菌類が操作しており、特に成虫に寄生する菌類は、基本的になるべく高いところに連れて行って殺してしまうことが多いようです。

これは胞子を宿主のからだの上にまき散らしやすいようにするためのようです。

来世はキノコにはなりたくないものです。

~ イチゴに変身 ~

と、相変わらずの悪い癖で前置きが大変長くなってしまいました。

来世はやはりキノコではなくイチゴがいいような気がします。

来世にイチゴになれるのは前述のナベブタアリの一種、セファロテス・アトラトゥス (Cephalotes atratus) です。 しかし、来世がイチゴというのも決してバラ色の人生ではありません。

もちろん、昆虫が植物に変化するわけがありませんから、これも冬虫夏草同様、寄生によるものです。

寄生虫の名前はミルメコネマ・ネオトロピキュム (or ネオトロピクム, Myrmeconema neotropicum)、小さな小さなセンチュウです。

この寄生虫、まだあまり詳しいことは分かっていませんが、今までに紹介した寄生虫と比べると、そのライフサイクルはそれほど複雑なものではないようです。

基本的にナベブタアリの体内でライフサイクルを完了することが出来ます。

しかし、生息領域の拡大のためでしょうか、ナベブタアリだけでなく、なんらかのトリもライフサイクルに取り込んでいる可能性が示唆されています。

というのも、ミルメコネマに寄生されたアリは腹部がふくらみ、真っ黒だったからだが腹部のみ真っ赤になります。


(人生は風前の灯火、イチゴになってしまったアリ)

そして動きも緩慢になり、熟した野イチゴ (キイチゴ) やグミ (お菓子のグミじゃないですよ) とそっくりになります。たくさんの実の中に紛れると、はためには区別がつきません。来世どころか生きたまま「イチゴ」に変身です。

ちなみに、昆虫学者は寄生されておなかの赤いナベブタアリを新種 (のナベブタアリ) と思っていたほどです。

苦い蟻酸 (ぎさん) を持つアリは、トリには決して人気のある食料ではありません。しかし、この姿ならどうでしょう?

せわしなく野イチゴを食べているトリの中には間違って、「ナベブタアリの野イチゴ」まで食べてしまうものもいるかもしれません。

なにせ寄生されたアリは動きが遅いですし、しかも寄生されると腹部のみ簡単に外れるようになります。食べる側には願ったりかなったりの気の利かせようです。

真っ赤に熟した「ナベブタアリの野イチゴ」にはミルメコネマの卵がぎっしりと詰まっています。これを食べたトリはミルメコネマの卵入りの糞をどこか遠くにまき散らしてくれることでしょう。

その糞をナベブタアリが食べれば、ミルメコネマのサイクルは再度スタートします。

ただし、まだ「ナベブタアリの野イチゴ」を食べているトリは観察されておらず、この説は確かなものではありません。

もしかするとオマキザルの仲間などを利用しているのかもしれません。

いずれにしても、来世は「キノコ」であっても「イチゴ」であっても災難に変わりありません。

<参照サイト>
Weird Science

<この記事のURL>
http://umafan.blog72.fc2.com/blog-entry-716.html

↓気に入って頂いた方はクリックして頂けると嬉しいです
人気 blog ランキング でオカルト・ホラーサイトを探す

>>
FC2 ブログランキング (オカルト・ホラー)
>>
人気の面白サイトを探す

(関連)
不思議な生物リスト
冬虫夏草 (微グロ注意)
■ 実在するゾンビウイルス ~ バキュロウイルス
殺人アメーバ ネグレリア・フォーレリ
マインドコントローラー ディクロコエリウム
ネズミを洗脳し勇敢に トキソプラズマ
全人類洗脳計画 トキソプラズマ 人間寄生編
殺人蟻の首狩り職人 ~ ノミバエ
■ カゲロウに寄生しメス化させる線虫
ゴキブリをゾンビ化、エメラルドゴキブリバチ (グロ注意)
■ イモムシをミイラ化して殺す ~ シャキーラ・ワスプ
カニをゾンビ化 ~ フクロムシ
カタツムリ寄生 レウコクロリディウム (グロスーパー注意)
ハリガネムシ (グロ注意)
人体寄生 ~ ヒトヒフバエ (グロ注意)
人体寄生 ~ ギニア・ワーム (メジナ虫) (グロ注意)
メダカを自殺させる?寄生虫ユーハプロルキス
センスの悪い寄生虫? ~ プセウドディプロルキス
■ テントウムシをゾンビ化 ~ テントウハラボソコマユバチ
■ 殺したアリを門番に雇用 ~ ボーン・ハウス・ワスプ
■ ジュラ紀の吸血生物 ~ キイア・ジュラシカ
■ 触れたら最後、拷問台を作るアリ ~ アロメルス
■ 数珠繋ぎで獲物を運ぶアリ ~ ハシリハリアリ
■ 
殺人蟻 ~ ジャック・ジャンパー (ブルドッグアリ)
恐怖の寄生植物 ~ ウィッチウィード (魔女草)
真・殺人ナマズ ~ カンディル
スコットランドに現れた謎のゼリー状物体
■ ウジ入りチーズ高級チーズのシェフ ~ チーズバエ
殺人蟻 ~ アカヒアリ (カミツキアリ, RIFA)
■ 洪水になったらイカダで脱出 ~ ヒアリのイカダ
メドゥーサ・ワーム (スパゲッティ・ワーム
砂漠の怪植物 ~ ウェルウィッチア
■ 3000歳を超える奇妙な植物 ~ ヤレータ
猛毒植物 ストロファンツス
史上最強!?ライオンゴロシ ~ 悪魔の爪
スマトラオオコンニャク (死臭花)
寄生植物 ~ ラフレシア・アーノルディ
死んでも死なない!?フッカツソウ
実在する悪魔の植物 マンドラゴラ

■ トライしたい10のエキゾチック・フルーツ
半草半獣の新種微生物、ハテナ?発見

UMA一覧へ

トップページへ 

スポンサーサイト

テーマ:不思議生物 - ジャンル:

謎のゼリー状物質は未確認飛行生物の死骸か?

■謎のゼリー状物質は未確認飛行生物の死骸か?■
■Atmospheric Beasts■


(上空に現れたアトモスフェリック・ビースト
いえいえ、これはただの雲です)

~ 謎のゼリー状物体 ~


(スコットランドの謎のゼリー状物質)

2008年の暮れ、世界を騒然とさせた、というほどでもありませんが、少なくともスコットランドではちょっと話題になった謎のゼリー状物体出没事件

その正体をめぐり、BBCに依頼された科学者たちまでも、その正体を突き止めようと躍起となりました。

しかし、すでにゼリー状物質は不純物で汚染されており、正体を解明するには至りませんでした。

しかし、その後も断続的に出没するゼリー状物体をサンプルとして調査中、「来月中 (2009年1月) には結果が出るでしょう」という声明を最後に、待てど暮らせど続報が入りません。

飽きてしまったのでしょうか、BBC。

と思っていると、2月になって中間報告が。しかしなぜか調査は進展しておらず、またも沈黙。

謎のゼリー状物質ファンの人たちがやきもきしている思われるので、物質の正体が判明するまで代わりにオカルト系のお話で間をつなぎましょう。

~ 空飛ぶクジラ ~

 
(これは、未知の惑星に生息する生物モデルのひとつとして
科学者が考えたスカイ・ホエール)

「生命的な役割の数は限られており、その役割を演じたがっている現役の役者はその枠をいっぱいに埋めている

この原則は、三葉虫の時代でも、哺乳類の時代でも変わらずに当てはまるだろう

だが、可能性をいろいろと考えた結果、これまで一度も占められたことのないニッチを一つ思いついた

大気圏の上空には強い気流があって、昆虫やクモがそれに流されている

この大気圏を漂うタンパク質を漂う『空飛ぶクジラ』が進化することは不可能だろうか

大きな口を開けたまま空中をふわりふわりと飛行し、下界に大きな影をつくるような動物がいてもよさそうなものではないか

しかし実在しないからには、そのような動物が存在しえない物理学上のもっともな理由があるのだろう」

~ ニッチ ~

これは、博識の古生物学者リチャード・フォーティが、その著書「生命40億年全史」で語っていた一説です。

ニッチとは「生態的地位」のことで、基本的に、同一環境に全く同一の習性を持つ生物は共存していません。

草食動物だったら食べる植物の種類が違うとか、同一の植物を食べるにしても食べる部分が異なるとか、食べに来る時間が異なるとか、個々の生物にはそれぞれの役割分担があります。

たとえば中国四大家魚、ハクレン、コクレン、アオウオ、ソウギョなんかを例に取れば分かりやすいと思いますが、かれらはお互いに干渉せずに同じ川に生息することができます。

一般的に、ハクレンは植物性プランクトンを、コクレンは動物性プランクトンを、アオウオは水底の巻き貝を、ソウギョは水草を、といった風にそれぞれ異なるニッチのため、同じ環境に共存できるというわけです。

フォーティが言っているのは、過去から現在まであらゆるニッチは埋まり続けているのに、「空中のプランクトン」といえる昆虫やクモを食べるニッチがぽっかり空いており、それを食べる「ヒゲクジラ」のような生物がなぜ進化しなかったのだろう、ということです。

空中を飛ぶのは非常にコストとして高くつきますから、そのコストに見合うだけのタンパク質 (昆虫たち) の絶対量が不足しているのも要因のひとつとして考えられます。

では、空を飛ぶのではとても無理というのであれば、昆虫たち同様に気流に任せて浮かぶような存在であれば良いかもしれません。

残念ながら、そのような動物が存在したという痕跡は今のところ見つかっていません。

しかし、UMAの世界では?

~ アトモスフェリック・ビースト ~


(奇妙な雲、アトモスフェリック・ビースト?
※ 画像をクリックするとYouTubeに飛びます)

UMAの世界にはアトモスフェリック・ビースト、つまり「大気圏の野獣」と呼ばれる、空中を漂う未知の生命体の目撃が100年以上も前から続いています。

代表的なものとして、トレバー・ジェームズ・コンスタブルさんが主張するプラズマ生命体、クリッターがいます。

トレバーさんのいう、生命体がなぜプラズマ状なのか、その根拠や意味がさっぱり分からないのですが、クリッターは数多いUMAの中でもとびきりユニークな存在です。

詳しくはクリッターの記事を参照いただくとして、このクリッターは簡単に言うと空に漂う巨大なアメーバのような生命体で、形は不定形、肉眼視することは不可能、という設定、いや、存在となっています。

その他にも、このブログでも過去に紹介したことのあるスカイ・サーペント、クロフォーズビル・スカイ・モンスターフライング・ワームなどもアトモスフェリック・ビーストの一種といえます。スカイフィッシュなども含めても良いかもしれません。

スカイフィッシュなんかはとても人気があるのですが、他クリッターを除けば地味な存在で、あまり話題になることもありません。

ところで、アトモスフェリック・ビーストにはささやかれるある特徴があります。

~ ゼリー状物質は死骸!? ~

 
(トレバーさんが主張するクリッターの写真)

アトモスフェリック・ビーストの一種、クリッターは死ぬと地上に堕ち、どろっどろのゼラチン状になるといいます。

「プラズマ状の生物が死ぬと高密度になってゼリー状物質に変化」、さらに意味が分からないので、取り敢えずトレバーさんの主張する「プラズマ生命体」というのは忘れて、単に「未確認飛行生物」と考えていただきたいと思います。

平べったく密度の低いアトモスフェリック・ビーストはふわふわと気流のなすがままふわりふわりと浮いています。

小さな昆虫たちがアトモスフェリック・ビーストに触れると、まるでクモの巣にかかったようにからめとられ養分を吸い取られてしまいます。

ただ浮いているだけで食事には困りもせず、口を開けているだけで楽に食事のできるヒゲクジラの仲間やジンベエザメのような存在です。

しかし、地球の生命体である以上、やはり寿命が来ます。

死を迎えたアトモスフェリック・ビーストは収縮し高密度になり空中に浮いていることができなくなり、さらにまわりの水分を吸収しながら、なぜかスコットランドめがけて地上に降ってきます。

それが謎のゼリー状物体の正体だと、誰かが言っていたとか言っていなかったとか...

アトモスフェリック・ビーストは少ないながらもファンはいるようで、たまーに撮影に成功したと動画がアップされています。これといった動画は今のところ存在しないのでこのブログで紹介したことはありませんが、興味のある方はどうぞ。

アトモスフェリック・ビースト 動画2
アトモスフェリック・ビースト 動画3


<参考文献>
「生命40億年全史」 (リチャード・フォーティ著)

<この記事のURL>
http://umafan.blog72.fc2.com/blog-entry-715.html

↓気に入って頂いた方はクリックして頂けると嬉しいです
人気 blog ランキング でオカルト・ホラーサイトを探す

>>
FC2 ブログランキング (オカルト・ホラー)
>>
人気の面白サイトを探す

(関連)
不思議な生物リスト
クリッター (アトモスフェリック・ビースト)
■ スリランカの村に小魚の雨が降る
■ NASAが撮影した奇妙な生物?
クロフォーズビル・スカイ・モンスター
スカイ・サーペント
スカイフィッシュ (フライング・ロッズ)
フライング・ワーム (UFOワーム)
空駆ける馬 ~ フライング・ホース
謎のゼリー状物質 第1弾
謎のゼリー状物質 第2弾
謎のゼりー状物質 第3弾
謎のゼリー状物質 第4弾
下水管に潜む謎の生物
■ 石川県の砂浜に謎のゼリー状物質漂着
寄生キノコ ~ 冬虫夏草 (微グロ注意)
ノルウェー沖の謎のブロブ
オオグチボヤ
雄蛇ヶ池の謎の生物 ~ オジャッシー
ブロブフィッシュ (ニュウドウカジカ)
謎の都市、エイリアン・メトロポリス
殺人クラゲ ~ キロネックス・フレッケリ
見えざる殺人クラゲ ~ イルカンジクラゲ
小さな海賊 アオミノウミウシ
■ 
グミそっくりのイモムシ ~ ジュエル・キャタピラー 
■ まるでスワロフスキー ~ スパン・グラス・キャタピラー
直径20センチの巨大ミミズ ~ ミニョ太郎
巨大ツチノコヒル 
バミューダの巨大クラゲ
■ 巨大クラゲ ~ ディープスタリア・エニグマティカ
亡霊犬、ダートムーアの怪物現る 
アルゼンチンでノーム (地の精霊) が撮影される
ペルーで植物タイプUMA撮影される ケベスマン 
ケベスマンの正体が明かされる!?
巨大ヒモムシ

UMA一覧へ

トップページへ 

テーマ: - ジャンル:

四肢で陸上を歩く最古のクジラ パキケトゥス

■四肢で陸上を歩く最古のクジラ パキケトゥス (パキケタス)■
■Pakicetus inachus■



さて、久しぶりの更新です。今年に入ってからも生物関連のニュースはたくさんありますが、その中から個人的な趣味にはしり、みなさんがもっとも興味なさそうなマイアケトゥスをピックアップします。

~ 良い母親クジラ ~



「(良き) 母親トカゲ」という意味を持つマイアサウラという恐竜がいます。

マイアサウラが、恐竜の中ではじめて子育てをしていた証拠が発見されたからです。

しかしいっぽう、マイアサウラ同様、卵を抱いている状態で化石が発見されたにもかかわらず、「良き母親」の名前を付けてもらうどころか「卵泥棒」なるひどい学名を付けられてしまったオヴィラプトルもいます。

化石が見つかった当時、オヴィラプトルが他の草食恐竜の卵を盗みに来た状態で化石化されたものと勘違いされたからです。肉食で狡猾そうな見かけが徒 (あだ) になってしまいました。

学名は一度付けられたら最後、オヴィラプトルは今後も「卵泥棒」と呼ばれ続ける運命にあります。

さて、今回あらたに「良き母親」の学名を与えられた古生物がいます。クジラの遠い祖先で、「良き母親クジラ」という意味の、マイアケトゥス (or マイアケタス, Maiacetus inuus) という素敵な名前をつけてもらいました。

~ ギンゲリッチ ~


(ギンゲリッチ博士)

マイアケトゥスは「(良き)母親のクジラ」という意味で、母クジラと胎児が一緒に化石化されたことでこの名前が付きました。

この化石を発見したのは古生物学者、フィリップ・ギンゲリッチ (Philip D. Gingerich)、ひょんなことから絶滅クジラにのめり込むことになった、絶滅クジラのスペシャリストです。

絶滅クジラにのめり込むきっかけは、まだ若かりしギンゲリッチがパキスタンでメソニクス類の化石発掘を行っている際に、少なくとも現在のところ最古のクジラ (5300万年前) と考えられているパキケトゥス (パキケタス) の化石を偶然発掘したからです。

今回はこのパキケトゥスにスポットライトを当ててみます。

ちなみに「アンブロケトゥス」とか「ロドホケトゥス (ロドケタス)」「タクラケトゥス」「ガヴィアケトゥス」などなど、クジラの学名に「~ケトゥス (ケタス, cetus)」とついている名前が多いのは、ケトゥスというのが「クジラ」という意味だからで、パキケトゥスは「パキスタンのクジラ」という意味です。



パキケトゥスは「最古のクジラ」として有名ですから、ご存じの方も多いと思いますが、いったいどこをどう見ればクジラなのか疑問に思っている人も多いと思います。

水棲UMAの正体として頻繁に登場するムカシクジラ類のバシロサウルス (ゼウグロドン) であれば、現世のクジラとずいぶんと姿は違うといっても、やはり「クジラ」といわれれば納得がいきます。

しかし、パキケトゥスの場合はどうでしょう?体長は2メートル前後、ウシやウマのように蹄を持ちますが、頭部を見ると肉食獣そのもので、一見するとオオカミのような姿をしています。

ギンゲリッチも発掘当時は、かつてクジラの祖先として有力視されたメソニクス類と思ったほどだったといいます。

ギンゲリッチが発掘したのは、パキケトゥスの頭骨のみでしたが、この謎の哺乳類が「クジラ」であることを立証するに十分でした。

クジラには他の動物にはない独特の特徴を備えているからです。

~ パキケトゥス ~



パキスタンから持ち帰った「謎の哺乳類の頭骨」を1年がかりで整形すると、頭骨の下に「形も大きさもブドウ」のような骨を発見しました。

この骨は現世のクジラのものとはちょっと異なるものの、紛れもなくクジラ特有の分厚い耳骨 (じこつ) であることをギンゲリッチは突き止めました。

クジラには絶滅種・現世種に限らず、他の哺乳類には見られない、耳の構造 (内耳 (ないじ) の耳骨) に特徴があります。

というのも、クジラは哺乳類でありながら水中で音を聞かなければならないからです。クジラは水中を伝わる震動を顎でキャッチし耳に伝えます、いわゆる骨伝導です。

また、音源の方向を正確にキャッチするために、クジラの耳はどんなに水圧がかかろうとも頭骨から常に宙づり (隔離) 状態に保たれています。

 
(バシロサウルス)

一方、パキケトゥスの耳骨は宙づりではなく、顎に固定されていました。固定されていると固定した部分からも振動が伝わってきてしまうため現世のクジラほど水中の物音に敏感ではなかったと推測されています。

それはパキケトゥスが、それこそ見ての通り、あまり水中には適応しておらず、その大部分の時間を陸上で暮らしていた証拠ともいえます。

前述したとおり、パキケトゥスの体長は2メートル前後、蹄を持った四肢動物で、浅い水辺とその付近の陸上を主な生活場所としていました。

その姿もそして生活スタイルも現世のクジラとはかけ離れたものです。

しかし、これが進化の不思議なところ、それからわずか1000万年後にはバシロサウルスが現れます。

パキケトゥスが4本足であっても「クジラ」であったことに疑いはありません。

<参考サイト・文献>
水辺で起きた大進化 (カール・ジンマー著)

<この記事のURL>
http://umafan.blog72.fc2.com/blog-entry-714.html

↓気に入って頂いた方はクリックして頂けると嬉しいです
人気 blog ランキング でオカルト・ホラーサイトを探す

>>
FC2 ブログランキング (オカルト・ホラー)
>>
人気の面白サイトを探す

(関連)
絶滅・誤認生物リスト
バシロサウルス
コロッサル・スクイッド vs マッコウクジラ
ダイオウイカ vs マッコウクジラ
超音波でダイオウイカを捕獲? マッコウクジラ
100年前の銛の刺さったクジラ捕獲される
巨大直角貝 ~ エンドセラス
■ 史上最大の恐竜化石発見される
■ 新種のT.REX ~ ピノキオ・レックス
10メートル、450キロのコロッサル・スクイッド捕獲される
コロッサル・スクイッド

UMA一覧へ

トップページへ 

テーマ:不思議生物 - ジャンル:

マインドコントローラー 寄生虫ディクロコエリウム

■マインドコントローラー 寄生虫ディクロコエリウム■
■Dicrocoelium dendriticum■


(ディクロコエリウムの動画
※ 画像をクリックするとYouTubeに飛びます)

~ ディクロコエリウム ~

マインドコントロールシリーズ、今回はディクロコエリウム (槍形吸虫, やりがたきゅうちゅう) です。

槍形吸虫といわれますが、槍というよりは、薄っぺらでちょうど広葉樹の葉のような姿をしています。



ディクロコエリウムは小さな小さな寄生虫で、ウシ (ヒツジetc) → カタツムリ → アリ → ウシと渡り歩きます。

アリから終宿主のウシに戻るときがかれら一世一代の晴れ舞台ですが、取り敢えずスタート地点のウシから見ていきましょう。

~ スタート ~



ウシのおなかの中にいるディクロコエリウムが産んだ卵は、ウシの糞に混じって体外に排出されます。

次は、いろいろな寄生虫のターゲットになっているカタツムリの体内に移動する必要があります。これは比較的容易で、カタツムリに食べてもらえばOK。

とはいっても、カタツムリが近くにいない場所に糞をされるとディクロコエリウムの寄生人生はスタートするなく終焉を迎えます。

あまりに日当たりの良いところに糞をされたりすれば、カタツムリはやってこないでしょうし、干からびてしまえばそれまでです。



無事に糞と一緒に食べてもらったディクロコエリウムの卵は、カタツムリの体内にはいることで孵化することが出来ます。

カタツムリの体内で孵化したディクロコエリウムの赤ちゃんはスポロキスト (スポロシスト) というステージを経て、ケルカリア (セルカリア) になります。

カタツムリの体を利用して、無性生殖により夥 (おびただ) しい数にふくらんだケルカリアは、カタツムリの粘液を通し、体外に脱出します。

粘液が見向きもされなければそれまでですが、そもそもケルカリアの寿命がせいぜい1日程度と思われますので、さっさと発見されて食べてもらわなければなりません。

運良くアリがカタツムリの粘液を食べてくれれば、ケルカリア (ディクロコエリウム) はアリに寄生することができます。

~ 難関 ~


(ケルカリア入り粘液を食べてしまうアリ)

数々の難関を乗り越え、やっとこアリの体内にたどり着いたディクロコエリウムですが、ここでケルカリアからメタケルカリア (メタセルカリア) に成長します。

さてアリからウシへ移動するのが一番難しいところ。

ウシがアリをムシャムシャ食べてくれればいいのですが、アリクイやアルマジロ、センザンコウのようにアリやシロアリを主食にしているわけではありませんから、なかなかそうはいきません。

なんの工夫もなければ、せいぜい草と一緒に偶発的に食べられることがあるぐらいでしょう。

しかし、それもほとんど期待できません。アリは結構すばしこいですし、ウシに食べられそうになったら急いで逃げてしまいます。

そこで考え出した (?) のがアリのマインドコントロールです。

~ アリの洗脳 ~


(植物のてっぺんにかじりついて動かないアリ)

アリに寄生したメタケルカリア (ディクロコエリウム) は、ウシにアリごと食べてもらうために一工夫、アリを操作することにしました。

働き蟻たちが家路に急ぐ夕方、ディクロコエリウムに寄生されたアリは自分の巣穴に戻る代わりに、草のてっぺんを目指します。ディクロコエリウムがそうさせているのです。

草の頂上に向かうのは、もちろんウシに食べてもらいやすいようにです。しかし、ウシが近寄ってきたときに逃げてしまっては話になりません。

草の頂上に達したアリは、そのまま動きを止め、ウシが近づいて来ようが逃げる素振りも見せません。冬虫夏草 に寄生された昆虫と似ています。

昆虫が上へ上へと向かう習性をうまく利用したマインドコントロールのようです。ただどうやって、その行動を促しているのかは分かりません。しかも登り切ると動かなくなってしまうのも不思議です。


(ディクロコエリウムに寄生され、植物のてっぺんに
集結し身動きしない蟻たち)

草の実のように大量にアリのついた草が、ウシにとって特に魅力的に写るわけもはなく、食べられるかどうかは時の運です。

しかし動きを完全に止めたアリたちがウシに摂取される可能性は、元気に動き回るアリたちよりも格段に高いことは疑う余地はありません。

アリと一緒に草ごと食べられたディクロコエリウムは見事に次世代へとつなぎます。

~ 再挑戦? ~

食べられなかったアリは?

ウシに食べられなかったアリはそのまま死に、当然ディクロコエリウムも死んでしまいます。アリにしてみれば全くの無駄死にです。

しかし、夕方から一晩経っても食べられなかったアリは、朝方になると、ディクロコエリウムは洗脳を解き、アリを地面に戻すともいいます。

昼間の間自由に行動させると、また夕方にマインド・コントロールをはじめ草の頂上へと導くというのです。

しかし、夜の寒さ、朝方の日差しにより一晩でアリは絶命してしまう可能性も高く、またメタケルカリアの寿命も短いと考えられることから、そんなことが本当に可能なのかどうかは分かりません。

<参照サイト>
Later On

<この記事のURL>
http://umafan.blog72.fc2.com/blog-entry-713.html

↓気に入って頂いた方はクリックして頂けると嬉しいです
人気 blog ランキング でオカルト・ホラーサイトを探す

>>
FC2 ブログランキング (オカルト・ホラー)
>>
人気の面白サイトを探す

(関連)
不思議な生物
吸虫のミラクルなた日 ~ 住血吸虫
殺虫キノコ 冬虫夏草 (微グロ注意)
ネズミを洗脳し勇敢に トキソプラズマ
全人類洗脳計画 トキソプラズマ 人間寄生編
殺人アメーバ、ネグレリア・フォーレリ
メダカを自殺させる?寄生虫ユーハプロルキス
寄生蜂ブードゥー・ワスプとゾンビイモムシ
センスの悪い寄生虫? ~ プセウドディプロルキス
ゴキブリをゾンビ化、エメラルドゴキブリバチ (グロ注意)
人体寄生 ~ ヒトヒフバエ (グロ注意)
人体寄生 ~ ギニア・ワーム (メジナ虫) (グロ注意)  
カタツムリ寄生 レウコクロリディウム (グロスーパー注意)
■ イモムシをミイラ化して殺す ~ シャキーラ・ワスプ
ハリガネムシ (グロ注意)
■ カゲロウに寄生しメス化させる線虫
カニをゾンビ化 フクロムシ
恐怖の寄生植物 ~ ウィッチウィード (魔女草)
寄生植物 ~ ラフレシア・アーノルディ
寿命たったの30分!?1時間ブヨ
史上最強!?ライオンゴロシ ~ 悪魔のかぎ爪
メドゥーサ・ワーム (スパゲッティ・ワーム
新種のショッキング・ピンク・ドラゴン・ヤスデ
殺人蟻の首狩り職人 ~ ノミバエ
敵地で爆発 ~ 自爆テロアリ
毒鳥ピトフーイ
セアカゴケグモ猛毒伝説は本当か?
殺人クラゲ キロネックス・フレッケリ
殺人巻貝 アンボイナガイ (ハブガイ)
モウドクフキヤガエル
真・毒ガニ スベスベマンジュウガニ
クマムシ不死身伝説は本当か?

UMA一覧へ

トップページへ 

テーマ:不思議生物 - ジャンル:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。