アクセスランキング ブログパーツ
UMAファン ~ 未確認動物
世界中のUMA (未確認生物)、巨大生物、不思議な生物 (珍獣)を紹介しているブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
歯がぐるぐる巻きの鮫 ~ ヘリコプリオン

■ヘリコプリオン■
■Helicoprion■


(リチャード・エリス、「アクアジェネシス」より)

~ サメの歯 ~

サメの歯はベルトコンベア式に次々と生え替わることで知られています。

外側から見えている最前列の歯の後ろ側に、幾重にも歯が待機しています。

基本的に、サメの歯は横1列 (歯列) で1セットですから、まだまだ使える立派な歯がたくさん並んでいても、歯列ごと最前列の歯は後ろに待機している歯列とごっそり交換されてしまいます。

サメによって生え替わる歯の数は大きく異なりますが、多いものでは一生の間に数千から数万本生え替わるものと推測されています。

人間などからすればずいぶんとうらやましいシステムです。しかし、使える歯まで廃棄されてしまうとは、非常にもったいなく感じます。

この抜け落ちてしまう歯を、なんとか有効利用していたと思われるサメの仲間が存在します。

~ 螺旋状のノコギリ ~

抜け落ちる歯を抜け落ちないようにしようとしたサメはいくつか知られていますが、その中でもっとも有名と思われるヘリコプリオンを紹介します。

ヘリコプリオンは石炭紀後期からペルム紀まで繁栄した古代のサメで、その化石はロシアを始め、アメリカやオーストラリア、そして日本でも発見されています。

体長は3メートルから大きいもので6メートルぐらいと推測されており、なかなか大きなサメです。


(ゴブリンシャークのスライドショー
※ 画像をクリックするとYouTubeに飛びます)

体型的にはゴブリンシャーク (ミツクリザメ) のように吻 (ふん、鼻先) の長い体型だったといわれています。

多くの軟骨魚類がそうであるように、軟骨は石化しにくいため、ヘリコプリオンは歯の化石しか残っていませんが、この歯の化石の不思議さといったらありません。

このヘリコプリオン (Helicoprion) という名前は、"Helico" が「螺旋 (らせん)」、"prion" が「ノコギリ (saw)」という意味で、「螺旋状のノコギリ」とか「円形状ノコギリ (Circular saw)」という意味になります。

この「螺旋状のノコギリ」というのは、もちろんヘリコプリオンの歯を指しています。とはいっても「螺旋状のノコギリの歯」といわれてもピンと来ません。どういうことでしょう?

~ ヘリコプリオンの歯 ~

ヘリコプリオンの歯列は抜け落ちません。しかし、他のサメの仲間と同様、歯は生涯生え続けます。

「歯が抜けない」にも関わらず「新しい歯がどんどん生えてくる」、ふつうに考えれば、ヘリコプリオンの口の中は、歯でいっぱいになってしまうはずです。

しかし、ヘリコプリオンの口の中は、歯でいっぱいになることはありません。抜け落ちるべき歯列が、抜け落ちずに螺旋状に巻いていくのです。

ヘリコプリオンの歯の化石を見れば一目瞭然、まさに「螺旋状のノコギリ」です。

というか、特に化石に興味のない人がヘリコプリオンの化石を見た場合、とうていサメの歯と認識するとは思えず、おそらくイガイガのアンモナイトの化石と思ってしまうことでしょう。

~ 歯の付き方 ~


(ヘリコプリオンの歯の化石)

さて、このぐるぐる巻きの歯、いったいどういう風にからだにくっついていたのでしょう?

実は未だにはっきりしていません。おそらく下あごのものと考えられていますが、頭部の化石もまだ発見されておらず、確定されていません。

以前は、むしろ上あごについていたのではないか、という考えのほうが主流だったようです。

ロシアの地質学者ウラジミル・オブルチェフ (Vladimir Obruchev) は、このぐるぐる巻きの歯が下あごについていては摂食の邪魔になったと考え、上あごについていたものと推測しました。

ウラジミルは、上あごについていた場合の利点として、頭部を保護する緩衝材としての役割を挙げています。

しかし、近縁種などの発見等、研究の進んだ現在では下あごについていた、という考えが主流であり、復元図や復元模型もほとんどがそのようになっています。


(ヘリコプリオンの復元の一例)
川崎悟司さんの復元イラストもどうぞ

カメレオンの舌のように伸びて獲物を攻撃したのではないか、口の中にアンモナイトがいるように見えるので、疑似餌としての役割を担っていたのではないか、など珍説もたくさんあります。

ただし、体が大柄だったことを考えると、そのような小細工をするより、ふつうに獲物に襲いかかった方が楽なような気がします。

本当のところは現時点では分かりませんが、こんな不思議なサメが存在していたことだけは疑いようがありません。

廃棄される運命にある歯を再利用するという画期的な進化を遂げたヘリコプリオン、長く繁栄したにもかかわらず、現在の海にかれらのアイデアを採用したサメは存在しません。

(参考文献 "AQUAGENESIS",  Richard Ellis)

<この記事のURL>
http://umafan.blog72.fc2.com/blog-entry-644.html

↓気に入って頂いた方はクリックして頂けると嬉しいです
人気 blog ランキング でオカルト・ホラーサイトを探す

>>
FC2 ブログランキング (オカルト・ホラー)
>>
面白サイトランキング


(関連)  
絶滅生物リスト
巨大生物リスト 
存在したのか?超巨大鮫パラヘリコプリオン
巨大鮫 ~ メガロドン
巨大鮫 ~ カグラザメ
巨大鮫 ~ オンデンザメ
巨大鮫 ~ ゴブリンシャーク
ヘラチョウザメ
■ 絶滅巨大魚 ~ ダンクレオステウス
絶滅巨大魚 ~ リードシクティス
絶滅巨大魚 ~ シファクティヌス
絶滅巨大魚 ~ ハイネリア
生きた化石 ~ ラブカ
生きた化石 ~ シーラカンス
■ 
巨大魚 ~ ゴリアテ・グルーパー 
巨大魚 ~ ナイルパーチ
巨大魚 ~ アリゲーターガー
巨大魚 ~ ターポン
超巨大リュウグウノツカイ
深海の奇妙なギンザメ ~ テングギンザメ
3メートルの巨大カレイ ~ オヒョウ
巨大ナマズ ~ ヨーロッパオオナマズ
巨大ナマズ ~ メコンオオナマズ
巨大ナマズ ~ ピライーバ

足のある鮫が捕獲される
■ 新種のサメ ~ゴジラ・シャークの化石発掘
水棲UMAの誤認候補 ~ チョウザメ
古代のダイオウイカ Part2 トゥソテウティス・ロンガ

UMA一覧へ

トップページへ 

スポンサーサイト

テーマ:不思議生物 - ジャンル:

謎のカエル ~ ベガスヒョウガエル

■謎のカエル ~ ベガスヒョウガエル■
■Vegas valley leopard frog (Rana fisheri)■


(ヒョウガエル)

~ 蛙の雨 ~


(魚が降ってきた様子の絵画)

昔から「雨のように天から生き物が降ってくる」話があります。

降ってくる生物はさまざまですが、特に魚、そしてカエルが多いようです。

こういった話は本当でしょうか?

「生き物が降ってくる話」は、まだ自然発生説(注1) が信じられていた中世以前の記録が多いことに注目です。

雨が降ると、それまで見あたらなかったカエルが突然道ばたに大量に出現するのを見て、カエルが土から湧き出てきた (土から生まれた) なんて本気で信じられていた時代です。

実際は水辺に隠れていたカエルが出てきただけに過ぎません。

そういった素朴な時代ですから、「蛙の雨」の話もそのまま鵜呑みには出来ないでしょう。カエルが大量発生しているのを土から湧き出たのではなく、空から降ってきたと解釈した可能性もあります。


(イカナゴ)

とはいえ、それでは魚が降ってくる説明はつきません。さらに、生物が降ってきた記録はあまりに多く、実際のところ、もっと近年になって報告された例も少なくありません。1918年、イギリスのヘンドンにイカナゴが降ってきたことは当時、新聞の記事にもなっています。

すべてがすべて勘違い、と決めつけるのは少々乱暴かもしれません。

(注1) 生物が無生物から親なしで発生するという説

~ 竜巻説 ~

一説には、竜巻などによって上空にさらわれた生き物が、別の場所に落ちてきたのではないか、などといった説明もなされています。

竜巻説は一見もっともらしいのですが、カエルにしろ魚にしろ、降ってくる生物のほとんどが単一の種類であることが気がかりです。

「カエルだけを巻き上げよう」などと竜巻に意志があるわけではなく、竜巻説であればいろいろな生物 (草木なども含む) がごっちゃになって降ってくるのが自然なはずです。

「生物が降る話」が本当の話であれば、真実は竜巻説ではないような気がします。

~ 鳥取砂丘にオタマジャクシ ~


(鳥取砂丘のオアシス)

中世の「蛙の雨」を連想させるニュースがありました。鳥取砂丘のど真ん中にある「オアシス」でオタマジャクシが発見されたというのです。

いつの頃からかオアシスに棲みついたカエルが繁殖し続けているならともかく、このオアシスは夏期には干しあがって消失してしまうそうです。

砂漠を横断中にオアシスに到着し、繁殖したのでしょうか?ふつうに考えて、砂漠の外からオアシスにたどり着くのは難しそうです。砂漠に特化したカエルでしょうか。



オタマジャクシを調べたところ、これはふつうのアマガエルの仲間だそうで、特に砂漠に特化したカエルというわけではないようです。

いったいどうやってたどり着き、繁殖しているのでしょう、不思議な話です。

さて、今回は砂漠地帯に棲息する謎のカエル、ベガスヒョウガエルを見ていきます。

~ ベガスヒョウガエル ~

1893年、ネバダ砂漠にラスベガスのカジノ都市が建設される前、砂漠に囲まれたベガスバレーの湧き水で新種のカエルが発見されました。

大きさは5センチをちょっと超すぐらい、体色はグリーンで全体に黒っぽい斑点があります。

発見されたのがベガスバレー (Vegas valley) であることとヒョウ (leopard) のような斑点を持つことから、英名をベガス・バレー・レオパード・フロッグ (Vegas valley leopard frog)、和名をベガスヒョウガエルといいます。

ベガスヒョウガエルは他地域に棲息するヒョウガエルの仲間と取り立てて姿や模様が異なるわけではありません。

しかしこのカエル、生態に謎があります。不思議なことに卵がいっこうに見つからないのです。カエルが棲息している湧き水や小川に卵を産まないために見つからないのでしょうか?

たとえば、カメにそっくりで有名なタートル・フロッグ (カメガエル) のように砂地に穴を掘って卵を産んでいたとしたら、なかなか見つかるものではありません。


(タートルフロッグ)

タートル・フロッグの赤ちゃんはオタマジャクシのステージを卵の中で過ごすので、卵から出るときはカエルになっています。ですから土の中に卵を産んでも平気です。

ベガスヒョウガエルはどうでしょう?

実は卵は見つかっていませんが、オタマジャクシは発見されています。ということはやはり土の中に卵を産むということはあり得ません。


(ヒョウガエルのオタマジャクシ)

卵胎生でオタマジャクシを直接産むのでしょうか?こうなったら、ベガスヒョウガエルに密着して生態を探るほかないでしょう。

しかし、その願いは叶いません。

このベガスヒョウガエル、ラスベガスの発展に伴い、棲息地域を木っ端みじんに破壊され、発見からわずか50年、地球上から姿を消してしまいました。

(参考文献)
●フェノメナ【幻象博物館】(J.ミッチェル、R.リカード)
●失われた動物たち(プロジェクトチーム)

<この記事のURL>
http://umafan.blog72.fc2.com/blog-entry-643.html

↓気に入って頂いた方はクリックして頂けると嬉しいです
人気 blog ランキング でオカルト・ホラーサイトを探す

>>
FC2 ブログランキング (オカルト・ホラー)
>>
面白サイトランキング


(関連)
誤認・絶滅生物リスト
不思議な生物リスト 
カエルの神隠し ~ オレンジヒキガエル
■ 空からオタマジャクシ
珍蛙 カメガエル & インドハナガエル
アベコベガエル
コモリガエル (ピパピパ) 
モウドクフキヤガエル
■ 87年ぶりに発見!ニジイロヒキガエル
■ 「悲鳴」を上げて逃げるカエル ~ バジェットガエル
■ 釣った魚の口の中にカエルが住んでいた!
巨大ガエル ~ ゴライアスガエル
絶滅巨大ガエル ~ デビル・フロッグ
モンマスシャーの石の中で眠るカエル
ドラゴンの赤ちゃん? オルム (ホライモリ)
アホロテトカゲ
ステラーカイギュウ
タスマニアタイガー (サイラシン)
発見する前に絶滅 ネソフォンテス
ヨウスコウカワイルカ、ついに絶滅する
謎の大絶滅 ~ ロッキートビバッタ 

UMA一覧へ

トップページへ

テーマ:不思議生物 - ジャンル:

巨大ハサミムシ ~ セントヘレナオオハサミムシ

■セントヘレナオオハサミムシ■
■St. Helena giant earwig (Labidura herculeana)■

~ 耳の中に棲む虫 ~


(ハサミムシ)

~ ハサミムシ ~

大きな石をひっくり返したりすると、ダンゴムシなんかと一緒にハサミムシが出てきたりします。

あわててどこかに隠れようとする姿はけっこうかわいかったりしますが、あのお尻のハサミに挟まれると結構痛いものです。

この「ハサミムシ」という名前はシンプルですが、この昆虫の特徴を的確に表現しており、名前とイメージがぴったり来ます。

英語ではなんというんでしょう?直訳して、フォーセプス・バグ (forceps bug) とか シザーズ・バグ (scissors bug) なんて思い浮かべる人もいるかもしれません。

意外なことに、ハサミムシの英名には「ハサミ」を表す単語は入っていません。イアウィッグ (earwig) といいます。

~ 耳のムシ ~

ハサミムシの英名はイアウィッグのイア (イアー) は、あの「耳」のearです。つまり「耳の昆虫」という意味です。

あの目立つハサミに言及せずに、「耳の昆虫」と名付けるとはセンスがあります。

どうしてこんな名前が付いたんでしょう?形でしょうか?そういえばよく見ると人間の耳の形に似ている、、、わけないです。

実はこのイアウィッグという名前の由来には2つの説があります。

1つはハサミムシの鞘翅が短く、その「鞘翅が人間の耳の形に似ているから」というものと、もう1つが「(人間の) 耳の中に棲む虫だから」というものです。


(体に対して小さな鞘翅)

おもしろい後者をピックアップします。

~ 耳の中に住む ~

犬や猫など飼っている人は「耳ダニ」をご存じでしょう。その名の通り、耳の中に住み着いているダニです。

顕微鏡サイズのダニであれば、侵入されても気付かないというのは納得できますが、ハサミムシです。

思いっきり肉眼で見えますし、だいたいあんなでっかいものが耳の中に入って来て気付かない人はどうかしているに違いありません。

そもそも足下からはい上がり、首、顔面と通過していくどこかで、まともな人なら気付くはずです。とてもあり得そうにありません。



そうです、起きている人に侵入するわけではありません。

ハサミムシのイアウィッグという名前は「眠っている人間の耳の中に入ってくる」ことから名付けられたといいます。これならなんとかなりそうです。

ですが、寝ているときに侵入したにせよ、目が覚めたらなんぼなんでも気付くでしょう。

そのまま気付かず学校に行ったり、会社に行ったりする人がいるとは思えません。耳からハサミムシが顔を出している状態で歩いている人に出会ったことももちろんありません。

しかし、ハサミムシに侵入された人間は、学校に行くことも会社に行くこともないのです。

ハサミムシは耳から侵入し、穴を開け脳に達し、そして脳をむさぼり食べるからです。

あんな平和そうな昆虫が人間を死に至らしめるとは、、、実はこれは結構有名な都市伝説で、そんな事実はもちろんありません。ご安心を。

~ セントヘレナの巨大ハサミムシ ~


(セントヘレナ島)

巨大ハサミムシの写真

失脚したナポレオン・ボナパルトの流刑地として有名なセントヘレナ島ですが、この島には幻の巨大ハサミムシ、セントヘレナオオハサミムシ (Labidura herculeana) が棲息しています。

このハサミムシの体長は8センチを優に超えるといわれており、トレードマークのお尻のハサミもクワガタムシの大顎を思わせるほど長く巨大です。

島が発見された16世紀以降、人類と共にネズミをはじめとする外来生物の流入、土地開発の影響により、この巨大ハサミムシはみるみる数を減らしていきました。

元々数が少ない上、夜行性で昼間は土中深く潜っているということもあり、研究者が血眼 (ちまなこ) になって探して、やっとこ1匹2匹を見つける程度までになっていきます。

しかし、そんな状況になってもこのハサミムシを気にかける人は誰もいませんでした。

そんな状況が続けば当然の結果が待っています。とうとう、この巨大ハサミムシを見かける人は誰もいなくなってしまいました。20世紀を前にして絶滅してしまったのです。

~ 再発見? ~

ところが意外なことが起こります。絶滅したと思われていたセントヘレナオオハサミムシですが、1967年に再度個体が確認されました。

最近になって、やっとこ地球規模での環境保護に対する気運が高まっています。

セントヘレナ島のハサミムシも例外ではなく、彼らを絶滅から守ろう、という人々も出てきました。

しかしセントヘレナオオハサミムシが最後に見かけられてから約40年、幾度も調査隊が派遣されましたがかれらを見つけることはできません。

おそらく絶滅してしまったか、絶滅していないにしても極めて危険な状況にあることは間違いありません。

手をさしのべるのが遅すぎたようです。

<この記事のURL>
http://umafan.blog72.fc2.com/blog-entry-642.html

↓気に入って頂いた方はクリックして頂けると嬉しいです
人気 blog ランキング でオカルト・ホラーサイトを探す

>>
FC2 ブログランキング (オカルト・ホラー)
>>
面白サイトランキング


(関連)
巨大生物リスト
不思議な生物リスト
誤認・絶滅生物リスト
■ 超巨大昆虫 ~ タイタンオオウスバカミキリ
超巨大昆虫 ~ サカダチコノハナナフシ
■ 超巨大昆虫 ~ ユウレイヒレアシナナフシ
■ 超巨大昆虫 ~ 四川省で巨大ヘビトンボの新種発見
巨大ゼミ ~ テイオウゼミ
■ 悪魔の幼虫 ~ ヒッコリー・ホーンド・デビル
ステラーカイギュウ
タスマニアタイガー (サイラシン)
ヨウスコウカワイルカ、ついに絶滅する
謎の大絶滅 ~ ロッキートビバッタ

ベガスに抹殺されたベガスヒョウガエル
アカヒアリの首狩りコレクター ~ ノミバエ
敵地で爆発 ~ 自爆テロアリ 
セアカゴケグモ猛毒伝説は本当か?
冬虫夏草 (微グロ注意)
ゴキブリをゾンビ化、エメラルドゴキブリバチ (グロ注意)
カタツムリ寄生 レウコクロリディウム (グロスーパー注意)
ハリガネムシ (グロ注意)
人体寄生 ~ ヒトヒフバエ (グロ注意)
人体寄生 ~ ギニア・ワーム (メジナ虫) (グロ注意)
殺人アメーバ ネグレリア・フォーレリ
殺人クラゲ キロネックス・フレッケリ
殺人巻貝 アンボイナガイ (ハブガイ)
モウドクフキヤガエル
真・毒ガニ スベスベマンジュウガニ
島を食べ尽くす ナナツバコツブムシ
テキサスの超巨大バッタ
Google earth エイリアン・バグ

UMA一覧へ

トップページへ

テーマ:不思議生物 - ジャンル:

開設3周年
忙しくて更新できなかったため、とっくに過ぎているんですがブログ開設3周年です。

お客さんがたくさん来てくれるのがモチベーションとなって、ここまで続けてこられました。みなさんどうもありがとうございます。

最近はずっと忙しくて更新頻度がイマイチですが、ネタには困りませんので今後も暇を見つけては更新していきます。
ブラジリアン・ビッグフット ~ マピングアリ

■ブラジリアン・ビッグフット ~ マピングアリ■
■Mapinguary■

 

~ 獣人は存在しない!? ~

雪男 (イエティ)野人 (イエレン) が実在する場合、近親交配では乳幼児死亡率が増加するため、かれらはそうとう大きな集落を形成しているはずである

そんな集落がいくら山奥にあっても目につかないはずがない。人工衛星によってゴルフ場や住宅さえ分かる世の中で隠しきることは難しい

このように考えると、雪男や野人はいないことになる」

~ しかし? ~

これは「極限の生物たち」という科学系読み物の中の、UMAに関する記述部分を要約したものです。

しかも、これは20年ほど前に書かれた本で、衛生が発達した現代ではさらに説得力のある言葉です。

小柄な動物ならまだしも、人間大もしくはそれ以上の生物となれば行動圏も広くなりますし、人目に触れないなんてことはあり得ない、誰しもそう考えたくなります。

しかし、そんな逆境を跳ね返すかのように、このほどブラジルの密林でいまだ知られていなかった先住民族が発見されました。

~ 未発見の先住民族 ~


(未知の民族のニュース動画
※画像をクリックするとYouTubeに飛びます)

実はこの部族、その存在は数年前から知られていたとのことです。

ペルーで進む森林の違法伐採により、彼ら部族の居住区が失われ存亡の危機に直面しているとのことで、そういった違法伐採に対する批判を込め彼らの存在が公にされました。

彼らは全身を赤や黒に塗っており、撮影に訪れていたヘリコプターに向かって矢を放っている様子が映像に納められています。

集落全体の人口は500人ほどと決して大きなものではありませんが、こんなご時世になってもその存在が知られていない部族が存在するというのは驚きです。


(上空からの撮影で集落も確認できます)

UMA (未確認動物) どころか我々と同じ人類に、未だ知られていない民族が存在したというのは、UMAファンにとってたいへん心強いニュースといえるでしょう。

それでは、謎多き南米の密林に棲息するといわれる獣人たちを見ていきましょう。

~ ブラジリアン・ビッグフット ~

北米の代表的な獣人、ビッグフットの陰に隠れ、あまり日本では有名ではありませんが、南米からもいくつかの獣人の報告があります。

ブラジルの密林に棲息するというマピングアリ (マピングアリー)、身体的な特徴はビッグフットと大差なく、「南米のビッグフット」もしくは「ブラジリアン・ビッグフット」といえる存在です。

マピングアリは赤い体毛で全身が覆われているといわれていますが、ビッグフット同様、黒い毛で覆われているといった報告もあり、ビッグフットと差別化できるような特徴は特に持ち合わせていません。

このマピングアリと似ている (もしくは地域による別称の可能性あり) ものにディディ (ディーディー) がいます。こちらも赤毛の目撃が多いようですが、マピングアリよりも一回り小型で、人間と同程度の大きさといわれています。

ディディは古くからその存在が噂されており、もっとも初期の証言は17世紀末まで遡ります。

このディディは背格好が非常に人間に近いものがあり、実際目撃した人たちもはじめは人間と見間違えたりしたものもあるようです。

~ マピングアリ=巨大ナマケモノ? ~


(最大体長8m、巨大ナマケモノ、メガテリウム)

マピングアリやディディの正体としてはビッグフットと同様に未発見の類人猿がその正体として挙げられています。

当然といえば当然といった説で、イエティやビッグフット、ヨーウィギガントピテクス生存説が根強い人気です。

マピングアリの場合、こういった一般的な説よりも、絶滅した巨大なナマケモノ、メガテリウムグロッソテリウムの生存説を語られる機会の多い獣人です。

それどころか、マピングアリは獣人ではなく、メガテリウムを直接指している場合もあるほどです。

これは動物学者、デビッド・オーレン (David Oren) 絶滅したオオナマケモノの一種が棲息しているかもしれない、とがニューヨークタイムズ紙に語ったことに端を発します。

オーレンの発言は拡大解釈され、絶滅したオオナマケモノの中でももっとも大きなメガテリウムがピックアップされ、マピングアリ=メガテリウムなる説ができあがることになります。

オーレンはマピングアリの正体をメガテリウムと言ったわけではなく、現世のナマケモノよりもやや大きめのナマケモノが南米大陸に生存している可能性を示唆したにすぎません。

実際、最大体長8メートルといわれるメガテリウムでは、マピングアリの正体にしては大きすぎます。

そういうわけで、マピングアリの正体とメガテリウムの生存説は別々に考えた方がいいでしょう。

マピングアリよりも圧倒的に目撃が多い人間サイズの赤毛の獣人、ディディは、「全身が赤い」という特徴から、もしかすると今回発見された未知の部族を誤認した、という可能性もあるかもしれません。

<この記事のURL>
http://umafan.blog72.fc2.com/blog-entry-639.html

↓気に入って頂いた方はクリックして頂けると嬉しいです
人気 blog ランキング でオカルト・ホラーサイトを探す

>>FC2 ブログランキング (オカルト・ホラー)
>>
人気の面白サイトを探す

(関連)
珍獣・不思議な生物リスト
アメギーノの南米人類起源説
モノス (ド・ロワの類人猿) 
アフリカの小型獣人 アゴグウェ
絶滅巨大類人猿 ~ ギガントピテクス
ビッグフット
ビッグフットの死骸、ジョージアでついに発見!?
■ ノルウェーでビッグフットの撮影に成功?
■ ビッグフットのDNA鑑定が公開される
謎のフィルムに写った生物 ゲーブル・フィルム・クリチャー
ケンタッキー州で撮影された"裏庭ビッグフット"
■ ルイジアナ・スキンウォーカー
ビッグフットのミイラ化した顎発見?
ヒマラヤの雪男 ~ イエティ
中国の獣人 ~ 野人イエレン
■ オーストラリアン・ビッグフット、ヨーウィ、撮影される
オーストラリアン・ビッグフット ~ ヨーウィ
実在したホビット族 ~ ホモ・フロレシエンシス
獣人か?人間の死体か?ミネソタ・アイスマン
500年前の人工生命 ~ ホムンクルス
ジェイコブズのビッグフット Part1 
デビルモンキー
オハイオ・グラスマン
ハニー・スワンプ・モンスター 
インドの殺人モンキー ~ モンキーマン 
巨大キツネザル (パレオプロピテクス&メガラダピス)
マレーシアで巨大獣人が目撃される
未知の獣人の死骸見つかる ~ ベビービッグフット
東ネパールでイエティの足跡が発見される
ウェーンズバロに残された謎の足跡
ビッグフット vs 超能力捜査官

UMA一覧へ

トップページへ

テーマ:不思議生物 - ジャンル:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。