アクセスランキング ブログパーツ
UMAファン ~ 未確認動物
世界中のUMA (未確認生物)、巨大生物、不思議な生物 (珍獣)を紹介しているブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
直径20センチの巨大ミミズ ~ ミニョ太郎

■直径20センチの巨大ミミズ ~ ミニョ太郎■
■Unidentified giant earthworm■


(王里さんの目撃スケッチ (c)王里)

~ 巨大ミミズの目撃 ~

巨大なミミズ型UMAといえば、ブラジルのミニョコン (ミニョーサオ) ですが、日本にも巨大ミミズらしき生物が棲んでいるかもしれない、というミミズファン垂涎のニュースが舞い込んできました。

イラスト付きの目撃情報を送ってくれたのは、福岡県の王里 (おうり) さんで、今から10年ほど前 (1997~1998年頃) のお話ということです。王里さん、どうもありがとうございます。

王里さんがまだ小学生の頃、学校の裏にある松原で遊んでいたところ、思いがけないものに出くわしました。

思いがけないものとは「なにかの死骸」で、直径は約20センチ、長さ30センチほどの円柱形をしたものでした。両端は千切れており、生前はもっと大きな生物であることは間違いありません。



かなり腐敗が進んでいたらしく、千切れて肉が露出した断面には大量のウジが湧き、腐臭も凄まじかったといいます。

表面の皮膚の色は茶色っぽく、湿っているのか、ミミズのそれのように濡れたようなツヤがありました。皮膚は薄く、はち切れそうなソーセージのようだったといいます。

また、イラストからも分かるとおり、その体にはミミズのように体節らしき溝も見られます。

また、ミミズには体の前方に帯 (環帯) がありますが、この死骸にも帯の一部のようなものが残っており、そこだけは色が白っぽかったといいます。

~ ギネス上の巨大ミミズ ~

 
(これはブラジルの巨大ミミズ
2メートル近くありそうです)

さて、大きさを無視すれば、色や形、細かな特徴なども含め、両端がちぎれてしまったミミズの死骸のような印象を受けます。

この直径から考えると、少なくとも5~6メートル、もしかすると10メートル近くもある巨大なミミズの姿が想像されます。

ミミズの話題になると、しょっちゅう引き合いに出して恐縮なのですが、まずは実際のミミズのギネス記録を見ていきましょう。

ミミズのギネス記録は、南アフリカで発見されたミクロカエトゥス・ラピという種のミミズで、その長さは驚愕の6.6メートルです。

ふつうその辺で見かけるミミズですと、30センチも超えればかなりビックリする大きさですから、7メートル近いミミズというものが、いかに大きいか想像できるかと思います。

ちなみに、ミクロカエトゥス・ラピは、もともと世界一大きいミミズではないのですが、たまたま突然変異的に巨大なものが発見されました。

このミクロカエトゥス・ラピの記録から考えると、王里さんの目撃した巨大なミミズらしき死骸が、生前5~6メートルあったとしても、決して無茶な体長ではないことが分かります。

しかし、問題はその太さです。ギネス記録のミミズでさえ直径は2センチほどしかなく、通常のミミズよりもちょっと太めなだけでした。

というのも、ミミズはその体の構造上 (肺がない)、あまり太くなることは出来ず、計算上では直径1.3センチ以上には太くなれないと見積もられています。

それでは生前の姿や正体について考えていきましょう。

直径20センチの巨大ミミズ Part 2 に続く

↓気に入って頂いた方はクリックして頂けると嬉しいです
人気 blog ランキング でオカルト・ホラーサイトを探す

>>FC2 ブログランキング (オカルト・ホラー)

>>人気の面白サイトを探す

(関連) 
不思議な生物リスト
巨大生物リスト 
直径20センチの巨大ミミズ Part 2
巨大ミミズ
爆弾ゴカイ ~ グリーン・ボンバー
ブラジルの巨大ミミズ型UMA ~ ミニョコン
ミニョコンは実在するか?
アホロテトカゲ (ミミズトカゲ)
ドラゴンの赤ちゃん? ~ オルム
巨大ナメクジ
巨大ナメクジUMA、ムリロは実在する? 
巨大 "ツチノコ" ヒル
キャット・ヘッド・スネーク 
モンゴリアン・デス・ワーム (オルゴイ・コルコイ)
巨大絶滅ガエル ~ デビルフロッグ

UMA一覧へ

トップページへ

スポンサーサイト
身長1メートルの獣人 ~ ニッタエウォ

■ニッタエウォ■
■Nittaewo■


(オラン・ペンデク)

~ 身長1メートルの民族 ~

ニッタエウォとはスリランカに棲息していたという謎の獣人です。

1887年、イギリスの探検家、ヒュー・ネヴィル (Hugh Nevill) はスリランカ (当時セイロン) に訪れた際、先住民族ヴェッダ族 (Veddah or Vedda) からニッタエウォという不思議な民族の話を聞きました。

ヴェッダ族によれば、ニッタエウォは非常に小柄な民族で、身長は1メートル足らずしかないということでした。尻尾はなく、人間と同様、直立二足歩行をしていたといいます。

小柄ではあったものの、非常に勇敢 (ヴェッダ族にいわせれば"野蛮" で "残虐") で、特に腕の力は強かったといいます。

脚のみ毛で覆われているともいいますが、典型的な獣人と同様、体全体が毛で覆われていたという説もあります。

また、ヴェッダ語をはじめ、ヴェッダ族が解することが出来る言語で話すことは出来ず、ニッタエウォ語といえる、かれら同士だけがコミュニケートできる言語を操っていたといいます。

~ ニッタエウォの絶滅 ~

ヒュー・ネヴィルはこの小柄で不思議な民族、ニッタエウォに会うことは出来ませんでした。

というのも、ヒューがヴェッダ族からこの話を聞いたおよそ100年前、すでにニッタエウォは絶滅していたからです。

ニッタエウォは、この話をしたヴェッダ族とは敵対関係にあり、長い間抗争を続けてきたといいます。

しかし、18世紀末、この抗争に終止符を打つべく、ヴェッダ族はニッタエウォを根絶させることに決めました。

ヴェッダ族によれば、かれらはすべてのニッタエウォを、あるひとつの洞窟に追い込み閉じこめたといいます。自分たちに危害を加えない、子供や女もすべてです。

閉じこめた洞窟の入り口をたくさんの木で塞ぐと、三日三晩火をたき続け、すべてのニッタエウォをいぶし殺したということです。

~ ホモ・フロレシエンシス ~


(左より、現代人、パラオの小型人類、フロレシエンシス
National Geographic より

ピグミーと総称される、小柄な民族 (150センチ以下) たちと比べても、ニッタエウォは恐ろしく小さく、そんな民族が本当に存在したのか疑わしく感じます。

しかし、最近になってフローレス島 (ホモ・フロレシエンシス) やパラオで、1メートルほどの身長しかない小型の人類化石が相次いで見つかりました。

現生人類とは別系統で進化したヒト属が、つい最近まで孤島で生活していた、という夢のような話で話題になりました。

近頃では、これらの小型人類は、人類とは別系統で進化したヒト属ではなく、現生人類が遺伝的疾患により矮小化したに過ぎないという説も有力です。

しかし、現生人類が矮小化したにせよ、そういった民族が存在したことは確かですから、ニッタエウォも単なるヴェッダ族の伝説ではなく、実在した可能性も十分考えられます。

また、何百年も前から民族に伝わる「伝説の話」というわけでもありません。

ヒューがヴェッダ族からその話を聞いた、わずか100年前の出来事ですから、話の内容が大幅に歪曲されたり誇張されたりするほど時間は経っていないともいえます。

~ やはり実在した!? ~

そして、それを後押しするように、WWW Virtual Library には面白いことが載っています。

なんでも、1963年、ランブクウェラ (Capt. Rambukwella) 率いるニッタエウォ探索隊は、ニッタエウォが棲んでいたといわれる地域を調査したといいます。

生きたニッタエウォも、いぶし殺されたというかれらの骨も、残念ながら発見することは出来ませんでした。

しかし、とある洞窟を調査し、洞窟内の土を掘ってみたところ、オオトカゲの脊椎やホシガメの甲羅の破片などが発見されました。

それはヴェッダに伝わるニッタエウォの食性とぴたりと一致しているということです。

(参考文献・サイト)
Cryptozoology A to Z (Loren Coleman 著)
WWW Virtual Library

↓気に入って頂いた方はクリックして頂けると嬉しいです
人気 blog ランキング でオカルト・ホラーサイトを探す

>> FC2 ブログランキング (オカルト・ホラー)
>> 人気の面白サイトを探す

(関連) 
誤認・絶滅動物リスト
UMA関連コラム
実在したホビット族 ~ ホモ・フロレシエンシス
■ 
虎と象とビッグフットの足跡が3つ並んで残される
ホビット族、今度はパラオで発見
オラン・ペンデク
カラノロ
野人イエレン
インドの殺人モンキー ~ モンキーマン
ビッグフットかクマか?ジェイコブズ・クリチャー
ビッグフット
絶滅巨大類人猿 ~ ギガントピテクス 
オハイオ・グラスマン
ハニー・スワンプ・モンスター
マレーシアで巨大獣人が目撃される
アメギーノの南米人類起源説
未知の獣人の死骸見つかる ~ ベビービッグフット
東ネパールでイエティの足跡が発見される
獣人か?人間の死体か?ミネソタ・アイスマン
ウェーンズバロに残された謎の足跡
■ 3センチのカメレオン ~ ブロケシア・ミクラ

UMA一覧へ

トップページへ

恐怖の寄生植物 ~ 魔女草 (ストリガ)

■恐怖の寄生植物 ~ 魔女草 (ストリガ)■
■Witchweed (Striga)■

~ 魔法で作物壊滅 ~



~ 魔女の草 ~

英名ウィッチウィード (Witchweed)、直訳すると「魔女草」となりますが、こんな不思議な名前で呼ばれる植物が存在します。

ウィッチウィードと呼ばれるのはストリガ属 (Striga) に含まれる植物の総称で、多くはアフリカ、そしてアジアに自生します。近年ではアメリカやオーストラリアなどにも勢力範囲を広げています。

このウィッチウィードですが、「魔女」と形容されるのもダテではありません。

種も蒔いていないのに、そこはもともとウィッチウィードの畑であったかのように、農園はウィッチウィードの花で咲き乱れてしまうことがあるからです。

それはまるで魔女の魔法によって、畑を作り替えられてしまったかのようです。

~ かわいい魔女 ~


(むしろこちらこそ魔女に見える怪植物 ウェルウィッチア)

ウィッチウィードは寄生植物です。しかし、「寄生」という言葉から連想されるようなグロテスクな植物では決してありません。

ウィッチウィードは、ピンクや赤のとてもかわいらしい花を咲かせます。何も知らずに見れば、ピンクや赤に染まったきれいなお花畑、といった印象を受けるでしょう。

しかし、ウィッチウィードは寄生植物ですから、寄生されたほうの植物 (宿主) は栄養を吸い取られ、十分な実を付けることが出来ません。

農園がウィッチウィードに占領されてしまうと、農作物の価値は全くなくなってしまいます。

~ ウィッチウィードの魔力 ~

ウィッチウィードは、前述の通り寄生植物であり、自らの力で育つことは出来ません。

つまり、ウィッチウィードが育つには、ウィッチウィードの種のすぐ近くに、他の植物が生えていることが必須となります。

農場のように植物が密集している地域はウィッチウィードにとっては最高の場所です。

とはいっても、農園全体が、ウィッチウィードによって壊滅させられるほど寄生されるとは、風によってデタラメに飛ばされてきた種にしては運が良すぎる感じがします。

運任せであれば、せいぜい全体の数パーセントに魔女草が寄生しているといった程度が無難なところでしょう。

しかし、実際にウィッチウィードによる被害はその程度では収まらず、特に被害の大きいアフリカなどでは、農作物の50%から、最悪の場合100% (つまり収穫0) の被害を被る場合もあるといいます。

このことからも、ウィッチウィードの種が、運良く風に運ばれてきただけとは到底思えません。

ウィッチウィードの種は、動物のようにノコノコと寄生する植物を探し歩いているのでしょうか?不思議な種の秘密を見ていきましょう。

~ 魔女草の種の秘密 ~


(子だくさんの代名詞、巨大マンボウ)

ウィッチウィード繁栄の秘密は、まず、恐ろしく子だくさん、つまり種が多いことが挙げられます。

わずか一本のウィッチウィードが4~5万の種子をつける場合もあるといいます。

うまくいけば、一本のウィッチウィードの種子で、農園を壊滅させることができる数です。

マンボウは3億個の卵を産む、などといわれていますが、海がマンボウで埋め尽くされたという話は聞いたことがありません。むしろ少ないぐらいです。

マンボウの卵は、いわゆる「質より量」で、そのほとんどは大人に育つ前に食べられてしまうため、海がマンボウだらけになることはありません。

子だくさんの生物の場合、得てしてこんな感じで、それ故自然のバランスが保たれているというわけです。

ところが、ウィッチウィードの場合、「量も多い」うえに「質も高い」という厄介さがあります。

~ 発芽しません ~

ふつう、植物の種は気温や湿度などの条件が整えば発芽しますが、ウィッチウィードの種は十分な湿度に恵まれても発芽しません。

もちろん、湿度がなければ発芽しませんが、かれらにとって気温や湿度と同じぐらい重要なのが、宿主となる植物が近くに生えているかどうかです。

風に飛ばされ、気温や湿度の条件で発芽するのであれば、近くに植物が生えていたときのみ育つことが出来るため、ウィッチウィードは運任せの発芽となり、やはり育っていけるのはその一部ということになります。

しかし、ウィッチウィードは発芽できる気温や湿度があっても、近くに寄生できる植物が存在しないと発芽しません。

つまり、近くに寄生する植物が存在するときのみ発芽するため、恐ろしく寄生する確率を上げることが出来ます。

~ 眠り続ける ~

近くに植物が生えていない場合、種は発芽せずに休眠状態に入ります。

2、3年経っても近くに植物が生えてこなければ種も死ぬだろう、と思ってしまいますが、ウィッチウィードの種の耐久力は半端ではありません。

一説には20年前後、もしくはそれ以上耐えられると考えられています。

つまり、条件が整わないと、毎年毎年、種は風に運ばれてきて土中にどんどん蓄積されていくことになります。

一見何も生えていない土地に、おびただしい数のウィッチウィードの種が地雷のように静かに眠っているのです。

そんなとき、農園をつくろうと雑草もまばらな土地に農作物を植えたとき、ウィッチウィードの種たちは数年間の眠りから一斉に目を覚まします。

農作物の収穫を楽しみにしていた農夫たちの目に入ってくるのは、悪びれた様子もないピンク色のかわいらしい花たちです。

↓気に入って頂いた方はクリックして頂けると嬉しいです
人気 blog ランキング でオカルト・ホラーサイトを探す

>>
FC2 ブログランキング (オカルト・ホラー)
>>
人気の面白サイトを探す 

(関連)
不思議な生物リスト
死んでも死なない!?フッカツソウ
■ 砂漠の "怪奇" 寄生植物 ~ サンドフード
実在する悪魔の植物 マンドラゴラ
砂漠の怪植物 ~ ウェルウィッチア
史上最強!?ライオンゴロシ ~ 悪魔の爪
■ 3000歳を超える奇妙な植物 ~ ヤレータ
■ トライしたい10のエキゾチック・フルーツ
蟻がイチゴに変身 寄生虫ミルメコネマ
メダカを自殺させる?寄生虫ユーハプロルキス
驚異の寄生キノコ ~ 冬虫夏草 (微グロ注意)
寄生植物 ~ ラフレシア・アーノルディ
死臭花 ~ ブンガ・バンカイ
猛毒植物 ~ ストロファンツス
「悪魔の罠」 ~ 犬を食う木
人間を食べる木?デビルツリー
羊を産む木 ~ スキタイの羊
爆発する大木 エクスプローディング・ツリー
鳥を食べる木 ~ スネーク・ツリー
ケサラン・パサラン
威勢の良いマンボウ ~ キラー・マンボウ
境港に水揚げされた巨大マンボウ
人体寄生 ヒトヒフバエ (グロ注意)
ハリガネムシ (グロ注意)
レウコクロリディウム (グロスーパー注意)
寄生蜂ブードゥー・ワスプとゾンビイモムシ
■ テントウムシをゾンビ化 ~ テントウハラボソコマユバチ
マインドコントローラー ディクロコエリウム
ネズミを洗脳し勇敢に トキソプラズマ
全人類洗脳計画 トキソプラズマ 人間寄生編
■ カゲロウに寄生しメス化させる線虫
住血吸虫のミラクルな旅
真・殺人ナマズ ~ カンディル

UMA一覧へ

トップページへ 

テーマ:不思議生物 - ジャンル:

お知らせ
みなさん、こんにちは。

ちょっち、花粉症がひどすぎてブログから離れておりました。しばらくぶりにブログの管理画面に入ったような気が。

頭がボーーーーっとして、チューチュー力も全然ありません。

そういうわけで、記事を書く気がまったく起きないため、しばらくほったらかしにしておりましたが、そろそろ書こうかなと。

とはいえ、全然花粉症が良くなっておりません。あー、花粉のない国へ行きたい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。