アクセスランキング ブログパーツ
UMAファン ~ 未確認動物
世界中のUMA (未確認生物)、巨大生物、不思議な生物 (珍獣)を紹介しているブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
絶滅巨大ガエル ~ デビル・フロッグ

■絶滅巨大ガエル ~ デビル・フロッグ■
■Beelzebufo ampinga■

~ マダガスカルの絶滅巨大ガエル ~



~ 盾を持った悪魔の蛙 ~

マダガスカルで巨大なカエルの化石が発見されました。

満を持して発表されたカエルには "Beelzebufo ampinga (ベールゼブフォ・アンピンガ? or ビーエルゼーブーフォー・アンピンガ?)" という学名が与えられました。

属名の "Beelzebufo" はギリシャ語の「悪魔 (devil)」とラテン語の「蛙 (toad)」の合成語、種小名の "ampinga" はラテン語の「シールド (盾)」を意味しますから、「鎧で身を守った悪魔の蛙」みたいな意味になります。

なにやら冗長な表現になってしまいますから、単純にデビル・フロッグ (デビル・トード) と呼ぶことにします。

~ 体長40センチ ~

気になるデビル・フロッグの体長ですが16インチ、つまり約40センチもあったと推測されており、体重も破格の10ポンド (約4.5キロ) に達しました。

現世の巨大ガエル、ゴライアスガエルもずいぶん大きく、最大クラスになると30センチオーバーなどといわれていますが、それよりもさらに10センチ上回る大きさです。

さらに、ツノガエルに近縁とのことですから、ずんぐり丸っこい体型をしていたものと推測され、体長以上に大きく見えたに違いありません。


(どう猛ですがこの上なくかわいい)

体重は10ポンドと見積もられていますが、もっと重くなりそうな気もします。

ツノガエルはペット屋さんなどでも最近ではふつうに見かけるのでご存じの方も多いでしょう。餌をとるとき以外は徹底的に動かない、置物みたいなカエルです。

ツノガエルは四肢が短く体型がまん丸、口が大きいため、海外ではパックマン・フロッグ (Pacman Frog) とも呼ばれています。パックマンとは、あのゲームのパックマンのことです。

~ 恐竜も餌食に? ~

さて、デビル・フロッグの化石、発見されたのは6500~7000万年前の白亜紀の地層、つまり恐竜たちと時代を共にします。

カエルは体に見合わないような大きな獲物にも飛びかかることがありますが、40センチもあるデビル・フロッグなら、小型の恐竜、もしくは赤ちゃん恐竜なども獲物の対象になっていたのではないか?と推測されています。

とはいえ、置物級に動かないツノガエルの習性から考えると、大型恐竜にふつうに踏まれてペッチャンコになっている方が多いような気がします。

(参考サイト)
National Science Foundation

↓気に入って頂いた方はクリックして頂けると嬉しいです
人気 blog ランキング でオカルト・ホラーサイトを探す

>>
FC2 ブログランキング (オカルト・ホラー)
>>
面白サイトランキング


(関連)
巨大生物リスト
誤認・絶滅動物リスト
巨大ガエル ~ ゴライアス・ガエル
珍蛙 カメガエル & インドハナガエル
■ 87年ぶりに発見!ニジイロヒキガエル
■ 口から仔蛙 ~ カモノハシガエル
アベコベガエル
モウドクフキヤガエル
ベガスに抹殺されたベガスヒョウガエル
カエルの神隠し オレンジヒキガエル
平面ガエル ~ ピパピパ
モンスマシャーの石の中で眠るカエル
■ 釣った魚の口の中にカエルが住んでいた!
■ 「悲鳴」を上げて逃げるカエル ~ バジェットガエル
■ 空からオタマジャクシ
前足だけのトカゲ ~ アホロテトカゲ
かつてドラゴンの赤ちゃん説 ~ オルム
UMA カエル男
■ デナリ国立公園で恐竜の足跡大量に発見される
史上最大の巨大ヘビ ティタノボア・セレジョネンシス

UMA一覧へ

トップページへ

スポンサーサイト

テーマ:不思議生物 - ジャンル:

殺人蟻 ~ アカヒアリ (アカカミアリ)

■殺人蟻 ~ アカヒアリ (レッド・インポーテッド・ファイアー・アント)■
■Red imported fire ant (Solenopsis invicta)■



~ 火蟻 (ひあり) ~

アリとハチは同じ仲間ですが、ほとんどのアリがハチほどの毒を持たず、また日本のアリはハチのように毒針で刺すタイプが少ないということもあり、一般的にはあまり怖がられていません。

そんな中で、非常に恐ろしいと噂になっているアリがいます。

現在、アリの仲間は10000種から12000種以上知られていますが、その中にヒアリ (火蟻, fire ants) というアリの仲間がいます。

300種前後知られるこのヒアリには、噛んだり、毒針で刺したりするどう猛な種がいくつか存在します。

最近になって「殺人蟻」として知名度がメキメキ上昇中のアカヒアリというアリがいますが、名前で分かるとおり、ヒアリの仲間です。

今回は、このアカヒアリを見ていきましょう。

~ アカヒアリ ~

このアカヒアリはもともとは南アメリカに棲息するアリだったのですが、船の積み荷などから1930年代に北アメリカに侵入、その後もオーストラリアや台湾など、世界中に生息域を広げています。

深刻なのがアメリカで、アカヒアリの故郷、南アメリカを軽く凌駕 (りょうが) し、その生息数は南アメリカの5倍とも10倍ともいわれています。

大繁殖した原因は気候はもとより、アリクイをはじめとする天敵がいないためで、駆除はほぼ不可能といわれています。アリクイを住宅街に放つわけにも行かず、現在、首狩り職人、ノミバエによる駆除も検討されているといいます。

さてこのアカヒアリ、日本ではアカカミアリと呼んだりもするようですが、もともとアカカミアリという和名のアリがおり、そのためこの2種は混同されて紹介されている場合があります。

どちらもヒアリの仲間ですし紛らわしいですから、一応分かり易いように下に書いておきます。

(アカ)ヒアリ (殺人蟻と呼ばれる方)
学名:Solenopsis invicta
英名:Red imported fire ants

アカカミアリ
学名:Solenopsis geminata
英名:Red fire ants

上記の通り、殺人蟻ことアカヒアリのほうは英名で "red imported fire ant(s)" といい、長ったらしいため頭文字を取って "RIFA (リーファ)" と呼ばれています。

分かり易いようにリーファと呼ぶことにします。


(アカヒアリの動画
※画像をクリックするとYouTubeに飛びます)

~ 殺人蟻の威力 ~

人を殺傷する能力のある生物は、誇張されて報道されることが多いですが、リーファの場合はどうでしょうか。

ある本には全米で毎年1500人が刺され、そのうち100人が死んでいるとの記載があります。

あのちっこいアリに刺されて、致死率7%弱とは驚異の殺傷能力です。それこそ恐ろしくて庭の手入れも出来ません。

実際のところ、このアリの毒にアレルギーを持つ人は全体の1%~2%ぐらいといわれています。

そういった人たちは、アレルギーを持たない人よりも過度に反応してしまうため、場合によっては命を落とす場合もあるようですが、致死率7%ということはあり得ません。

とはいっても刺されればかなり腫れ上がるようですし、痛みも凄いという噂です。希に死亡するケースもあることを考えれば、恐ろしいアリであることに変わりはありません。

ただし、リーファの脅威は、こういった人間に直接的に働きかけることよりも、むしろ土壌を荒らす方が深刻といわれており、農作物への影響が非常に大きいといわれています。

さて、日本のお隣ともいえる台湾ではリーファが侵入に成功し、犠牲者も出ているといいます。日本でもちらほら棲息が確認されており、決して他人事ではなくなってきました。

↓気に入って頂いた方はクリックして頂けると嬉しいです
人気 blog ランキング でオカルト・ホラーサイトを探す

>>
FC2 ブログランキング (オカルト・ホラー)
>>
面白サイトランキング


(関連)
不思議な生物リスト
アカヒアリの首狩りコレクター ~ ノミバエ
■ 洪水になったらイカダで脱出 ~ ヒアリのイカダ
■ 触れたら最後、拷問台を作るアリ ~ アロメルス
■ 数珠繋ぎで獲物を運ぶアリ ~ ハシリハリアリ
■ ウジ入りチーズ高級チーズのシェフ ~ チーズバエ
■ 殺したアリを門番に雇用 ~ ボーン・ハウス・ワスプ
敵地で爆発 ~ 自爆テロアリ
■ 殺人蟻 ~ ジャック・ジャンパー (ブルドッグアリ)
超巨大昆虫 ~ サカダチコノハナナフシ
■ 
超巨大昆虫 ~ タイタンオオウスバカミキリ
謎の大絶滅 ~ ロッキートビバッタ
巨大ハサミムシ ~ セントヘレナオオハサミムシ
セアカゴケグモ猛毒伝説は本当か?
■ 水鳥を頭から貪り食うイソギンチャク
冬虫夏草 (微グロ注意)
マインドコントローラー ディクロコエリウム
カタツムリ寄生 ~ レウコクロリディウム (グロスーパー注意)
ハリガネムシ (グロ注意)
人体寄生 ~ ヒトヒフバエ (グロ注意)
人体寄生 ~ ギニア・ワーム (メジナ虫) (グロ注意)
殺人アメーバ ネグレリア・フォーレリ
寄生蜂ブードゥー・ワスプとゾンビイモムシ
殺人クラゲ キロネックス・フレッケリ
殺人巻貝 アンボイナガイ (ハブガイ)
美しき猛毒ダコ ~ ヒョウモンダコ
■ 最強毒グモ ~ クロドクシボグモ
モウドクフキヤガエル
真・毒ガニ スベスベマンジュウガニ
島を食べ尽くす ナナツバコツブムシ
テキサスの超巨大バッタ
Google earth エイリアン・バグ

UMA一覧へ

トップページへ 

テーマ:不思議生物 - ジャンル:

ウォーター・ホース ~ 水馬 (水魔)

■ウォーター・ホース ~ 水馬 (水魔)■
■Water horse■



~ ウォーター・ホース ~

最近、UMAネタを書いていないので、無理矢理書きましょう。

UMA系、巨大生物系のパニック映画は星の数ほどありますが、極度に頭の悪い軍隊や博士が登場し、観賞後、確実にガッカリすること請け合いです。

観る方もガッカリしたくて観ているので特に問題はありませんが。


(チュパカブラの映画の中でもガッカリ度はナンバー1
ガッカリしたい人に超おすすめ)

さてそんな中、ウォーター・ホース (The Water Horse: Legend of the Deep) なる映画が公開されました。B級パニックではなく、ネッシー風の生物がファンタジーの題材として使われています。

この「ウォーター・ホース」なる言葉ですが、これは広義にはネッシーを含む、特にスコットランドの水棲UMAに使われる言葉で、映画用の造語ではありません。

ウォーター・ホースを直訳すれば水馬となりますが、これはネッシーなどを見れば分かるとおり、水棲UMAは首が長く、背中が盛り上がったようなシルエットが、まるで水に入ったウマのように見えるからです。

水馬というのは、水中に棲息する四肢がヒレ状になったウマに似た怪物の総称ですが、もう少し細かく分けると、ケルピーやペイステ、プーカ、アファンクなどなど、他にもたくさんありますが、分類することが出来ます。

目撃される地域、たとえばプーカはアイルランド、ペイステやケルピーはスコットランド、ウェールズのものはアファンクとか、河川で目撃される水馬をケルピー、湖で目撃されるものをペイステと言うとか言わないとかいろいろな説があります。

このように正確に定義されているわけではないため、とりあえず、プーカとかペイステとか聞いたら、「ウマみたいなカッコをした水の怪物」と思っておけば間違いありません。


(有名なネッシー画像「外科医の写真」
ねつ造が発覚しましたが、典型的なネッシーのシルエットで、
水棲UMAがウォーター・ホースといわれる意味も分かります)

~ 忌まわしき水馬の言い伝え ~

呼び名こそ違えと、基本的にケルピーもペイステも同じようなもので、その性質・特徴も大差ありません。

いずれの水馬も、人間にとって決して喜ぶべき存在ではなく、忌まわしいものとして描かれています。

海の魔物、セイレーンやローレライの伝説と似ており、特に美しい歌声で船乗りたちを惑わすと言われるセイレーン伝説に近い存在といえます。

ふだん水馬は水の奥底に潜み、滅多なことで姿を見せることはありませんが、時として湖畔などにその姿を現すことがあるといわれています。

陸に上がった水馬は美しい歌声を披露します。たまたまそこに出くわした人間は、その歌声の魅力に抗 (あらが) うことが出来ず、水馬のいる方へと引き寄せられます。

水馬は背に乗るよう人間に促し、その誘いに乗った人間を背に水中へと没します、、、


(ネッシー風生物の動画
※ 画像をクリックするとYouTubeに飛びます)

~ 水馬 ~

ケルピーの記事でも書きましたが、この水馬の話は子供を水辺から遠ざけるための寓話と考えるのが自然でしょう。

ただし、水馬の元になった生物は、現在ネッシーなどが目撃されるのと同様に、昔から似たような生物が目撃されていた証拠とも考えられます。

つまり、昔からネッシーのような姿の謎の生物が目撃されており、それらが水馬 (ウォーター・ホース) と呼ばれるようになり、その水馬を元に人間を水中に引きずり込む話がつくられた、ということです。

水馬の民間伝承では水馬の背に乗った人間は溺れ死にます。それ故に「忌まわしきもの」として伝えられています。

が、セイレーンなどと違い、実は水馬に悪意はなく、ただ人間を自分の国に連れて行きたいためだった、つまり人間が溺れ死ぬことを知らなかったのだとしたら、切ない話に早変わりです。

ただし、溺れさせた人間を食べてしまう、という話もあったりします。

↓気に入って頂いた方はクリックして頂けると嬉しいです
人気 blog ランキング でオカルト・ホラーサイトを探す

>>
FC2 ブログランキング (オカルト・ホラー)
>>
面白サイトランキング


(関連)
不思議な生物リスト
ケルピー
プーカ
アファンク
ネッシー
ネッシー、ビデオに撮影される
ネッシー風生物、撮影される
ニュー・ネッシー
ミニネッシー (ベビーネッシー)
シーサーペント?謎の漂着死体 サハリンの怪物

UMA一覧へ

トップページへ

殺人アメーバ ~ ネグレリア・フォーレリ

■殺人アメーバ ~ ネグレリア・フォーレリ■
■Killer Amoeba (Naegleria fowleri)■



~ 殺人アメーバ ~

殺人アメーバときけば、スライムのような巨大なアメーバが人間を襲ってきそうな感じですが、実在する殺人アメーバは、それよりも数段たちが悪いといえるでしょう。

殺人アメーバの名前はネグレリア・フォーレリ (Naegleria fowleri) といい、他のアメーバ同様、肉眼では見えない顕微鏡サイズの非常に小さな生物です。

数十年ほど前まで、アメーバは無害な生物と考えられていましたが、このネグレリアをはじめ、赤痢アメーバアカントアメーバなど、いくつかの種類は非常に危険な存在であることが分かりました。

さて、そんな小さなアメーバ、ネグレリアがいったい人間に何をするのかというと、いやらしい言い方をすると、「人間の脳を食べる」のです。

細菌やウイルスなど、目に見えない微生物には怖いものがたくさんいますが、アメーバという平和そうな微生物が人間の脳を食べるという意外な取り合わせが人々の興味を惹き、ニュースなどでしばしば取り上げられます。

~ 温水を好む ~



この殺人アメーバことネグレリア、日本を含む世界中の湖や川といった淡水域に棲息し、25度を超す高めの水温を好みます。

感染は至ってシンプルで、泳いでいるときに鼻から人体に侵入します。鼻から入ったアメーバは嗅神経 (きゅうしんけい) を通り、脳内に入り込みます。

脳内に入ったアメーバは、そこで分裂を続け、脳の組織を破壊し、髄膜脳炎 (原発アメーバ髄膜脳炎(PAM)) を引き起こします。

条件が良いと2時間程度で分裂を繰り返すそうで、たった1匹のアメーバでも、2時間後には2匹、4時間後には4匹、、、24時間後には4096匹、2日後には16777216匹、3日後には600億を優に超えます。

と、瞬く間に恐ろしい数にふくれあがることになります。まぁこんな順調には増えるはずはありませんが、脳内で増え続けるアメーバがむしゃむしゃ脳を食べているなんて想像すると鳥肌ものです。

で、感染当初は自覚症状もありませんが、症状が出るころにはすでに手遅れで、髄膜脳炎の症状が出るとわずか数日で死に至ります。

致死率は100%に近く、ほぼ助かる可能性はないといいます。

~ 水に入るのは危険か? ~



ネグレリア・フォーレリはどこにでもいるアメーバです。日本にももちろんいますし、水に入る機会のある人は誰でも感染する可能性があります。

なーんていたずらに怖い話をすると、水に入るのが怖くなり、学校の体育で「ネグレリアに感染するのでプールに入りません」などというちびっ子が出てこないとは言い切れません。

「ネグレリア」という小学生らしからぬ信じがたいあだ名を付けられた挙げ句、確実にイジメられるので、おどかすのはこのぐらいにしておきましょう。

世界中で数え切れないほどの人々が水遊びをしているにもかかわらず、このアメーバに感染したという話は滅多に聞きません。

全米で過去10年間のネグレリア感染は23名、感染・発症することは激レアといえます。ただし、そのほとんどが幼児、ティーン・エイジャーで、若い人は危険です。

ただし、ネグレリアが引き起こした脳炎かどうか分からずに、そのまま処理されているものも多いと考えられ、ネグレリアによる犠牲者は発表されている数よりもずっと多いことが予想されます。

~ 感染しやすいところ ~



滅多なことでは感染しませんが、感染したらほぼ絶望的といっても過言ではありませんから、いちおう気にはとめておいて損はないでしょう。

まず、ネグレリアは淡水にしか棲息しませんから、海水浴は問題ありません。危険なのは川や湖、池などです。条件付きでプールや温泉も危険といえます。

ネグレリアが活発になるのは25度を超す水温で、45度ぐらいまで棲息できるようです。これほど水温が高くなることは夏場以外はほとんどありませんから、感染のおそれは夏期のみです。

あまりに水温の高い川や湖、池などで水遊びや遊泳などはよしたほうがいいでしょう。

そういった点で、温水プールも年中危険に感じるかもしれませんが、塩素滅菌したプールでアメーバは活動することが出来ません。ですから、基本的にプールは安全です。

ただし、塩素滅菌してもアメーバ自体は死なず、シスト (嚢子 - のうし) となって休眠状態に入ります。ですから、いいかげんな管理をしているプールではアメーバが再活動するおそれがあるので危険です。

というか、そんなひどいプール、ネグレリアを心配するより他の病気を心配するべきで、絶対に入らないようにしましょう。

(※ チェコスロヴァキアで、1962年3人、63年4人、64年2人、65年2人、同じ水泳教室に通っていた計11人の子供たちが同一の温水プールでネグレリアに感染し死亡する事故がありましたが、これは塩素殺菌していたにもかかわらず、プールの亀裂から外部の水が混入していたためでした)

↓気に入って頂いた方はクリックして頂けると嬉しいです
人気 blog ランキング でオカルト・ホラーサイトを探す

>>
FC2 ブログランキング (オカルト・ホラー)
>>
面白サイトランキング


(関連)
不思議な生物リスト
■ 実在するゾンビウイルス ~ バキュロウイルス
人体寄生 ~ ヒトヒフバエ (グロ注意)
人体寄生 ~ ギニア・ワーム (メジナ虫) (グロ注意)  
殺虫キノコ 冬虫夏草 (微グロ注意)
カタツムリ寄生 レウコクロリディウム (グロスーパー注意)
ゴキブリをゾンビ化、エメラルドゴキブリバチ (グロ注意)
ハリガネムシ (グロ注意)
■ テントウムシをゾンビ化 ~ テントウハラボソコマユバチ
ネズミを洗脳し勇敢に トキソプラズマ
全人類洗脳計画 トキソプラズマ 人間寄生編
寄生蜂ブードゥー・ワスプとゾンビイモムシ
住血吸虫のミラクルな旅
センスの悪い寄生虫? ~ プセウドディプロルキス
蟻がイチゴに変身 寄生虫ミルメコネマ
マインドコントローラー ディクロコエリウム
カニをゾンビ化 フクロムシ
■ 水鳥を頭から貪り食うイソギンチャク
ノースカロライナの下水管に潜む謎の生物
恐怖の寄生植物 ~ ウィッチウィード (魔女草)
殺人蟻の首狩り職人 ~ ノミバエ
敵地で爆発 ~ 自爆テロアリ
毒鳥ピトフーイ
セアカゴケグモ猛毒伝説は本当か?
殺人クラゲ キロネックス・フレッケリ
見えざる殺人クラゲ ~ イルカンジクラゲ
殺人巻貝 アンボイナガイ (ハブガイ)
■ 猛毒イモリ ~ サメハダイモリ
モウドクフキヤガエル
■ 最強毒グモ ~ クロドクシボグモ
真・毒ガニ スベスベマンジュウガニ
クマムシ不死身伝説は本当か?
謎の大絶滅 ~ ロッキートビバッタ

UMA一覧へ

トップページへ

テーマ:不思議生物 - ジャンル:

お知らせ
毎日たくさんのアクセスありがとうございます。

先月末より体調を崩し、寝込んでおりました。
ブログは今週末あたりから復帰出来ればと思っております。
申し訳ございませんが、もうしばらくお待ちください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。