アクセスランキング ブログパーツ
UMAファン ~ 未確認動物
世界中のUMA (未確認生物)、巨大生物、不思議な生物 (珍獣)を紹介しているブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マッシー (マスクラット湖の怪物)

■マッシー■
■Mussy (Muskrat Lake monster)■

マスクラット湖の四肢のある巨大生物

マッシーとはカナダ、オンタリオ州のマスクラット湖に棲むといわれる怪物です。オンタリオ州には他にシムコー湖のイゴポゴやテミスカミング湖の怪物、またビッグフットの亜種(?)ともいえるイエロートップなどのUMA報告があります。

マスクラット湖は、大きな湖がひしめくカナダやアメリカにおいては、それほど大きい湖でありません。ネス湖のような細長い形をしています。


(マスクラット湖のあるオンタリオ州のレンフリュー)

現在ではパイク(カワカマス)をはじめとするフィッシングが盛んに行われている湖で、とても怪物の伝説がある湖とは思えませんが、この湖にも、他のカナダの湖同様、怪物じみた生物の目撃情報があります。

マッシーはネス湖のネッシー同様、プレシオサウルスタイプ、というのもあるようですが、大別して次の2つのタイプがあるようです。

一つがシーサーペントタイプ、つまり巨大なウミヘビのように細長い生物、そしてもう一つが、同じオンタリオ州のシムコー湖の怪物、イゴポゴにも似たアザラシタイプというものです。

マッシーの体長は7.5メートル、背中には大きなヒレ、驚いたことに四肢があるといわれています。これはアザラシタイプの目撃と思われますが、ゾウアザラシは5メートルにも達することがあることから、ヒレを四肢と見間違えればアザラシの誤認、ということも考えられます。しかし、大きさよりも淡水湖にアザラシが入ること自体、かなりレアなことです。

淡水性のアザラシはロシアのバイカル湖に生息するバイカルアザラシしかいませんから、マッシーの正体がアザラシだったとしても大発見となります。バイカルアザラシ(Baikal seal)はアザラシの中では小柄で、体長はせいぜい1.5メートルほどしかありません。

オンタリオ州は北極海につながるハドソン湾に接することから、多摩川のタマちゃんばりに、アザラシが誤って川を上り、湖に入り込んだ、、、というのも僅かながら可能性はあるかもしれませんが、川を上るどころか湖まで入り込むのはちょっと無理かもしれません。

 
(140センチ!のアメリカカワカマス
※ 画像をクリックするとYouTubeに飛びます)

シーサーペントタイプとアザラシタイプが、同じ生物を見たものかどうかはちょっと分かりませんが、カワカマスの中でもひときわ大きいアメリカカワカマスなどは、ボジョ (メンドタ湖の怪物)、テッシー (タホ・テッシー)  (タホ湖の怪物) などUMAの誤認候補として筆頭に挙げられるほどの巨大魚ですから、少なくともシーサーペントタイプの目撃には巨大なアメリカカワカマスの誤認が含まれている可能性が考えられます。

いずれにせよ、ここ数十年、まったく音沙汰のないマッシーですから、詳しいことは分かっていません。

↓気に入って頂いた方はクリックして頂けると嬉しいです
人気 blog ランキング でオカルト・ホラーサイトを探す

>>
FC2 ブログランキング (オカルト・ホラー)
>>
面白サイトランキング


(関連)
イゴポゴ
イエロートップ
ボジョ
テッシー (タホ・テッシー)
チツェラク (アラスカのアザラシタイプUMA)
ポニック
オゴポゴ PartIPart II (オゴポゴの動画)
キャディ (キャドボロサウルス)

UMA一覧へ

トップページへ

スポンサーサイト
タニストロフェウス

■タニストロフェウス■
■Tanystropheus■

チャンプの正体?



アメリカでもっとも有名な巨大水生UMAのひとつ、シャンプレーン湖のチャンプの正体として、タニストロフェウスが挙がったことがあるといいます。

とはいえ、日本のチャンプ捜索番組で一度きり提唱された説で、現在では、外国はもちろんのこと日本でもその説を推す声は聞くことがありません。

タニストロフェウスですが、今でこそ大抵の図鑑に載っていますし、フィギュア化されたりと知名度が上がってきましたが、当時としては珍しい古生物としておもしろ半分に取り上げられたものだと思います(ちなみに化石が発見されたのは1855年)。

さてタニストロフェウスはチャンプの正体ではないにしても、十分魅力的な生物です。

プロラケルタ類は首の長いものが多くいますが、その中でもとんでもない首の長さを持つのがタニストロフェウスです。

体長は3メートルから最大で6メートルぐらい、首の長さが尋常ではなく、尾を含めた体の長さよりも長く成長しました。首の長さは全長の半分~3/4を占め、この首と体の比率は生物の限界ともいわれています。


(タニストロフェウスの巨大な椎骨)

トカゲの体にヘビをくっつけたような姿をしていますが、現世のトカゲさながらに、敵に襲われると尻尾を切って逃げたといわれます。

体長が大きくなるほど首の占める割合が高くなっていき、3メートル以上になりました。

タニストロフェウスは、首は長いもののプレシオサウルスなどの海生爬虫類の仲間ではありません(恐竜でもなく爬虫類です)。海の近くの岩の上で化石が発見されることが多いことから、浅瀬や水際で多くの時間を過ごし、魚や頭足類(アンモナイト)などを捕って食べていたと考えられています。

これだけ長い首を持っていたにもかかわらず、首の骨(椎骨[ついこつ])が僅か10個しかありません。人間など、ほ乳類の首の骨は7つですが、それよりも僅かに3つ多いだけです。椎骨の1つ1つが非常に長く成長したことが分かります。

キリンも1つ1つの骨が長いだけで、やはり人間と同じ7つしか椎骨がありません。キリンを見ても分かるとおり、首が長くても椎骨が少ないとヘビのような柔軟な動きは実現できません。このことからタニストロフェウスはそれほど柔軟に首を動かせなかったと考えられています。


(キリンも首の骨は人間と同じ7つ)

最近撮影された伝説のUMA、ナウエリト(ナウエリート)の写真のような首の動きは間違っても出来なかったでしょう。

首長竜のエラスモサウルスの椎骨は72個もあり、タニストロフェウスとは反対に非常に柔軟に首を動かせたと考えられています。水生UMAの正体に首長竜が登場するのは、この辺の理由もあります。

ところで、タニストロフェウスの椎骨はひとつひとつが30センチ以上にも成長しましたが、太さは僅か1.5センチメートルほどしかなく、到底大きな魚を丸飲みすることは出来ませんでした。

浅瀬で捕らえた魚を陸上に持って帰り、ちぎって少しずつ食べたのかもしれません。ひ弱そうに見えるのですが、横取りなどされなかったのでしょうか?

タニストロフェウスは泳ぐことは出来ても、それほ早く泳げなかったといわれており、またその長い首のために陸上での動作も緩慢だったと考えられています。仮に遊泳がうまいとしても、首長竜のように首が柔軟に動かせないことから、動き回る魚をうまく捕まえることは出来なかったかもしれません。

やはり、浅瀬や岩の上から、長い首を水面に伸ばし上から魚を捕まえるのに適した体、といえると思います。また、細長い首を利用して、岩の隅や穴に潜った甲殻類なども捕まえて食べることが出来たのでは?とも思っています。

チャンプの正体がタニストロフェウスというのは無理がありますが、生き残っていたら是非とも見てみたい生物の一つです。

↓気に入って頂いた方はクリックして頂けると嬉しいです
人気 blog ランキング でオカルト・ホラーサイトを探す

>>
FC2 ブログランキング (オカルト・ホラー)
>>
面白サイトランキング


(関連)
誤認・絶滅動物
チャンプ
ナウエリト(ナウエリート) Part II
プレシオサウルス

UMA一覧へ

トップページへ

ミニョコンは実在するか!?

■巨大ミミズ型UMA、ミニョコンを考える■

ミニョコンは実在するか!?


(ミニョコンと人間の対比図: 人間はミニョコンの先っぽ程度もありません)

数あるUMAの中でも、実在する可能性がもっとも低いUMAのひとつ、ミニョコンについて考えてみたいと思います。

「ミニョコンは実在するか!?」

「するはずねーだろ!」という声が聞こえてきますが、関係なく話を進めていこうかと思います。

陸上の生物でありながら体長は45~50メートル、この大きさの時点でゾウどころかシロナガスクジラを超えているのに加え、それの正体がミミズというのですから、もはや実在はあきらめざるを得ない状況です。

ただ長いだけならまだしも、ミニョコンの直径は2メートルとも3メートルともいわれています。細長いだけなら可能性は低いながらわずかに可能性を信じたいところですが、この直径を聞いてお手上げといった感じです。

ですが、ミニョコンの実在性を敢えて考えてみたいと思います。

体長50メートル、直径3メートル、いくらなんでもこれは無理です。これだけの大きさで土の中をモゾモゾとトンネルを掘りながら生活するのは不可能です。


(ミニョコンの故郷ブラジル)

もしこの大きさで存在した場合、ミミズは地面と垂直に穴を掘ることが多いですから、ミニョコンの穴に落ちた場合、地中深くまで落下し、おそらく上ってくることは出来ず死亡するものと考えられます。その他にも、誤って土と一緒に食べられる、のたうち回るミニョコンに踏まれる等、人間が死亡するシチュエーションは多々考えられます。本当に恐ろしいミミズです。

また、ミミズは土を食べて生きていますが、糞をする場合、腸の中身の1/3を一気に排泄するということですので、腸の太さが分からないので計算できませんが、45メートル、直径3メートルのミニョコンの糞はおそらくとてつもない量ということは容易に想像できます。地表で排泄した場合、やはり死者が出る可能性を含んでいます。つくづく恐ろしいミミズです。

UMAは実物の何倍にも誇張されて伝わることがほとんどですから、このミニョコンにしても大げさに伝えられていると解釈しても特に問題ないかと思います。せめて半分、といいたいところですが、それでも20メート以上ありますし、ここは思い切って1/10の5メートル前後と考えてみたいと思います。

5メートルといってもこれは大変な大きさです。動物だって5メートルも体長があるものといえば数えるぐらいしか存在しません。しかもこれがミミズです。

巨大ミミズの記事でも紹介しましたが、史上最長のミミズは6.6メートルのミクロカエトゥス・ラピです。これだけみるとすでに5メートルを突破しており、合格なのですが、なにせミミズですから細いです。

ミミズは天寿を全うする前に、たいていモグラなどの天敵に食べられてしまいますので、大きいミミズはレアですが、思っているよりもずっと長寿な生物です。あまりはっきりはしていませんが、数年から10年、最長で15年という記録もあり、もっと長生きする可能性もあるといわれています。

しかし、ミミズは1~2センチあまりの直径にしかなりません。長生きして長く育つ可能性はありますが、太さはあまり変わらないので、どんどん細長くなっていくだけです。これではミニョコンの正体としては貧弱すぎます。

ミミズに似ているものといえばやはりヘビ、ミニョコンは巨大なヘビ、つまり大蛇が元になっている、と考えるのが妥当なところかもしれません。が、普通すぎて面白味に欠けますので、敢えてヘビをはずして考えてみようかと思います。

ヘビは確かに細長く、そして地中に入ることもありますから、ミミズと共通点はありますが、ミミズなどの環形動物の特徴である体節は、ヘビにはもちろんありません。それにヘビは完全な地中生活者でもありません。



(ミミズトカゲの一種 ミミズトカゲはミニョコンの故郷ブラジルを含む南米にも多く生息します)

そこで候補にあげたいのがアホロテトカゲでおなじみの「ミミズトカゲ(worm lizard)」の仲間です。ミミズトカゲはトカゲでありながら、アホロテトカゲなど一部の種類をのぞいて完全に四肢が退化してなくなっています。

都合がいいことミミズの体節のように変化した皮膚を持ち、また、ほとんどの種類で目も退化しているため、姿形はミミズそのものです。「ミミズトカゲ」と呼ばれるのも大いに納得できる容姿です。

四肢も目も退化していることから分かるとおり、完全に地中生活に適応しており、巨大ミミズの誤認候補としてはうってつけなのですが、元々、「大して大きくない」という欠点をはらんでいます。

ミミズトカゲの最大種、シロハラミミズトカゲ(Amphisbaena alba)でさえ、通常1メートルを超えることはないようです。小さいものだとミミズと区別がつかないほど小さく細いですが、大型のものはそれなりに太くなり、まさに巨大なミミズ、といった感があります。

ミミズトカゲとはいえ、自分で穴を掘って地中生活をしているので、あまり太くはなれないと思いますが、ミニョコンの正体の1つに「未発見の巨大ミミズトカゲ説」を付け加え、この記事を締めたいと思います。

↓気に入って頂いた方はクリックして頂けると嬉しいです
人気 blog ランキング でオカルト・ホラーサイトを探す

>>
FC2 ブログランキング (オカルト・ホラー)
>>
面白サイトランキング


(関連)
巨大生物リスト
ミニョコン (ミニョーサオ)
巨大ミミズ Part I
巨大ミミズ Part II
アホロテトカゲ (ミミズトカゲ)
巨大ヤスデ (アースロプレウラ)
666本の脚を持つヤスデ
水生巨大ムカデ型UMA コン・リット

UMA一覧へ

トップページへ

ラサ・リバー・サーペント

■ラサ・リバー・サーペント■
■Sea serpent in the Rasa River■

クロアチア発、リバーサーペントの撮影に成功!?


(これはよく見るネッシーの写真です)

当サイトに遊びに来てくれるまんまさんから情報をいただきました。どうもありがとうございます。

まずは以下のGUST (Global Underwater Search Team)のHPにアクセスして、ラサ・リバー・サーペントの写真をご確認ください。

いまどき、こんなレトロチックな姿の水生UMAが撮影されるとは驚きです(笑)

あまり詳しい情報がありませんので、GUSTのHPを参考にさせていただきます。

~ 撮影されたときの状況 ~

GUSTによると、アドリア海に流れ込むクロアチアのラサ川 (Rasa River) で、シーサーペントタイプ、もしくはネッシータイプの怪物が写真に納められたということです。ヨーロッパの中でも特に北欧では、セルマストーシーといったレイク・サーペントやシーサーペントの報告が多いですが、東欧からのUMA報告というのは非常にレアなケースです。


(ミルコ・クロコップの故郷クロアチア)

UMA写真に多い、思いっきり逆光で撮影されているとはいうものの、撮影地点から1マイルも先に怪物がいたということですので、意図的に逆光で取られたものではありません。ここらへんは仕方ないかと思います。

撮影したのはコラド・コルレヴィック (Korado Korlevic) 先生と、その生徒たちです。2002年の8月19日、ラサ川でカヌーの練習をした後とのことですから、今から4年以上も前の話になります。

コラド先生によると、カヌーの練習を終え、カヌーを車に積んでいるときに、ラサ川の遠くの方に奇妙な物体が浮いているのに気付いたということです。コラド先生がその物体に気付いたときの様子をこう語っています。

「(岸から) 1マイル (≒1.6キロ) かそこら先に浮かんでいる奇妙な物体に釘付けになりました。それがロッホ・ネス・モンスター ネッシー) レイク・モンスター (湖の怪物) に酷似していると分かったときには心臓が止まるかと思いました。」

もちろん生徒たちもその怪物を目撃しました。1マイル先にある物体の大きさを正確に計ることはかなり難しいとは思いますが、生徒の一人はその怪物の大きさを5メートル、首の長さだけで1メートルと見積もっています。

この写真をよく見ると、怪物の周りには水しぶきは上がっていないのが分かります。また遠目にしろ、水しぶきどころか目立った波紋も見受けられません。つまりこの怪物が撮影された時には、怪物が水面に現れてから長い間静止状態にあったことが分かります。

それを裏付けるようにコラド先生は、この怪物を観察していた45分もの間、微動だにしなかった、と証言しています。首長竜タイプにしろ、ウミヘビタイプ(シーサーペントタイプ)にしろ、静止していることはあると思いますが、首を持ち上げたまま、それほど長い時間静止しているのは、決して楽なことではないような気がします。


(これが撮影されたリバーサーペント
※画像をクリックするとGUSTのオフィシャルページに飛びます)

その後怪物はゆっくりゆっくりアドリア海の方に泳ぎ去っていった、ということです。

~ GUSTの結論 ~

ネッシーをはじめ、水生UMAの調査・発見に全力を注ぐGUSTですが、この写真の綿密な調査とコラド先生の詳細な観察コメントから、この「怪物」の正体は「流木」である結論づけました。

うまい具合に流木とその枝が観察者の方向から見て「怪物」のようなシルエットをつくりあげ、45分もの後に「泳ぎ去った」のは、川の流れに乗って海に流されていっただけだったということです。

45分間微動だにしなかった、というコラド先生のコメントを踏まえて考えれば、この判断も致し方ないかと思います。

とはいえ、GUSTの結論がすべてではありません。「いやいや、これは正真正銘の怪物ですよ!」という反論を持つ方もおられるかもしれません。いろいろな見解を持って見るのもUMA写真の楽しみ方の一つです。みなさんはこの写真を見てどう思われるでしょうか?

今回は残念な検証結果となってしまいましたが、あのシルエットを自然界で遭遇したら、誰でもびっくりすること間違いなし!ということはいえると思います。

<この記事のURL>
http://umafan.blog72.fc2.com/blog-entry-419.html

↓気に入って頂いた方はクリックして頂けると嬉しいです
人気 blog ランキング でオカルト・ホラーサイトを探す

>>
FC2 ブログランキング (オカルト・ホラー)
>>
面白サイトランキング


(関連)
都市伝説系UMA
チャンプ、動画撮影される
シーサーペント
巨大レプトセファルス
最新UMAの撮影に成功?コネチカット・レイク・モンスター
■ 通り池の怪物
中国で人魚捕獲される
ヴォルコフ川でシーサーペントの撮影に成功?
ノールド川の怪物
ネッシー (ロッホ・ネス・モンスター)
ネッシー Part II (ビデオに捕らえられる)
ネッシー風生物動画、再び
モーゴウル
セルマ
ストーシー
歴史ミステリー ~ デビルズ・フットプリント
ラット・キング (ネズミの王)
亡霊犬、ダートムーアの怪物現る
影の世界の住人? シャドー・ピープル
アルゼンチンでノーム (地の精霊) が撮影される
マカチン空港で謎の生物が撮影される
ミイラ化した妖精の死骸発見 (ダービシャーの妖精)
世紀の大発見!?Google earth エイリアン・バグ
ペルーで植物タイプUMA撮影される ケベスマン 
ケベスマンの正体が明かされる!?

UMA一覧へ

トップページへ

巨大トンボ メガネウラ

■巨大トンボ メガネウラ■
■Giant dragonfly (Meganeura)■



開長75センチの巨大トンボ 



メガネウラは石炭紀に生息していた巨大なトンボです。有名なので知っている方も多い生物かと思います。

原トンボ目に属し、現世のトンボとは異なるグループに入りますが、その姿は現世のトンボをそのまま大きくした感じで、まさに巨大トンボです。

原トンボ類のすべて大きかったわけではなく、小さいものでは10数センチぐらいのものもいたようです(それでもオニヤンマぐらいありますが)。


(トカゲを抱えて飛ぶメガネウラ
BBC ウォーキング with モンスター~前恐竜時代 巨大生物の誕生 より)

翼長が75センチもありながら、昆虫特有の貧弱な羽ですから、原生のトンボのように激しく羽ばたけるはずもなく、翼竜同様、グライダー的に滑空していたと考えられています。

さて、ここまで大きいと気になるのがメガネウラの幼生(幼虫)時代、つまりヤゴの大きさです。メガネウラは原トンボ目に属しますが、やはり生まれたときは現世のトンボ同様にヤゴのステージを踏んで成虫になったはずで、原生のヤゴ同様、幼生時代は水中で暮らしていたと考えられています。


(メガネウラのヤゴは果たしてどんな姿だったのか?)

日本代表のオニヤンマのヤゴを例にとってみると、最大で5センチを超すといわれています。オニヤンマの成虫の体長は10センチ前後ですから、ヤゴの大きさは成虫の半分ぐらいと考えて良さそうです。

メガネウラの復元はややマチマチなので体長(翼長ではなく頭からしっぽの先までの長さ)がはっきりしませんが、最大サイズで50~70センチぐらいと思われます。

オニヤンマのヤゴと成虫の比率が、そのまま当てはまるかどうか分かりませんが、その比率をそのままメガネウラに当てはめることができるとすると(なんの保証もありませんが)、メガネウラのヤゴは25~35センチメートルの大きさに成長することが期待できます。


(シダにとまりトカゲを食べるメガネウラ
BBC ウォーキング with モンスター~前恐竜時代 巨大生物の誕生 より)

25~35センチのヤゴです。成虫も恐ろしいですが幼虫も負けず劣らず恐ろしいです。似たような体型のものに巨大フナムシ、ジャイアント・アイソポッドがいますが、それと同等の大きさです。

現世のトンボのヤゴでもかなりどう猛で、エイリアンじみた伸びるあごを使ってオタマジャクシやら小魚などを捕らえて食べますが、そのヤゴが30センチ前後もあったらどれだけ凶暴なことでしょう。

現代にメガネウラが蘇ったら、そのヤゴはブラックバスなども捕まえて食べるのではないでしょうか?淡水の生態系は変わってくるかもしれません。

↓気に入って頂いた方はクリックして頂けると嬉しいです
人気 blog ランキング でオカルト・ホラーサイトを探す

>>
FC2 ブログランキング (オカルト・ホラー)
>>
面白サイトランキング


(関連)
巨大生物リスト 
誤認・絶滅動物リスト
■ 絶滅巨大ノミ ~ サウロフティルス・ロンギペス
絶滅巨大カゲロウ ~ メゾサイロス
■ 20センチの巨大トンボがイングランドに現る
■ 歩くサボテン ~ ディアニア・カクティフォルミス
カンブリア紀の怪物 フルディア・ヴィクトリア
超巨大昆虫 ~ タイタンオオウスバカミキリ
巨大ハサミムシ ~ セントヘレナオオハサミムシ
巨大ゴキブリ ~ ヨロイモグラゴキブリ
絶滅巨大ゴキブリ ~ アプソロブラッティナ
巨大フナムシ (ジャイアント・アイソポッド) 
アフリカの巨大グモ (メガラクネ)
巨大グモ Part I
12メートルの超巨大翼竜 ケツァルコアトルス
史上最大の陸生哺乳類 ~ インドリコテリウム
スカイフィッシュ
アノマロカリス Part I
生きた化石 ~ カギムシ
世紀の大発見!?Google earth エイリアン・バグ
謎の大絶滅 ~ ロッキートビバッタ
テキサスの超巨大バッタ

UMA一覧へ

トップページへ 

テーマ:不思議生物 - ジャンル:

ガーン・ボール

■ガーン・ボール (イギリス版ビッグフット)■
■Gurn Ball (British Bigfoot)■


(獣人の定番といえばイエティとこのビッグフット)

世界中から数え切れないほどたくさんのUMAが報告されていますが、その中でも大きなウェートを占めるのが湖に棲むUMA(レイク・モンスター)と類人猿系のUMA(獣人)です。

湖に棲むUMAとしてはネス湖(スコットランド)のネッシーをはじめ、シャンプレーン湖(アメリカ)のチャンプ、オカナガン湖(カナダ)のオゴポゴ、アルゼンチンのナウエリト、といった具合に世界中の至る所で報告されています。

一方、獣人系UMAもイエティ(ヒマラヤ)、ビッグフット(カナダ・アメリカ)、ヨーウィ(オーストラリア)、イエレン(中国)、モンキーマン(インド)とレイク・モンスターに負けず劣らず多くの地域で目撃されています。

最近でもマレーシアで身の丈3メートルの獣人さわぎが起こったばかりです。

小さな島国である日本でさえもイッシーを始めクッシー、トッシーなどのレイク・モンスターに加え、ヒバゴンなど獣人も目撃されています。

UMAの目撃されるところではレイク・モンスターと獣人がセットのように報告されるのが通例のようにさえなっています。

UMAの火付け役ともいえるネッシーをはじめ、多くのレイク・モンスターが報告されるイギリス(スコットランド)ですが、獣人の噂はあまり耳にしません。イギリスにも獣人の噂はあるのでしょうか?

実は日本ではあまり知られていないものの、獣人系UMAも報告されています。


(ヨークシャーデール)

いくつか報告される獣人系UMAの中でも比較的目撃数が多いと思われるのが、ヨークシャー・デールで目撃されるガーン・ボールです。ガーン・ボールはビッグフット、ヨーウィやイエティほど大きくはなく、身長は1.5メートルほど、毛むくじゃらでずんぐりした体型をしているといわれています。

日本で目撃されたヒバゴン程度の大きさで、一説にはヒバゴンはニホンザルの誤認ではないか?といわれていますが、ガーン・ボールも動物園などから脱走したサルを誤認した可能性も十分考えられます。

それでも、絶滅種の類人猿、ギガントピテクスやメガントロプスなどは3メートル前後あったと考えられていますが、そのような巨大な類人猿が過去に生息していたとは考えられていないイギリスですから、むしろ小さな獣人の方が信憑性が高いかもしれません。

ただし日本と同様、閉ざされた小さな島国、イギリスに獣人が生息しており、かついまだに未発見というのはかなり可能性の低いことは確かです。
そんなあり得ないような状況で目撃されるのも、またUMAの楽しさです。

↓気に入って頂いた方はクリックして頂けると嬉しいです
人気 blog ランキング でオカルト・ホラーサイトを探す

>>
FC2 ブログランキング (オカルト・ホラー)
>>
面白サイトランキング


(関連)
マレーシア密林で目撃された3メートルの巨大獣人
ビッグフット
イエティ (ヒマラヤの雪男)
オーストラリアのビッグフット "ヨーウィ"
ギガントピテクス
シベリアの雪男 チュチュナー
ヒバゴン
アルマス
フライド・ピスタチオが大好物!? マダガスカルの獣人 "カラノロ"
イエレン (野人)

UMA一覧へ

トップページへ

オゴポゴの"ポゴ"ってなぁに?

■オゴポゴ、マニポゴのポゴってなぁに?■



カナダの湖に棲むUMAは名前の後ろに"ポゴ"とつくものが大変多いです。UMA好きの方はもちろん承知しているでしょう。

有名なところでオカナガン湖のオゴポゴ、マニトバ湖の間にマニポゴ、そのほかにもウィニペゴシス湖のウィニポゴ、シムコー湖のイゴポゴ、シュスワップ湖のシコポゴ、サスカチュワン湖のサスキポゴ、それにプリンス・エドワード島のアネポゴなんてのもいます。

カナダのUMAはネッシーとは異なり、蛇のように細長い体型のものが多いのは確かですが、みながみな細長いわけではありませんし、似ているわけでもありません。共通していることといえば「カナダの湖に生息していること」だけといっても過言ではありません。

それなのに、なぜカナダのUMAには"~ポゴ"という名前が付けられるのでしょう?意外なことに、実はこれは歌の歌詞からきているのです。

1920年代にイギリスで流行した曲"The OgoPogo, the Funny Foxtrot"が、1974年にオカナガン湖の怪物のパロディソング "Ogopogo, the Okanagan Mystery"として復活し、その歌詞からオカナガン湖の怪物は、"オゴポゴ"と命名されました。

(オリジナルソングの歌詞)

I'm looking for the ogopogo
That funny little ogopogo.
His mother was an earwig, his father was a whale,
And I want to put a little salt on his tail.

(パロディソングの歌詞)

I'm looking for the Ogopogo,
His mother was a mutton,
His father was a whale.
I'm going to put a little bit of salt on his tail.

オカナガン湖の怪物がオゴポゴと命名されてからというもの、カナダの水棲UMAの多くに"ポゴ"という名前がつけられるようになりました。

↓気に入って頂いた方はクリックして頂けると嬉しいです
人気 blog ランキング でオカルト・ホラーサイトを探す

>>
FC2 ブログランキング (オカルト・ホラー)
>>
面白サイトランキング


(関連)
オゴポゴ PartIPart II (オゴポゴの動画)
マニポゴ
イゴポゴ
ウィニポゴ
シコポゴ
サスカチュワン湖の怪物 (サスキポゴ) PartI ,Part II

UMA一覧へ

トップページへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。