アクセスランキング ブログパーツ
UMAファン ~ 未確認動物
世界中のUMA (未確認生物)、巨大生物、不思議な生物 (珍獣)を紹介しているブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オクトパス・マヤ

■オクトパス・マヤ■
■Octopus Maya■


(オクトパス・マヤのイラスト 「タコは、なぜ元気なのか?」より)

幻のタコは実在するか!?

最近、イカ、タコ、貝と軟体動物の紹介が続いていますが、今回もタコの話題です。

伝説のタコといえば、バハマに生息するといわれる体長30メートルの巨大ダコ、ルスカが有名ですが、既知のタコでもジャイアント・パシフィック・オクトパス(ミズダコ)が体長3メートル(外套長60センチ)とかなり巨大になり、タコの世界もイカ同様、なかなか魅力的です。

今回紹介するタコはルスカやオクラホマ・オクトパスといったUMAではなく、実在するタコの話です。

奥谷喬司さん、神崎宣武さん著の「タコは、なぜ元気なのか?」によると、大量の水揚げは報告されるものの、日本では現物が手に入らない不思議な存在のタコだそうです。

オクトパス・マヤの「マヤ」は、かつて南アメリカ大陸で栄えたあの「マヤ文明」の「マヤ」で、マヤ文明が栄えたマヤ地方で水揚げされることから命名されているようです。

マヤ文明といえば水晶ドクロの最高峰「ヘッジス・スカル(hedges skull)」や動物を模した謎のアクセサリー、「マヤのブルドーザー」なども出土されており、オーパーツ・ファンにも人気のある謎多き文明です。

(黄金細工に「マヤのブルドーザー」と命名したのはUMAファンにも人気のある動物学者、アイヴァン・サンダーソンです。車輪文化のなかったマヤの遺跡にブルドーザー説を持ち込むあたり、さすがヒーロー、サンダーソンです)

暦が非常に発達していることから、高度の天体観測技術を持っていたと考えられていますが、一方、他の文明では比較的普通にみられる「車輪」の文化はまったく発展しておらず、そのアンバランスともいえる密林の中で独自に発達した文化もマヤ文明の魅力の一つとなっています。

西暦300~900年頃が最盛期といわれ、その後次第に衰退し滅亡してしまったマヤ文明ですが、名前にこの「マヤ」を冠した本題のオクトパス・マヤとはいったいどんな生物なのでしょうか?

そもそも本当に実在するのか?現在でも存在するのか?まさかマヤ文明さながら、すでに絶滅してしまった、、、

いえいえ、オクトパス・マヤは確かに現在でも実在するタコのようです。それではいったいどんなタコなのか?

ルスカに負けず劣らず巨大、、、ではないようです。大きいものでも外套長が25センチほどということで、決して小さくはありませんが、取り立てて騒ぐほどの大きさでもありません。

ヒョウモンダコのように人間をも死に至らしめる猛毒を持っている、、、わけでもないようです。特に咬傷による事故の噂もありません。

 (水晶ドクロ「ヘッジス・スカル」 1000年以上も昔に作られたとは思えない精緻を極めた芸術品)

オーパーツの影響もあり、その「マヤ」を冠するオクトパス・マヤの姿には過度の期待をかけてしまいますが、どうも現時点ではマダコに分類されているようです。つまり「メキシコ湾で捕れるマダコ」といった感じで、姿形も日本でみられるマダコと大差はないかもしれません。

オクトパス・マヤをマダコと区別すべき、という声もあるようで、タコの分類が見直されている現在、そのうちオクトパス・マヤもマダコから「オクトパス・マヤ」という独立した種類と認められるかもしれません。

↓気に入って頂いた方はクリックして頂けると嬉しいです
人気 blog ランキング でオカルト・ホラーサイトを探す

>>
FC2 ブログランキング (オカルト・ホラー)
>>
面白サイトランキング


(関連)
不思議な生物
コウモリダコ
6本腕のタコ ~ ヘクサパス
サメハダホウズキイカ
半タコ半イカ 深海頭足類 "オクトスクイッド"
タコブネ
ヘクトコチルス・オクトポディス (百疣虫)
ルスカ (バハマの巨大ダコ)
淡水湖の水難事故の原因か? "オクラホマ・オクトパス"
淡水湖の大ダコ "スクーカム"
巨大イカ (生きているダイオウイカの撮影に成功)
巨大イカ (ダイオウイカよりでかいイカ!?)
巨大イカ (10メートル、450キロのコロッサル・スクイッド)
コロッサルスクイッド VS マッコウクジラ
ダイオウイカ VS マッコウクジラ

UMA一覧へ

トップページへ

スポンサーサイト
スーパー・コロッサル・スクイッド

■スーパー "コロッサル" スクイッド (ダイオウホウズキイカ)■
■Super Colossal squid■

※ 2007年2月に捕獲された10メートル、450キロのコロッサル・スクイッドは こちらの記事をご参照ください。

※ 2013年1月にNHKで放送された、ダイオウイカが深海で初めて動画撮影された記事については  ダイオウイカの深海で泳ぐ姿の動画撮影に初めて成功 をご参照ください。

ダイオウイカより巨大なイカ!?


(コロッサル・スクイッドに万一ダイバーが遭遇した場合、、、)

巨大イカの代名詞ともいえるダイオウイカですが、ここ数年、イカ界ダントツでナンバー1と思われていたダイオウイカの座を揺るがす巨大イカが話題になっています。

脚光を浴びているそのイカの名は、サメハダホウズキイカ科の "コロッサル・スクイッド" (コロッサル・スキッド, Colossal squid, 学名:Mesonychoteuthis hamiltoni)。和名をダイオウホウズキイカといいますが、格好悪いので、そのまま英名のコロッサル・スクイッドと呼ぶことにします。

このコロッサル・スクイッド、最近話題になっているため、「新種のイカか!?」と思われがちですがまったくそんなことはなく、今から100年近くも遡 (さかのぼ) る1925年からその存在は確認されていました。

ただしコロッサル・スクイッドはダイオウイカ同様、マッコウクジラの胃の中から触腕 (しょくわん - イカのエサを取るための伸縮自在の一対の腕) やクチバシ (からすとんび) など、体の一部だけが見つかることがほとんどで、大きくなることは分かっていたものの、どれほど大きくなるかなど詳しいことが分かっていませんでした。

~ 謎の巨大イカが捕まる ~

そんな謎に満ちたコロッサル・スクイッドですが、最近 (2003年) になって、外套 (がいとう - 筒状の胴体部分) 部分だけで2.5メートルもあるほぼ完璧な個体が回収されました。

コロッサル・スクイッドの完璧な個体はそれ以前にも見つかっていますが、これほど大きく、しかも完璧な個体が見つかったのははじめてのことでした。


(外套2.5mのコロッサル・スクイッド)

しかもこのコロッサル・スクイッドはまだ成長途中にある、若いメスの個体ということで、このまま成長すれば外套長が4メートル以上になると考えられています。

このコロッサル・スクイッド、体が大きいばかりではなく、ダイオウイカをも凌ぐ「どう猛な捕食者」としての姿もクローズアップされています。

イカの吸盤はタコのものとは異なり、吸盤のふちにギザギザ (歯) がついておりタコの吸盤と比べると強力なのですが、コロッサル・スクイッドはさらにその上を行く「かぎ爪」を備えています。

ニュウドウイカテカギイカの仲間など、かぎ爪を持つイカもがいますが、コロッサル・スクイッドのかぎ爪は、その巨体に見合った大きなもので、しかも回転式という優れものです。見るからに強力そうで、掴 (つか) んだ獲物は決して放さないでしょう。


(かぎ爪付き吸盤)

また、イカは口の中にオウムのクチバシみたいな「カラストンビ」と呼ばれる顎 (あご) を備えていますが、このカラストンビもダイオウイカのものよりも大きいといわれています。

ダイオウイカが自慢にしていた、直径40センチとも50センチともいわれる地球上もっとも大きくつぶらな瞳もコロッサル・スクイッドに抜かれてしまったそうです。コロッサル・スクイッドの目は直径50センチ以上になると推測され、その直径は乗用車のタイヤほどもあります。

あの通称「イカのミミ」と呼ばれるヒレの部分もダイオウイカのものより大きく、良く発達しており、運動能力 (遊泳能力) も高そうに見えます。

~ ダイオウイカの今後 ~

このようにあらゆる面でダイオウイカを凌いでいるように見えるコロッサル・スクイッドですが、もはやダイオウイカはコロッサル・スクイッドの陰に隠れた2番手のイカとしか認識されない存在になってしまうのでしょうか。


(80年代、はじめて "無傷で" 捕獲されたやや小柄なコロッサル・スクイッド)

長い間、UMAファン、巨大生物ファンに夢を見させてくれたダイオウイカに、もはや未来はないのでしょうか。非常に心配です。

このほど見つかった外套長2.5メートル、成長すれば4メートル以上(になるであろう)といわれるコロッサル・スクイッド、確かに大きいのですが、今まで確認されているダイオウイカには外套長6.1メートル (全長16.8メートル) というのが回収されています。あんまり信用できない記録の中には、全長27メートルとか22メートルとかいうのもあります。

20メートル以上のダイオウイカは世間からあまり信用されていないようなので、取り敢えずそれらを外して考えてみたいと思います。

触腕が顕著 (けんちょ) に成長するダイオウイカの体長は、最大サイズで19.8メートル、外套長5.8メートルというのがありますが、外套長で最大サイズを競いたいと思いますので、外套長6.1メートル、全長16.8メートルのダイオウイカを、今まで見つかっているダイオウイカの最大として考えてみたいと思います。

触腕がダイオウイカほど顕著に成長しないコロッサル・スクイッドにとってこの全長19.8メートルのダイオウイカを越すのはほぼ不可能ではないかと思うのですが、外套長にしても、この6.1メートルのダイオウイカを越すのは、かなり難しいのではないかと予想されます。

ですがコロッサル・スクイッドは、成長すると触腕を含めた全長が20メートル以上になるように示唆されている記事もあります。ほとんどあり得ないと思うのですが、どうなのでしょう?


(巨大かつ強力なクチバシ)

~ 寿命は? ~

と、コロッサル・スクイッドの記事を書いていたのに、いつの間にやら「ダイオウイカ応援」の記事になっていました。

さて、巨大生物にとってもう一つ気になるのがその寿命です。寿命はどのぐらいでしょう?ダイオウイカの寿命も分かっていないですから、当然ながらコロッサル・スクイッドの寿命も分かるはずがありません。

ただし、イカやタコといった頭足類は、その大きさにかかわらず、非常に短命なことで有名です。これほどまでに大きくなるダイオウイカやコロッサル・スクイッドにしても1年半とか2年半、3年など (要するによく分かっていない) といわれています。

取り敢えず言えることは、大きさばかりでなく、その成長する早さも驚異的だということです。

ただコロッサル・スクイッドは南極の冷たい海に棲息していますので、冷たい海に棲む生物は成長がちょっと遅めな傾向もありますから、もしかするとダイオウイカより長生きだったりするかもしれません。いいとこ5年といったところでしょうか。ま、分かりませんけどね。

~ "コロッサル・スクイッド" の意味は? ~

ところで、ダイオウイカとコロッサル・スクイッドの英名は日本語に訳したとき、非常に紛らわしいですから、簡単に説明しようかと思います。

ダイオウイカの英名は "King squid" でも "Great King squid" でもなく、"Giant squid" です。Giant squidというのは、巨大イカの総称ではなく、ダイオウイカの正式な英名です。直訳すると、もちろん「巨大イカ」になります。

一方、和名コロッサル・スクイッド (ダイオウホウズキイカ) の英名はもちろん "Colossal squid" ですが、こちらも直訳すると「巨大イカ」となってしまいます。

giantは「巨人」から来ていますので「巨人のような巨大さ」を表現するのに対し、colossalは古代ローマのコロシアム(colosseum, 円形大競技場)を語源としていますので「コロシアムのような巨大さ」を意味します。

ですので、ダイオウイカ、コロッサル・スクイッド、共に英名を日本語に訳すと「巨大イカ」になってしまいますが、ダイオウイカを「巨大イカ」と訳すなら、コロッサル・スクイッドは「超巨大イカ」と訳した方が分かりやすいかもしれません。

↓気に入って頂いた方はクリックして頂けると嬉しいです
人気 blog ランキング でオカルト・ホラーサイトを探す

>>
FC2 ブログランキング (オカルト・ホラー)
>>
面白サイトランキング


(関連)  
巨大生物リスト
10メートル、450キロのコロッサル・スクイッド捕獲される
■ ダイオウイカの深海で泳ぐ姿の動画撮影に成功
コロッサルスクイッド VS マッコウクジラ
ダイオウイカ VS マッコウクジラ
生きているダイオウイカの撮影に初めて成功
生きているダイオウイカの"動画"撮影に成功
殺人イカ伝説 ~ レッドデビル
未だ捕獲出来ない巨大イカ ~ ミズヒキイカ
人類と格闘出来るか?ニュウドウイカ
古代のダイオウイカ エンドセラス
古代のダイオウイカ Part2 トゥソテウティス・ロンガ
巨大ベレムナイト ~ メガテウシス・ギガンティア
未来のダイオウイカ ~ メガスクイド
未来のダイオウイカ ~ レインボースクイド
学名「地獄の吸血イカ」 コウモリダコ
殻付きタコ ~ タコブネ
ヘクトコチルス・オクトポディス 
新種の深海イカ オクトスクイッド 
珍種 サメハダホウズキイカ
UMA クラーケン
UMA オクラホマ・オクトパス
UMA バハマの巨大頭足類 ルスカ  
■ 
UMA 廃液にイカ? ~ スクイッド・モンスター

UMA一覧へ

トップページへ 

巨大クリオネ Part II

■巨大クリオネ Part II■
■Giant Clione Part II■

流氷の悪魔、巨大クリオネを求めて


(巨大なアンモナイトも一飲みか!?)

巨大クリオネPart IIです。まったく話はつながっていませんが、お時間のある方は巨大クリオネ Part Iもご覧ください。

クジラとか例外はありますが、同じ種で比較した場合、古生物の方が大抵大きいです。例えばワニを取ってみても、絶滅種のディノスクスやプルスサウルスが20メートル近くまで大きくなったことを考えると、現世最大のイリエワニといえど大きさ的には全く歯が立ちません。

そういう風に見ていきますと、現世ではなく、やはり巨大なクリオネを古生物に見いだすのが正しい姿勢ではないか?そう考えた次第であります。

Part Iで紹介したとおり、貝殻は退化してしまったものの、クリオネは貝の仲間です。絶滅種の貝には、例えばシカマイヤという殻の幅が1メートルにもなる巨大な二枚貝が存在します。

シカマイヤは、保存状態の良い化石があまり見つかっていないため、いまだにはっきりした姿さえ分かっていません。

二枚貝に限って言えば原生のオオジャコガイの方が大きいです。最大サイズで1.5メートル、300キロともいわれるオオジャコガイですから、少なくとも現在見つかっている化石から判断すればシカマイヤでも太刀打ちできません。

オウムガイの仲間、直角貝(チョッカクガイ)なんかは現在の巻貝では考えられないほど大きい(長い)ものが存在しました。オウムガイはカタツムリのような渦を巻いたような殻をしていますが、直角貝の殻は渦を巻かずまっすぐに伸びていきました。

特にオルドビス紀からシルル紀に栄えた直角貝の仲間、エンドセラス(Endoceras)は非常に大きな個体も見つかっており、最大サイズでで3~5メートルぐらいになりました。

オウムガイの脚は300近くあり、あまりイカやタコの仲間といった感じがしませんが、エンドセラスはイカと同じく脚が10本であり、また、殻もまっすぐ棒状に伸びていることから、それほど大きなものでなければかなりイカに似た姿をしていたようです。

またアンモナイトも最大のもので殻の直径が2メートルという信じがたい大きさのものも見つかっています。

長々とクリオネとは関係ない古生物の話をしてしまいましたが、軟体動物の世界も、やはり古生物の中に現世では考えられないほど大きくなるものがいた、ということが分かって頂ければそれで結構です。

ではクリオネさんはどうなのか?クリオネは殻の退化してしまった巻貝で、間違いなく軟体動物です。上記の通り、軟体動物も過去にはかなりビッグなやつがいたことは説明しました。

それではまずこの画像を見て頂きたいと思います。


(巨大クリオネの化石、、、?)

約1メートルのクリオネの化石です。太古の海、巨大なクリオネたちが優雅に泳ぎ回っている姿が想像できますね、、、

って、よく見ると骨あるじゃん!!

かつてクリオネには骨があったのでしょうか。太古の海、骨のある巨大なクリオネたちが優雅に泳ぎ回る姿が、、、ないないない。残念ながら、完璧にあり得ない話です。クリオネは巻貝ですからね。

この化石を持参し「巨大クリオネの化石を発見しました。骨格も完璧です」と学会で発表するのは自由ですが、完璧にシカトされることでしょう。

残念ながら、これはカスザメ(の仲間)の化石です。カスザメはサメとエイの中間的な姿をしたサメで、化石になるとクリオネ風に残ることがあります。

巨大クリオネに話を戻しますが、決してカスザメの化石を見せたくて、長々とここまで説明していたわけではありません。

前述した絶滅種の巨大二枚貝、シカマイヤにしても化石として完璧に残っていません。貝殻があるにも関わらず、です。

クリオネは成熟すると貝殻をほぼ完璧に失います。殻なしの貝です。軟体部分オンリーの裸になってしまう貝です。

そんなクリオネが化石になるのは難しいでしょう。太古の海、巨大なクリオネが泳ぎ回っていたとしても、化石として残っていないのは決して不自然なことではありません。

いつの日か巨大なクリオネの化石が見つかることを期待したとしても、決して誰も責めないはずです。いえ、責めないでください。

巨大なクリオネがいたかもしれない、いや、いたけど化石が現時点で見つかっていないだけだ、いや、今でも生き残っているかもしれない、そう思うだけで楽しいではありませんか。

流氷の悪魔、巨大クリオネ。

気に入って頂いた方はクリックして頂けると嬉しいです
FC2ブログランキング

>>オカルト・ホラーランキング
>>面白サイト ランキング


(関連)
巨大生物リスト
巨大クリオネ Part I
巨大二枚貝 (オオジャコガイ)
巨大巻貝
タコブネ
ヘクトコチルス・オクトポディス (百疣虫)
巨大イカ (生きているダイオウイカの撮影に成功)

UMA一覧へ

トップページへ

毒鳥ピトフーイ (ズグロモリモズ)

■毒鳥ピトフーイ■
■Hooded Pitohui (Pitohui dichrous)■

人も死んじゃう毒鳥ピトフーイ



「毒鳥ピトフーイ」。いかにもUMA (未確認生物) 的な響きを持ち、またオカルト系フィギュアシリーズ「大神秘博物館」でフィギュア化されるなど、架空の鳥類を彷彿させますが、正真正銘、実在する鳥です。

鳥系のUMAというと ロック鳥サンダーバードピアサ・バード、また、鳥ではないですが翼竜やオオコウモリ系など、飛行系UMAは大型のものが目立ちます。

ピトフーイも大きいのか、というと、そんなことはなく手に乗るほどの小柄な鳥です。

ピトフーイは頭部と羽根が黒、その他の部分がオレンジ色となかなか派手な色をしたかわいい鳥ですが、なんといっても鳥類でありながら毒、しかも猛毒 (神経毒) を持っているという点が最大の特徴です。

この毒は、猛毒で知られるヤドクガエル、その中でも最強とうたわれる モウドクフキヤガエル の毒成分、バトラコトキシンに非常に似ているホモバトラコトキシンです。

この猛毒を持つ奇妙な鳥、ピトフーイを見ていきましょう。 


(毒成分が近い毒を持つモウドクフキヤガエル)

~ 毒鳥ピトフーイ ~

「ピトフーイ (Pitohui)」とはニューギニアにのみ生息するモリモズの学名 (属名) で、現在6種類ほど確認されています。

「モリモズ」と呼ぶより「ピトフーイ」と呼んだ方がミステリアスな雰囲気を楽しめますから、ここではピトフーイと呼ぶことにします。

さて、ピトフーイ、この名は属名ですからその6種類はすべてピトフーイということになりますが、そのすべてが毒を持っているわけではなく、また毒の強弱も異なります。

一般的に「毒鳥ピトフーイ」と呼ばれるのは、その中でももっとも毒性の強い、英名フーディド・ピトフーイ (Hooded Pitohui)、和名ズグロモリモズピトフーイ・ディクロウス (Pitohui dichrous) のことです。

毒を持つ鳥の存在は以前より報告されていましたが、UMAの世界を抜け出し、公式にピトフーイの存在が確認されたのはついつい最近のことです。

実はピトフーイ以外にも、同じくニューギニアに生息するズアオチメドリ (Ifrita kowaldi, イフリタ・コワルディ) の羽根と皮にも神経毒が含まれているといわれています。

世界広しといえど、現在確認されている鳥類の中で毒を持つものは、ニューギニアのピトフーイの仲間とズアオチメドリだけということになります。

UMAファンには、南米で捕獲された頭部が毒蛇のような ファングド・バード (牙鳥)  なんかも毒があるのでは?と考える人もいるかもしれません。

いかにも牙に毒腺を隠し持っていそうな姿をしており、毒を持っていても決して不思議ではありませんが、残念ながらファングド・バードはフェイクであることが判明しています。 


(牙鳥 - 秘密組織に奪われたとか、、、)

~ 毒の使い道 ~

さて、ピトフーイに話を戻しましょう。この鳥は毒をどのように有効利用しているのでしょう?

クチバシの先端や足の爪などに毒腺があり、それで獲物を仕留めるのでしょうか?ピトフーイの毒性は成人男性も殺せるほど強いものですから、足下は毒蛇、頭上からはピトフーイ、怖くてニューギニアの森を歩けるものではありません。

しかし、ご安心を。ピトフーイには相手に自分の毒を注入するような能力はありません。ピトフーイを見かけたからといって物陰に隠れたり、走って逃げたりする必要はありません。

ピトフーイの毒は羽根や皮膚の部分に含まれており、体を触れたり食べない限りまったく害はありません。

ピトフーイは毒を持っていることにより、捕食者のターゲットから外されているのです。フグスベスベマンジュウガニモウドクフキヤガエルなどと同じで、あくまで護身のためです。

運悪くニューギニアの森で遭難し、お腹が空いたとしても、決して寝癖のような頭のオレンジと黒の派手な鳥にだけは手を出さない方が良さそうです。 

↓気に入って頂いた方はクリックして頂けると嬉しいです
人気 blog ランキング でオカルト・ホラーサイトを探す

>>
FC2 ブログランキング (オカルト・ホラー)
>>
面白サイトランキング


(関連)
不思議な生物
殺人クラゲ ~ キロネックス・フレッケリ
見えざる殺人クラゲ ~ イルカンジクラゲ
■ 殺人電気クラゲ ~ カツオノエボシ
殺人巻貝 ~ アンボイナガイ
超猛毒ガエル ~ モウドクフキヤガエル
■ 最強毒グモ ~ クロドクシボグモ
■ 蛇島のボス ~ ゴールデン・ランスヘッド・バイパー
セアカゴケグモ猛毒伝説は本当か?
マンドラゴラ(実在する悪魔の植物) Part I
マンドラゴラ (実在する悪魔の植物) Part II
猛毒植物 ストロファンツス
■ ミーアキャットのだましてエサを横取り ~ クロオウチュウ
■ 2mのメガ・ペンギン ~ パレユーディプテス・クレコウスキイ
足の超長いハト (ポウター)
始祖鳥にそっくり、ツメバケイ
まるで静止画像 ハシビロコウ
小さいのに無敵!?ラーテル (ミツアナグマ)
巨大コンドル アルゲンタビス
12メートルの超巨大翼竜 ~ ケツァルコアトルス
■ 超巨大翼竜 ~ ハツェゴプテリクス
モアを狩った巨大ワシ ~ ハースト・イーグル
巨大海鳥 ~ ペラゴルニシッド
ロック鳥
サンダーバード
ピアサ・バード
真・猛毒ガニ ~ スベスベマンジュウガニ 
猛毒ガニ
脚と肉のないトリ (極楽鳥がUMAだった頃)
ファングド・バード (牙鳥) チュパカブラとの意外な関係
ヒクイドリ
ガゼカ
レッド・エレファント
ミゴー
ローペン
鳥類に近い巨大恐竜発見される (ギガントラプトル)

UMA一覧へ

トップページへ 

テーマ:不思議生物 - ジャンル:

ジャンピング・カタツムリ

■ジャンピング・カタツムリ■
■Hopping snail■



今日はUMAではなくフツーのヤツいきます。不思議系・おもしろ系動物、ジャンピング・カタツムリです。

カタツムリといえば、あのノロノロと動いているイメージしかありませんが、ピョンピョン跳ねるカタツムリがいたらこれはびっくりですよね!

そんなのがいたら是非見てみたいです。いやーそんなヤツいるんですかね?ま、フツーに考えているわけないですよね

まるで他人事のように文が進んでおりますが「大丈夫なのか!?」読みながら心配している方もおられるかもしれません。実は、まぁ、ええと、、、言いにくいのですが、、、そんなカタツムリを僕は知りません。(えっ)

カタツムリは陸生巻貝ですから、巻貝の仲間で跳ねるヤツがいたらそれで勘弁して頂きたいのですが宜しいでしょうか?(いったい誰に了解を得ているのでしょう)

タイトルには「ジャンピング・カタツムリ」と楽しそうなのタイトルついておりますが、ええ、、、ま、ぶっちゃけウソなんですが、「跳ねる巻貝」とか書くと誰も読まなそうなので、楽しげなタイトルにしてみました。

ええと、巻貝で跳ねるキサゴという地味な巻貝がおりまして、それを紹介したかっただけなんですね、はい。

非常に前置きが長くなってしまいました。前述の通りキサゴという巻貝がおります。巨大生物どころか2~3センチしかない非常に小さい部類の巻貝で、色も形も大きさもすべてにおいて地味な生物です。

キサゴはとんがり帽子みたいな形をしたニシキウズガイの仲間で、北海道をのぞけば日本のどこでも棲んでいるそうです。

触角もありますので、まぁ小さなカタツムリ、といった風情で、このキサゴさん、水中ではありますが、ヒトデなどの天敵に襲われると、なんとジャンプして逃げることがあるのです!

水中ですから、水の浮力の助けを借りていることは確かですが、カタツムリ風情の小さな貝がピョンピョン跳ねながら逃げるというのは凄いと思いませんか?そんな素晴らしい特技を持っていながら、ほとんど誰の目にもとまらず可哀想だと思っておりました。

ホウネンエビみたいなブラインシュリンプを「シーモンキー」や「ジュラ伝説」、カブトエビを「エビ伝説」などと称して売られ人気を博していることを考えると、キサゴを「ピョコピョコ伝説」とか「跳びはね伝説」とかいって売られれば人気が出るのではないか?とさえ思っております。

でも人に飼われるとすぐ死んじゃいますし、可哀想ですからね。人気がなくて良かったのかもしれません。こんなおもしろい巻貝がいることを覚えて頂ければそれで十分ですね。

↓気に入って頂いた方はクリックして頂けると嬉しいです
人気 blog ランキング でオカルト・ホラーサイトを探す

>>
FC2 ブログランキング (オカルト・ホラー)
>>
面白サイトランキング

(関連)
不思議な生物
■ カタツムリを見つけたら20m以上投げろっ!
■ 泡の筏で浮遊生活 ~ アサガオガイ
■ 感電注意!? ~ ウコンハネガイ
■ 謎のカプセル卵 ~ アメリカメロンボラ
クリオネの新種 ~ ヒョウタンハダカカメガイ
実は貝の仲間 - 巨大クリオネ
巨大ナメクジ
80センチの巨大巻貝
■ 巨大巻貝Part2 ~ ダイオウイトマキボラ
挟まれると死亡します - 巨大二枚貝 (オオジャコガイ)
巨大ナメクジ "ムリロ"
海賊!アオミノウミウシ

UMA一覧へ

トップページへ

テーマ:不思議生物 - ジャンル:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。