アクセスランキング ブログパーツ
UMAファン ~ 未確認動物
世界中のUMA (未確認生物)、巨大生物、不思議な生物 (珍獣)を紹介しているブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
50億羽が絶滅 ~ リョコウバト Part2

■50億羽が絶滅 ~ リョコウバト Part 2■
■Passenger Pigeon■

50億羽が絶滅 ~ リョコウバト Part 1 の続きです。



~ 大量虐殺 ~

繁殖力の弱いリョコウバトは利率の悪い銀行に預けた貯蓄のようなもので、獲れば減る一方です。

19世紀初頭、オーデュボンがオハイオの空をリョコウバトの大群が飛び去っていく姿に感動をしてわずか数十年後、その数は取り返しが付かないほど激減していました。

1860年代以降、焦った各州でリョコウバトの保護に関する条例が次々に制定されましたが、その効果は全くなく、乱獲に歯止めをかけることはできませんでした。

1890年代に、わずかに残ったリョコウバトの群れもハンターの餌食となり次々と消えていきました。

1896年、リョコウバトは25万羽まで数を減らしました。



再度貯蓄に例えると分かりやすいかもしれません、50億円あった貯蓄がわずか1/20000の25万円に激減してしまったと考えれば、実感が沸くかと思います。

利率の悪い貯蓄ですから、ここで使う (獲る) のをやめたところで、再度50億円になることはもはやあり得ません。絶望的な数字です。

しかし、元の数に戻すのは無理でも、現状維持、そして少しずつ数を増やして行くにはギリギリ可能な数だったといえるかもしれません。

「50億羽を殺した移民たち」という悪名を後世に残さずに済んだかもしれません。

ところが、移民たちは最後の汚名返上のチャンスをふいにしました。

オハイオに集まった最後のリョコウバトの群れにハンターたちが大結集したのです。

そのとき、リョコウバト25万羽の群れの24万羽以上が殺されたといいます。残りは数千羽です、繁殖力の弱いリョコウバトに、もはや未来はありません。


(観光スポットにもなっているコウモリの群れが
出てくる洞窟の動画)

~ 最後のリョコウバト、マーサ ~

19世紀虫にほぼ完膚無きまで虐殺されたリョコウバトですが、20世紀まで生き残った野生の個体3匹が生け捕りにされ動物園に展示されました。

唯一のメスの個体には、アメリカの初代大統領ジョージ・ワシントンの妻の名が与えられました、マーサ (Martha) です。

1907年以降、野生のリョコウバトは目撃されておらず、動物園のオスの2匹も死んでしまうと、文字通り、マーサは「最後のリョコウバト」となりました。

かつて移民たちは、リョコウバトを見かければ鉛の弾を打ち込むか棒で殴り殺していましたが、最後となったマーサだけは大切に扱いました。

しかし、メスの個体が1匹だけ、絶滅を免れることは決してありません。

1914年の9月、最後の時が来ました。マーサは突如息を引き取り、止まり木からポトリと地面に落ちました。

マーサは氷漬けにされ、スミソニアン博物館に送られました。マーサは一般展示されず、彼女の入ったケースのラベルにはこう書かれています。

「リョコウバト最後の個体 成鳥、メス、1914年9月1日シンシナティ動物園にて死亡、年齢29歳」

~ 絶滅の原因 ~

「リョコウバトが絶滅した原因は?」

それほど難しい質問ではないような気がします。それどころか、ばかげた質問といってもいいかもしれません。

しかし、移民たち、そして移民の中の鳥類学者は絶滅の原因を「真剣」に考えました。絶滅の原因が分からないというのです。

そして、移民増加による環境破壊や営巣地を襲った天候不順をあげ、「乱獲」が直接的な原因ではなかったと結論づけました。

その考えはアメリカで今でも根強く残っているようです。

「リョコウバトの絶滅にはいくつかの要因が挙げられます。以前は (商業的な) 乱獲が主原因と考えられていましたが、現在では生息地の喪失が有力視されています」(英語版 Wikipedia より)

失笑を禁じ得ない見解ですが、特に批判をしたいわけではありませんのでこの辺でこの話はやめておきます。

直接的にしろ間接的にしろ、人類の活動がリョコウバトを絶滅させたことに変わりはありません。

ジョン・ジェームズ・オーデュボンによれば、リョコウバトの群れは3日間途切れることがなかったといいます。壮大な光景だったことは想像に難くありません。

その光景だけが取りざたされますが、オーデュボンはリョコウバトの群れが織りなす心地よい羽音についても記しています。

「絶え間ない羽ばたきの音は、わたしの心を和らげ、鎮めてくれるようだった」と。

その羽音は移民たちの心に響くことはなかったようです。

<この記事のURL>
http://umafan.blog72.fc2.com/blog-entry-674.html

↓気に入って頂いた方はクリックして頂けると嬉しいです
人気 blog ランキング でオカルト・ホラーサイトを探す

>>
FC2 ブログランキング (オカルト・ホラー)
>>
面白サイトランキング


(関連)
誤認・絶滅動物リスト 
珍獣・不思議な生物 
■ 50億羽の最後のリョコウバト ~ マーサ
ロック鳥
ジャイアント・モア
ヒクイドリ 
ドードー
謎の大絶滅 ~ ロッキートビバッタ
巨大海鳥 ~ ペラゴルニシッド
巨大コンドル アルゲンタビス
12メートルの超巨大翼竜 ケツァルコアトルス
■ 超巨大翼竜 ~ ハツェゴプテリクス
動かない鳥 ハシビロコウ
ステラーカイギュウ
ヨウスコウカワイルカ、ついに絶滅する
毒鳥ピトフーイ
足の超長いハト (ポウター)
サンダーバード
タスマニアタイガー (サイラシン)

UMA一覧へ

トップページへ 

スポンサーサイト

テーマ:不思議生物 - ジャンル:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。