アクセスランキング ブログパーツ
UMAファン ~ 未確認動物
世界中のUMA (未確認生物)、巨大生物、不思議な生物 (珍獣)を紹介しているブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ジェイコブズのビッグフット Part1

■ジェイコブズのビッグフット Part1■
■Jacobs' mysterious creature■

これはちょっと前のニュースなんですが、アメリカでいかにビッグフットが人気のあるUMAであるか、再確認させられたニュースです。


(仔熊の写真)

(ジェイコブズ・クリチャー 1枚目)

(ジェイコブズ・クリチャー 2枚目)

その経緯を見ていきましょう。

~ ジェイコブズ・クリチャー ~

2007年9月16日、アメリカ、ペンシルバニア州でディア・ハンター (鹿狩り)、リック・ジェイコブズ (Rick Jacobs) のカメラに、不思議な生物が写っていました。

写真に写っている生物を特定することは困難であったため、単にジェイコブズ・クリチャー (ジェイコブズの謎の生物) と呼ばれ、その生物の正体を巡り大きな盛り上がりを見せました。

なお、この生物はジェイコブズ自身が直接撮影したわけではなく、かれが森に仕掛けておいたカメラ (トレイル・カメラ, trail camera)、いわゆる無人カメラで自動撮影されたものです。



~ 正体を巡る論争 ~

ジェイコブズの発表した写真は3枚、1枚は仔熊が写っている写真で、他の2枚が問題の「ジェイコブズ・クリチャー」が写っている写真です。

ジェイコブズ・クリチャーは全身毛むくじゃらで、四肢の感じから、人間を思わせる体型をしています。

毛むくじゃらで人間のような体つきをしていることから、全米で目撃される獣人、ビッグフットの写真ではないか?と騒がれ始めたのです。

仔熊の写真と比較すれば分かりますが、それほど大きな生物ではありません。ビッグフットは2メートルとも3メートルとも言われる大型の獣人ですから、これは、まだ子供のビッグフットなのではないか、と考えられました。

ビッグフットとまではいかなくても、その大きさからチンパンジーではないか、と考える人もいます。

そして、一番あり得そうな説が、皮膚病にかかって (もしくは他の病気で) やせ細った熊なのではないか、というものです。

ビッグフット、チンパンジー、そしてクマ、大きく分けるとこの3つの説がありますが、支持するそれぞれの人たちが、この写真の中の生物を巡り論争を繰り広げています。

チンパンジーは、まぁビッグフットと同じと考えてもいいと思いますから、ビッグフット派 vs クマ派の論争といえます。



~ これが熊? ~

さて、一見するとこの写真の中の生物はクマには見えません。ビッグフット派の人にとっては、これがなぜクマといわれるのか不思議に思う人も多かったようです。

まずは、そういった人たちのコメントをいくつか見てみましょう。

ジェイコブズのビッグフット Part2 に続く。

<参照サイト>
● BFRO (Bigfoot Fields Researchers Organization)
● Allegheny Outdoor Adventures 
● THE ADVENTURIST

↓気に入って頂いた方はクリックして頂けると嬉しいです
人気 blog ランキング でオカルト・ホラーサイトを探す

>>
FC2 ブログランキング (オカルト・ホラー)
>>
面白サイトランキング


(関連) 
ジェイコブズのビッグフット Part2
ジェイコブズのビッグフット Part3
ジェイコブズのビッグフット Part4
ジェイコブズのビッグフット Part5
ジェイコブズのビッグフット Part6
ビッグフット
ケンタッキー州で撮影された"裏庭ビッグフット"
■ ユタ州の林の中でビッグフットが撮影される
絶滅巨大類人猿 ~ ギガントピテクス
ビッグフットの死骸、ジョージアでついに発見!?
ジョージアのビッグフット ~ 疑惑編
ジョージアのビッグフット ~ 崩壊編
実在したホビット族 ~ ホモ・フロレシエンシス
パラオの小型人類 化石見つかる
デビルモンキー
オハイオ・グラスマン
ハニー・スワンプ・モンスター
マレーシアで巨大獣人が目撃される
未知の獣人の死骸見つかる ~ ベビービッグフット
東ネパールでイエティの足跡が発見される
獣人か?人間の死体か?ミネソタ・アイスマン
ウェーンズバロに残された謎の足跡
ビッグフットの死骸、ジョージアでついに発見!?
ビッグフット vs 超能力捜査官

UMA一覧へ

トップページへ

スポンサーサイト
スカイフィッシュは実在した!?

■スカイフィッシュは実在した!?■
■Flying rod discovered■


(こちら飛行中のスカイフィッシュ)

~ スカイフィッシュは実在する ~

スカイフィッシュは単にレンズの前を通りすぎた昆虫がブレて写っただけ (モーション・ブラー)、、、という説が浸透してしまったため、一頃の勢いをすっかり失ってしまいました。

「いや、そんなことはない」と実在を信じる (信じたい) スカイフィッシュファンも、まだまだいるかと思われます。

そんなスカイフィッシュファンに朗報です。

~ スカイフィッシュの死骸発見!? ~


(こちら亡くなられたスカイフィッシュ、、、
※画像をクリックするとYouTubeに飛びます)

飛び続けていないと死んでしまう、しかし、死んでしまうと死体は消えてしまう、などなんの根拠もないものの、そんな説がささやかれています。

しかし、死骸が、、、スカイフィッシュファンがのどから手が出るほど欲しかったスカイフィッシュの死骸が発見されたというのです。

で、それがこれなわけで、なんか見慣れた昆虫をただ繋いだように見えるのは気のせいでしょうか。



 

↓気に入って頂いた方はクリックして頂けると嬉しいです
人気 blog ランキング でオカルト・ホラーサイトを探す

>>
FC2 ブログランキング (オカルト・ホラー)
>>
面白サイトランキング


(関連)
スカイフィッシュ
フライング・ワーム
フライング・ホース
フライング・ホースの正体は風船?
フライング・ヒューマノイド
癒し系 ヒーリング・ヒューマノイド
■ エルフが存在することを証明するビデオ、、、
■ NASAが撮影した奇妙な生物?
■ 謎のビデオ ~ アルベスバッハ・クリーチャー
■ 監視カメラに写ったジャカルタの妖精
■ 倉庫内に現れた妖精 ~ メンフィス・フェアリー
庭に現れた妖精 ~ ガーデン・フェアリー
マカチン空港で謎の生物が撮影される
ミイラ化した妖精の死骸 (ダービシャーの妖精)
広東省に現れた謎の "古代生物"
クリッター
謎のゼリー状物質の正体はクリッターの死骸か?
クロフォーズビル・スカイ・モンスター 
スカイ・サーペント
フライング・スネーク (トビヘビ)
アノマロカリス 
■ バージニア州で目撃された翼竜
12メートルの超巨大翼竜 ケツァルコアトルス

UMA一覧へ

トップページへ

ロシアの地中に棲む スティック・モンスター

■スティック・モンスター■
■Kimry stick monster■

~ キムルイ地区に棒状生物現る! ~


(チンアナゴみたいな「生物」でしたね
これはただのチンアナゴの動画
※ 画像をクリックするとYouTubeに飛びます)

奇跡体験アンビリバボーでやってたやつ (2007年5月24日放送) です。名前はないのでテキトーにスティック・モンスターと呼ぶことにします。

ロシア、キムルイ (Kimry) 地区のパポフカ村で奇妙な「生き物」がビデオに撮影されました。(ちなみに、同番組内でやっていた「UFOワーム」についてはフライング・ワームの記事をご参照ください)

撮影したのは、イフゲニー・ノブコフさんという方で、孫娘と近所の空き地に遊びに来ていたときに、偶然に撮影されたものだと言うことです。

突然地面から棒状の生物 (?) が凄いスピードでニョッキリと登場、画面右に向かって短い距離 (20~30センチ?) を、これまた凄いスピードで移動、そして土の中に凄いスピードで隠れておしまい。これだけのビデオです。

(キムルイ)

「生物」と書きましたが、生物かどうかも分かりません。動いていたので、一応生物かな、ぐらいです。が、正直、生物らしくは見えません。顔も何もありません。土の中に体があり、棒状突起は体の一部と考えることが出来るかもしれません。

画面を解析してもらいCGの可能性はきわめて低いことを確認の上、人為的に、つまり土の中に人間が隠れて棒を操作しているのではないか、という実験を番組内でやっていました。しかし、思うように棒は動かせず、その可能性も低い、、、という結果で終わりました。

海外でも話題になっているかと思い調べましたが見つけられず。パポフカ村のスペルもイフゲニー・ノブコフ (Yevgeny Novikov ?) さんのスペルもイマイチ分からないので、ちと難しいです。知っている人がいたら教えてください。

~ トリック? ~

さて、あの映像を見ていて生物にしては、ちと不自然な感じがするのはなぜでしょうか?番組内ではトリックの可能性を否定していましたが、どうも気になります。

動物にしてはあまりに動きが「直線的」すぎるからと考えられます。「機械的」といったほうが適切でしょうか。まったくブレることなく直線的に上下、左右に動きます。移動距離も決して長くはありません。

実験するまでもなく、あれは人間が土に埋まって操作している動きとは考えにくいです。フェイクとすれば、トースターみたいな箱から棒がピョコンと飛び出し、また収納されるような装置をつくり、タイマー (かリモコン) で動かせばそれほど難しくはないと思います (下図参照)。


(スティック・モンスター移動装置 たとえばこんな感じで)

装置の上に、土は柔らかめにかけておけば、土中の横移動も可能です。スティックは金属など硬いものを使うのがベストです。

ただその場合、そんな装置作ってなんの得があんのか?という問題が残りますが、ただまわりをびっくりさせたいだけかもしれませんし、マスコミにフィルムを高く売るため、と考えればあり得ないことではないでしょう。

夢のないことを書いてしまいましたが、CGを使ったり、人が土に埋まらなくても、トリックは一応可能では?といいたいだけです。

続報で、もっと複雑な動きを見せるスティック・モンスターが登場すればこのフェイク説は払拭されます。続報に期待!!

↓気に入って頂いた方はクリックして頂けると嬉しいです
人気 blog ランキング でオカルト・ホラーサイトを探す

>>
FC2 ブログランキング (オカルト・ホラー)
>>
面白サイトランキング


(関連)
巨大ヒモムシ
巨大ミミズ Part I
ペルーで謎の植物タイプ生物 ~ ケベス・マン
ブラジルの全長50メートル、巨大ミミズ "ミニョコン"
ミニョコンは実在するか!?
エクスプローディング・スネイク
モンゴリアン・デス・ワーム
エルーセラ島の謎のぷよぷよ生物
前足だけのかわいい?トカゲ "アホロテトカゲ"
巨大ヤスデ (アースロプレウラ)
庭に現れた妖精 ~ ガーデン・フェアリー
■ ロシアの人食いUMA ~ ネッスキ
■ ロンドン上空に現れたUFOの撮影に成功

UMA一覧へ

トップページへ

テーマ:オカルト - ジャンル:

スカイ・ホエール

■スカイ・ホエール■
■Flying whale■



空を舞うクジラ

空を飛ぶクジラ。仮に大きな翼をクジラにつけたとしても、あんな巨体で空に舞い上がることは出来ません。

「秘密の動物誌」には、空に飛び立とうとする「アエロファンテ」というケニアに生息するゾウの写真が掲載されていますが、もちろんこんな生物は実在しません。


(アエロファンテ 「秘密の動物誌」より)

そして陸上最重量のゾウより体重の重い生物といえばクジラですが、そんなクジラが空を飛ぶ、な~んてことはさらにあり得ません。もっともそれは地球上の話であればですが。

スカイ・ホエールが生息するのはブルームーンです。

スカイ・ホエール (Flying whlae) は地球外生命体の一つのモデルとして、科学者たちによって考案された生物で、それらの生き物たちが住む星、それがブルームーンです。

スカイ・ホエールの住む星

スカイ・ホエールが登場するのは DVD 「E.T.の住む星 衛星ブルームーン」 です。いくつか登場する地球外生命体モデルの中でも最も目を引く生物です。


E.T.の住む星 衛星ブルームーン

ブルームーンは、はくちょう座の一角にある仮想の連星を回る惑星の「衛星」です。
スカイホエールの住むブルームーンは、星を覆う海の面積がとても多く、その名の通り綺麗な青い色をした星です。そしてこの星の最大の特徴は大気密度が地球の3倍もあるということです。

大気密度が濃いですから、地球上では空を飛ぶことが出来ない重量の生物でも、この星なら空を舞うことが可能です。ただ地球の3倍の密度で、いったいどれぐらいの重量の生物が空を飛ぶことが出来るかはちょっと分かりません。

密度の高い大気に生息する生物には、きっと巨大なものがいるであろうということで、科学者たちは地球のクジラの姿に似たスカイ・ホエールを創り出しました。

一見するとスカイ・ホエールは、ナガスクジラやシロナガスクジラといったヒゲクジラ類にそっくりの体型をしています。空を飛ぶことに適応するために体の後ろ半分はやや細くなっており、またヒレも翼の役割をするために非常に大きく進化しています。


(翼開長は10メートル)

大きく異なる点としては尾びれの付き方です。地球のクジラの尾びれは、水面と平行で、からだも縦にくねらせて泳ぎますが、スカイ・ホエールは魚のように水面に対して垂直にヒレがついているので、体を左右横に振って空を飛びます。

ヒゲクジラはオキアミ類やカイアシ類などのプランクトンを食べていますが、スカイホエールは、ブルームーンの空中プランクトンともいえる空中を漂う藻(も)を食べています。まさに空のヒゲクジラです。

ただし口の中には地球のヒゲクジラのようなクジラヒゲらしきものは見当たりません。ないのでしょうか?空中に生活圏を持つ生物が多いと思われるブルームーンにおいて、口を開けっ放しで飛んでいたら、おそらく藻だけではなく、食べるには適さない生物等も口に入ってくることが予想されます。

そういったことを考え合わせますと、やはりスカイ・ホエールにはクジラヒゲが必須アイテムとなってくるはずです。スカイ・ホエールにクジラヒゲがないとは、これは一体どういうことでしょう。

地球外生命体でありながら、地球のクジラそっくりの生物というのはおかしい、と思う人も多いかもしれませんが、元々「地球の生物を基に考え出されたもの」と科学者たちは断っているので、これはこれでいい(仕方ない)のではないでしょうか。

どうやって進化したのか?

ただ、気になるのはクジラの姿をした生物がどのような進化を辿って空を飛ぶにいたったか、です。DVD内では特に詳しい進化の過程は述べられていません。

明らかにヒレから進化したと思われる大きな翼をゆっくりとはためかせ、空中を優雅に泳ぐスカイ・ホエールですが、あの姿は前述したとおり地球のヒゲクジラ類にそっくりです。

地球のクジラはいったん陸に上がった哺乳類が、再度海に生活圏を求めた結果、あのような水中に適応した究極の体型を手に入れたのですが、スカイ・ホエールはまさにその「海の生活に適応したクジラの姿」で空を飛んでいます。

元々クジラの姿をした生物が、空を飛ぶようになったのなら話は早いですが、そんなことはあり得るでしょうか?

地球のクジラでは「ブリーチング」とよばれる、クジラのジャンプを目にすることが出来ます。あれに似た行動をブルームーンのクジラもやっており、次第に水中だけではなく、空中を漂う藻を食べるようになっていった。

そして何度もジャンプするうちにヒレがどんどん発達し、やがては空を飛ぶまでに、、、あり得ないです(←じゃ書くなよ)。水中から空中生活するにはあまりに体の構造が違いすぎます。ちなみに地球のクジラのブリーチングは決して空中のえさをとるためではありません。


(群舞するスカイホエール)

水中と空中では呼吸方法も異なるでしょうし、空を飛ぶにはいくらブルームーンの大気密度といえども体が重すぎるでしょう。それに水中に適応していた皮膚が即、空中で通用するとも思えません。

やはり陸上の生物が進化したはずです。スカイ・ホエールの先祖はおそらくはスカイ・ホエールとは全く似ていなかったものと思われます。現在、最古のクジラと考えられているパキケトゥスなど、オオカミやコヨーテのような姿で、現在のクジラの面影は微塵もありません。

そんな生物がクジラのような姿になったことを考えると、スカイホエールも空を飛び始めた頃はまったく異なる姿をしていたことが想像されます。

徐々に空中の生活に適応し、海をのんびり泳ぎながら口を開けているだけで食物摂取が出来る地球のヒゲクジラ類と生活様式が似ていることから、同様の体型を手に入れることに成功したのではないでしょうか。

ただし、尾びれの付き方を考慮すると、陸上の生物が進化したとは思えないのが気になるところではありますが、、、

さて、はじめに紹介した荒唐無稽な空飛ぶゾウ、アエロファンテも、ブルームーンなら十分あり得る話なんです。
↓気に入って頂いた方はクリックして頂けると嬉しいです
人気 blog ランキング でオカルト・ホラーサイトを探す

>>
FC2 ブログランキング (オカルト・ホラー)
>>
面白サイトランキング


(関連)
都市伝説系UMA
地球外生命体 - ガルプホッグ
エイリアンプラネット ~ グローブバック
四肢で陸上を歩く最古のクジラ、パキケトゥス
マッコウクジラ
■ 膨れあがった座礁クジラ、大爆発の可能性あり
フライング・スネーク (トビヘビ)
ヨウスコウカワイルカ、ついに絶滅する
ダンクレオステウス
ゼウグロドン
白いクジラ
ソレノグリファ・ポリポディーダ
ミコストリウム・ウルガリス
コック・バシロサウルス
庭に現れた妖精 ~ ガーデン・フェアリー
謎のゼリー状物質の正体はクリッターの死骸か?
スカイフィッシュは実在した!?

UMA一覧へ

トップページへ
 

テーマ: - ジャンル:

スカイ・フィッシュ

■スカイフィッシュ■
■Rod(s) (Flying Rod(s))■

 
(典型的なスカイフィッシュの姿)

~ 空飛ぶ魚 ~

日本の某テレビ番組で紹介されたため爆発的に有名になった最新UMAのひとつです。

円筒形状の細長い胴体の両側にひらひらとしたヒレ状の器官がついており、高速で空を飛ぶ魚に例えられ、日本では「スカイフィッシュ (sky fish, skyfish)」なるネーミングで呼ばれています。

ちなみに、海外では一般的に「ロッズ (rods)」もしくは「フライング・ロッズ (flying rods)」と呼ばれます。ただし、最近では海外でもまれにスカイフィッシュと呼ばれるときがあります。

スカイフィッシュは全世界で目撃されており、日本でもその姿が映像や写真に納められています。

空を飛ぶことから「スカイ~」「フライング~」なる名称が付けられていますが、目撃例は少ないものの水中でも確認されています。

~ ホセ・エスカミーラ ~

このスカイフィッシュを発見したのは、ビデオエンジニアのホセ・エスカミーラ (Jose Escamilla) 氏で、日本でスカイフィッシュが有名になるかなり以前 (1994~) からスカイフィッシュの研究を行っていました。

現在でも、スカイフィッシュといえばホセ・エスカミーラ氏で、スカイフィッシュ研究の第一人者です。

スカイフィッシュのもっとも有名なビデオは、メキシコのゴロンドリナス洞窟 (Golondrinas, Cave of Swallows) で撮影されたものでしょう。




(ゴロンドリナス洞窟
ベースジャンプを見たい方は上の画像をクリック)

これはエスカミーラ氏がスカイフィッシュの存在を説明する際に、必ずと言っていいほど参照される映像です。

地面にぽっかり口を開けたこのゴロンドリナス洞窟は、深さが370メートルもあり、多くのベースジャンパーが挑戦しており、その模様を多くの映像に残されています。

そんなベースジャンプの映像の中にスカイフィッシュが写り込んでいるものがありました。

ただし、ふつうに再生しても、それはただのベースジャンプの映像にしか見えず、スカイフィッシュを確認するにはスローで再生する必要がありました。

~ 速すぎて見えない? ~


(スカイフィッシュの検証動画
※画像をクリックするとYouTubeに飛びます)

スカイフィッシュは肉眼で見る (捕らえる) ことが出来ないといいます。

それはあまりにスカイフィッシュの動きが速すぎるためだと説明されます。ビデオをスロー再生にしないとスカイフィッシュが写り込んでいるかどうかさえ判断できないのはこのためです。

以前、アンビリバボーでスカイフィッシュが取り上げられたとき、スカイフィッシュの大きさは数センチから2メートル、飛行速度を時速300㎞と見積もっていました。

大きさはともかく、時速300㎞という速度は、恐ろしく速いことは疑いようがありません。

しかし、仮にこの時速300㎞が本当だとしても、肉眼で見えないというのはちょっと解せない説明です。

また、ビデオを見る限り、ほとんど速度を変えず一定の速度を保っているようでしたので、この洞窟内もUターンするとき以外は時速300㎞を保っていたことになります。

洞窟内の一番広い地点の直径が130メートルとなかなかの広さですが、時速300㎞で飛ぶ生物が棲息するには恐ろしく狭い空間です。

というのも、時速300㎞とは1分間に5キロメートル、たったの1秒間でも83メートル進む速さで、つまり、洞窟内の一番広いところでも1.5秒間隔でUターンしまくっているということになります。

スロー再生でもほとんど減速なしにヘアピンカーブを描きながらUターンしているようです。これは物理的に考えて不可能です。

~ 捕獲作戦 ~

番組内では捕獲作戦も実行されました。

畳大のベニヤっぽいペラペラの板に、ゴキブリホイホイの粘着面が外側に来るようにベニヤ一面に釘で打ち付けて作った、恐ろしく原始的なものでした。

時速300㎞でぶつかってきたら、ゴキブリホイホイに貼り付くどころか粉々に粉砕するか、ベニヤ自体に穴が開いてしまうと思うのですが、そんなのおかまいなしのようで、最初っから捕獲する気があるのか疑わしいものでした。

そして待てど暮らせどスカイフィッシュがぶつかってくることはなく、作戦は予想通り失敗に終わりました。

~ その正体は? ~

その正体については多くが語られています。

その中でおもしろいものをいくつか紹介しましょう。まずは、カンブリア紀に棲息していたアノマロカリスの進化説です。


(アノマロカリス)

カンブリア紀に棲息していた生物はすべて水棲生物ですから、もちろんアノマロカリスも水棲生物です。

アノマロカリスは子孫を残すことなく消えてしまいましたが、実は生息場所を水中から空中に変え、現在スカイフィッシュとして存在しているというものすごい説です。

また、UMAにありがちな説として、軍関係が遺伝子操作により秘密裏に作り上げた生物であるという説、プラズマ生命体であるという説、小さなUFOであるという説、などなど他にもたくさんあります。

~ 実際のところ、、、 ~


(スカイフィッシュ=モーションブラー の検証動画
※画像をクリックするとYouTubeに飛びます)

番組内ではカメラからスカイ・フィッシュまでの距離が不明にも関わらず、大きさを割り出すという大胆 (不可能) なことをしておりました。

見積もられたスカイフィッシュの体長は数センチ~2メートルぐらいだったと思いますが、良心的に考えて、肉眼視できないということから、うんとちっちゃい、数センチ、もしくはそれ以下と考えたいと思います。

肉眼視できない、というのは「見えない」という意味ではありません。「気付かない」と言い換えることが出来るかと思います。

つまり、実際の姿は円筒形の細長い棒にヒレがついている姿ではないため、実際には目の前を飛んでいるのに「気付かない」という意味です。

さらに、前述したとおり、減速なしにヘアピンカーブを描きながらUターンできる、つまりこの生物は見積もられたような高速で飛んでいないことを示唆します。

まとめると、想像しているよりも「かなり小さい」か「思っている姿とかなり異なる」か、もしくはその両方である、というのが推測されるスカイフィッシュの「真の姿」である可能性があります。もちろんスピードもそれほどではないはずです。

テレビで放映されてまもなく言われていたことですが、おそらくは昆虫がカメラ付近を通過したときにブレて写ったもの、つまりモーション・ブラー (motion blur) の産物にすぎない、というのがおおかたの見解です。

姿やその特徴がとてもユニークなだけに、このまま消え去ってしまうのは大変もったいないUMAです。新たな情報に期待しましょう。

↓気に入って頂いた方はクリックして頂けると嬉しいです
人気 blog ランキング でオカルト・ホラーサイトを探す

>>
FC2 ブログランキング (オカルト・ホラー)
>>
面白サイトランキング


(関連)
スカイフィッシュは実在した!?
フライング・ワーム
フライング・ホース
フライング・ホースの正体は風船?
フライング・ヒューマノイド
癒し系 ヒーリング・ヒューマノイド
■ ハワイ上空にジグザグの光の軌跡が現れる
マカチン空港で謎の生物が撮影される
■ 謎のビデオ ~ アルベスバッハ・クリーチャー
クリッター
クロフォーズビル・スカイ・モンスター 
スカイ・サーペント
アノマロカリス
■ バージニア州で目撃された翼竜
庭に現れた妖精 ~ ガーデン・フェアリー
フライング・スネーク (トビヘビ)
12メートルの超巨大翼竜 ケツァルコアトルス

UMA一覧へ

トップページへ 

テーマ: - ジャンル:

サスカチュワン湖の怪物 Part II

■サスカチュワン湖の怪物 Part II(金魚とウォンバットのハイブリッドUMA)■
■Lake Saskatchewan monster Part II (Saskipogo)■ 

 (チューバッカ君)

情報もほとんどないのにPart II突入です。

前回、想像されるサスカチュワン湖の怪物をイラスト化したところ、かなり気持ち悪いUMAになってしまいましたので、自戒の念を込めて再登場です。


前回は金魚とウォンバットを融合したものの、金魚の占めるウェートが高すぎたために気持ち悪くなってしまったことを反省し、今回は可愛いウォンバット色を強めようと思います。

まずウォンバットを知ることからはじめなければなりません。
ということで、多摩動物園にウォンバットを見に行ってきました。 

  (呼ぶと近くに寄ってくる人なつっこいチューバッカ君。かわいいです)

何回も行っていますので見慣れているウォンバットですが、今回はより詳細な観察に努めました。

今回モデルになったのはウォンバットのチューバッカ君です。念のために断っておきますが、僕が勝手に付けた名前ではありません。動物園がつけた名前です。 彼の本名です。

86年に日本に来たというのですから、もう多摩動物園歴20年のかなりのベテランです。いつも行くと寝ていますので、今回も期待していませんでしたが、この日は元気いっぱいに遊んでいました。

ウォンバットはカピバラに似ていますが、もっと手足が太く、頭でっかちで可愛い目をしています。

そして今回新たにサスカチュワン湖の怪物を書き上げました。



前回とほとんど変わりなし!チューバッカ君、全然参考になっておりません(笑)

↓気に入って頂いた方はクリックして頂けると嬉しいです
人気 blog ランキング でオカルト・ホラーサイトを探す

>>
FC2 ブログランキング (オカルト・ホラー)
>>
面白サイトランキング


(関連)
サスカチュワン湖の怪物 (サスキポゴ) Part I

UMA一覧へ

トップページへ

サスカチュワン湖の怪物

■サスカチュワン湖の怪物 (金魚とウォンバットのハイブリッド)■
■Lake Saskatchewan monster (Saskipogo)■



今回はカナダのサスカチュワン州にあるサスカチュワン湖の怪物です。サスキポゴ、とも呼ばれることもあるようですが、一般的ではないようです。

レークモンスターといいますと、ネッシーに代表されるプレシオサウルスタイプのものとオゴポゴに代表されるゼウグロドン(バシロサウルス)タイプに大きく分けることが出来ますが、サスキポゴはそのどちらにも属さないようです。

サスカチュワン州のUMAといえばタートル湖の怪物の方が有名ですが、こちらはゼウグロドンタイプです。

それではサスカチュワン湖の怪物はどんな姿をしているのでしょうか?
この怪物は「金魚とウォンバットの中間的な恐ろしい姿」をしているといわれています。

金魚とウォンバットの中間的な恐ろしい姿?

この上なく平和そうな金魚とウォンバットが合体してUMAとして登場するとは露思いませんでした。まったくその姿を想像出来ません。

どうしても見てみたいUMAですが、残念ながらサスカチュワン湖の怪物画像は見つかりませんでした。

-----

と、ここまで記事を書いたところで、PCから離れ色鉛筆を取り出し、この怪物をわたくし書いてみました。



こえ~ ((;゚Д゚))

いや~、絵心に問題があったためか、かなり気持ち悪いUMAになってしまいました。(笑)
妖怪絵巻とかに出てきそうです。アオブダイみたいですし。

「金魚にウォンバットの頭くっつけただけじゃねーか!」という突っ込みは勘弁してください。その通りです。

サスカチュワン湖で釣りをしていて、こんなん釣れた日には竿ごと湖に投げ捨てそうです。それほどまでに気持ち悪いUMAになってしまいました。

あまりにひどい絵でしたので、気が向いたらPart IIを書くかもしれません。 (笑)

↓気に入って頂いた方はクリックして頂けると嬉しいです
人気 blog ランキング でオカルト・ホラーサイトを探す

>>
FC2 ブログランキング (オカルト・ホラー)
>>
面白サイトランキング


(関連)
都市伝説系UMA
サスカチュワン湖の怪物 Part II

UMA一覧へ

トップページへ

シーラグ '(シール湖の怪物)
■シーラグ (シール湖の怪物)■
■Seilag, Seileag, Shielagh (Loch Shiel Monster)■ 

 (1972年に撮影されたネッシーの写真。残念ながらシーラグの姿を撮影に成功した人はいません)

シーラグはスコットランドのシール湖で目撃される巨大な生物で、1800年代後期より現在に至るまで、たびたび目撃されているUMAです。

シール湖はスコットランドで4番目に深い湖で、平均水深が約40メートル、最深部は約128メートルもあります。

シーラグは背中に3つのコブを持つといわれ、泳ぐのが非常に早いだけでなく、岸に上がったところも目撃されています。目撃証言によると、体長は大きいもので21メートルもあったといわれています。

また、同じくスコットランドのUMA、ネッシーのような細長いクビを持つといわれ、体型も似ているようです。ただし、それに反してネッシーとは全く似ていないという目撃情報もあります。
現時点で、シーラグの姿が分かる写真などは存在しておらず、いったいどのような姿をしているのか、詳しいことは分かっていません。

比較的最近の1997年には4つの個体が同時に目撃されるという事件も起きています。

↓気に入って頂いた方はクリックして頂けると嬉しいです
人気 blog ランキング でオカルト・ホラーサイトを探す

>>
FC2 ブログランキング (オカルト・ホラー)
>>
面白サイトランキング


(関連)
ベーヒアル (スコットランドの巨大イモムシ) 
ストロンゼイ・モンスター
モラー湖の怪物 "モラーグ"
スコットランド、ロッヒー湖の怪物 "リジー"
スコットランド、アーガイル湖の伝説の巨鳥 "ブーブリー"

UMA一覧へ

トップページへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。