アクセスランキング ブログパーツ
UMAファン ~ 未確認動物
世界中のUMA (未確認生物)、巨大生物、不思議な生物 (珍獣)を紹介しているブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
UMAとは?


UMAとは "Unidentified Mysterious Animals" の頭文字をとった略語で、通常「ユーマ」と発音されます。いかにも海外風の言葉ですが、これは日本人による造語で、海外ではほとんど使われていない表現です。

"Unidentified Mysterious Animals" を、直訳すると「未確認の神秘動物」となりますが、日本語でいう「未確認動物未確認生物」にあたります。

古くはネス湖のネッシー、ヒマラヤの雪男(イエティ)、新しいものではチュパカブラやスカイフィッシュなど、目撃情報はあるものの、存在が立証されていない生物 を "UMA" と総称します。「目撃情報のある未発見の野生動物」と言い換えたほうが分かりやすいかもしれません。本来は、オカルト的要素の強いものは含みません。

海外では未確認動物のことを、UMAではなく、"cryptid(s)" といいます。その他にも、"mysterious animal(s)"、"mysterious creature(s)"、"hidden animal(s)" など、いろいろな表現がありますが、"cryptid(s)" といわれることがほとんどです。

この "cryptid (クリプティッド)" とはカナダの未確認動物学者ジョン・ウォール (John E. Wall) の造語です。未確認動物学のことは "cryptozoology (クリプトゾウオロジー) " といいますが、この "crypt -" というのは、「隠された」という意味を持つギリシア語 "Krypt" が基になっています。

つまり "cryptid" は「隠された動物」、"cryptozoology" は「隠された動物学」が原意です。 

UMA一覧へ

トップページへ 

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。