FC2ブログ
UMAファン ~ 未確認動物
世界中のUMA (未確認生物)、巨大生物、不思議な生物 (珍獣)を紹介しているブログです。
目次

UMA一覧リスト
巨大生物リスト
都市伝説系UMAリスト
珍獣・不思議な生物リスト
絶滅動物リスト

新ブログへ移転のお知らせ

 

 新しいブログは「くりぷと ~ 世界の奇妙な住人たち」です。

こちらの「UMAファン ~ 未確認動物」も更新しますが、基本的には上記の新ブログの更新が中心となりますので、新ブログのほうへアクセスお願いします。

https://www.crypto-f.com/

ランキング参加中です
気に入って頂いた方は以下ランキングをクリックして頂けると嬉しいです!   

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 未確認生物へ
にほんブログ村

>> FC2 ブログランキング (オカルト・ホラー)  
>> 
面白サイトランキング
  
>>人気 blog ランキング 

トップページへ 

コルフ島の カバ+イルカ+ワニ のハイブリッド・クリーチャー
■コルフ島のミステリアス・ハイブリッド・クリーチャー



ギリシャのコルフ島 (ケルキラ島) に家族と訪れていたスコットランド人、ハーヴェイ・ロバートソン (Harvey Robertson) 氏はボートクルーズ参加中、海食洞 (海岸の崖にできた洞窟) 内でたくさんの写真を撮影しました。

その後、撮影した写真を整理している最中に発見したのがこの謎の生物。

ジュゴンのようであり、カバのようであり、そしてイルカのようであり、しかしいずれの動物でもないことは確か。

ロバートソン氏は撮影中、まったくこの生物に気付かなかったといいます。

気付かずにたまたま写りこんでいたというコメントから、この「生物」の部分をトリミングしているためでしょう、非常に画質が悪いです。

全体のシルエットは細長い体型で、体表はグレー。

足やヒレ等は一切確認できません。

頭部を見てみると、長い吻部に小さな目、吻の先端には上向きに1つだけ穴が空いているように見えます。

イルカも一見すると穴が1つだけに見える鼻の穴 (呼吸孔) が頭頂部にありますから、イルカとは位置が大分異なりますが鼻の穴の可能性があります。

ワニにも似ているといわれますが、あまり爬虫類的ではなく、そうなるとやはり未知の哺乳類といった感じです。

新種のイルカや奇形のイルカなどを推す声が多かったものの、個人的にはジュゴンのようなカイギュウ類のほうが可能性が高く感じます。

しかし、この謎生物、100%確実とはいいませんが、その正体として誰も想像だにしなかった非常に有力なモノが候補に挙がっています。

ボートに取り付けるフリーボードです、、、、

「頭部」と「胴体」の角度が異なるという意見もあると思いますが、水中で屈折して見えるのでそれほどおかしくはないでしょう。



(image credit by Walmart)


(参照サイト)
news.com.au

ランキング参加中です
気に入って頂いた方は以下ランキングをクリックして頂けると嬉しいです!   

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 未確認生物へ
にほんブログ村

>> FC2 ブログランキング (オカルト・ホラー)  
>> 
面白サイトランキング
  
>>人気 blog ランキング 

(関連 - 深海生物)
珍獣・不思議な生物
都市伝説系UMA
■ モントーク・モンスター
イギリス版モントークの怪物 ~ デボンの野獣
■ 謎の怪物 ~ パナマ・モンスター
■ コフス・ハーバー・クリッター
■ 謎の轢死死体 ~ アレクサンドリアン・モンスター
謎の漂着死骸 アラスカン・ビースト
■ ハママツ・モンスター (浜松の怪物)
■ 【閲覧注意】トルコで双頭のイルカの赤ちゃん見つかる
■ 放射能汚染の産物?~ ウィラメット・クリチャー

頭部が透き通った深海魚 デメニギス
■ ペンサコラで捕獲されたゼリー状の怪魚
■ ブラジル沖で捕獲された怪魚 ~ シャチブリ
オオグチボヤ & 新種の肉食ボヤ
■ ゴブリンシャークを捕まえたら大量のダイオウグソクムシが
クリオネの新種 ~ ヒョウタンハダカカメガイ
生きた化石 ラブカ
■ ロシア、ムルマンスクの怪魚
足のある鮫が捕獲される
巨大フナムシ (ジャイアント・アイソポッド
■ 佐渡で生きたままユウレイイカが水揚げされる
人食いイカ伝説 レッド・デビル・スクイッド
幻のカサゴ ~ ナミダカサゴ
ノルウェー沖の謎のブロブ
■ 石川県の砂浜に謎のゼリー状物質漂着
スコットランドに現れた謎のゼリー状物
   
 
UMA一覧へ

トップページへ 
海岸近くを漂っていた「生きている」ヒューマノイド
■中国で捕獲されたヒューマノイド


(image credit by The Hidden Underbelly 2.0)

中国の海岸近くを漂っていたという奇妙なもの。

シルエットだけであれば、手足の短い人間のような形をしています。

表面には凹凸がありますが、裏側はほぼぺったんこ、かなり薄っぺらです。

生物の死骸やなにかの残骸がたまたま人間のよう形作られたのだろう、ふつうはそう思います。

が、驚いたことに、中国人男性によって首根っこを持ち上げられたこの塊は「足」のように見える部分を、まるで蝶が羽ばたくようなパタパタと動かします。

つまり生きているのです。

その正体を巡り議論が交わされました。

新種もしくは突然変異の海綿かヒトデ説。

動物学者であり、未確認動物学者のカール・シューカー (Karl Shuker) 氏は海綿の塊をこの中国人男性が「変形」させ、人間のような形にしているのではないか、と疑いをかけます。

また、ひどいものでは宇宙人は地球の深海に潜んでいる可能性があり、これこそその証拠である、といったもの。

単純にフェイクともいわれています。





(参照サイト)
LAD BIBLE
International Business Times

ランキング参加中です
気に入って頂いた方は以下ランキングをクリックして頂けると嬉しいです!   

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 未確認生物へ
にほんブログ村

>> FC2 ブログランキング (オカルト・ホラー)  
>> 
面白サイトランキング
  
>>人気 blog ランキング 

(関連 - 深海生物)
珍獣・不思議な生物
都市伝説系UMA
■ モントーク・モンスター
イギリス版モントークの怪物 ~ デボンの野獣
■ 謎の怪物 ~ パナマ・モンスター
■ コフス・ハーバー・クリッター
■ 謎の轢死死体 ~ アレクサンドリアン・モンスター
謎の漂着死骸 アラスカン・ビースト
■ ハママツ・モンスター (浜松の怪物)
■ 【閲覧注意】トルコで双頭のイルカの赤ちゃん見つかる
■ 放射能汚染の産物?~ ウィラメット・クリチャー

頭部が透き通った深海魚 デメニギス
■ ペンサコラで捕獲されたゼリー状の怪魚
■ ブラジル沖で捕獲された怪魚 ~ シャチブリ
オオグチボヤ & 新種の肉食ボヤ
■ ゴブリンシャークを捕まえたら大量のダイオウグソクムシが
クリオネの新種 ~ ヒョウタンハダカカメガイ
生きた化石 ラブカ
■ ロシア、ムルマンスクの怪魚
足のある鮫が捕獲される
巨大フナムシ (ジャイアント・アイソポッド
■ 佐渡で生きたままユウレイイカが水揚げされる
人食いイカ伝説 レッド・デビル・スクイッド
幻のカサゴ ~ ナミダカサゴ
ノルウェー沖の謎のブロブ
■ 石川県の砂浜に謎のゼリー状物質漂着
スコットランドに現れた謎のゼリー状物
   
 
UMA一覧へ

トップページへ 
ニュージーランド、ワイタレレのドラゴン・ボーン
■ドラゴンの骨



(iamge credit by Adventure Sports Network)

ニュージーランド、レヴィンのワイタレレ (Waitarere) を散歩していたマリア・ロンバード (Maria Lombard) 氏は思いもかけず、異様なものに遭遇しました。

細長い骨格で長さは2メートル以上、頭部とそれに続く背骨のように見えます。

手足に該当するものはなにもついていません。

その頭部と思われる部分は、伝え聞くドラゴンを彷彿とさせます。

ロンバード氏もさすがに「ドラゴンはない」と思ったものの、巨大海蛇、即ち海生UMAシーサーペントの正体といわれる、巨大ウナギ (or アナゴ、ウツボ) の可能性を疑ったそうです。

世紀の大発見の可能性もあり、彼女の行動は迅速でした。

すぐにテ・パパ・トンガレワ (Te Papa Tongarewa) という超個性的な名のニュージーランド国立博物館に連絡をいれ、この謎の生物の特定を依頼しました。

テ・パパも彼女の疑問に即座に応じました。

英名をニュージーランド・スムース・スケート (New Zealand smooth skate, 学名 Dipturus innominatus) という、ガンギエイの仲間の骨格でした。

エイは軟骨魚なので、これら骨格は軟骨でできていますが、頭骨に見えるものは脳を守るケース部分だそうです。

ニュージーランド・スムース・スケートは2.4メートル以上に成長する大きなエイで、水深15~1300メートルを生息域とします。

大柄の生物がそうであるように、性成熟に13年も要し、商業的価値はないものの混獲され絶滅が危惧されているエイだそうです。

(参照サイト)
Adventure Sports Network

ランキング参加中です
気に入って頂いた方は以下ランキングをクリックして頂けると嬉しいです!   

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 未確認生物へ
にほんブログ村

>> FC2 ブログランキング (オカルト・ホラー)  
>> 
面白サイトランキング
  
>>人気 blog ランキング 

(関連 - 深海生物)
珍獣・不思議な生物
都市伝説系UMA
■ モントーク・モンスター
イギリス版モントークの怪物 ~ デボンの野獣
■ 謎の怪物 ~ パナマ・モンスター
■ コフス・ハーバー・クリッター
■ 謎の轢死死体 ~ アレクサンドリアン・モンスター
謎の漂着死骸 アラスカン・ビースト
■ ハママツ・モンスター (浜松の怪物)
■ 【閲覧注意】トルコで双頭のイルカの赤ちゃん見つかる
■ 放射能汚染の産物?~ ウィラメット・クリチャー

頭部が透き通った深海魚 デメニギス
■ ペンサコラで捕獲されたゼリー状の怪魚
■ ブラジル沖で捕獲された怪魚 ~ シャチブリ
オオグチボヤ & 新種の肉食ボヤ
■ ゴブリンシャークを捕まえたら大量のダイオウグソクムシが
クリオネの新種 ~ ヒョウタンハダカカメガイ
生きた化石 ラブカ
■ ロシア、ムルマンスクの怪魚
足のある鮫が捕獲される
巨大フナムシ (ジャイアント・アイソポッド
■ 佐渡で生きたままユウレイイカが水揚げされる
人食いイカ伝説 レッド・デビル・スクイッド
幻のカサゴ ~ ナミダカサゴ
ノルウェー沖の謎のブロブ
■ 石川県の砂浜に謎のゼリー状物質漂着
スコットランドに現れた謎のゼリー状物
   
 
UMA一覧へ

トップページへ 
緑色の猛毒不定形ワーム ~ ボネリムシ
■緑色の猛毒不定形ワーム ~ ボネリムシ■
Bonellia viridis


(image credit by YouTube "Pink Tank Scuba")

これは緑色のからだを波打たせながら動き回るワーム生物、ボネリア・ビリディス (Bonellia viridis) です。

ボネリア・ビリディスはユムシの一種で、ボネリムシの仲間です。

ふだんは水深10メートル以上に生息するため、目にすることは稀な生物です。

体長は5~15センチほど、ぶよぶよと体を変形させながら動くボネリア・ビリディスですが、これはすべてメスの姿です。

というのも、オスは無色透明なうえに体長3ミリ以下しかなく、メスの体内に取り込まれると同化してしまうからです。

生涯、オスは精子生産工場としての役割に専念し、2度と外界に出てくることはありません。

ボネリア・ビリディスの特徴であるこの緑色の体色は、かれら自身が生産するボネリンという色素です。

よくB級映画で毒を緑色のどろどろの液体で表現しますが、このボネリンはまさに緑色の猛毒物質で、エサとなる小さな生物を麻痺させることが出来ます。

(参照サイト)
PIYW
NEWS NETWORK

ランキング参加中です
気に入って頂いた方は以下ランキングをクリックして頂けると嬉しいです!   

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 未確認生物へ
にほんブログ村

>> FC2 ブログランキング (オカルト・ホラー)  
>> 
面白サイトランキング
  
>>人気 blog ランキング 

(関連)
不思議な生物リスト
謎のゼリー状物質 第1弾
謎のゼリー状物質 第2弾
謎のゼりー状物質 第3弾
謎のゼリー状物質の正体はクリッターの死骸か?
■ スリランカの村に小魚の雨が降る
■ 
石川県の砂浜に謎のゼリー状物質漂着
寄生キノコ ~ 冬虫夏草 (微グロ注意)
■ 中国河川に生息する不定形水生生物
ノルウェー沖の謎のブロブ
ノースカロライナの下水管に潜む謎の生物
ロンドンの主婦、妖精写真の撮影に成功
■ 
グミそっくりのイモムシ ~ ジュエル・キャタピラー 
オオグチボヤ
雄蛇ヶ池の謎の生物 ~ オジャッシー
ブロブフィッシュ (ニュウドウカジカ)
謎の都市、エイリアン・メトロポリス
殺人クラゲ ~ キロネックス・フレッケリ
見えざる殺人クラゲ ~ イルカンジクラゲ
小さな海賊 アオミノウミウシ
直径20センチの巨大ミミズ ~ ミニョ太郎
巨大ツチノコヒル 
バミューダの巨大クラゲ
亡霊犬、ダートムーアの怪物現る 
アルゼンチンでノーム (地の精霊) が撮影される
巨大ヒモムシ

トップページへ 

ツナ缶を開けたら変な生物が、、、、
■ツナ缶の謎生物■
■Mysterious canned tuna creature■


(image by Telegraph)

イギリスのプリンセズ社で販売するツナ缶の中から奇妙な生物が出てきました。

発見したのはこのツナ缶を購入したゾウ・バトラー (Zoe Butler) 夫人。

上ブタを外し、フォークで缶詰をかき回すと「それ」は出てきました。

「フォークを落っことし、飛び跳ねながら後ずさったわ。悲鳴を上げて、ちょっとこれを見て!っておばあちゃんに叫んだわ」



(image by Telegraph)

小指の爪ほどもない]小さな生き物。

やや楕円を帯びた球体は透き通った琥珀色をしており、体に比して非常に大きな目が2つついているのが印象的です。

写真では確認できませんが、目のついてる反対側、つまり尾部には「トゲトゲの尾」らしきものも確認できたといいます。

もちろん死んでいます。

缶詰を開けてこれが出てきたら確かにちょっと驚きますが、その愛らしい体型とつぶらな瞳はかわいらしいです。

この生物はおそらくウオノエの幼体ではないかということ。

ウオノエの仲間は魚のエラや口の中に寄生する生物で、ダイオウグソクムシやフナムシなどで有名な等脚類の仲間です。

たまに魚の口の中で発見されて話題になるアレです。

(参照サイト)
The Telegraph
BuzzFeed

ランキング参加中です
気に入って頂いた方は以下ランキングをクリックして頂けると嬉しいです!   

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 未確認生物へ
にほんブログ村

>> FC2 ブログランキング (オカルト・ホラー)  
>> 
面白サイトランキング
  
>>人気 blog ランキング 

(関連)
巨大生物リスト
■ 絶食ダイオウグソクムシ、ついに力尽きる
■ ゴブリンシャークを捕まえたら大量のダイオウグソクムシが
ジャイアント・アイソポッド Part 1
ジャイアント・アイソポッド Part 2
シーサーペント
クラーケン
ダイオウイカ
コロッサル・スクイッド (ダイオウホウズキイカ)
10mのコロッサル・スクイッド捕獲される
超巨大リュウグウノツカイ
■ 深海怪奇生物 ~ ハイドロサーマル・ワーム
島を食い尽くす? ナナツバコツブムシ
ワラウア湖の巨大エビ
アフリカの巨大グモ (メガラクネ)
666本の脚を持つヤスデ
巨大ヤスデ (アースロプレウラ)
かわいいヤスデ タマヤスデ
巨大ヒヨケムシ (キャメル・スパイダー)
水生巨大ムカデ型UMA コン・リット
深海の不思議な足跡
妖精ダンゴムシ
妖精エビ (フェアリー・シュリンプ)
巨大ゼミ ~ テイオウゼミ

UMA一覧へ

トップページへ 
子の生き血を吸う ~ ドラキュラアリ
■子供たちの生き血を吸う ~ ドラキュラアリ■
■dracula ants (Adetomyrma venatrix)■




ドラキュラアリ (Dracula ant) と呼ばれるアリはいくつか存在しますが、大きく分けて2つのタイプに分けられます。

まずは吸血鬼のトレードマークともいえる、大きな犬歯、この犬歯を彷彿とさせる巨大な牙を持つタイプのアリです。

ミストリウム・カミッラエ (Mystrium camillae) はそういったアリの中で代表的なドラキュラアリといえます。

一方、ドラキュラのもっとも顕著な特徴である「吸血」を行うことでそう呼ばれるアリもいます。

今回は、この吸血タイプ、アデトミルマ・ヴァナトリクス (Adetomyrma venatrix) を紹介します。

このアリが生息するのはマダガスカルのゾンビズ=ヴォイバジア国立公園 (Zombitse-Vohibasia National Park) と一見怖い名前の国立公園の森林です。

アデトミルマ・ヴァナトリクスは盲目のアリで、鋭い牙と尾には長い毒針を持っています。

吸血タイプのドラキュラアリの代表といわれるだけあり、かれらはなんと自分たちの幼虫の血 (体液) を吸います。

子供の体に鋭い牙で傷をつけ、致命傷になるほどではありませんが体液をすすります。

一種の共食いです。

幼虫たちは自分たちにご飯を運び身の回りの世話をしてくれる親たちに、その見返りとして自らの体液を喜んで捧げているのかというと、少なくとも人間の目からはそうは映りません。

親たちが子供部屋に入ってくると、その大して動けもしない蛆虫状のからだで這って逃げようとします。

そして体液を吸われている間、この子供たちから「悲鳴」ともとれる音が検出されるといいます。

(参照サイト)
MASMIKESAMERICA

ランキング参加中です
気に入って頂いた方は以下ランキングをクリックして頂けると嬉しいです!   

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 未確認生物へ
にほんブログ村

>> FC2 ブログランキング (オカルト・ホラー)  
>> 
面白サイトランキング
  
>>人気 blog ランキング 

(関連)
不思議な生物リスト
■ 
適地で爆発 ~ 自爆テロアリ
■ 殺人アリ ~ ジャック・ジャンパー
テキサスに現れた200メートルの巨大蜘蛛の巣
殺人蟻の首狩り職人 ~ ノミバエ
殺人蟻 ~ アカヒアリ (カミツキアリ, RIFA)
■ 
洪水になったらイカダで脱出 ~ ヒアリのイカダ
■ 
完璧にアリに擬態 ~ アリグモ
■ 
殺したアリを門番に雇用 ~ ボーン・ハウス・ワスプ
爆弾ゴカイ ~ グリーン・ボンバー
ゴキブリをゾンビ化、エメラルドゴキブリバチ (グロ注意)
縮む縮む マサカカツオブシムシ
寿命30分!?超短命 ~ 1時間ブヨ
■ 
高級チーズ「カース・マルツゥ」のシェフ~チーズバエ
■ 
グミそっくりのイモムシ ~ ジュエル・キャタピラー 
超巨大昆虫 ~ タイタンオオウスバカミキリ
巨大ハサミムシ ~ セントヘレナオオハサミムシ
■ 20センチの巨大トンボがイングランドに現る
セアカゴケグモ猛毒伝説は本当か?
■ 
猛毒イモリ ~ サメハダイモリ
クマムシ 不死身伝説は本当か?
アンドリュー・クロスの不思議なダニ (クロスのダニ)
■ 
ハンバーガーの材料?ケヨソイカ
島を食べ尽くす ナナツバコツブムシ
17年ゼミ (周期ゼミ)
謎のミツバチ大失踪
■ 
お尻にハンコ ~ シリキレグモ
ヒヨケムシ (キャメル・スパイダー)
■ 
交尾前にオスを食べる ~ タランチュラコモリグモ
■ 最強毒グモ ~ クロドクシボグモ
ウデムシ
巨大フナムシ (ジャイアント・アイソポッド)
毒鳥ピトフーイ
殺人アメーバ ネグレリア・フォーレリ
殺人クラゲ キロネックス・フレッケリ
殺人巻貝 アンボイナガイ

トップページへ 
夜空を舞うマンタ ~ フライング・マンタ
■空飛ぶ半透明のマンタ ~ フライング・マンタ




フライング・マンタ (flying manta ray) というUMA (未確認生物) がいます。

フライング・マンタがはじめて目撃されたのは2004年12月3日、晴れた夜のことです。

アメリカ、ウェストバージニア州のポイントプレザントからハンティントンに向かう男女2人を乗せた車が、オハイオ川に差し掛かったとき、女性が「それ」に気付きました。

オハイオ川のすぐ上空を灰色がかった薄く滑らかな形状のもの舞っており、突然車のフロントガラスのほうに急降下したかと思うと消えてしまった (行方が分からなくなってしまった) というのです。

もうひとつの目撃情報も同じくウェストバージニア州で、こちらはブラックウォーターリバーとまたも川の近く。

目撃したのは車に乗っていた母子で、車の周りをマンタのような形をした「生物」が車の近くを併走するように飛んでいたといいます。

これ以降も似たような目撃事件が頻発しており、フロリダ州で目撃されたものはアカエイに似ており、3つの個体が同時に確認されたというものや、インディアナ州のものはやはりアカエイのような形のものが木から木へ飛び移るような動きをしていた、といったものがあります、

上記のようなものがすべて同じ生物 (または自然現象) を指しているのかは判断できませんが、いずれも「エイのような形をしているものが空中を浮遊している」という点では共通しています。

夕方から夜に目撃されていることから、その姿をはっきり確認するのは困難なようですが、「半透明」状と形容する目撃もあります。

UMAの中で有名なものではクリッターと似たタイプのものです。

体長は9フィート (約2.7メートル) と本物のマンタほどは大きくはないものの、車を包み込むほどの大きさはあります。

(参照サイト)
FANDOM
PHANTOMS & MONSTERS

気に入って頂いた方は以下ランキングをクリックして頂けると嬉しいです!   

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 未確認生物へ
にほんブログ村

>> FC2 ブログランキング (オカルト・ホラー)  
>> 
面白サイトランキング
  
>>人気 blog ランキング 

(関連)
都市伝説系UMA
不思議な生物リスト
 時事ネタ・雑談・UFO等
■ NASAは岩絵が宇宙人の作品だとは言っていない
■ スペインで7000年前の壁画が偶然発見される
■ ついに不老不死エリクサーの空き瓶&レシピが発見される
■ ハワイ上空にジグザグの光の軌跡が現れる
■ 
エイリアン・プラネット ~ グローブバック Part1
地球外生命体モデル ~ ガルプホッグ
地球外生命体モデル ~ スカイホエール
■ 
イギリス上空に突如現れた浮遊する巨大な黒いリング
■ サッカーの試合中にUFO?
■ 
ウォリス上空に浮かぶ謎の高速移動物体、UFO?
■ ロンドン上空に現れた未確認飛行物体の撮影に成功
■ 
ミシシッピー州、無人カメラがUFOらしき光を捕らえる?
■ 
監視カメラに写ったジャカルタの妖精
ソレノグリファ・ポリピディーダ
未来のダイオウイカ ~ メガスクイド
未来のダイオウイカ ~ レインボースクイド
UMA プラズマ生命体?クリッター
天駆ける馬 フライング・ホース
有機系UFO!? ~ フライング・ワーム
広東省に現れた謎の「古代生物」 

トップページへ  
オーストラリアでミツバチが酩酊状態になる
■オーストラリアで酔いどれミツバチ連続死



オーストラリアの首都キャンベラにある国会議事堂近くに、まるで酔っ払ってふらふらになったようなミツバチが多数目撃されました。

ミツバチの大量死はなんらかの伝染病や意図せぬ殺虫剤等によ影響も考えられ、養蜂家にとってただごとではありません。

しかし、この酔っ払ったように見えるミツバチ、実は本当に酔っ払っていることが分かりました。

気温が高いと、オーストラリアのこの地域の花の蜜は発酵していまうため、ミツバチたちは予期せぬアルコール摂取で酩酊状態に陥っていたのです。

ふらふらになったミツバチたちは巣に戻ろうとしても、巣の「警備員」に追い払われてしまい、酔いが醒めるまで巣に戻ることも許されません。

勤勉なほど摂取量が多くなり、中には過剰摂取により急性アルコール中毒で死んでしまったものもいます。

このミツバチ酔っ払い騒動、一時的なものであって養蜂家にダメージを与えるほどではないということで一安心のようです。

(参照)
news.com.au

気に入って頂いた方は以下ランキングをクリックして頂けると嬉しいです!   

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 未確認生物へ
にほんブログ村

>> FC2 ブログランキング (オカルト・ホラー)  
>> 
面白サイトランキング
  
>>人気 blog ランキング 

(関連)
不思議な生物リスト
■ 
適地で爆発 ~ 自爆テロアリ
■ 殺人アリ ~ ジャック・ジャンパー
テキサスに現れた200メートルの巨大蜘蛛の巣
殺人蟻の首狩り職人 ~ ノミバエ
殺人蟻 ~ アカヒアリ (カミツキアリ, RIFA)
■ 
洪水になったらイカダで脱出 ~ ヒアリのイカダ
■ 
完璧にアリに擬態 ~ アリグモ
■ 
殺したアリを門番に雇用 ~ ボーン・ハウス・ワスプ
爆弾ゴカイ ~ グリーン・ボンバー
ゴキブリをゾンビ化、エメラルドゴキブリバチ (グロ注意)
縮む縮む マサカカツオブシムシ
寿命30分!?超短命 ~ 1時間ブヨ
■ 
高級チーズ「カース・マルツゥ」のシェフ~チーズバエ
■ 
グミそっくりのイモムシ ~ ジュエル・キャタピラー 
超巨大昆虫 ~ タイタンオオウスバカミキリ
巨大ハサミムシ ~ セントヘレナオオハサミムシ
■ 20センチの巨大トンボがイングランドに現る
セアカゴケグモ猛毒伝説は本当か?
■ 
猛毒イモリ ~ サメハダイモリ
クマムシ 不死身伝説は本当か?
アンドリュー・クロスの不思議なダニ (クロスのダニ)
■ 
ハンバーガーの材料?ケヨソイカ
島を食べ尽くす ナナツバコツブムシ
17年ゼミ (周期ゼミ)
謎のミツバチ大失踪
■ 
お尻にハンコ ~ シリキレグモ
ヒヨケムシ (キャメル・スパイダー)
■ 
交尾前にオスを食べる ~ タランチュラコモリグモ
■ 最強毒グモ ~ クロドクシボグモ
ウデムシ
巨大フナムシ (ジャイアント・アイソポッド)
毒鳥ピトフーイ
殺人アメーバ ネグレリア・フォーレリ
殺人クラゲ キロネックス・フレッケリ
殺人巻貝 アンボイナガイ

トップページへ
デボンに漂着した謎の生物の死骸
■デボンのビーチに漂着した謎の生物の死骸■


(image by The Sun)

イギリス、北デボンのウーラクーム (Woolacombe) のビーチに、巨大な謎の生物の死骸が打ち上げられました。

いわゆるUMA用語でグロブスター (謎の肉塊の総称) と呼ばれるものですが、多くのグロブスターが大きな山のような塊であることが多いのに対し、今回のものは細長い形状をした部分が目立ちます。

細長い部分は折れ曲がっていますが、まっすぐにすれば3メートル以上になるといいます。

グロブスターの正体は99%、ほぼ確実にクジラ、もしくは大型のサメ (特にジンベエザメかウバザメ) と相場は決まっています。

今回は正体を探る手がかりとなる、ヒレや頭部の形状などが分かる部分が見当たりません。

実際に検証した人たちもあまりに腐敗が進行していてお手上げのようです。

かといってDNA鑑定までして正体を探るような気は誰にもなく、その正体として挙げられたのが、ウナギ、クジラの腸、ナマケモノ、果ては宇宙人と散々です。

細長い部分の先端がかなり先細りになっており、全体としてリュウグウノツカイの形状に似ているような気もします。

(参照サイト)
The Sun

(関連)
巨大生物リスト
都市伝説系UMA
■ モントーク・モンスター
イギリス版モントークの怪物 ~ デボンの野獣
■ 【閲覧注意】トルコで双頭のイルカの赤ちゃん見つかる
■ 謎の怪物 ~ パナマ・モンスター
■ コフス・ハーバー・クリッター
■ 謎の轢死死体 ~ アレクサンドリアン・モンスター
謎の漂着死骸 アラスカン・ビースト
■ ハママツ・モンスター (浜松の怪物)
■ ケープタウンの砂浜で謎の生物が干上がっていた
■ 放射能汚染の産物?~ ウィラメット・クリチャー
中国の怪生物?~ ブタキツネ
亡霊犬、ダートムーアの怪物現る
■ 19世紀に発見された人魚のミイラ ~ ホーニマン・マーマン
■ 世界一幸せな240キロのミニブタ ~ エスター

トップページへ 
戦闘で負傷した仲間を救護 ~ マタベレアリ
■戦闘で負傷した仲間を救護 ~ マタベレアリ■
■Matabele ants (Megaponera analis)■

アリほど獰猛な昆虫はそうそういませんが、それゆえ戦闘で負傷し死んでいくものも少なくありません。

そんな中、戦死者の数を少しでも減らそうと試みるアリがいます、アフリカに生息するメガポネラ・アナリス (Megaponera analis) ことマタベレアリ (Matabele ants) です。

マタベレアリはシロアリを主食とするアリで、日に3~5回もシロアリの塚に襲撃をかけます。

マタベレアリの戦闘能力は高い上、襲撃も200~500匹ものアリがアリ塚を囲んでから一斉攻撃するなど襲撃準備も抜かりなく、シロアリが見ていてかわいそうになるほど圧倒します。

とはいえ、シロアリもただ黙ってやられているわけではありません、彼らなりに最大限の抵抗をします。

そうなると、マタベレアリも全員無傷ですむというわけにはいきません。

しかも1日3~5回という襲撃回数、それだけ戦闘を繰り返せば、戦場で傷つくアリたちの数も相当数に昇ります。

襲撃後、怪我を負い自力での巣に帰還出来なくなったアリたちがそこかしこに倒れています。


(image by YouTube "Guardian News")

ここからがマタベレアリたちの不思議な行動。

負傷者たちはフェロモンを分泌し、仲間のアリたちにSOS信号を送ります。

マタベレアリの救護班はSOS信号を嗅ぎ取ると、怪我人たちの回収に向かいます。

巣穴に運ばれた怪我人たちは救護班に傷口を含む体全体を舐められますが、その唾液には感染症を防ぐ抗生物質に相当するものが含まれている可能性も示唆されています。

巣に運ばれた怪我人たちの80%は適切な治療なくしては24時間以内に死んでしまう重傷者たちですが、治療を受ければそのほとんどが治癒するそうです。

ここで興味深いのがより重篤な患者です。

治療で治癒される可能性を見込めるのは、足を1本、最大でも2本失ったものまでのようです。

それ以上の怪我を負ったものはSOS信号自体出さないか、もしくは救護班が助けに来ても暴れて回収されるのを拒否するそうです。

助けても無駄だと。

(参照サイト)
●Gurdian
https://www.theguardian.com/science/2018/feb/14/nursing-in-nature-matabele-ants-observed-treating-injured-comrades

ランキング参加中です
気に入って頂いた方は以下ランキングをクリックして頂けると嬉しいです!   

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 未確認生物へ
にほんブログ村

>> FC2 ブログランキング (オカルト・ホラー)  
>> 
面白サイトランキング
  
>>人気 blog ランキング 

(関連)
不思議な生物リスト
■ 
適地で爆発 ~ 自爆テロアリ
■ 乗ったら最期、拷問台を作るアリ ~ アロメルス
テキサスに現れた200メートルの巨大蜘蛛の巣
殺人蟻の首狩り職人 ~ ノミバエ
殺人蟻 ~ アカヒアリ (カミツキアリ, RIFA)
■ 洪水になったらイカダで脱出 ~ ヒアリのイカダ
■ 完璧にアリに擬態 ~ アリグモ
■ 殺したアリを門番に雇用 ~ ボーン・ハウス・ワスプ
爆弾ゴカイ ~ グリーン・ボンバー
ゴキブリをゾンビ化、エメラルドゴキブリバチ (グロ注意)
縮む縮む マサカカツオブシムシ
寿命30分!?超短命 ~ 1時間ブヨ
■ 高級チーズ「カース・マルツゥ」のシェフ~チーズバエ
■ 
グミそっくりのイモムシ ~ ジュエル・キャタピラー 
超巨大昆虫 ~ タイタンオオウスバカミキリ
巨大ハサミムシ ~ セントヘレナオオハサミムシ
■ 最強毒グモ ~ クロドクシボグモ
セアカゴケグモ猛毒伝説は本当か?
■ 猛毒イモリ ~ サメハダイモリ
クマムシ 不死身伝説は本当か?
アンドリュー・クロスの不思議なダニ (クロスのダニ)
■ 
ハンバーガーの材料?ケヨソイカ
島を食べ尽くす ナナツバコツブムシ
17年ゼミ (周期ゼミ)
謎のミツバチ大失踪
■ お尻にハンコ ~ シリキレグモ
ヒヨケムシ (キャメル・スパイダー)
■ 交尾前にオスを食べる ~ タランチュラコモリグモ
ウデムシ
巨大フナムシ (ジャイアント・アイソポッド)
毒鳥ピトフーイ
殺人アメーバ ネグレリア・フォーレリ
殺人クラゲ キロネックス・フレッケリ
殺人巻貝 アンボイナガイ
モウドクフキヤガエル
■ 蛇島のボス ~ ゴールデン・ランスヘッド・バイパー
■ 水鳥を頭から貪り食うイソギンチャク

UMA一覧へ

トップページへ 
最新のタスマニアタイガー目撃情報
■タスマニアタイガー生存説




タスマニアタイガーが絶滅したのが1936年、それから80年以上も経過しているの、いまだに目撃情報が絶えません。

かつてタスマニアタイガー生存説について質問を受けた、オーストラリアのクイーンビクトリア美術館・アートギャラリーの館長、デビッド・メイナード (David Maynard) さんはこう答えました。

「野生の個体が生き残っていたとしてもそれはせいぜい1950年ごろまでだったでしょう。最後のタスマニアタイガーは野生の中で人知れずひっそりと息を引き取ったのではないでしょうか。

タスマニアでは膨大な数の野生動物が車に轢かれ死んでおり、その数は年間293,000匹ほどにもなります。

ですが、ここ50年、その中にタスマニアタイガーはただの一匹も含まれていないんですよ」


現在でも絶滅した事実を覆す物的証拠は何一つ見つかっていません。

しかし、冒頭で述べた通り、現在でも目撃情報は絶えることはありません。

どうせ誤認だろう、と思ってもなぜか期待してしまいます。

最近の「有力な」目撃情報にはこんなものがあります。

2019年2月と、本当にごく最近のことです。

目撃したのはタスマニアに訪れていたオーストラリア人カップルによってです。

2人は車で移動している際に道路を横切ろうとする「それ」を目撃しました。

「その動物は何度か振りかっては車のほうを向き直ったんです。12~15秒ぐらいの間でしたが、その姿をはっきりと見たんです。わたしたち2人はその生物が100%タスマニアタイガーであったと確信しています。」

(参照サイト)
INDEPENDENT

ランキング参加中です
気に入って頂いた方は以下ランキングをクリックして頂けると嬉しいです!   

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 未確認生物へ
にほんブログ村

>> FC2 ブログランキング (オカルト・ホラー)  
>> 
面白サイトランキング
  
>>人気 blog ランキング 


(関連)
誤認・絶滅動物リスト
 時事ネタ・雑談・UFO等
■ タスマニアタイガー (フクロオオカミ)
タスマニアタイガー Part II (絶滅していない証拠?ビデオ)
■ 50億羽の最後のリョコウバト ~ マーサ
■ 飛べない巨漢オウム ~ カカポ (フクロウオウム)
■ 殺人ゾウ、赤ちゃんの泣き声に我に返る
■ 竜巻で廃墟と化した納屋から仔猫が救出される
■ 世界最高齢の猫、ポピー亡くなる
■ 30年ぶりに太陽を浴びたチンパンジーたち
■ 30年間行方不明だった亀、物置部屋から発見される
■ クレバスに落ちた男性が奇跡的に生還
誰も知らないアンデスオオカミ 
ティラコレオか?クイーンズランドタイガー
ニュージーランドライオン!?撮影される
ヨウスコウカワイルカ、ついに絶滅する
発見から27年で絶滅 悲劇のステラーカイギュウ
ドードー
ジャイアント・モア
モアを狩った巨大ワシ ~ ハースト・イーグル
50億羽が絶滅 ~ リョコウバト
世界最大、タスマニアオオザリガニ
UMA バニープ (バンイップ)
オーストラリアのビッグフット "ヨーウィ"
ジャイアント・モニター (メガラニア)
クイーンズランド・モンスター
メガロドン (カルカロドン・メガロドン)
■ 伝説の幽霊犬「ブラック・シュック」の骨を発見か?

トップページへ