FC2ブログ
UMAファン ~ 未確認動物
世界中のUMA (未確認生物)、巨大生物、不思議な生物 (珍獣)を紹介しているブログです。
目次

UMA一覧リスト
巨大生物リスト
都市伝説系UMAリスト
珍獣・不思議な生物リスト
絶滅動物リスト

新ブログへ移転のお知らせ

 

 新しいブログは「くりぷと ~ 世界の奇妙な住人たち」です。

こちらの「UMAファン ~ 未確認動物」も更新しますが、基本的には上記の新ブログの更新が中心となりますので、新ブログのほうへアクセスお願いします。

https://www.crypto-f.com/

ランキング参加中です
気に入って頂いた方は以下ランキングをクリックして頂けると嬉しいです!   

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 未確認生物へ
にほんブログ村

>> FC2 ブログランキング (オカルト・ホラー)  
>> 
面白サイトランキング
  
>>人気 blog ランキング 

トップページへ 

空飛ぶイカが目撃される ~ フライング・スクイッド (スカイスクイッド)
■超高度を舞うイカが撮影される ~ フライング・スクイッド■
■Sky squid■



フライング・スクイッド (空飛ぶイカ) と聞いて空を舞うUMAを思い浮かべる人も多いかもしれません。

が、実は日本人にはもっとも馴染みのあるイカ、スルメイカ (Todarodes pacificus) の英名です。

正確にはジャパニース・フライング・スクイッド (Japanese Flying Squid) といいますが、アカイカの仲間 (Ommastrephidae) にはトビウオのように滑空することができるトビイカ (Sthenoteuthis oualaniensis) がおり、同じアカイカ科のスルメイカもこのように呼ばれます。

トビイカは時間にして3秒前後、一度の飛翔で30メートル (一説には50メートル) 飛ぶ (滑空する) ことができます。

高速で泳ぎ水面に飛び出すと、そのまま漏斗から水を吹き出し続け加速を続けます。

ここまでは空気抵抗を押さえるため魚雷のような紡錘形を保っていますが、速度がピークに達するとヒレ (イカの耳と呼ばれている部分) と腕を目一杯広げグライディング (滑空飛行) に移行します。

そして着水時には再度魚雷型に体型を戻し水中に飛び込むという仕組みです。

さて今回のフライング・スクイッド (正確にはスカイ・スクイッドと呼ばれています) はこの純粋・真正のトビイカのことではありません。

冒頭の写真はフェニックス発ポートランド行きの旅客機の中から撮影された「空飛ぶイカ」です。



YouTubeにアップロードされた日付こそ2020年6月ですが、撮影されたのは2019年3月のようです。

大きさはまったく分かりませんが、見る角度が変わるとかなり薄っぺらいことだけは分かります。

伝統的な四角い和風凧のような形状で、ご丁寧に長い尻尾までついています。(それゆえスクイッドと形容されているのですが)

じゃあ糸が切れて凧が舞い上がっただけじゃないの?と言う人もいるかも知れません、凧が単体で舞い上がるにはあまりに高度が高すぎるというのです。

ドローンもしかりです。

パラノーマル好きの人々の間では未発見の飛翔生物に違いないといったものや、UFOの一種であるといったもの、異次元から来訪した未知のなにか、、、等々コメントが寄せられています。

で実際のところどうなのでしょう?

イカなのかタコなのか。

識者によればこれは珍しいものの飛行機雲ではないかとのことです。

(参照サイト)
UnXplained
Z100

※この記事は姉妹サイトの「くりぷと ~ 世界の奇妙な住人たち」に掲載のものと同一内容です。宜しければそちらにお越しください。

気に入って頂いた方はクリックして頂けると嬉しいです  
人気 blog ランキング でオカルト・ホラーサイトを探す  

>> 
FC2 ブログランキング (オカルト・ホラー)  
>> 
面白サイトランキング
  

(関連) 
 
時事ネタ・雑談・UFO等 
都市伝説系UMAリスト 
不思議な生物リスト
■ 
ノーザンプトンの空で動き回る火の玉が撮影される
■ 
イギリス上空に突如現れた浮遊する巨大な黒いリング
■ リトアニアの池の中でうごめく赤い「何か」
■ サッカーの試合中にUFO?
■ クトゥブ・ミナール上空に現れたフライング・ヒューマノイド
■ ウォリス上空に浮かぶ謎の高速移動物体、UFO?
■ 
ミシシッピー州、無人カメラがUFOらしき光を捕らえる?
■ 
岩絵は宇宙人によって描かれた可能性がある by NASA 
┗ 
NASAは岩絵が宇宙人の作品だとは言っていない
■ 
クレバスに落ちた男性が奇跡的に生還
■ 
監視カメラに写ったジャカルタの妖精
ロンドンの主婦、妖精写真の撮影に成功
■ 
倉庫内に現れた妖精 ~ メンフィス・フェアリー
スカイフィッシュ (ロッズ)
ミイラ化した妖精の死骸発見 (ダービシャーの妖精)
■ 
エルフが存在することを証明するビデオ、、、
■ 
19世紀に発見された人魚のミイラ ~ ホーニマン・マーマン
広東省に現れた謎の "古代生物"
フライング・ホース
フライング・ワーム 
■ 
iPhoneの「マップ」にネッシーらしき巨大生物が写り込む
■ 人間の胃を食べるジーシュー・リザード
■ 
人間の足が生えた魚、フロリダで打ち上げられる
■ 
テキサスの超巨大バッタ
Google Earth エイリアン・ジャーマン・バグ
ペルーで謎の植物タイプ生物撮影される


UMA一覧へ

トップページへ 
米駆逐艦スタインを襲った巨大生物は巨大なイカか?
■米駆逐艦スタインを襲った巨大生物■
■USS Stein monster■



アメリカ海軍護衛駆逐艦スタイン (USS Stein, DE-1065)。

この船の名は硫黄島の戦い (Battle of Iwo Jima) で名誉勲章を受賞したトニー・スタイン (Tony Stein) 氏にちなみます。

1978年、太平洋上を航行中、スタイン号は技術的問題が発生しました。

ソナーが正常に動作しなくなったのです。

やむなくスタイン号は作戦を中断し、ソナーの修復のためカリフォルニアに寄港しました。

問題のソナーの点検です。

すると装備されているマルチモード・ソナー、AN/SQS-26のラバー・コーティングが切り裂かれ、全体の8%以上が損傷していることが判明しました。

もっとも深く切り裂かれた部分には爪が突き刺さっていたといいます。

その爪の形状はイカの吸盤に付いているリング状の歯と酷似しており、おそらくはイカのものだろうと考えられました。

しかし問題はその大きさです、そんなとてつもない大きさの爪 (吸盤の歯) を持つイカは知られていなかったからです。

当時知られている最大のものの5倍もあったといいます。

今でこそやっとこダイオウイカ (Architeuthis dux) やダイオウホウズキイカ (Mesonychoteuthis hamiltonia) の生態が少しずつ分かってきていますが、今から40年以上も前の話であり「未知の巨大イカ」以上のことは分からなかったといいます。

吸盤の大きさから判断した当時の見積もりによれば、謎の巨大イカの体長は150フィート (約45メートル) ととんでもないことになっています。

さすがに現在の常識では現実感を欠く推定値ですが、いまだ興味をそそられる巨大イカの襲撃記録です。

※この記事は姉妹サイトの「くりぷと ~ 世界の奇妙な住人たち」に掲載のものと同一内容です。

気に入って頂いた方はクリックして頂けると嬉しいです  
人気 blog ランキング でオカルト・ホラーサイトを探す  

>> 
FC2 ブログランキング (オカルト・ホラー)  
>> 
面白サイトランキング
  

(関連)
巨大生物リスト
不思議な生物リスト
■ ダイオウイカの深海で泳ぐ姿の動画撮影に成功
10メートル、450キロのコロッサル・スクイッド捕獲される
ダイオウイカより巨大、コロッサル・スクイッド
■ ダイオウイカと格闘した形跡のあるマッコウクジラの死骸
■ 座礁クジラ、爆発の恐れアリ
■ ミナミセミクジラにサーファー急接近
生きているダイオウイカの"動画"撮影に成功
生きているダイオウイカの撮影に初めて成功
■ ダイオウイカ、ついにスーパーマーケットに展示される
ダイオウイカ VS マッコウクジラ
コロッサルスクイッド VS マッコウクジラ
古代のダイオウイカ エンドセラス
巨大ベレムナイト ~ メガテウシス・ギガンティア
殺人イカ伝説 ~ レッドデビル 
新種の深海イカ オクトスクイッド
学名「地獄の吸血イカ」 コウモリダコ
■ 卵を抱いて4年半、究極の母性愛 ~ ホクヨウイボダコ
殻付きタコ ~ タコブネ
ヘクトコチルス・オクトポディス
■ 佐渡で生きたままユウレイイカが水揚げされる
珍種 サメハダホウズキイカ 
  

UMA一覧へ

トップページへ

妖怪カイコモグラは実在する ~ シルバーデバネズミ
■妖怪カイコモグラは実在する ~ シルバーデバネズミ■
Heliophobius argenteocinereus



カイコモグラ。

カイコだけを好んで食べるという謎のモグラで、養蚕業が盛んだった頃の日本ではよく見られたものの、戦後になって養蚕が徐々に衰退していくとその数を減らし現代では殆ど見られなくなったといいます。

カイコモグラはまるでカイコの繭から作られたシルク (絹) のような滑らかで美しい毛皮で全身が包まれているといいます。

しかし美しいのはその毛皮のみで、上を向いた鼻面は醜く、尾の先端は二股に分かれていました。

このカイコモグラ、立ち位置はUMAというより妖怪に近い存在です。

しかし「尾の先端が二股に分かれている」ことを除けば実在しても何ら不思議ではない生物といえます。



(image credit by Sharry Goldman (Wikipedia))

このカイコモグラを彷彿させる生物がいます、シルバーデバネズミ (Heliophobius argenteocinereus) です。

和洋折中した強烈な和名のシルバーデバネズミですが、これは英名のシルバリー・モール・ラット (Silvery mole-rat) から来ています。

「モール・ラット」は直訳するとモグラネズミですが、モール・ラットは和名でデバネズミというためシルバリー・モール・ラットは「シルバーのデバネズミ」になるというわけです。

そしてこのシルバーデバネズミはまたの名をシルキー・モール・ラット (Silky mole-rat) といいます。

直訳すれば「シルクのデバネズミ (モグラネズミ)」となり事実上「カイコモグラ」とほとんど同じ意味と言える英名を持ちます。

ただしモグラ科の生物ではありませんが。

実際、滑らかでシルクのような毛皮を持つことからこの名で呼ばれ、デバネズミの仲間は概ねブサカワ系なのでその特徴はまさにカイコモグラそのものです。

東アフリカを中心に生息する地中性のデバネズミで、日本でも有名なハダカデバネズミ (Heterocephalus glaber) と異なり真社会性は営まず、単独で生息します。

自然界にカイコは存在しませんからもちろんカイコを主食とはせず、植物の根を中心とする草食性のネズミです。

他にも純粋なモグラ (モグラ科) ではありませんが、アフリカ南部に生息するサバクキンモグラ (Eremitalpa granti) 等もシルキーな見た目でカイコモグラを彷彿とさせます。

※この記事は姉妹サイトの「くりぷと ~ 世界の奇妙な住人たち」に掲載のものと同一内容です。


(関連)
不思議な生物
■ 絶滅したと思っていた珍獣 ~ ソレノドン
発見する前に絶滅 ネソフォンテス
1トンの巨大ネズミ ジョセイフォアルティガシア
■ ネズミはテレパシー能力を持つことが科学的に証明される
3メートルの巨大モルモット (フォベロミス)
死の行進は本当か?レミング
ネズミの運命共同体 ラット・キング
■ スウェーデンでモンスター・ラットが捕獲される

■ 砂漠の重戦車 ~ ラーテル (ミツアナグマ)
■ ミーアキャットのだましてエサを横取り ~ クロオウチュウ
■ 飛べない巨漢オウム ~ カカポ (フクロウオウム)
イギリスに現れた歩くモミの実
脚と肉のないトリ (極楽鳥がUMAだった頃)
■ 50億羽の最後のリョコウバト ~ マーサ
毒鳥ピトフーイ
まるで静止画像 ハシビロコウ
超足の長いハト (ポウター) 


UMA一覧へ

トップページへ 
この巨大グマは実在するか? ~ ベルグマンベア (カムチャッカオオヒグマ)
■実在するのか? ~ ベルグマンベア (カムチャッカオオヒグマ)■
■Bergman's bear (Ursus arctos piscator)■




史上最大のクマは?

最大クラスのクマは立ち上がったときの身長はおおよそ12フィート (3.6メートル) 前後で横並びなのでここでの最大は「最重量」ということにします。

現時点ではショートフェイスベアの一種で南米に生息していたアルクトテリウム・アングスティデンス (Arctotherium angustidens) が体高3.5メートル、体重1.6トンで頭一つ抜けている感じです。

次点はキタアメリカジャイアントショートフェイスベア (Arctodus simus) で体長は大差ありませんが、体重は1.1トンほどと大幅に落ちます。

それでは現生最大のものは?

筆頭候補はホッキョクグマ (Ursus maritimus) とコディアックヒグマ (Ursus arctos middendorffi) です。

いずれも最大クラスは600キロ以上となり優劣つけがたいところですが、平均体重ではホッキョクグマに分があるようです。

ちなみに公式記録ではありませんが、19世紀にアラスカで射殺されたホッキョクグマの998キロという記録があります。

(コディアックヒグマ)

(image credit by Hollingworth, John and Karen)

しかしこの両者をまったくよせつけない巨大なクマがいるといいます。

1920年、カムチャッカ半島の動物相を調査していたスウェーデンの動物学者、ステン・ベルグマン (Sten Bergman) は地元住民からそれまで見たことのない黒いクマの毛皮を見せられます。

その地域にはヒグマの亜種でカムチャッカ・ブラウン・ベアと呼ばれるウルスス・アルクトス・ベリンギアヌス (Ursus arctos beringianus) が生息しますが、その毛皮は毛色や毛の長さがカムチャッカ・ブラウン・ベアとは異なり、また遥かに大きなクマのものと思われました。

またベルグマンはその謎のクマのものと思われる足跡を発見しますが、その大きさは長さ14.5インチ (約37センチ)、幅10インチ (約25センチ) という巨大なものだったといいます。

これらのことからベルグマンはこのカムチャッカ半島にカムチャッカ・ブラウン・ベアとは別にヒグマの亜種にして現生最大のクマが生息していると結論づけます、これがベルグマンベア (Bergman's bear) です。(和名:カムチャッカオオヒグマ)

彼のの見積もりでは体重は500~1100キロと最大サイズに至っては既知の現生のクマでは太刀打ちできません。

ベルグマンはこのヒグマの亜種にウルスス・アルクトス・ピスカトル (Ursus arctos piscator) という学名を提案しました。

しかしこのベルグマンベアはとても悩ましい存在です。

というのもベルグマン自身もその巨大グマの生きている姿を目撃していないだけでなく、ベルグマンの報告以降、誰もそのクマの生きている姿を見たものがいないからです。

それ故、ベルグマンが報告した1920年にはすでに絶滅していたと考えられていますが、ベルグマンベアがそもそも亜種と認識できるクマであったかどうかも議論の余地があります。

単にその見せられた毛皮が既知種 (カムチャッカ・ブラウン・ベア) の飛び抜けて大きい個体であった可能性も捨てきれないからです。

とはいえ夢のある話です。

一説には後肢2本で立ち上がったときの身長は15フィート (約4.6メートル) などといわれ、体長に限っていえば現生どころか史上最大のクマの称号すら得ることができそうです。

さすがに身長15フィートは盛り過ぎな気がしますが、つい最近まで、いや、もしかすると現在でもカムチャッカ半島のどこかでホッキョクグマやコディアックヒグマよりも巨大な種が生息していると考えるとワクワクします。

(参照サイト)
● National Geographic
● 巨大動物図鑑


※この記事は姉妹サイトの「くりぷと ~ 世界の奇妙な住人たち」に掲載のものと同一内容です。


↓気に入って頂いた方はクリックして頂けると嬉しいです
人気 blog ランキング でオカルト・ホラーサイトを探す

>>
FC2 ブログランキング (オカルト・ホラー)
>>
面白サイトランキング


(関連)
誤認・絶滅動物リスト
巨大生物リスト
誰も知らないアンデスオオカミ
謎の巨熊、マクファーレンズ・ベア
ジャイアント・モア
ステラーカイギュウ
UMA バニープ (バンイップ)
ナンディ・ベアー
ガゼカ
アメギーノの南米人類起源説

UMA一覧へ

トップページへ

巨人が撮影される ~ ウアステカ・ポトシーナ・ジャイアント
■メキシコで謎の巨人が撮影される ~ ウアステカ・ポトシーナのジャイアント■
■Huasteca Potosina giant■


(original image credit by Tim Binnall via Coast to Coast)

「夫と一緒に子供と遊んでいたときです、爆発音のような音が聞こえてきました。

わたしたちは音の聞こえてきた丘の方を咄嗟に見上げました、地すべりが起きたかと思ったんです。

たしか午後5時半頃のことでした、とても恐ろしかったです。

夫は最初『それ』に気づかず怯えているわたしをからかっていましたが、『それ』に気づくととても驚いてわたしたちに家に戻るように言いました」

これは「謎の巨人」を目撃したメキシコの先住民族、テネク族 (Tenek) ののアントニア (Antonia) さんの証言です。

目撃されたのはテネク族の居住地であるメキシコのウアステカ・ポトシーナ (Huasteca Potosina)。

アントニアさんは、この「痩せた巨人」を持っていた携帯で3枚撮影し2枚に巨人が写っており、1枚は撮影に失敗したようです。

左側の突き出た部分を頭部と考えれば前肢の長い四肢で歩く生物に見えます。

四肢が長く、全体的にスレンダーな体型のようです。

とはいえ被写体までの距離があまりに遠すぎるため、大きさを含めそれ以上詳しいことは分かりません。

それこそ、これが本当に生物なのか、それとも単に四肢動物のシルエット見える自然のもしくは人工の造形物なのかも判断付きません。

せめて撮影に成功したもう1枚の写真が公表され、それが異なる体勢であれば生物の可能性は少し高くなります。

※この記事は姉妹サイトの「くりぷと ~ 世界の奇妙な住人たち」に掲載のものと同一内容です。


(関連)
誤認・絶滅動物リスト
不思議な生物リスト

■ 世界最小、3センチのカメレオン ~ ブロケシア・ミクラ
■ 
体長10センチ、世界最小のヘビ発見される
■ 史上最大の恐竜化石発見される
■ 史上最大の巨大蛇の化石発見される
■ 
輪になるトカゲ ~ アルマジロトカゲ
■ 
超派手なヘビ ~ リングネック・スネーク
蛇とモグラのハイブリッド ~ アホロテトカゲ
空を滑空する蛇 ~ フライング・スネーク
史上最大の巨大ヘビ ~ティタノボア・セレジョネンシス
■ 
新種のティラノサウルス ~ ピノキオ・レックス 
空飛ぶハリネズミ?ティジー・ウィジー 

UMA一覧へ

トップページへ 
アルゼンチンのグリフォン
■半鳥・半獣の謎の死骸 ~ アルゼンチニアン・グリフォン■
■Argentinian Griffon■



(image credit by Valeria Machado via Brazil Weird News)

ワシの頭とライオンの体を持つ神話上の生物、グリフォン (Griffon)。

名前を聞いてピンとこなくてもその姿を見れば、ああ、あれね、とほとんどの人にその姿に馴染みがあるでしょう。

2種類の動物の特徴を併せ持つ、いわゆる典型的な「ハイブリッド」です。

そんな神話上のグリフォン (グリフィン) に似た生物が見つかったことがあります。

それはアルゼンチン、ミシオネス州 (Misiones) のガルアペ (Garuhape) で発見されました。

大きさは23インチ (約58センチ) とのことですが、空き瓶の蓋らしきものにすっぽり収まっていることからおそらく23ミリの間違いではないかと思われます。

吻部はクチバシ状で鳥っぽく、体は四肢動物を思わせるので確かにグリフォン的なシルエットに見えます。

伝説のグリフォン (グリフィン) の赤ちゃん?

見つけたのは地元の学校に通う学生のヴァレリア・マチャド (Valeria Machado) さん。

自宅においてあったフルーツバスケットの下で発見したといいます。

「最初見たときは鳥かしら?って思ったんだけど、すぐにこの生物の耳に気付いたの、お母さんも一緒よ。

だからきっと突然変異の生まれたてのラットに違いないわ」

吻部の毛が取れて骨がむき出しになっており、それがちょうどクチバシのように見えます。

しかしヴァレリアさんが言うように後頭部に耳らしきものがあります。

前肢2本ははっきり確認でき、後肢も体に対してまっすぐに後方に伸びて重なっているだけで2本あると思われるため、四肢動物であることが分かります。

また尾部から細長い尾も確認できます。

ヴァレリアさんが言う突然変異かどうかは分かりませんが、門歯の形状からラットの赤ちゃんで間違いないと思います。


(ドブネズミ (Rattus norvegicus) の成体の骨格)
(image credit by David J. Stang)

(参照サイト)
Brazil Weird News

気に入って頂いた方はクリックして頂けると嬉しいです  
人気 blog ランキング でオカルト・ホラーサイトを探す  

>> 
FC2 ブログランキング (オカルト・ホラー)  
>> 
面白サイトランキング
  

(関連)
誤認・絶滅動物リスト
不思議な生物リスト

■ 世界最小、3センチのカメレオン ~ ブロケシア・ミクラ
■ 
体長10センチ、世界最小のヘビ発見される
■ 史上最大の恐竜化石発見される
■ 史上最大の巨大蛇の化石発見される
■ 
輪になるトカゲ ~ アルマジロトカゲ
■ 
超派手なヘビ ~ リングネック・スネーク
蛇とモグラのハイブリッド ~ アホロテトカゲ
空を滑空する蛇 ~ フライング・スネーク
史上最大の巨大ヘビ ~ティタノボア・セレジョネンシス
■ 
新種のティラノサウルス ~ ピノキオ・レックス 
空飛ぶハリネズミ?ティジー・ウィジー 

UMA一覧へ

トップページへ 
キルキーのシー・サーペント
■144年ぶりに図版を発見 ~ キルキーのシー・サーペント■
■Kilkee sea serpent■


アイルランドのクレア州に属する小さな港町、キルキー (Kilkee)。

1850年代から、キルキーでは幾度となくシー・サーペントの目撃が相次いだといいます。

しかしそれは他の多くのUMA同様、目撃者の証言なども乏しく噂の域を出ないものでした。

そんな折、2015年、メアリー・エバンス・ピクチャー・ライブラリー社 (Mary Evans Picture Library) が、自社の所蔵する膨大な書庫をデジタル化している際に「キルキーのシー・サーペント」の記事を偶然発見したのです。

それは1871年10月に発行されたザ・デイズ・ドゥーイングス紙 (The Days' Doings) のもので、144年ぶりの「発見」といえます。

下記のコメントとともに冒頭のイラストが添えられていました。

「アイルランド北部で著名な聖職者ひとりを含む、キルキーに滞在中の紳士淑女の一行は、ダイアモンド・ロックス (Diamond Rocks) として有名な地を散策していました。

そのときです、突如、彼らが立っていた場所からおよそ70ヤード (約64メートル) 先の水面から浮上したとてつもない怪物の出現により、彼らは釘付けとなりました。

非常に大きな頭部は幾分馬に似ており、後頭部から首にかけて海藻のような巨大なタテガミを蓄えていました。大きな目はギラギラと輝き、その背後の波の下には広大な体が潜んでいるようでした」

このニュースは当時アイルランドからイギリス、そしてアメリカへと世界中の新聞で取り上げられたといいます。

レトロでよくできた絵ですが、証言と構図が異なることからあくまでイメージ画像といったところでしょうか。

肉眼で70ヤードも先にあるオブジェクトを、証言のようにまるで間近で見たように確認できるのか?といささか不審に思ってはしまいます。

しかし、これが本当であった場合、それだけ離れていても頭部や目、タテガミが確認できるということは、正確さはさておき巨大な生物であったことは確実でしょう。

馬に似た巨大な頭部、大きな目、タテガミ、、、体の描写は「広大 (vast)」のみではっきりしませんが、シー・サーペントと謳っていることからおそらく「長大」と考えていいのではないでしょうか。

これらの描写からイメージできる姿はカナダの沿岸で目撃される海生UMAキャディ (キャドボロサウルス) に似ているといえます。

しかし、イギリス、とくにスコットランドやアイルランドでは水馬伝説 (湖や海に生息する馬のような生物) があるため、そういった先入観から頭部が「馬に似ている」と認識してしまったのではないか?と考えます。

特に「タテガミ」らしきものを確認しているので余計に馬的に見えた可能性が高いと考えます。

実際、「馬の頭部にそっくり」ではなく「幾分ウマに似ている」という表現です。

大きな頭部に大きな目、そしてタテガミを思わせる長い背びれ、そして長大な体、この生物はリュウグウノツカイ (Regalecus glesne) ではなかったのかと推測します。

※この記事は姉妹サイトの「くりぷと ~ 世界の奇妙な住人たち」に掲載のものと同一内容です。


(参照サイト)
Pine Barrens Institute

気に入って頂いた方はクリックして頂けると嬉しいです  
人気 blog ランキング でオカルト・ホラーサイトを探す  

>> 
FC2 ブログランキング (オカルト・ホラー)  
>> 
面白サイトランキング
  

(関連) 
不思議な生物 
殺人クラゲ キロネックス・フレッケリ
見えざる殺人クラゲ ~ イルカンジクラゲ
■ 出血多量ギリギリ~ サバクツノトカゲ
殺人巻貝 アンボイナガイ
モウドクフキヤガエル
セアカゴケグモ猛毒伝説は本当か?
■ 
巨大蛇ティタノボアに対抗できるワニ発見か?
■ 
史上最大の巨大蛇の化石発見される 
ボルネオで巨大サーペント、ナブー撮影される
■ 
3センチのカメレオン ~ ブロケシア・ミクラ
絶滅巨大ガエル ~ デビルフロッグ
真・ジャイアントペンギン
空飛ぶヘビ ~ フライング・スネーク
ヘビとモグラのハイブリッド アホロテトカゲ
水上歩行するトカゲ、バシリスク
まるでドラゴンの赤ちゃん ~ オルム
体長10センチ、世界最小のヘビ、発見される

UMA一覧へ  

トップページへ   
ワニとカエルのハイブリッド生物 ~ クロコダイル・フロッグ
■ワニとカエルのハイブリッド ~ クロコダイル・フロッグ■
■Crocodile frog■

(尾を失ったワニ)

(image credit by shukernature)

クロコダイル・フロッグ (crocodile frog)。

ワニに似たカエルなのか、カエルに似たワニなのか?

名前から判断すると、一般的に一番最後に来ている動物名がその動物の種類であることがほとんどです。

というとカエル?

クロコダイル・フロッグはボルネオに生息していると言われていますが、その大きさは7~9フィート (約2.1~2.7メートル) と到底カエルが実現できる大きさではありません。

また尖った頭部という特徴もどちらかといえばカエルよりもワニに近いものです。

となるとワニ (クロコダイル) ということになりますが、ヌメヌメした体表に発達した後肢、短い尾 (カエルに尾はありませんが) といったものはワニらしからぬ特徴です。

いわゆるワニとカエルのハイブリッド的生物なわけですが、その姿はピンとこないかもしれません。

(マストドンサウルス)

(original image credit by Dmitry Bogdanov)

一番手っ取り早くその姿をイメージしてもらうにはクロコダイル・フロッグに酷似していると言われるマストドンサウルス (Mastodonsaurus) の復元図を見ることです。

マストドンサウルスは三畳紀後期に淡水に生息した巨大な両生類で、その体長は最大6メートルともいわれています。

現世のイリエワニの大型個体ほどの体長に、実際ワニを彷彿させる尖った頭部を持ち、その姿はまさにワニそのものでした。

両生類ですが恐竜と間違えて学名に「サウルス (「トカゲ」の意)」とつけてしまったことからも、それが分かるかと思います。

ではクロコダイル・フロッグの正体はマストドンサウルス生存説となるのか?というと流石にそれは厳しいかもしれません。

2メートル以上に成長する両生類は現世には存在しませんが、クロコダイル・フロッグの正体を両生類とするなら「頭部の尖った未発見のオオサンショウウオ」といったところでしょうか。

しかしもっと現実的なものであればやはり両生類ではなく爬虫類、しかもクロコダイルそのものである可能性のほうが遥かに高いと言えます。

もちろん「新種のカエルのような姿をしたクロコダイル」なら一番いいですが、既知種のクロコダイルの怪我をして尾を失ったもの、もしくは先天的遺伝子異常で尾が無い・短い、そういった個体の目撃からクロコダイル・フロッグが誕生した可能性が考えられます。

というのも、いまだに新種も多く発見されているボルネオです、この地で奇妙な姿のワニを目撃した場合、怪我を負って奇妙な姿になっている個体も「ここには未発見の生物がまだいる」という先入観から「新種のワニ、もしくは新種の両生類」と誤認する可能性があるからです。

(参照サイト)
shuker nature

※この記事は姉妹サイトの「くりぷと ~ 世界の奇妙な住人たち」に掲載のものと同一内容です。



(関連記事)
巨大生物リスト
誤認・絶滅動物リスト
巨大ガエル ~ ゴライアス・ガエル
珍蛙 カメガエル & インドハナガエル
■ 87年ぶりに発見!ニジイロヒキガエル
■ 口から仔蛙 ~ カモノハシガエル
アベコベガエル
モウドクフキヤガエル
ベガスに抹殺されたベガスヒョウガエル
カエルの神隠し オレンジヒキガエル
平面ガエル ~ ピパピパ
モンスマシャーの石の中で眠るカエル
■ 釣った魚の口の中にカエルが住んでいた!
■ 「悲鳴」を上げて逃げるカエル ~ バジェットガエル
■ 空からオタマジャクシ
前足だけのトカゲ ~ アホロテトカゲ
かつてドラゴンの赤ちゃん説 ~ オルム
UMA カエル男
■ デナリ国立公園で恐竜の足跡大量に発見される
史上最大の巨大ヘビ ティタノボア・セレジョネンシス

UMA一覧へ

トップページへ

政府の陰謀説もあるクラシックUMA ~ ナパ・レボブス

(image credit by Theresa Comstock)

■ナパ・レボブス■
■Napa Rebobs■

アメリカ、サンフランシスコ州のナパ・バレー (Napa Valley)、この地域はワインの原料となる高品質なブドウの栽培に適した気候であることからフランスに並ぶワインの一大産地として名を馳せます。

そんなナパで場違いに目撃されるUMAがナパ・レボブス (Napa Rebobs)。

レボブスはナパ西部にあるくねくねした山道、パトリック・ロード (Partrick Road) が目撃の中心地とされています。

レボブスの姿には諸説ありますが、フライング・モンキー (Flying monkey) と呼ばれるように、半サル・半コウモリのハイブリッド・クリーチャー的姿がもっとも有力です。

他に半サル・半ロボットといったものや半サル・半人間といった空を飛べない組み合わせもありますが、いずれにしてもこの半○・半○といったハイブリッド的特徴は同じです。

そしてレボブスがこの半○・半○といった姿に描かれるのには理由があります。

基本としてレボブスはマッド・サイエンティストの実験の産物というストーリーを起源に持つためで、サルと他の動物を融合した実験で生まれたと考えられているからです。

UMAの話にありがちな政府が秘密裏に行っている (いた) 軍事的生物実験の産物といった陰謀説も存在します。

こういった政府陰謀説をもつUMAは昔のUMAに多いバック・グラウンドですが、戦中戦後の混乱期であればともかく、21世紀ともなるとほとんどこういった説は廃れ気味です。

しかし一周回ってというかナパ・レボブスに至っては逆に人気が再燃しています。

ナパ高校のシンボルマークの変更に、レボブスをモチーフにしたものが候補に挙がったほどです。

さてこのレボブス、なにか実在の生物の目撃情報が基になっているのでしょうか?

レボブスの逸話は上記のマッド・サイエンティストや政府の陰謀論等、あまり現実感の無いものが多く、個人的には完全なフィクション (都市伝説) ではないかと思っています。

敢えて実在の生物が基になっているとしたら以下のものを候補に挙げたいと思います。

空飛ぶサルといって候補に上がるのはまずヒヨケザル。

クロアチアン・モンスター等、他の記事でもときどき触れていますが、ヒヨケザルは英語でフライング・レムール (Flying lemur 「空飛ぶキツネザル」) と呼ばれるように、キツネザルに皮膜を張ったような姿をしています。

ヒヨケザルはフィリピンヒヨケザル (Cynocephalus volans) とマレーヒヨケザル (Galeopterus variegatus) の2種のみ知られており、和名でも分かる通り東南アジアにしか生息していません。

そしてもうひとつの候補がやはりオオコウモリ。

ソロモン諸島の熱帯雨林にのみ生息するプテラロペクス (Pteralopex) 属のオオコウモリはモンキー・フェイスト・バット (monkey-faced bat「サルの顔をしたコウモリ」) と総称され、ほとんどの種が耳が小さくサルのよううな頭部をしているのが特徴です。

プテラロペクス属のコウモリにはニュー・ジョージア島 (New Georgia) に生息するニュー・ジョージアン・モンキー・フェイスト・バット (New Georgian monkey-faced bat) 、プテラロペクス属最大のグレイター・モンキー・フェイスト・バット (Greater monkey-faced bat)、ブーゲンビル島自治区に生息するブーゲンビル・モンキー・フェイスト・バット (Bougainville monkey-faced bat) 等の5種が存在します

その姿は十分候補となりますが、ヒヨケザルもモンキー・フェイスト・バットもアメリカには生息していない生物です。

ですから可能性としてはせいぜい動物園やペットとして飼われていたものが脱走して目撃された、もしくはこれらからインスパイアされて創造された、といったことぐらいでしょうか。

(参照サイト)
Exemplore
Ranker

(関連)
都市伝説系UMAリスト
不思議な生物リスト
■ 亡霊が実在した?ダートムーアの野獣
■ 正体は球電現象か?黒犬
■ カリフォルニアに謎の大型猫科動物、監視カメラで撮影される
■ ウィンダミア湖でボウネッシーが撮影される
■ スペインで7000年前の壁画が偶然発見される
■ 影人間 ~ シャドー・ピープル

ウェーンズバロに残された謎の足跡
■ 虎と象とビッグフットの足跡が3つ並んで残される
ABC (Alien Big Cat)
イギリス版モントークの怪物 ~ デボンの野獣
ニュージーランドライオン!?撮影される
誰も知らないアンデスオオカミ
ジェヴォーダンの獣
謎のピューマ、オンザ
巨大ライオン ~ アメリカライオン
「犬を連れ去るもの」シュンカ・ワラキン
タスマニア・タイガー 
ビッグフット?熊?ジェイコブズ・クリチャー
ドーバーデーモン
雷鳥ウサギ ~ スクヴェイダー
空飛ぶハリネズミ?ティジー・ウィジー
■ 緑色に光る発光猫
■ 巨大化した蚊に連れ去られ注意 ~ アラスカ

UMA一覧へ 

トップページへ  
毛むくじゃらのヘビ ~ アルジェリアン・ヘアリー・ヴァイパー
■毛むくじゃらのヘビ ~ アルジェリアン・ヘアリー・ヴァイパー■
■Algerian hairy viper■




北アフリカの大国、アルジェリア。

1952年、この国のほぼ中心に位置する都市、ドラリア (Draria) で非常に奇妙なヘビが地元住民によって目撃されます。

それは住民のひとりが、木の幹の一部に異様な膨らみがあることに気付いたことから始まります。

その膨らみ全体は赤みががった「毛」で覆われていたため、あたかも木から毛が生えているように見えました。

いったいなんだろう?

おそらくはなんらかの病気による「異常な成長」に違いない、まわりにいた住民たちもその「毛の生えた木」をひと目見ようと集まってきました。

すると意外なことが起きました。

毛の生えた木の膨らみが動き出したのです。

それは決して木のコブなどではなく、毛の生えたヘビだったのです。

毛むくじゃらのヘビは地面に向かって木を降り始めました。

村人のひとりが謎の生物をよく見てみようと近づくと、シューッという威嚇音を立てそのまま地面に降りると森の中へ逃げていってしまいました。

まだまだ未発見の生物がたくさんいた19世紀の半ば、フランスの首都パリにある国立自然史博物館 (Museum of Natural History) はこの噂を聞きつけ、是非とも館のコレクションにこの加えたいと考えました。

館はアルジェリアに職員を派遣し、この謎の生物、アルジェリアン・ヘアリー・ヴァイパー (Algerian hairy viper) の捕獲に挑みます。

しかし残念ながらこの生物が博物館のコレクションに加わることはありませんでした。

謎のヘビは二度と人間の前に姿を表すことがなかったからです。

未確認動物学者のカール・シューカー氏はその正体として未発見の巨大な毛虫ではないかと推測します。

しかし目撃情報から体長は22インチ (約56センチ) もしくは2フィート (約61センチ) といわれています。

ヘビとして考えれば小柄ですが毛虫としてはあまりに大きすぎます。

(ヘアリー・ブッシュ・バイパー)

(image credit by Bree Mc, soulsurvivor08 at flickr.com)

そこで候補に挙げたいのがヘアリー・ブッシュ・バイパー (Atheris hispida)。

全身トゲのように毛羽立ったウロコに覆われたヘビで、まさにヘアリー (毛むくじゃら) なヘビです。

体長も最大でも29インチ (約73センチ) と謎のヘビ、アルジェリアン・ヘアリー・バイパーと同サイズ。

難点としてはヘアリー・ブッシュ・バイパーは中央アフリカに生息するヘビであり、そもそもアルジェリアはヘアリー・ブッシュ・バイパーを含むブッシュ・バイパー属 (Atheris) の生息域から外れていることです。

現在であればペットが逃げ出したもの等で片付けられますが19世紀半ばとなるとそういった可能性も考えにくいところではあります。

その正体は未発見のブッシュ・バイパー、当時ですら探しても見つからなかったことから、すでに個体数は少なくもしかするとすでに絶滅してしまっているかもしれません。


ちなみにヘアリー・ブッシュ・バイパー、環境によっては強烈な神経毒を持っている場合があり、咬まれれば人間でも最悪死に至る可能性もあると言われています。

※この記事は姉妹サイトの「くりぷと ~ 世界の奇妙な住人たち」に掲載のものと同一内容です。


(参照サイト)
Pine Barrens Institute

気に入って頂いた方はクリックして頂けると嬉しいです  
人気 blog ランキング でオカルト・ホラーサイトを探す  

>> 
FC2 ブログランキング (オカルト・ホラー)  
>> 
面白サイトランキング
  

(関連) 
不思議な生物 
殺人クラゲ キロネックス・フレッケリ
見えざる殺人クラゲ ~ イルカンジクラゲ
■ 出血多量ギリギリ~ サバクツノトカゲ
殺人巻貝 アンボイナガイ
モウドクフキヤガエル
セアカゴケグモ猛毒伝説は本当か?
■ 
巨大蛇ティタノボアに対抗できるワニ発見か?
■ 
史上最大の巨大蛇の化石発見される 
ボルネオで巨大サーペント、ナブー撮影される
■ 
3センチのカメレオン ~ ブロケシア・ミクラ
絶滅巨大ガエル ~ デビルフロッグ
真・ジャイアントペンギン
空飛ぶヘビ ~ フライング・スネーク
ヘビとモグラのハイブリッド アホロテトカゲ
水上歩行するトカゲ、バシリスク
まるでドラゴンの赤ちゃん ~ オルム
体長10センチ、世界最小のヘビ、発見される

UMA一覧へ  

トップページへ   
ケントのモスマン ~ バット・ビースト・オブ・ケント
■首なしコウモリ型ヒューマノイド ~ バット・ビースト・オブ・ケント■
■The beast of Kent■


(original image credit by FANDOM via Crypto-f.com)

1963年11月16日、イングランドのケントで目撃されたUMA、バット・ビースト・オブ・ケント (Bat beast of Kent 「ケントのコウモリ野獣」)。

この日の夜、4人のティーンエージャーはパーティーを楽しんだ帰路、サンドリング・ロード (Sandling Road) を歩いているときのことでした。

突如として直径数メートルほどの金色に発光する卵型のオブジェクト (いわゆるUFO) が上空から現れると、彼らが立っている場所からほど近いサンドリング・パーク (Sandling Park) の森の中に着地したのです。

動揺した少年たちでしたが、好奇心を抑えられずそのオブジェクトが着地したと思われるほうに向かって走りました。

しかしかれらはオブジェクトの近くまで行くことはありませんでした。

茂みから突如、見たこともない生物が飛び出てきたからです。

少年の一人マービン・ハッチソン (Mervyn Hutchinson) はいいます。

「頭といえるものはなかったよ。背中から大きな翼が生えてた、コウモリみたいなやつさ」

その生物の体長は5フィート (約1.5メートル)、全身真っ黒な毛で覆われ、背中にはコウモリのような被膜の付いた大きな翼がありました。

頭部といえる部位は確認できず、足の指には水かきらしきものがついていたといいます。

細かい部分で相違点はあるにせよ、その姿はUMA好きなら誰でも知っているモスマンに酷似しています。

モスマンも頭部と胴体の境目が不明瞭であり「目」が確認されていなければ「頭部がない」と形容されていたはずです。

注目すべきはモスマンの二番煎じではないということ、バット・ビーストが目撃されたのはモスマンがウエストバージニア州のポイントプレザントで爆発的に目撃される3年前だからです。

4人は恐怖に駆られ最寄りの警察に飛び込みましたが、当然ながらそっけない対応だったといいます。

しかしそれから5日後の11月21日、今度はキース・クラウチャー (Keith Croucher) なる人物が奇妙な飛行物体を確認。

その2日後にはジョン・マックゴールドリック (John McGoldrick) なる人物が少年たちの証言を確認しようと友人らと森の中を探索し、長さ24インチ (約61センチ)、幅9インチ (約23センチ) の水かきのついた巨大な足跡を3つ発見したと主張し、マスコミのインタビューも受けています。

さてさてみなさんはどう思ったでしょう?

これはこれで興味深い話です。

しかしこの話を額面通りに受け取る人は少ないでしょうし、荒唐無稽な作り話と思う人もいるかもしれません。

もちろんその可能性は否定できませんが、それはこの話を「UFO (発光体) とそれに搭乗した宇宙人の話」ととらえてしまうからでしょう。

少年たちは発光体から生物が降りてきたのを確認したわけではなく、発光体と謎の生物を切り離して考えてみてはどうでしょう?

ちなみに事件からだいぶ経った1970年代、UFO研究家のクリス・ウルフ (Chris Wolfe) 氏は4人の少年のひとりジョン・フラクストン (John Flaxton) にインタビューし事件の解明を試みました。

ウルフ氏の下した結論は意外なものでした。

4人の少年が見た発光体は冷たい秋の空気の中、遠くを走る列車の灯りが明滅して見えたものを誤認したものであり、謎の生物はその灯りに照らされたカラスであるというものでした。

発光体の正体が電車の灯りが冷たい空気で瞬 (またた) いたものというのは興味深い考察です、しかし少年たちは発光体が上空から降りてきたと証言しているので球電現象 (ball lightning) 等の発光する自然現象だった可能性も考慮したいところです。

謎の生物は?

バット・ビースト (コウモリ野獣) と呼ばれるだけに、大きさや体色、翼の特徴などやはりオオコウモリ説を推したくなります。

しかしアジアやアフリカに生息するような翼開長が1.5~1.8メートルほどのオオコウモリはイギリスに生息していません。

動物園から逃げ出したアジアのオオコウモリと強引に持っていきたいところですが、ここはフクロウ等、大型の鳥類で代用したいと思います。

たとえばフクロウであれば頭部と胴体の境目は不明瞭であり「頭部がない」ように錯覚する可能性もあります。

話はこうです。

思いもよらぬ発光体を目撃し興奮状態にあった少年たち、この時点で少年たちはこの発光体 (もしかすると発光する自然現象) を「UFO = 宇宙人の乗り物」と認識したに違いありません。

そこに見慣れぬ大型の鳥類が現れたため、発光体 (=UFO) と結びつけ、鳥類を謎のヒューマノイド (=宇宙人) と誤認してしまった、という流れです。

バット・ビーストがその後現れることはありませんでしたが、1970年代に目撃が集中したオウルマン (フクロウ男, Owlman) と同一ではないかともいわれています。

※この記事は姉妹サイトの「くりぷと ~ 世界の奇妙な住人たち」に掲載のものと同一内容です。

(参照サイト)
anomalien.com
The Spooky Isles
FANDOM

↓気に入って頂いた方はクリックして頂けると嬉しいです
人気 blog ランキング でオカルト・ホラーサイトを探す 

>>FC2 ブログランキング (オカルト・ホラー)
>>
人気の面白サイトを探す

(関連)
都市伝説系UMA
不思議な生物
スカイフィッシュ (ロッズ)
スカイフィッシュは実在した!?
北京の夜空にモスマン現る
■ 監視カメラに写ったジャカルタの妖精
■ 謎のビデオ ~ アルベスバッハ・クリーチャー
Google Earth エイリアン・バグ
■ 
太平神社に現れた謎のゼリー状物体
中国で人魚捕獲される
アノマロカリス
庭に現れた妖精 ~ ガーデン・フェアリー
ロンドンの主婦、妖精写真の撮影に成功
ミイラ化した妖精の死骸発見 (ダービシャーの妖精)
空飛ぶハリネズミ?ティジー・ウィジー
中国で巨大人食いナマズ捕まる
中国の怪生物?~ ブタキツネ
寧波北侖区 (ニンボー) の怪物
野人 ~ イエレン
ハナス湖の怪物 ~ ハナッキー
ハナッキー、動画に撮られる
フライング・ヒューマノイド
癒し系ヒューマノイド ~ ヒーリング・ヒューマノイド
フライング・ホース
フライング・ワーム
ロシアの漁師、宇宙人食べる (ジェニー・ハニバー Part II)
モントークの砂浜に打ち上げられた謎の怪物
ヴォルコフ川で撮影された巨大生物 (ヴォルコフ川の怪物)
モンマスシャーの石の中で眠るカエル
ラット・キング (ネズミの運命共同体)
ラバ・リバー・サーペント (レトロチックUMAの撮影に成功)
ジュラ紀から眠る? サンディジェの翼竜
■ 超巨大翼竜 ~ ハツェゴプテリクス
瓶詰めのジャージーデビル

UMA一覧へ

トップページへ