FC2ブログ
UMAファン ~ 未確認動物
世界中のUMA (未確認生物)、巨大生物、不思議な生物 (珍獣)を紹介しているブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
目次

UMA一覧リスト
巨大生物リスト
都市伝説系UMAリスト
珍獣・不思議な生物リスト
絶滅動物リスト

スポンサーサイト

謎の生物アルタマハ・ハの死体漂着か?
■謎の生物アルタマハ・ハの死体漂着か?■
■Strange Carcass on Georgia Beach■

忙しくてまた間が空いちゃいました。すみません。

~ アルタマハ・ハ ~





約12年前に書いたUMA記事、アルタマハ・ハ

ネッシー系ではないですが、よくある水棲UMAで、さして興味もわかなかったため記事も短いです。

アメリカ、ジョージア州のアルタマハ川 (Alabama River) で目撃されるUMAのため、アルタマハ・ハ (Altamaha-ha) という名前です。

姿はイルカに似ているといわれていますが、体長は6メートルほどもあります。

そっちの記事でも書いていますが、イルカとクジラは大きさで分けているだけですので、6メートルとなると「クジラ」といわれる大きさです。

もともとアルタマハ・ハはUMAというより伝承的な生物ですから、伝承と現代の目撃談ではその姿に差異はあるようで、目撃談からは上記の通りイルカのような姿といわれている感じです。

もしかすると一時的に淡水に誤って遡上してしまったイルカやクジラの目撃談の可能性もあるかもしれません。

また、ワニのような頭部をしているという目撃情報もあることから、大きさは合わないですが、正体としてはアリゲーターガーではないかとも言われています。

~ 謎の生物の漂着 ~

さて、なんでいまさらアルタマハ・ハの話をするかというと、とても信じられないことにナショナル・ジオグラフィックの記事にアルタマハ・ハという単語が出てきたからです。

まさかナショナル・ジオグラフィックの記事にアルタマハ・ハが登場する日が来るとは思いもよりませんでした。

ジョージア州の海岸で謎の生物の死体が漂着し、写真が撮られました。

細長い体型ですが顕著なのはとても長いクビ、クビの先端には小さな頭部があり口を開いた状態のように見えます。

体の中心部には、体に見合わない大きな胸鰭のようなものが確認できます。

尾も長く、サメやエイのそれに似ています。

そうなんです、この謎の生物、アルタマハ川に程近い海岸ということもあり、アルタマハ・ハではないかとにわかに騒がれ始めたというわけです。

残念ながら現物はなく写真だけ、こんな姿の生物は現代に存在しないことから専門家は一様にイタズラであると一蹴しています。

続報があるといいですね。

<参照サイト>
CRYPTOMUNDO
National Geographic

(関連)
巨大生物リスト
都市伝説系UMA
■ モントーク・モンスター
イギリス版モントークの怪物 ~ デボンの野獣
■ 【閲覧注意】トルコで双頭のイルカの赤ちゃん見つかる
■ 謎の怪物 ~ パナマ・モンスター
■ コフス・ハーバー・クリッター
■ 謎の轢死死体 ~ アレクサンドリアン・モンスター
謎の漂着死骸 アラスカン・ビースト
■ ハママツ・モンスター (浜松の怪物)
■ ケープタウンの砂浜で謎の生物が干上がっていた
■ 放射能汚染の産物?~ ウィラメット・クリチャー
中国の怪生物?~ ブタキツネ
亡霊犬、ダートムーアの怪物現る
■ 19世紀に発見された人魚のミイラ ~ ホーニマン・マーマン
■ 世界一幸せな240キロのミニブタ ~ エスター

UMA一覧へ

トップページへ 
クイーンズランドに打ち上げられた謎の巨大魚
■クイーンズランドに打ち上げられた謎の巨大魚■
■Massive mystery sea creature washes up on the beach■

~ 謎の巨大魚 ~




オーストラリア、クイーンズランド州のバンダバーグの砂浜に打ち上げられた謎の巨大魚です。

生きていればおそらく150キロはあったと推測されています。

で、謎の魚だそうですが腐敗もあまり進んでおらず、正直、あまり謎っぽくも見えない感じではあります。

その候補としてグルーパーの一種かマツダイの一種といわれていますが口の大きさからマツダイではないと思います。

大きな体に大きな口、グルーパーの一種だと思います。



-----

と思って調べていたら、記事がアップデートされており、特定されていました。

ジャイアント・グルーパー (Giant grouper, Queensland grouper) だそうです。クイーンズランド・グルーパーとも呼ばれます。和名はタマカイ

グルーパーといえばゴリアテ・グルーパー (Goliath grouper) 。そっくりで見分けつかないですが、こちらの和名はイタヤラ、別な魚です。


<参照サイト>
●NewsMail
https://www.news-mail.com.au/news/from-the-depths-massive-creature-washes-ashore/3355189/
●Mail Online
http://www.dailymail.co.uk/news/article-5475239/Massive-mystery-sea-creature-washes-Queensland-beach.html

(関連)
巨大生物リスト
珍獣・不思議な生物 
■ 犠牲者300人、巨大人食いワニ ~ グスターブ
■ フィリピンで超巨大ワニ、生け捕りされる
 
■ オーストラリアのゴルフ場にある湖にサメが生息 
■ 誰が巨大ホオジロザメを食べたのか?
■ 深海で撮影された超巨大鮫 ~ メガロドン?
■ 巨大鮫 ~ カグラザメ
巨大鮫 ~ オンデンザメ 
巨大鮫 ~ ゴブリンシャーク
■ 絶滅巨大鮫 ~ メガロドン
存在したのか?超巨大鮫パラヘリコプリオン
歯がぐるぐる巻きの鮫 ~ ヘリコプリオン
■ 
絶滅巨大魚 ~ ダンクレオステウス
絶滅巨大魚 ~ リードシクティス
絶滅巨大魚 ~ シファクティヌス
絶滅巨大魚 ~ ハイネリア
生きた化石 ~ ラブカ
生きた化石 ~ アフリカハイギョ
生きた化石 ~ ポリプテルス
生きた化石 ~ シーラカンス
巨大魚 ~ ナイルパーチ
巨大魚 ~ アリゲーターガー
巨大魚 ~ ターポン 
  
UMA一覧へ

トップページへ
野生動物の「トイレ」に進化した植物 ~ ネペンテス・ラジャ
■野生動物の「トイレ」に進化した植物 ~ ネペンテス・ラジャ■
■Rajah Pitcher Plants (Nepenthes rajah)■



~ 食虫植物 ~




ネペンテス・ラジャはボルネオに自生する食虫植物で、いわゆるウツボカズラと総称される植物の一種です。

見てのとおり、食虫植物としては「超」巨大といえます。

かれらの特徴である壷 (捕虫袋) の平均的な大きさは20センチメートル、最大のもので40センチオーバーのものが発見されています。

この壷には昆虫をはじめとする節足動物を溶かす消化液たっぷりの水分が3.5リットルも入っています。






この大きさですから、昆虫だけでなくカエルやトカゲ、ネズミなどの脊椎動物まで入っている場合もあるようです。

さすがに昆虫以外は弱っている小動物が勝手に足を滑らせ溺れ死んでいるだけかもしれませんが、デカいだけにそういった小動物すら消化できる能力は持っています。

ただ大物狙いだと、運任せで効率が悪いですからネペンテス・ラジャは別の方向に進化しました。

~ 洋式トイレ ~

ネペンテス・ラジャをよく見ると立派な蓋がついており、壷部分と合わせると洋式トイレそっくりのシルエットです。

その姿がトイレに似ているばかりか、実は本当に野生動物のトイレに進化しているんですね。

もちろん無料の公衆トイレと化しているわけはなく、野生動物と共生関係にあります。

共生関係にあるのはツパイ (Mountain treeshrews (Tupaia montana) ) の仲間です。このツパイの和名が調べても分からなかったので、便宜上マウンテンツパイと呼ぶことにします。

●マウンテンツパイ (仮名)


実はネペンテス・ラジャの蓋の内側にはマウンテンツパイの大好きなあま~い蜜が分泌されています。

ツパイはこの蓋の蜜を舐めに来るわけですが、そうするとツパイのおしりは自ずと壷の穴に向くわけで、糞をするとそのまま壷の中に落ちていきます。

食虫植物の自生する土地は一般的に土壌中に窒素 (やリン) が不足している場所で、そういった不足分の栄養を昆虫などを捕らえて補うというのが食虫植物のシステムです。

で、トイレに偽装したネペンテス・ラジャはマウンテンツパイの糞を集めることによって窒素を補っているというわけです。



(関連)
不思議な生物リスト
史上最強!?ライオンゴロシ ~ 悪魔の爪
デビルツリー (人を喰う木)
冬虫夏草 (微グロ注意)
砂漠の怪植物 ~ ウェルウィッチア
猛毒植物 ストロファンツス
スマトラオオコンニャク (死臭花)
寄生植物 ~ ラフレシア・アーノルディ
死んでも死なない!?フッカツソウ
実在する悪魔の植物 マンドラゴラ

ケサラン・パサラン (ケセラン・パサラン)
ケサラン・パサラン (ケセラン・パサラン) Part II
■ トライしたい10のエキゾチック・フルーツ
スネークツリー (鳥を喰う木)
スキタイの羊 (植物羊)
エクスプローディング・ツリー
■ 実在するゾンビウイルス ~ バキュロウイルス
半草半獣の新種微生物、ハテナ?発見

UMA一覧へ

トップページへ 
一直線上に6頭の牛が死んでいる謎
■一直線上に6頭の牛が死んでいる謎■
■Queensland farmer discovers six of his cows dead■



~ キャトルミューティレーション ~

奇妙なことに、フェンスに沿って6頭の牛が一列に並んで倒れています。

4頭の乳牛と2頭の子牛。

これはオーストラリア、クイーンズランド州の牧場で起きました。

一昔前であれば、牛たちの変死といえば宇宙人の仕業 (キャトルミューティレーション) と相場が決まっていましたが、今回はどうでしょう?

牧場主のデレク・シャーリー (Derek Shirley) さんは、牛たちの変死を受けてマスコミの取材に答えています。

「UFOのような奇妙な光を見た」「謎の人影が歩いていた」「牛たちの体の一部が鋭利な刃物で切り取られ血が全部抜かれていた」等の宇宙人の仕業的発言は残念ながら一切なく

「昨晩はめっちゃすごい雷雨だったんだ。何度も雷が落ちてたけど、その中でも1回物凄いのが落ちた。

そのでかいやつがフェンスのワイヤを通してフェンス沿いにいた牛たちをまとめて感電死させたんだよ。1万オーストラリアドル (80万円超) の損害だよ!」



<参照サイト>
●news.com.au
http://www.news.com.au/technology/science/animals/queensland-farmer-discovers-six-of-his-cows-dead-in-lightning-strike/news-story/f6fe79a6fa7b1e89e1de8553d2607be8

(関連) 
 時事ネタ・雑談・UFO等  
不思議な生物リスト
■ 世界最高齢の猫、ポピー亡くなる
■ お供え物を持って亡きご主人のお墓参りをする猫
■ 世界一幸せな240キロのミニブタ ~ エスター
■ 運命と闘う犬「ピッグ」
■ 野生のハリネズミとキツネが仲良くし食事をする
■ ハムスターはホイールで楽しんでいることが証明される
■ ピンチになると泣き叫ぶ蛙 ~ マルメタピオカガエル
■ おなかの中でカエルを育てる ~ カモノハシガエル
■ 釣った魚の口の中にカエルが住んでいた!
■ 食肉解体場行きの走行中トラックから豚が決死のダイブ
■ スペインの女性、トイレでお尻をヘビに咬まれる
■ 竜巻で廃墟と化した納屋から仔猫が救出される 
■ 30年ぶりに太陽の光を浴びたチンパンジーたち
■ 強い強い絆で結ばれたヤギとロバの話
■ 殺人ゾウ、赤ちゃんの泣き声に我に返る
■ カモ10万羽の通勤ラッシュ
■ 30年間行方不明だった亀、物置部屋から発見される
 
■ ネズミがテレパシー能力を持つことが証明される
 
■ チュニジアの砂漠のど真ん中に一夜で巨大な湖が出現する
■ 着ぐるみのゴリラと気付かれず、ゴリラ用の麻酔打ち込まれる


UMA一覧へ  

トップページへ   
頭部がないのに元気なカエルが発見される
■頭部がないのに元気なカエルが発見される■
■Faceless toad discovered with no eyes■



~ きわめて健康的 ~



アメリカ、コネチカット州の森林で大学院生のジル・フレミング(Jill Fleming)さんによって奇妙なヒキガエルが撮影されました。

一見すると、地面を歩いているただのヒキガエルの動画のように見えますが、どうもシルエットに違和感を感じます。

そう、頭部がないのです。

新種のカエル?

そんなわけはなく、何らかの要因で頭部を失ったカエルです。

目も鼻も口もなにもなく、頭部にあるのはぽっかりとあいたただひとつの「穴」だけです。

その穴が口の役割を代用するにも、獲物を捕らえるための舌もなければ開閉する上あごおよび下あごもありません。獲物を捕らえるすべがないのです。

万一、新鮮なエサが落ちていたにしても、吸い込む術もありません。それでありながら極めて健康そうな動きをしています。

先天的に頭部のないカエルが成長したとは到底考えられず、ごく最近になって頭部を失ったものでは?と考えられます。

しかし不思議なことに事故にしても天敵に襲われたにしても、その頭部を失ったときにできたであろう傷が癒えているとのことです。



このヒキガエルを捕まえてきたわけではなく、あるのは動画のみであり、結局、真実は現時点では分からないそうです。

発見されたのが春先であることから、こういった仮説があるようです。

冬眠直前、もしくは冬眠中に天敵に頭部を食いちぎられた、もしくは寄生性の昆虫の幼虫などに頭部を食われた、といったことで頭部を失う。

そのまま、冬眠に入ったため食事の摂取は摂らずにすみ、かつ奇跡的に傷跡が癒え、まさに冬眠から覚めたばかりのときに撮影された、というものです。

ただそうだとしても完全に脳を失った状態で、冬眠から覚める時期を見極めたりできるものなのか、、、

<参照サイト>
●Daily Mail
http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-5464199/Incredible-footage-shows-headless-toad-hopping-around.html

(関連)
不思議な生物
■ 超猛毒 ~ モウドクフキヤガエル
■ 蛇島のボス ~ ゴールデン・ランスヘッド・バイパー
毒鳥ピトフーイ
殺人巻貝 アンボイナガイ
見えざる殺人クラゲ ~ イルカンジクラゲ
殺人クラゲ キロネックス・フレッケリ
殺人アメーバ ネグレリア・ファーレリ
■ 最強毒グモ ~ クロドクシボグモ
■ 
水鳥を頭から貪り食うイソギンチャク
殺人蟻 ~ アカヒアリ (カミツキアリ, RIFA)
■ 
洪水になったらイカダで脱出 ~ ヒアリのイカダ
真・毒ガニ スベスベマンジュウガニ
殺人蟻の首狩り職人 ~ ノミバエ
セアカゴケグモ猛毒伝説は本当か?
美しき猛毒ダコ ~ ヒョウモンダコ
猛毒植物 ストロファンツス
■ 空からオタマジャクシ
巨大ガエル ~ ゴライアスガエル
絶滅巨大ガエル ~ デビル・フロッグ
珍蛙 カメガエル & インドハナガエル
ベガスに抹殺されたベガスヒョウガエル
■ 
「悲鳴」を上げて逃げるカエル ~ バジェットガエル
カエルの神隠し オレンジヒキガエル
■ 
釣った魚の口の中にカエルが住んでいた!
アベコベガエル
コモリガエル (ピパピパ)
モンマスシャーの石の中で眠るカエル
ドラゴンの赤ちゃん? オルム (ホライモリ)
アホロテトカゲ
敵地で爆発 ~ 自爆テロアリ

UMA一覧へ  

トップページへ   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。